2023年01月25日

Au président français Emmanuel Macron "Pourquoi l'Amérique a-t-elle continué à perdre la guerre ?" Les États-Unis ont été en guerre pendant 37 ans, plus de la moitié des 72 années qui ont suivi la Seconde Guerre mondiale.


Au président français Emmanuel Macron
FURANSU.jpg

2023-01-25 : Cher Monsieur,
L'Amérique est forte. L'Amérique gagne toujours les guerres. Les Japonais qui ont perdu contre les États-Unis pendant la Seconde Guerre mondiale le pensent en quelque sorte. Par conséquent, il existe une « pression des pairs » généralisée selon laquelle il ne fait aucun doute que le Japon suivra les États-Unis. Zelensky le pense aussi. Ignorant, n'est-ce pas ?

Citation de "Pourquoi l'Amérique a continué à perdre la guerre" (Chuokoron Shinsha). Les États-Unis sont en guerre depuis 37 ans, soit plus de la moitié des 72 années écoulées depuis la Seconde Guerre mondiale. De plus, le disque n'était pas si "remarquable".

La "guerre de Corée" a été un match nul. La « guerre du Vietnam » s'est terminée par une « honteuse défaite ». L'ambassade américaine à Saigon (aujourd'hui Ho Chi Minh-Ville) a été encerclée et le dernier hélicoptère de sauvetage Huey a décollé de son toit, un spectacle obsédant symbolisant l'amère défaite. Nostalgique.

La seule victoire sans équivoque des États-Unis au cours des 60 dernières années a été la première guerre en Irak (la guerre du Golfe) en 1991.

Toutes les guerres ont effectivement « miné » les États-Unis. Dans le monde des "EMS", je pense que les États-Unis sont en train de perdre face à "la Russie, la Chine et la Corée du Nord".

Le président George H.W. Bush a sagement limité le but de la guerre à chasser Saddam Hussein et les forces irakiennes du Koweït, retirant la majeure partie de l'armée une fois ce but atteint.

C'est ce que les États-Unis ont fait en tant que gendarme du monde.

Mais son fils, le président George W. Bush, qui a ensuite pris le commandement de la Seconde Guerre du Golfe, a conduit à la montée de l'État islamique (EI). Comme les États-Unis n'y ont pas réfléchi, ils font la même chose en Ukraine.

L'Amérique représente «la liberté et la démocratie», comme le symbolise la «Statue de la Liberté» à New York. On dit que le nom officiel de cette déesse est "La liberté éclairant le monde".

La "Statue de la Liberté" est un cadeau de la France. Mais aucun politicien « américain ou français » ne semble comprendre ce que cela signifie.

En plus de garantir la « liberté » aux États-Unis aux immigrants du monde entier, nous gardons également un œil sur les pays qui suppriment la liberté à l'étranger.

Il est bien connu que lorsque les États-Unis décident d'utiliser la force, ils brandissent de splendides slogans tels que "liberté" et "démocratie".

D'autre part, les États-Unis ont également une histoire d'immigrants qui ont débarqué dans le Nouveau Monde et ont submergé les peuples autochtones et élargi leur territoire. Un tel passé est devenu une sorte de traumatisme en tant que nation, et il semble que ce soit aussi une "opportunité interne" d'essayer de "justifier la guerre" en raisonnant les guerres dans lesquelles nous sommes constamment impliqués comme "justice".

Le président des États-Unis ne se contente pas d'avoir de grands pouvoirs. On peut dire qu'il incarne l'histoire et l'esprit de l'Amérique en tant que pays. La capacité de gagner une élection est également requise pour une dimension différente.

La plupart des Américains ne sont pas conscients, ou du tout indifférents, de la durée pendant laquelle leur pays a été impliqué dans un conflit militaire au cours des dernières décennies.

Peu d'Américains se demandent même pourquoi un pays qui (tout le monde) prétend avoir l'armée la plus puissante du monde a été si infructueux dans ses guerres et ses interventions armées.

Je pense que les États-Unis perdront définitivement dans la "guerre OTAN-Russie" en Ukraine. C'est parce que les "armes EMP" sont inférieures à la "Russie". C'est parce que les États-Unis n'ont dépensé que des "dépenses militaires" pour des "guerres inutiles" et n'ont pas dépensé "d'argent" pour le dernier "développement de la technologie militaire".

Si la Russie utilise des "armes EMP" dans la guerre "OTAN-Russie" en Ukraine, la Russie gagnera instantanément.

Si l'Amérique résiste, la Russie utilisera "EMP" dans l'espace aérien américain. Les missiles de défense aérienne américains ne fonctionnent pas. La Russie a suffisamment de temps pour larguer des missiles nucléaires.

Les États-Unis n'ont aucune justice à soutenir l'Ukraine dans la « guerre OTAN-Russie ». L'Amérique a combattu aux côtés de la Russie pendant la Seconde Guerre mondiale. La Russie est "la compagne d'armes d'Amelia". L'ennemi était "l'Allemagne nazie".

Zelensky est hostile à la Russie, qui a détruit les "nazis allemands" pendant la Seconde Guerre mondiale. Il a une "admiration" pour les nazis.

C'est pourquoi ils prétendent se battre jusqu'à ce que la Russie soit rayée de la face de la terre. De plus, "l'assistance" américaine va à l'encontre de l'esprit de la "Statue de la Liberté".

Je veux que l'Amérique soit la "Statue de la Liberté" du monde. Pour que cela se produise, les États-Unis devraient créer une « Alliance militaire du G3 ». Si c'est pour protéger la "Statue de la Liberté", je pense que le président Poutine et le président Xi Jinping vont "s'aligner".

citoyens américains pour protéger les "admirables slogans" de "liberté" et de "démocratie". Les citoyens américains devraient « faire pression » sur le Congrès pour promouvoir « l'Alliance militaire du G3 ».

Partie 1. Les États-Unis n'ont gagné qu'une seule guerre au cours des 60 dernières années
"Pourquoi l'Amérique a-t-elle continué à perdre la guerre?" (Chuokoron Shinsha)
https://books.j-cast.com/2019/10/16009986.html


J'écrirai demain aussi.



Ce qui suit a été révisé le 1er janvier 2023.

Partie 2. Seuls deux pays, la Corée du Sud et les États-Unis, ont pu conclure un traité d'extradition avec le Japon. La raison en est que le gouvernement japonais punit arbitrairement les gens.
Veuillez voir ci-dessous pour "fausse accusation" de "crime de soutien pour violation de la loi sur l'immigration" en 2010.
Tout le monde, s'il vous plaît, ayez un cœur de justice ! Aidez nous s'il vous plaît
Dans la révision de janvier 2017 de la loi sur le contrôle de l'immigration, le "parlement japonais" a déclaré : "Je suis innocent". "Motif de révision" sera "révisé" de "ne peut pas être puni" à "peut être puni".
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html
C'est une "fausse accusation". Cependant, le gouvernement japonais n'a pas encore présenté ses excuses.
Voir les faits ci-dessous. Les faits énoncés établissent le fait de l'innocence. (Japonais)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
(Anglais)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194


Partie 3. Construction de zones spéciales.
La "zone spéciale" "accepte" les réfugiés et les immigrés en tant que travailleurs "immigrants temporaires", limitant leur résidence à la "zone spéciale". Les pays développés peuvent les utiliser comme travailleurs à bas salaire pour la croissance économique, et les réfugiés et les immigrants peuvent obtenir des emplois et vivre une vie humaine pleine d'espoir.
No2 : https://world-special-zone.seesaa.net/
No1 : https://naganoopinion.blog.jp/

Partie 4. Guerre ukrainienne.
Zelensky a pris ses fonctions sur une « promesse électorale » d'abandonner les accords de Minsk et de regagner du territoire par la guerre. Mais lorsque la nouvelle de son évasion fiscale et de ses paradis fiscaux a été révélée, il a déclenché une guerre.
No2 : https://ukrainawar.seesaa.net/
No1 : https://ukrainian-war.blog.jp/

Partie 5. "États-Unis, Russie et Chine" Alliance militaire tripartite / Spectacle de guerre
Pour créer un monde sans guerre, nous avons besoin d'une « alliance militaire tripartite » !
No2 : https://urc-military.seesaa.net/
No1 : https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

Partie 6. Le système judiciaire notoire du Japon et les violations des droits de l'homme
Système judiciaire japonais : Cas de violation de la loi sur l'immigration Fausse accusation : Affaire Nissan Ghosn Fausse accusation : Abus dans un centre d'immigration : Cas d'un étudiant international/étudiant stagiaire : Non-ingérence dans les affaires intérieures : Opinions étrangères
No2 : https://nipponsihou.seesaa.net/
No1 : https://humanrightsopinion.blog.jp/

Partie 7. Développement du capteur Corona 
Nous devrions développer un "système d'inspection" qui "découvre" instantanément les "personnes infectées" comme la thermographie.
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

Partie 8. Les problèmes d'enlèvement et de missiles de la Corée du Nord et la défense de Taïwan
https://taiwan-defense.seesaa.net/

Partie 9. Promotion de One Coin Union et des véhicules à hydrogène 
https://onecoinunion.seesaa.net/

Partie 10. Opinion « Nagano », Énergie nucléaire de nouvelle génération : Sans CO2 et ODD : Questions d'invasion Russie/Ukraine : Questions d'immigration/réfugiés : Politique internationale/américaine/Problèmes de Taïwan/Problèmes de l'Église d'unification
https://naganoopinion.seesaa.net/


Cordialement.

Yasuhiro Nagano



Il est publié dans le programme suivant.
https://toworldmedia.blogspot.com/

Si vous avez des questions, s'il vous plaît contactez-nous!
enzai_mirai@yahoo.co.jp





posted by 長野トミー at 07:53| 東京 ☀| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ  『アメリカはなぜ戦争に負け続けたのか』米国は、第二次世界大戦後の72年間のうち、半分超の37年間は戦争状態にあった。しかも戦績はそれほど「めざましいもの」ではなかった。


フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ

FURANSU.jpg
2023-01-25:拝啓、
アメリカは強い。アメリカはいつも戦争に勝っている。WW2でアメリカに負けた日本人は何となくそう思っている。だからアメリカに付いていけば、間違いないとの「同調圧力=peer pressure」が「蔓延」している。ゼレンスキーも同じように思っている。無知ですね。

『アメリカはなぜ戦争に負け続けたのか』(中央公論新社)より引用します。米国は、第二次世界大戦後の72年間のうち、半分超の37年間は戦争状態にあった。しかも戦績はそれほど「めざましいもの」ではなかった。

「朝鮮戦争」は引き分けだった。「ヴェトナム戦争」は「不面目な敗北」に終わった。サイゴン(現ホーチミン)のアメリカ大使館は包囲され、その屋上から最後の救出用ヒューイ・ヘリコプターが飛び立つ映像は、痛恨の敗北を象徴する忘れられない光景となった。懐かしい。

米国がこの60年間で唯一明白な勝利と呼べるのは、1991年の第一次イラク戦争(湾岸戦争)だけだ。

すべての戦争は、米国を事実として「弱体化」した。「EMS」の世界では米国は「ロシア、中国、北朝鮮」に負けていると思います。

ジョージ・H・W・ブッシュ大統領は、戦争の目的をサダム・フセインとイラク軍をクウェートから追い出すことに限定して、その目的を達したところで大部分の軍隊を引き揚げるという賢明な判断をした。

これは米国が世界の警察官として、任務を遂行したものです。

しかし、その息子のジョージ・W・ブッシュ大統領は、のちに第二次湾岸戦争の指揮を執ったものの、「イスラム国(IS)」の興隆につながった。米国は、この反省をしていないから、ウクライナで同じことをしている。

アメリカはニューヨークの「自由の女神」が象徴するように、「自由と民主主義」を旗印にしている。この女神の正式名称は「世界を照らす自由」というそうだ。

「自由の女神」はフランスが贈ったものです。しかし、この意味を理解する「米国やフランス」の政治家はいなくなったようだ。

世界各国からくる移民に対し、アメリカでの「自由」を保証するとともに、海外の自由を抑圧する国に対しても目を光らせる。

アメリカが武力行使に踏み切るとき、「自由」「民主主義」などという立派なスローガンが掲げられることは良く知られている。

一方でアメリカは、新大陸に上陸した移民が先住民を制圧し、版図を広げた歴史も持つ。そうした過去は国家として、一種のトラウマになっており、常に関与する戦争を「正義」と理由付けし、「戦争の正当化」をしようとする「内的な契機」にもなっているそうだ。

アメリカの大統領とは、単に強大な権限を持つというだけでない。アメリカという国の歴史や精神も体現する存在だと言える。選挙に勝つ能力とはまた次元の違う資質が要求される。

アメリカ人のほとんどは、この数十年間に自分の国がどれほど長く軍事紛争に関わってきたかに気づいてすらいないか、まるで懸念を抱いていない。

世界最強の軍隊を持つと(誰も」が認める国でありながら、戦争や武力介入の結果がこれほど失敗続きなのはなぜなのか、と疑問を持つアメリカ人もほとんどいない。

私は、ウクライナでの「NATO・ロシア戦争」では、間違いなくアメリカは負けると思います。それは「EMP兵器」が「ロシア」に劣っているからです。米国は「無駄な戦争」に「軍事費」を使い、最新の「軍事技術の開発」に「お金」をかけなかったからです。

もしロシアがウクライナでの「NATO・ロシア戦争」」の戦争で、「EMP兵器」を使えば、瞬時にロシアが勝ちます。

もしアメリカが抵抗すれば、ロシアは米国の上空で「EMP」を使います。米国の防空ミサイルは機能しません。ロシアは余裕をもって、核ミサイルを投下します。

米国は「NATO・ロシア戦争」でウクライナを支援する正義がありません。ロシアはアメリカと一緒に、「WW2」で「ドイツのナチス」と戦って勝利した戦友です。

ゼレンスキーはWW2で「ドイツのナチス」を滅ぼしたロシアに敵意を持っています。彼はナチスに「憧れ」を持っています。

だから彼らは、ロシアを地球上から消滅させるまで戦うと公言しています。それにアメリカが「支援」するのは「自由の女神」の精神に反します。

私はアメリカが世界の「自由の女神」であって欲しい。そうなるために、アメリカは「G3軍事同盟」を創設するべきです。「自由の女神」を守るためならば、プーチン大統領や習近平国家主席も「同調」すると思います。

アメリカ市民は、「自由」「民主主義」という立派なスローガンを守るために、「G3軍事同盟」の創設を推進するように「連邦議会」に圧力をかけるべきです。

第1部。 米国が勝った戦争は過去60年間で一度だけ 
『アメリカはなぜ戦争に負け続けたのか』(中央公論新社)
https://books.j-cast.com/2019/10/16009986.html


私は明日,も,書きます。



<固定した投稿>以下は 2023年1月1日に改訂しました。

第2部。日本が「犯罪人の引き渡し条約」を締結できたのは「韓国と米国」の2か国だけです。理由は、日本政府は人々を恣意的に処罰するからです。
2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください。
皆様、正義の心を持ってください!私達を助けてください。
2017年1月の「入管法の改正」で、「日本国の議会」は「私は無罪である」とした。「改正の理由」は「処罰できない」から「処罰できる」ように「改正」する。
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。
下記で事実をご覧ください。記載の事実は無罪の事実を述べています。(日本語)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
(英語)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194


第3部。特別地帯の建設。
「特別地帯」は、難民や移民を「暫定移民」の労働者として、居住を「特別地帯」に限定して「受け入れ」ます。先進国は彼らを低賃金労働者として活用して経済成長、難民や移民は仕事を得て人間的な希望のある生活ができます。
No2:https://world-special-zone.seesaa.net/
No1:https://naganoopinion.blog.jp/

第4部。ウクライナ戦争。
ゼレンスキーは、ミンスク合意を廃棄し、戦争を通じて領土を取り戻すという「選挙の公約」をして大統領に就任した。しかし彼の 脱税やタックスヘイブンが報道されたとき、彼は戦争を始めた。
No2:https://ukrainawar.seesaa.net/
No1:https://ukrainian-war.blog.jp/

第5部。「米ロ中」3国軍事同盟・戦争ショー 
戦争のない世界を作るには「3国軍事同盟」が必要だ!
No2:https://urc-military.seesaa.net/
No1:https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

第6部。悪名高い日本の司法制度・人権侵害 
日本の司法制度:入管法違反事件冤罪:日産ゴーン事件冤罪:入管施設での虐待:留学生・実習生の事件:内政不干渉:海外意見 
No2:https://nipponsihou.seesaa.net/
No1:https://humanrightsopinion.blog.jp/

第7部。コロナ感知器開発 
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

第8部。北朝鮮の拉致・ミサイル問題 & 台湾防衛 
https://taiwan-defense.seesaa.net/

第9部。ワンコインユニオン&水素自動車の推進 
https://onecoinunion.seesaa.net/

第10部。「長野」オピニオン、次世代原発:CO2フリー & SDG:ロシア・ウクライナ侵攻問題:移民・難民問題:国際・米国政治・台湾問題・統一教会問題
https://naganoopinion.seesaa.net/


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 07:52| 東京 ☀| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

To British Prime Minister Rishi Sunak America is strong. America always wins wars. The Japanese who lost to the United States in WW2 somehow think so. Therefore, there is a widespread “peer pressure” that the

To British Prime Minister Rishi Sunak
favicon_source

2023-01-25: Dear Sir,
America is strong. America always wins wars. The Japanese who lost to the United States in WW2 somehow think so. Therefore, there is a widespread “peer pressure” that there is no doubt that Japan will follow the United States. Zelensky thinks so too. Ignorant, isn't it?

Quoted from "Why America Kept Losing War" (Chuokoron Shinsha). The United States has been at war for 37 years, more than half of the 72 years since World War II. Moreover, the record was not so "remarkable".

The "Korean War" was a draw. The "Vietnam War" ended in a "disgraceful defeat." The American embassy in Saigon (now Ho Chi Minh City) was surrounded, and the last rescue Huey helicopter took off from its roof, a haunting sight symbolizing the bitter defeat. Nostalgic.

The only unequivocal U.S. victory in the last 60 years was the first Iraq War (the Gulf War) in 1991.

All wars have effectively "undermined" the United States. In the world of "EMS", I think the United States is losing to "Russia, China and North Korea".

President George H.W. Bush wisely limited the purpose of the war to driving Saddam Hussein and Iraqi forces out of Kuwait, withdrawing most of the army once that pur-pose was achieved.

This is what the United States has done as the world's policeman.

But his son, President George W. Bush, who later commanded the Second Gulf War, led to the rise of the Islamic State (IS). Since the United States has not reflected on this, it is doing the same thing in Ukraine.

America stands for “freedom and democracy,” as symbolized by the “Statue of Liber-ty” in New York. The official name of this goddess is said to be "Liberty Enlightening the World".

The "Statue of Liberty" is a gift from France. But no “American or French” politicians seem to understand what this means.

As well as guaranteeing “freedom” in the United States to immigrants from all over the world, we also keep an eye out for countries that suppress freedom overseas.

It is well known that when the United States decides to use force, it raises up splen-did slogans such as "freedom" and "democracy."

On the other hand, the United States also has a history of immigrants who landed in the New World and overwhelmed the indigenous peoples and expanded their territo-ry. Such a past has become a kind of trauma as a nation, and it seems that it is also an "internal opportunity" to try to "justify war" by reasoning the wars that we are constantly involved in as "justice."

The president of the United States is not just about having great powers. It can be said that it embodies the history and spirit of America as a country. The ability to win an election is also required for a different dimension.

Most Americans are unaware, or at all unconcerned, of how long their country has been involved in military conflict over the last few decades.

Few Americans even question why a country that (everyone) claims to have the world's strongest military has been so unsuccessful in its wars and armed interven-tions.

I think that the United States will definitely lose in the "NATO-Russia War" in Ukraine. That's because "EMP weapons" are inferior to "Russia". This is because the United States spent "military expenses" on "useless wars" and did not spend "mon-ey" on the latest "development of military technology."

If Russia uses "EMP weapons" in the "NATO-Russia War" war in Ukraine, Russia will win instantly.

If America resists, Russia will use "EMP" over US airspace. US air defense missiles do not work. Russia has enough time to drop nuclear missiles.

The US has no justice in supporting Ukraine in the "NATO-Russia War". Russia, along with the United States, are comrades-in-arms who fought and won against the "German Nazis" in "WW2".

Zelensky is hostile to Russia, which destroyed the "German Nazis" in WW2. He has an "admiration" for the Nazis.

That's why they profess to fight until Russia is wiped from the face of the earth. Be-sides, America's "support" goes against the spirit of "Statue of Liberty".

I want America to be the "Statue of Liberty" of the world. For that to happen, the United States should create a "G3 Military Alliance." If it is to protect the "Statue of Liberty", I think that President Putin and President Xi Jinping will "align".

American citizens should press Congress to push for the creation of a G3 Military Al-liance to defend the noble slogans of 'freedom' and 'democracy'.

Part 1. The United States has won only one war in the last 60 years
“Why did America keep losing the war?” (Chuokoron Shinsha)
https://books.j-cast.com/2019/10/16009986.html


I will write tomorrow too.



The following was revised on January 1, 2023.

Part 2. Only two countries, South Korea and the United States, have been able to conclude an extradition treaty with Japan. The reason is that the Japanese government arbitrarily punishes people.
Please see below for "false accusation" of "crime of support for violation of immigration law" in 2010.
Everyone, please have a heart of justice! please help us
In the January 2017 revision of the Immigration Control Law, the "Japanese parliament" said, "I am innocent." "Reason for revision" will be "revised" from "cannot be punished" to "can be punished".
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html
It is "false accusation". However, the Japanese government has yet to apologize.
See the facts below. The facts stated state the fact of innocence. (Japanese)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
(English)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194


Part 3. Construction of special zones.
The "special zone" "accepts" refugees and immigrants as "temporary immigrant" workers, limiting their residence to the "special zone". Developed countries can use them as low-wage workers for economic growth, and refugees and immigrants can get jobs and live a hopeful human life.
No2: https://world-special-zone.seesaa.net/
No1: https://naganoopinion.blog.jp/

Part 4. Ukraine war.
Zelensky took office on an "election promise" to scrap the Minsk Accords and regain territory through war. But when news of his tax evasion and tax havens came to light, he started a war.
No2: https://ukrainawar.seesaa.net/
No1: https://ukrainian-war.blog.jp/

Part 5. "U.S., Russia, and China" Tripartite Military Alliance/War Show
To create a world without war, we need a “Tripartite Military Alliance”!
No2: https://urc-military.seesaa.net/
No1: https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

Part 6. Japan's notorious judicial system and human rights violations
Japan's judicial system: Immigration law violation case False accusation: Nissan Ghosn case False accusation: Abuse at immigration facility: International student/intern student case: Non-interference in domestic affairs: Foreign opinions
No2: https://nipponsihou.seesaa.net/
No1: https://humanrightsopinion.blog.jp/

Part 7. Corona sensor development 
We should develop an "inspection system" that instantly "discovers" "infected persons" like thermography.
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

Part 8. North Korea's Abduction and Missile Issues & Taiwan's Defense
https://taiwan-defense.seesaa.net/

Part 9. Promotion of One Coin Union & Hydrogen Vehicles 
https://onecoinunion.seesaa.net/

Part 10. "Nagano" Opinion, Next Generation Nuclear Power: CO2 Free & SDGs: Russia/Ukraine Invasion Issues: Immigration/Refugee Issues: International/U.S. Politics/Taiwan Issues/Unification Church Issues
https://naganoopinion.seesaa.net/


Best regards.

Yasuhiro Nagano



It is published in the following program.
https://toworldmedia.blogspot.com/

If you have any questions, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 07:50| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リシ・スナク英国首相 へ   アメリカは強い。アメリカはいつも戦争に勝っている。WW2でアメリカに負けた日本人は何となくそう思っている。だからアメリカに付いていけば、間違いないとの「同調圧力=peer pressure」が「蔓延」している。

リシ・スナク英国首相 へ
favicon_source

2023-01-25:拝啓、
アメリカは強い。アメリカはいつも戦争に勝っている。WW2でアメリカに負けた日本人は何となくそう思っている。だからアメリカに付いていけば、間違いないとの「同調圧力=peer pressure」が「蔓延」している。ゼレンスキーも同じように思っている。無知ですね。

『アメリカはなぜ戦争に負け続けたのか』(中央公論新社)より引用します。米国は、第二次世界大戦後の72年間のうち、半分超の37年間は戦争状態にあった。しかも戦績はそれほど「めざましいもの」ではなかった。

「朝鮮戦争」は引き分けだった。「ヴェトナム戦争」は「不面目な敗北」に終わった。サイゴン(現ホーチミン)のアメリカ大使館は包囲され、その屋上から最後の救出用ヒューイ・ヘリコプターが飛び立つ映像は、痛恨の敗北を象徴する忘れられない光景となった。懐かしい。

米国がこの60年間で唯一明白な勝利と呼べるのは、1991年の第一次イラク戦争(湾岸戦争)だけだ。

すべての戦争は、米国を事実として「弱体化」した。「EMS」の世界では米国は「ロシア、中国、北朝鮮」に負けていると思います。

ジョージ・H・W・ブッシュ大統領は、戦争の目的をサダム・フセインとイラク軍をクウェートから追い出すことに限定して、その目的を達したところで大部分の軍隊を引き揚げるという賢明な判断をした。

これは米国が世界の警察官として、任務を遂行したものです。

しかし、その息子のジョージ・W・ブッシュ大統領は、のちに第二次湾岸戦争の指揮を執ったものの、「イスラム国(IS)」の興隆につながった。米国は、この反省をしていないから、ウクライナで同じことをしている。

アメリカはニューヨークの「自由の女神」が象徴するように、「自由と民主主義」を旗印にしている。この女神の正式名称は「世界を照らす自由」というそうだ。

「自由の女神」はフランスが贈ったものです。しかし、この意味を理解する「米国やフランス」の政治家はいなくなったようだ。

世界各国からくる移民に対し、アメリカでの「自由」を保証するとともに、海外の自由を抑圧する国に対しても目を光らせる。

アメリカが武力行使に踏み切るとき、「自由」「民主主義」などという立派なスローガンが掲げられることは良く知られている。

一方でアメリカは、新大陸に上陸した移民が先住民を制圧し、版図を広げた歴史も持つ。そうした過去は国家として、一種のトラウマになっており、常に関与する戦争を「正義」と理由付けし、「戦争の正当化」をしようとする「内的な契機」にもなっているそうだ。

アメリカの大統領とは、単に強大な権限を持つというだけでない。アメリカという国の歴史や精神も体現する存在だと言える。選挙に勝つ能力とはまた次元の違う資質が要求される。

アメリカ人のほとんどは、この数十年間に自分の国がどれほど長く軍事紛争に関わってきたかに気づいてすらいないか、まるで懸念を抱いていない。

世界最強の軍隊を持つと(誰も」が認める国でありながら、戦争や武力介入の結果がこれほど失敗続きなのはなぜなのか、と疑問を持つアメリカ人もほとんどいない。

私は、ウクライナでの「NATO・ロシア戦争」では、間違いなくアメリカは負けると思います。それは「EMP兵器」が「ロシア」に劣っているからです。米国は「無駄な戦争」に「軍事費」を使い、最新の「軍事技術の開発」に「お金」をかけなかったからです。

もしロシアがウクライナでの「NATO・ロシア戦争」」の戦争で、「EMP兵器」を使えば、瞬時にロシアが勝ちます。

もしアメリカが抵抗すれば、ロシアは米国の上空で「EMP」を使います。米国の防空ミサイルは機能しません。ロシアは余裕をもって、核ミサイルを投下します。

米国は「NATO・ロシア戦争」でウクライナを支援する正義がありません。ロシアはアメリカと一緒に、「WW2」で「ドイツのナチス」と戦って勝利した戦友です。

ゼレンスキーはWW2で「ドイツのナチス」を滅ぼしたロシアに敵意を持っています。彼はナチスに「憧れ」を持っています。

だから彼らは、ロシアを地球上から消滅させるまで戦うと公言しています。それにアメリカが「支援」するのは「自由の女神」の精神に反します。

私はアメリカが世界の「自由の女神」であって欲しい。そうなるために、アメリカは「G3軍事同盟」を創設するべきです。「自由の女神」を守るためならば、プーチン大統領や習近平国家主席も「同調」すると思います。

アメリカ市民は、「自由」「民主主義」という立派なスローガンを守るために、「G3軍事同盟」の創設を推進するように「連邦議会」に圧力をかけるべきです。

第1部。 米国が勝った戦争は過去60年間で一度だけ 
『アメリカはなぜ戦争に負け続けたのか』(中央公論新社)
https://books.j-cast.com/2019/10/16009986.html


私は明日,も,書きます。



<固定した投稿>以下は 2023年1月1日に改訂しました。

第2部。日本が「犯罪人の引き渡し条約」を締結できたのは「韓国と米国」の2か国だけです。理由は、日本政府は人々を恣意的に処罰するからです。
2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください。
皆様、正義の心を持ってください!私達を助けてください。
2017年1月の「入管法の改正」で、「日本国の議会」は「私は無罪である」とした。「改正の理由」は「処罰できない」から「処罰できる」ように「改正」する。
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。
下記で事実をご覧ください。記載の事実は無罪の事実を述べています。(日本語)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
(英語)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194


第3部。特別地帯の建設。
「特別地帯」は、難民や移民を「暫定移民」の労働者として、居住を「特別地帯」に限定して「受け入れ」ます。先進国は彼らを低賃金労働者として活用して経済成長、難民や移民は仕事を得て人間的な希望のある生活ができます。
No2:https://world-special-zone.seesaa.net/
No1:https://naganoopinion.blog.jp/

第4部。ウクライナ戦争。
ゼレンスキーは、ミンスク合意を廃棄し、戦争を通じて領土を取り戻すという「選挙の公約」をして大統領に就任した。しかし彼の 脱税やタックスヘイブンが報道されたとき、彼は戦争を始めた。
No2:https://ukrainawar.seesaa.net/
No1:https://ukrainian-war.blog.jp/

第5部。「米ロ中」3国軍事同盟・戦争ショー 
戦争のない世界を作るには「3国軍事同盟」が必要だ!
No2:https://urc-military.seesaa.net/
No1:https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

第6部。悪名高い日本の司法制度・人権侵害 
日本の司法制度:入管法違反事件冤罪:日産ゴーン事件冤罪:入管施設での虐待:留学生・実習生の事件:内政不干渉:海外意見 
No2:https://nipponsihou.seesaa.net/
No1:https://humanrightsopinion.blog.jp/

第7部。コロナ感知器開発 
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

第8部。北朝鮮の拉致・ミサイル問題 & 台湾防衛 
https://taiwan-defense.seesaa.net/

第9部。ワンコインユニオン&水素自動車の推進 
https://onecoinunion.seesaa.net/

第10部。「長野」オピニオン、次世代原発:CO2フリー & SDG:ロシア・ウクライナ侵攻問題:移民・難民問題:国際・米国政治・台湾問題・統一教会問題
https://naganoopinion.seesaa.net/


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 07:49| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月24日のつぶやき


























































































































































































posted by 長野トミー at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする