2022年11月29日

ドイツ連邦首相  オラフ・ショルツ へ   ドナルド・トランプJr.(トランプ前大統領の長男)も、ツイートした。ウクライナへの兵器の提供をやめよ!。「NATO加盟国のポーランド」にミサイルを撃ち込んだのはウクライナだ。

ドイツ連邦首相  オラフ・ショルツ へ 
DOITU.jpg

2022-11-29:拝啓、
米国のジャーナリストは立ちあがった。保守派コメンテーターのベニー・ジョンソンは、ウクライナは第3次世界大戦を始めようとしている。

今までは、誰もが「これ」が言えなかった。ゼレンスキーの「陰謀」を正義の声で批判し始めた

ウクライナのミサイルがNATO加盟国に着弾し、罪のない一般市民が殺された。これについてウクライナの指導者たちは嘘をつき、ロシアのミサイルだと非難した。

彼は、「AP通信は何の疑問も抱かずにそれを記事にした」とツイートした。これが、今までのメディアの姿だった。彼らはバイデン政権に「同調圧力」を受けていた。

一連の報道を受けてゼレンスキーは「WWW3」への「自作自演」をした

ゼレンスキー:ロシアとウクライナの間で続く戦争の「重大なエスカレーション」だと述べた。「自作自演」だ。

ゼレンスキー「これは集団安全保障に対するロシアの攻撃だ!きわめて重大なエスカレーションだ。「自作自演」だ。

ゼレンスキー:「ww3への行動が必要だ」と非難した。しかし賢者はゼレンスキーに騙されなかった。

ベニー・ジョンソン:「ウクライナの指導部は嘘をつき、本格的な第3次世界大戦を起こそうとしたのだ。それが事実だ」。

ウクライナ戦争もゼレンスキーが誘導した戦争だ!。ゼレンスキーは賄賂で世界を動かしてうぃた。。。。

ニューズウィーク日本版:ゼレンスキーはポーランドにミサイルが落下した事故を早々に「ロシアのNATOに対する挑戦」と決めつけて、反撃を促した。

ゼレンスキーは手痛いイメージダウンを被った。多くの賢人は、彼の「自作自演」にうんざりした。

アメリカではジョンソンのほかにも複数のツイッターユーザーが、ミサイル着弾に関する報道を受けたゼレンスキーの当初のコメントを批判した。

保守派のポッドキャスト番組司会者マット・ウォルシュは、ゼレンスキーは今、地球上で最も危険なサイコパスだ、と言う。

マット・ウォルシュ:ゼレンスキーは「新たな世界大戦」を始めるようとしている、とツイートした。

起業家のブレア・ブラント:NATOに第3次世界大戦を起こさせようとしたことがはっきりした。

ゼレンスキーの軍が、おそらく誤ってポーランドにミサイルを着弾させ、それを利用してWW3を始めさせる。

ドナルド・トランプJr.(トランプ前大統領の長男)も、ツイートした。ウクライナへの兵器の提供をやめよ!。

トランプJr:「NATO加盟国のポーランド」にミサイルを撃ち込んだのはウクライナだ。

ウクライナ戦争への姿勢は変わった。少なくとも、米国はウクライナへの軍事支援をやめるだろう。

共和党と民主党は下院でロシアへの経済制裁の解除を決議するべきだ。

ロシアへの経済制裁の解除は歴史的なインフレを止めるだろう。そしてエネルギー問題は解消に向かうだろう。

「米国の議会」が世界の市民に贈る、素晴らしいクリスマスプレゼントだ。「米国の議会」、ありがとう!!


第1部。ゼレンスキーは第3次大戦を始めようとした」 ──米保守派から非難相次ぐ 
https://news.yahoo.co.jp/articles/65c1c06d48a82d7d12249ba0c82e1d13dd7b9cf8


私は明日,も,書きます。



第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
http://www.visa-daiko.com/topics/5297/
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。
起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf


日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194


国連の人権理事会のための作業部会による報告である。
ゴーン氏の逮捕・拘留は「論理的ではなく思うままだった」と国連の専門家が報告、賠償支払いを要請。

日本のメディアと政治家が「国連報告」を無視して日本国民に知らせない! 

ゴーン氏の逮捕・拘留は「論理的ではなく思うままだった」と国連の専門家が報告、賠償支払いを要請。
AFP通信のニュース11月20日に投稿され、23日にメディアに公開された。
日本政府と検察や警察、司法の今後の対応が注目される。
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20201124-00209304/

私の訴えも、全く同じです!
彼らの「自由の剥奪」は「恣意的(しいてき)」です。彼らは「法律に従わず」に「自分勝手」です。
彼らは論理的な必然性がなく、「思うまま」に「処罰」しています。
世界人権宣言の第9条、10条、11条、
そして市民的及び政治的権利に関する国際規約の第9条、10条、14条に違反しており、恣意的です。


2010年の入管法違反事件の「私や中国人」そして2013年のフィリッピン大使館の職員や外交官も同じ理由で処罰されました。
私は「法の論理」で説明して「無罪」を主張しました。
すると、警察官や検察官はこう言いました。
「貴方は一般論で罪を認めるべきだ」。
一般論で処罰する国は日本だけです!
裁判官は「何ら関係のない論理」で因果関係をいいました(判決書を参照してください)

「起訴状」を見てください!当時は犯罪にはなりませんでした。
犯罪にならないから2017年に入管法を改正して処罰できるようにしました。
憲法39条により「遡及」して処罰することはできません。
日本を「日本を法の下で統治する国にしてください!
日本が「人権」を守る国にしてください!
米国人の被害者もいます。世界中にたくさんの被害者がいます。

この事件は、警察官、検察官、裁判官による恣意的な適用法の誤りです。
罪名は、特別「公務員職権乱用罪」および「虚偽告訴罪」です。
検察は「告訴状」「告発状」を職権によって握りつぶしました。
よって「公訴時効」は停止しています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
1)外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
2)検察は「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」したが「適用する法律の誤り」です。

私は、私および中国人、フィリッピン大使館関係者に対する、
「名誉の回復」と「賠償」を求めます。


第3部。特別地帯の建設。
同盟国は「経済と安保」を「一体」にするべきだ!
最大の安全保障は中国製品に勝つことだ。そのためには
「移民や難民」を「特別地帯」で「暫定移民」として受け入れるべきです。
「暫定移民」は「特別地帯」に居住が制限されています。
「暫定移民」は「中国の労働者」より安い「低賃金の労働者」です。
しかし、仕事のない「彼ら」には「恵みの収入」です。
これにより私たちは中国の製品より安価な製品を市場に提供できます。
「本土の労働者」は「暫定移民」と分離して労働をすることで「高賃金」になります。
世界はは市場経済のルールで貿易を行うべきだ。
私たちは「貧者、移民、難民」を助けて、豊かになるべきです。

「EU」による「アルジェリアの特別地帯」、
米国による「メキシコ国境の特別地帯」、新TPP(IPP)による「オーストラリアの特別地帯」、
日本の「沖縄の特別地帯」....です。
「特別地帯」は、難民や貧民を「暫定移民」として「受け入れ」ます。
彼らは「先進国の労働者」と「分離」します。
先進国は「暫定移民」を「雇用」することで中国製品よりも「安価」に「製造」できます。
英語、日本語、フランス語、ドイツ語  
https://naganoopinion.blog.jp/


第4部。「新型コロナ」の下でも経済活動を「通常に戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
「SARSウィルス」は感染者の「隔離そして治療」によって、「SARSウィルス」は消滅しました。
「PCR検査」は時間がかかります。
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
検査を受けた特定の場所では、「非、感染の者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!
各国が共同して開発をして1年以内に開発すべきです。
「自由と民主の国家」を復活させるべきです!
詳細は毎日の投稿をご覧ください。又は、お問い合わせください!


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)


下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp
posted by 長野トミー at 06:26| 東京 ☁| Comment(0) | ドイツ首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Le président français Emmanuel Macron Zelensky a subi une perte d'image douloureuse. De nombreux sages en avaient assez de ses "performances autodidactes".

Au président français Emmanuel Macron
FURANSU.jpg

2022-11-29 : Cher Monsieur,
Les journalistes américains se sont levés. Le commentateur conservateur Benny Johnson dit que l'Ukraine est sur le point de déclencher la troisième guerre mondiale.

Jusqu'à présent, personne ne pouvait dire "ça". A commencé à critiquer la "conspiration" de Zelensky avec des voix de justice

Des missiles ukrainiens ont frappé des États membres de l'OTAN, tuant des civils innocents. Les dirigeants ukrainiens ont menti à ce sujet, l'accusant d'être un missile russe.

Il a tweeté, "L'Associated Press l'a rapporté sans poser de questions." Voici à quoi ressemblaient les médias. Ils étaient sous "pression pour se conformer" à l'administration Biden.

En réponse à une série de rapports, Zelensky a fait une "performance autodidacte" à "WWW3"

Zelensky : Il a dit que c'était une "grave escalade" de la guerre en cours entre la Russie et l'Ukraine. C'est du "fait soi-même".

Zelensky : C'est une attaque russe contre la sécurité collective ! Une très grave escalade.

Zelensky : a dénoncé ``nous avons besoin d'action sur ww3''. Mais le sage n'a pas été trompé par Zelensky.

Benny Johnson : "Les dirigeants ukrainiens ont menti et ont tenté de déclencher une troisième guerre mondiale à part entière. C'est la vérité."

La guerre d'Ukraine est aussi une guerre provoquée par Zelensky ! . Zelensky a utilisé des pots-de-vin pour diriger le monde. . . .

Newsweek Japon : Zelensky a rapidement qualifié l'écrasement du missile en Pologne de « défi de la Russie à l'OTAN » et a appelé à une contre-attaque.

Zelensky a subi une perte d'image douloureuse. De nombreux sages en avaient assez de ses "performances autodidactes".

Aux États-Unis, Johnson et plusieurs autres utilisateurs de Twitter ont critiqué les commentaires initiaux de Zelensky suite aux rapports sur l'impact du missile.

L'animateur de podcast conservateur Matt Walsh dit que Zelensky est maintenant le psychopathe le plus dangereux de la planète.

Matt Walsh : Zelensky a tweeté qu'il était sur le point de déclencher une « nouvelle guerre mondiale ».

Entrepreneur Blair Brandt : Il a clairement essayé d'amener l'OTAN à lancer la Troisième Guerre mondiale.

Les forces de Zelensky, vraisemblablement par erreur, font atterrir un missile en Pologne et l'utilisent pour déclencher la Troisième Guerre mondiale.

Donald Trump Jr., le fils aîné de l'ancien président Trump, a également tweeté. Arrêtez de fournir des armes à l'Ukraine ! .

Trump Jr : C'est l'Ukraine qui a tiré des missiles sur « la Pologne, membre de l'OTAN ».

Les attitudes envers la guerre en Ukraine ont changé. À tout le moins, les États-Unis mettront fin à l'aide militaire à l'Ukraine.

Les républicains et les démocrates devraient voter à la Chambre pour lever les sanctions économiques contre la Russie.

La levée des sanctions économiques contre la Russie stopperait une inflation historique. Et le problème énergétique disparaîtra.

C'est un merveilleux cadeau de Noël du "Congrès américain" aux citoyens du monde. Merci, "Congrès des États-Unis" ! !


Partie 1. Zelensky a tenté de déclencher la Troisième Guerre mondiale." ── Condamné par les conservateurs américains
https://news.yahoo.co.jp/articles/65c1c06d48a82d7d12249ba0c82e1d13dd7b9cf8


J'écrirai demain aussi.o.



Partie 2 Voir ci-dessous les "fausses accusations" des "crimes de soutien aux violations de la loi sur l'immigration" de 2010
L'amendement de la loi sur le contrôle de l'immigration en janvier 2017 stipule que "je ne suis pas coupable" comme raison de l'amendement.
Raison : Remplacer « ne peut être puni » par « peut être puni ».
http://www.visa-daiko.com/topics/5297/
C'est une fausse accusation. Cependant, le gouvernement japonais ne s'est pas encore excusé.
Voir ci-dessous pour l'acte d'accusation. (Japonais)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
Voir ci-dessous pour l'acte d'accusation. (Traduction anglaise)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf


Japonais.
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/f47a69183287f42bf0b6464aedb098cc
Langue Anglaise.
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/58d63abf2802f3a9535e5c86fd2387a0


Rapport du Groupe de travail pour le Conseil des droits de l'homme des Nations Unies.
L'arrestation et la détention de M. Ghosn étaient "déraisonnables et déraisonnables", a rapporté un expert de l'ONU qui a exigé une indemnisation.

Les médias et politiciens japonais ignorent le « rapport de l'ONU » et n'informent pas le peuple japonais ! C'était

L'arrestation et la détention de M. Ghosn étaient "déraisonnables et déraisonnables", a rapporté un expert de l'ONU qui a exigé une indemnisation.
Une information de l'AFP a été publiée le 20 novembre et diffusée aux médias le 23.
La réponse future du gouvernement japonais, du parquet, de la police et de la justice sera surveillée.
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20201124-00209304/

Ma plainte est exactement la même !
Leur « privation de liberté » est « arbitraire ». Ils sont "égoïstes" sans "obéir à la loi".
Ils n'ont aucune nécessité logique et "punissent" "comme ils veulent".
Articles 9, 10, 11 de la Déclaration universelle des droits de l'homme,
Et cela viole les articles 9, 10 et 14 du Pacte international relatif aux droits civils et politiques et est arbitraire.


"Moi et les Chinois" dans l'affaire du contrôle de l'immigration et du refuge en 2010 et le personnel et les diplomates de l'ambassade des Philippines en 2013 ont également été punis pour la même raison.
J'ai expliqué dans "La logique du droit" et déclaré "non coupable".
Puis les policiers et les procureurs ont dit :
"Vous devriez plaider coupable en termes généraux."
Le Japon est le seul pays à punir en termes généraux !
Le juge a dit causalité avec "une logique sans rapport" (voir Jugement).

Voir "Acte d'accusation" ! Ce n'était pas un crime à l'époque.
Comme ce re est une erreur arbitraire d'application par des policiers, des procureurs et des juges.
Les infractions sont notamment "l'abus d'autorité civile" et la "fausse accusation".
Le parquet a pressé "l'accusation" et "l'accusation" d'office.
Par conséquent, la "prescription des poursuites" a été suspendue.

Je "poursuis" pour deux choses.
1) Un étranger a effectué un "travail illégal" autre que le "statut de résidence". Mais les étrangers ne sont pas coupables.
2) Le parquet a opposé les articles 60 et 62 du code pénal à l'article 70 du contrôle de l'immigration et du refuge en raison du « soutien aux articles 22-4-4 du contrôle de l'immigration et du refuge ».
J'ai "appliqué" "un crime qui appuie d'autres crimes", mais c'est "une erreur dans la loi applicable".

Je suis pour moi et les fonctionnaires des ambassades chinoises et philippines,
Nous demandons "la restauration de l'honneur" et la "compensation".


Partie 3 Construction de zones spéciales.
Les alliés doivent unir « économie et sécurité » !
La plus grande sécurité est de battre les produits chinois. Dans ce but
Les "immigrants et réfugiés" devraient être acceptés comme "immigrants provisoires" dans des "zones spéciales".
Les "immigrants temporaires" sont limités à vivre dans des "zones spéciales".
Les "immigrants temporaires" sont des "travailleurs à bas salaire" qui sont moins chers que les "travailleurs chinois".
Cependant, c'est un "revenu de grâce" pour "eux" qui n'ont pas de travail.
Cela nous permet de mettre sur le marché des produits moins chers que les produits chinois.
Les «travailleurs du continent» deviennent des «salaires élevés» en travaillant séparément des «immigrants provisoires».
Le monde devrait commercer selon les règles de l'économie de marché.
Nous devrions aider "les pauvres, les migrants, les réfugiés" et devenir riches.

"Zone spéciale d'Algérie" par "UE",
"Special Zone on the Mexican Border" par les États-Unis, "Special Zone in Australia" par le New TPP (IPP),
C'est la "zone spéciale d'Okinawa" au Japon....
La "zone spéciale" "accepte" les réfugiés et les pauvres en tant que "migrants provisoires".
Ils "se séparent" des "travailleurs des pays développés".
Les pays développés peuvent « fabriquer » des produits moins chers que les produits chinois en « employant » des « immigrés provisoires ».
Anglais, japonais, français, allemand
https://naganoopinion.blog.jp/


Partie 4 L'activité économique devrait être "revenue à la normale" même sous la "nouvelle couronne" !
Vais-je continuer à recevoir le vaccin corona deux ou trois fois par an ? Fou!
Le "virus du SRAS" a disparu par "la mise en quarantaine et le traitement" des personnes infectées.
Le "test PCR" prend du temps.
Nous devrions développer un "système d'inspection" qui "identifie" instantanément la "personne infectée" comme la thermographie.
Dans certains lieux testés, les "non infectés" peuvent reprendre une "vie normale" sans masque !
Les pays doivent développer et développer conjointement dans un délai d'un an.
La « nation de la liberté et de la démocratie » devrait renaître !
Voir les messages quotidiens pour plus de détails. Ou contactez-nous !


Sincèrement votre.

Yasuhiro Nagano


Il est publié dans le programme suivant.
https://toworldmedia.blogspot.com/

Si vous avez des questions, s'il vous plaît contactez-nous!
nagano@miraico.jp

posted by 長野トミー at 06:23| 東京 ☁| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ ゼレンスキーは手痛いイメージダウンを被った。多くの賢人は、彼の「自作自演」にうんざりした。

フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ


2022-11-29:拝啓、
米国のジャーナリストは立ちあがった。保守派コメンテーターのベニー・ジョンソンは、ウクライナは第3次世界大戦を始めようとしている。

今までは、誰もが「これ」が言えなかった。ゼレンスキーの「陰謀」を正義の声で批判し始めた

ウクライナのミサイルがNATO加盟国に着弾し、罪のない一般市民が殺された。これについてウクライナの指導者たちは嘘をつき、ロシアのミサイルだと非難した。

彼は、「AP通信は何の疑問も抱かずにそれを記事にした」とツイートした。これが、今までのメディアの姿だった。彼らはバイデン政権に「同調圧力」を受けていた。

一連の報道を受けてゼレンスキーは「WWW3」への「自作自演」をした

ゼレンスキー:ロシアとウクライナの間で続く戦争の「重大なエスカレーション」だと述べた。「自作自演」だ。

ゼレンスキー「これは集団安全保障に対するロシアの攻撃だ!きわめて重大なエスカレーションだ。「自作自演」だ。

ゼレンスキー:「ww3への行動が必要だ」と非難した。しかし賢者はゼレンスキーに騙されなかった。

ベニー・ジョンソン:「ウクライナの指導部は嘘をつき、本格的な第3次世界大戦を起こそうとしたのだ。それが事実だ」。

ウクライナ戦争もゼレンスキーが誘導した戦争だ!。ゼレンスキーは賄賂で世界を動かしてうぃた。。。。

ニューズウィーク日本版:ゼレンスキーはポーランドにミサイルが落下した事故を早々に「ロシアのNATOに対する挑戦」と決めつけて、反撃を促した。

ゼレンスキーは手痛いイメージダウンを被った。多くの賢人は、彼の「自作自演」にうんざりした。

アメリカではジョンソンのほかにも複数のツイッターユーザーが、ミサイル着弾に関する報道を受けたゼレンスキーの当初のコメントを批判した。

保守派のポッドキャスト番組司会者マット・ウォルシュは、ゼレンスキーは今、地球上で最も危険なサイコパスだ、と言う。

マット・ウォルシュ:ゼレンスキーは「新たな世界大戦」を始めるようとしている、とツイートした。

起業家のブレア・ブラント:NATOに第3次世界大戦を起こさせようとしたことがはっきりした。

ゼレンスキーの軍が、おそらく誤ってポーランドにミサイルを着弾させ、それを利用してWW3を始めさせる。

ドナルド・トランプJr.(トランプ前大統領の長男)も、ツイートした。ウクライナへの兵器の提供をやめよ!。

トランプJr:「NATO加盟国のポーランド」にミサイルを撃ち込んだのはウクライナだ。

ウクライナ戦争への姿勢は変わった。少なくとも、米国はウクライナへの軍事支援をやめるだろう。

共和党と民主党は下院でロシアへの経済制裁の解除を決議するべきだ。

ロシアへの経済制裁の解除は歴史的なインフレを止めるだろう。そしてエネルギー問題は解消に向かうだろう。

「米国の議会」が世界の市民に贈る、素晴らしいクリスマスプレゼントだ。「米国の議会」、ありがとう!!


第1部。ゼレンスキーは第3次大戦を始めようとした」 ──米保守派から非難相次ぐ 
https://news.yahoo.co.jp/articles/65c1c06d48a82d7d12249ba0c82e1d13dd7b9cf8


私は明日,も,書きます。



第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
http://www.visa-daiko.com/topics/5297/
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。
起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf


日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/f47a69183287f42bf0b6464aedb098cc
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/58d63abf2802f3a9535e5c86fd2387a0


国連の人権理事会のための作業部会による報告である。
ゴーン氏の逮捕・拘留は「論理的ではなく思うままだった」と国連の専門家が報告、賠償支払いを要請。

日本のメディアと政治家が「国連報告」を無視して日本国民に知らせない! 

ゴーン氏の逮捕・拘留は「論理的ではなく思うままだった」と国連の専門家が報告、賠償支払いを要請。
AFP通信のニュース11月20日に投稿され、23日にメディアに公開された。
日本政府と検察や警察、司法の今後の対応が注目される。
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20201124-00209304/

私の訴えも、全く同じです!
彼らの「自由の剥奪」は「恣意的(しいてき)」です。彼らは「法律に従わず」に「自分勝手」です。
彼らは論理的な必然性がなく、「思うまま」に「処罰」しています。
世界人権宣言の第9条、10条、11条、
そして市民的及び政治的権利に関する国際規約の第9条、10条、14条に違反しており、恣意的です。


2010年の入管法違反事件の「私や中国人」そして2013年のフィリッピン大使館の職員や外交官も同じ理由で処罰されました。
私は「法の論理」で説明して「無罪」を主張しました。
すると、警察官や検察官はこう言いました。
「貴方は一般論で罪を認めるべきだ」。
一般論で処罰する国は日本だけです!
裁判官は「何ら関係のない論理」で因果関係をいいました(判決書を参照してください)

「起訴状」を見てください!当時は犯罪にはなりませんでした。
犯罪にならないから2017年に入管法を改正して処罰できるようにしました。
憲法39条により「遡及」して処罰することはできません。
日本を「日本を法の下で統治する国にしてください!
日本が「人権」を守る国にしてください!
米国人の被害者もいます。世界中にたくさんの被害者がいます。

この事件は、警察官、検察官、裁判官による恣意的な適用法の誤りです。
罪名は、特別「公務員職権乱用罪」および「虚偽告訴罪」です。
検察は「告訴状」「告発状」を職権によって握りつぶしました。
よって「公訴時効」は停止しています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
1)外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
2)検察は「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」したが「適用する法律の誤り」です。

私は、私および中国人、フィリッピン大使館関係者に対する、
「名誉の回復」と「賠償」を求めます。


第3部。特別地帯の建設。
同盟国は「経済と安保」を「一体」にするべきだ!
最大の安全保障は中国製品に勝つことだ。そのためには
「移民や難民」を「特別地帯」で「暫定移民」として受け入れるべきです。
「暫定移民」は「特別地帯」に居住が制限されています。
「暫定移民」は「中国の労働者」より安い「低賃金の労働者」です。
しかし、仕事のない「彼ら」には「恵みの収入」です。
これにより私たちは中国の製品より安価な製品を市場に提供できます。
「本土の労働者」は「暫定移民」と分離して労働をすることで「高賃金」になります。
世界はは市場経済のルールで貿易を行うべきだ。
私たちは「貧者、移民、難民」を助けて、豊かになるべきです。

「EU」による「アルジェリアの特別地帯」、
米国による「メキシコ国境の特別地帯」、新TPP(IPP)による「オーストラリアの特別地帯」、
日本の「沖縄の特別地帯」....です。
「特別地帯」は、難民や貧民を「暫定移民」として「受け入れ」ます。
彼らは「先進国の労働者」と「分離」します。
先進国は「暫定移民」を「雇用」することで中国製品よりも「安価」に「製造」できます。
英語、日本語、フランス語、ドイツ語  
https://naganoopinion.blog.jp/


第4部。「新型コロナ」の下でも経済活動を「通常に戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
「SARSウィルス」は感染者の「隔離そして治療」によって、「SARSウィルス」は消滅しました。
「PCR検査」は時間がかかります。
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
検査を受けた特定の場所では、「非、感染の者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!
各国が共同して開発をして1年以内に開発すべきです。
「自由と民主の国家」を復活させるべきです!
詳細は毎日の投稿をご覧ください。又は、お問い合わせください!


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)


下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
nagano@miraico.jp
続きを読む
posted by 長野トミー at 06:22| 東京 ☁| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

To British Prime Minister Rishi Sunak Zelensky's forces, presumably by mistake, land a missile in Poland and use it to start WW3.


To British Prime Minister Rishi Sunak
favicon_source

2022-11-29: Dear Sir,
American journalists stood up. Conservative commentator Benny Johnson says Ukraine is about to start World War III.

Until now, no one could say "this". Began to criticize Zelensky's "conspiracy" with voices of justice

Ukrainian missiles hit NATO member states, killing innocent civilians. Ukrainian leaders lied about this, accusing it of being a Russian missile.

He tweeted, "The Associated Press reported it without question." This is what the media used to look like. They were under “pressure to conform” to the Biden administration.

In response to a series of reports, Zelensky made "self-made performance" to "WWW3"

Zelensky: He said it was a "grave escalation" of the ongoing war between Russia and Ukraine. It's "self-made".

Zelensky: This is a Russian attack on collective security! A very serious escalation.

Zelensky: denounced ``we need action on ww3''. But the sage was not deceived by Zelensky.

Benny Johnson: "The Ukrainian leadership lied and tried to start a full-blown World War III. That's the truth."

The Ukrainian War is also a war induced by Zelensky! . Zelensky used bribes to run the world. . . .

Newsweek Japan: Zelensky quickly labeled the missile crash in Poland as ``Russia's challenge to NATO'' and urged a counterattack.

Zelensky suffered a painful image loss. Many sages were fed up with his "self-made performances."

In the US, Johnson and several other Twitter users criticized Zelensky's initial comments following reports of the missile impact.

Conservative podcast host Matt Walsh says Zelensky is now the most dangerous psychopath on the planet.

Matt Walsh: Zelensky tweeted that he was about to start a "new world war."

Entrepreneur Blair Brandt: Clearly tried to get NATO to start WW3.

Zelensky's forces, presumably by mistake, land a missile in Poland and use it to start WW3.

Donald Trump Jr., the eldest son of former President Trump, also tweeted. Stop supplying weapons to Ukraine! .

Trump Jr: It was Ukraine that fired missiles at "NATO member Poland."

Attitudes towards the war in Ukraine have changed. At the very least, the US will end military aid to Ukraine.

Republicans and Democrats should vote in the House to lift economic sanctions on Russia.

Lifting economic sanctions on Russia would stop historic inflation. And the energy problem will go away.

It's a wonderful Christmas gift from the "U.S. Congress" to the citizens of the world. Thank you, "Congress of the United States"! !


Part 1. Zelensky tried to start World War III." ── Condemned by US conservatives
https://news.yahoo.co.jp/articles/65c1c06d48a82d7d12249ba0c82e1d13dd7b9cf8


I will write tomorrow too.



Part 2 See below for the "false charges" of the 2010 "crimes of support for immigration law violations"
The amendment of the Immigration Control Act in January 2017 states that "I am not guilty" as the reason for the amendment.
Reason: Amend from "cannot be punished" to "can be punished".
http://www.visa-daiko.com/topics/5297/
It is a false charge. However, the Japanese government has not yet apologized.
See below for the indictment. (Japanese)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
See below for the indictment. (English translation)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf


Japanese.
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
English language.
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194


Report by the Working Group for the United Nations Human Rights Council.
Mr. Ghosn's arrest and detention was "unreasonable and unreasonable," a UN expert reported and demanded compensation.

Japanese media and politicians ignore the "UN report" and do not inform the Japanese people! It was

Mr. Ghosn's arrest and detention was "unreasonable and unreasonable," a UN expert reported and demanded compensation.
AFP news was posted on November 20th and released to the media on the 23rd.
The future response of the Japanese government, the prosecution, the police, and the judiciary will be watched.
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20201124-00209304/

My complaint is exactly the same!
Their "deprivation of freedom" is "arbitrary". They are "selfish" without "obeying the law".
They have no logical necessity and are "punishing" "as they please."
Articles 9, 10, 11 of the Universal Declaration of Human Rights,
And it violates Articles 9, 10 and 14 of the International Covenant on Civil and Political Rights and is arbitrary.


"I and the Chinese" in the 2010 Immigration Control and Refuge case and the 2013 Philippine embassy staff and diplomats were also punished for the same reason.
I explained in "The Logic of Law" and claimed "not guilty".
Then police officers and prosecutors said:
"You should plead guilty in general terms."
Japan is the only country to punish in general terms!
The judge said causality with "unrelated logic" (see Judgment).

See "Indictment"! It wasn't a crime at the time.
Since it is not a crime, we revised the Immigration Control Act in 2017 so that it can be punished.
Article 39 of the Constitution does not allow "retroactive" punishment.
Make Japan "a country that governs Japan under the law!
Make Japan a country that protects "human rights"!
There are also American victims. There are many victims all over the world.

This case is an arbitrary error in application by police officers, prosecutors, and judges.
The offenses are special "civilian abuse of authority" and "false accusation".
The prosecution has squeezed the "accusation" and "accusation" ex officio.
Therefore, the "prescription for prosecution" has been suspended.

I'm "sueing" for two things.
1) A foreigner has performed "illegal labor" other than "status of residence". But foreigners are not guilty.
2) The prosecution has set Articles 60 and 62 of the Criminal Code against Article 70 of the Immigration Control and Refuge because of "support for Articles 22-4-4 of the Immigration Control and Refuge".
I "applied" "a crime that supports other crimes", but it is "an error in the applicable law".

I am for me and the Chinese, Philippine embassy officials,
We seek "restoration of honor" and "compensation".


Part 3 Construction of special zones.
Allies should unite "economy and security"!
The greatest security is to beat Chinese products. for that purpose
"Immigrants and refugees" should be accepted as "provisional immigrants" in "special zones".
"Temporary immigrants" are restricted to living in "special zones".
"Temporary immigrants" are "low-wage workers" that are cheaper than "Chinese workers".
However, it is "income of grace" for "they" who do not have a job.
This allows us to bring to market cheaper products than Chinese products.
"Mainland workers" become "high wages" by working separately from "provisional immigrants".
The world should trade according to the rules of the market economy.
We should help "poor, migrants, refugees" and become rich.

"Special Zone of Algeria" by "EU",
"Special Zone on the Mexican Border" by the United States, "Special Zone in Australia" by the New TPP (IPP),
It is the "special zone of Okinawa" in Japan ....
The "special zone" "accepts" refugees and poor people as "provisional migrants."
They "separate" from "workers in developed countries".
Developed countries can "manufacture" cheaper than Chinese products by "employing" "provisional immigrants."
English, Japanese, French, German
https://naganoopinion.blog.jp/


Part 4 Economic activity should be "returned to normal" even under the "new corona"!
Will I continue to receive the corona vaccine two or three times a year? Crazy!
"SARS virus" disappeared by "quarantine and treatment" of infected people.
"PCR test" takes time.
We should develop an "inspection system" that instantly "identifies" the "infected person" like thermography.
In certain places tested, "non-infected" can return to "normal life" without a mask!
Countries should jointly develop and develop within a year.
The "nation of freedom and democracy" should be revived!
See daily posts for details. Or contact us!


Very truly yours.

Yasuhiro Nagano


It is published in the following program.
https://toworldmedia.blogspot.com/

If you have any questions, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp


posted by 長野トミー at 06:21| 東京 ☁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リシ・スナク英国首相 へ ゼレンスキーの軍が、おそらく誤ってポーランドにミサイルを着弾させ、それを利用してWW3を始めさせる。

リシ・スナク英国首相 へ

favicon_source
2022-11-29:拝啓、
米国のジャーナリストは立ちあがった。保守派コメンテーターのベニー・ジョンソンは、ウクライナは第3次世界大戦を始めようとしている。

今までは、誰もが「これ」が言えなかった。ゼレンスキーの「陰謀」を正義の声で批判し始めた

ウクライナのミサイルがNATO加盟国に着弾し、罪のない一般市民が殺された。これについてウクライナの指導者たちは嘘をつき、ロシアのミサイルだと非難した。

彼は、「AP通信は何の疑問も抱かずにそれを記事にした」とツイートした。これが、今までのメディアの姿だった。彼らはバイデン政権に「同調圧力」を受けていた。

一連の報道を受けてゼレンスキーは「WWW3」への「自作自演」をした

ゼレンスキー:ロシアとウクライナの間で続く戦争の「重大なエスカレーション」だと述べた。「自作自演」だ。

ゼレンスキー「これは集団安全保障に対するロシアの攻撃だ!きわめて重大なエスカレーションだ。「自作自演」だ。

ゼレンスキー:「ww3への行動が必要だ」と非難した。しかし賢者はゼレンスキーに騙されなかった。

ベニー・ジョンソン:「ウクライナの指導部は嘘をつき、本格的な第3次世界大戦を起こそうとしたのだ。それが事実だ」。

ウクライナ戦争もゼレンスキーが誘導した戦争だ!。ゼレンスキーは賄賂で世界を動かしてうぃた。。。。

ニューズウィーク日本版:ゼレンスキーはポーランドにミサイルが落下した事故を早々に「ロシアのNATOに対する挑戦」と決めつけて、反撃を促した。

ゼレンスキーは手痛いイメージダウンを被った。多くの賢人は、彼の「自作自演」にうんざりした。

アメリカではジョンソンのほかにも複数のツイッターユーザーが、ミサイル着弾に関する報道を受けたゼレンスキーの当初のコメントを批判した。

保守派のポッドキャスト番組司会者マット・ウォルシュは、ゼレンスキーは今、地球上で最も危険なサイコパスだ、と言う。

マット・ウォルシュ:ゼレンスキーは「新たな世界大戦」を始めるようとしている、とツイートした。

起業家のブレア・ブラント:NATOに第3次世界大戦を起こさせようとしたことがはっきりした。

ゼレンスキーの軍が、おそらく誤ってポーランドにミサイルを着弾させ、それを利用してWW3を始めさせる。

ドナルド・トランプJr.(トランプ前大統領の長男)も、ツイートした。ウクライナへの兵器の提供をやめよ!。

トランプJr:「NATO加盟国のポーランド」にミサイルを撃ち込んだのはウクライナだ。

ウクライナ戦争への姿勢は変わった。少なくとも、米国はウクライナへの軍事支援をやめるだろう。

共和党と民主党は下院でロシアへの経済制裁の解除を決議するべきだ。

ロシアへの経済制裁の解除は歴史的なインフレを止めるだろう。そしてエネルギー問題は解消に向かうだろう。

「米国の議会」が世界の市民に贈る、素晴らしいクリスマスプレゼントだ。「米国の議会」、ありがとう!!


第1部。ゼレンスキーは第3次大戦を始めようとした」 ──米保守派から非難相次ぐ 
https://news.yahoo.co.jp/articles/65c1c06d48a82d7d12249ba0c82e1d13dd7b9cf8


私は明日,も,書きます。



第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
http://www.visa-daiko.com/topics/5297/
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。
起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf


日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194


国連の人権理事会のための作業部会による報告である。
ゴーン氏の逮捕・拘留は「論理的ではなく思うままだった」と国連の専門家が報告、賠償支払いを要請。

日本のメディアと政治家が「国連報告」を無視して日本国民に知らせない! 

ゴーン氏の逮捕・拘留は「論理的ではなく思うままだった」と国連の専門家が報告、賠償支払いを要請。
AFP通信のニュース11月20日に投稿され、23日にメディアに公開された。
日本政府と検察や警察、司法の今後の対応が注目される。
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20201124-00209304/

私の訴えも、全く同じです!
彼らの「自由の剥奪」は「恣意的(しいてき)」です。彼らは「法律に従わず」に「自分勝手」です。
彼らは論理的な必然性がなく、「思うまま」に「処罰」しています。
世界人権宣言の第9条、10条、11条、
そして市民的及び政治的権利に関する国際規約の第9条、10条、14条に違反しており、恣意的です。


2010年の入管法違反事件の「私や中国人」そして2013年のフィリッピン大使館の職員や外交官も同じ理由で処罰されました。
私は「法の論理」で説明して「無罪」を主張しました。
すると、警察官や検察官はこう言いました。
「貴方は一般論で罪を認めるべきだ」。
一般論で処罰する国は日本だけです!
裁判官は「何ら関係のない論理」で因果関係をいいました(判決書を参照してください)

「起訴状」を見てください!当時は犯罪にはなりませんでした。
犯罪にならないから2017年に入管法を改正して処罰できるようにしました。
憲法39条により「遡及」して処罰することはできません。
日本を「日本を法の下で統治する国にしてください!
日本が「人権」を守る国にしてください!
米国人の被害者もいます。世界中にたくさんの被害者がいます。

この事件は、警察官、検察官、裁判官による恣意的な適用法の誤りです。
罪名は、特別「公務員職権乱用罪」および「虚偽告訴罪」です。
検察は「告訴状」「告発状」を職権によって握りつぶしました。
よって「公訴時効」は停止しています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
1)外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
2)検察は「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」したが「適用する法律の誤り」です。

私は、私および中国人、フィリッピン大使館関係者に対する、
「名誉の回復」と「賠償」を求めます。


第3部。特別地帯の建設。
同盟国は「経済と安保」を「一体」にするべきだ!
最大の安全保障は中国製品に勝つことだ。そのためには
「移民や難民」を「特別地帯」で「暫定移民」として受け入れるべきです。
「暫定移民」は「特別地帯」に居住が制限されています。
「暫定移民」は「中国の労働者」より安い「低賃金の労働者」です。
しかし、仕事のない「彼ら」には「恵みの収入」です。
これにより私たちは中国の製品より安価な製品を市場に提供できます。
「本土の労働者」は「暫定移民」と分離して労働をすることで「高賃金」になります。
世界はは市場経済のルールで貿易を行うべきだ。
私たちは「貧者、移民、難民」を助けて、豊かになるべきです。

「EU」による「アルジェリアの特別地帯」、
米国による「メキシコ国境の特別地帯」、新TPP(IPP)による「オーストラリアの特別地帯」、
日本の「沖縄の特別地帯」....です。
「特別地帯」は、難民や貧民を「暫定移民」として「受け入れ」ます。
彼らは「先進国の労働者」と「分離」します。
先進国は「暫定移民」を「雇用」することで中国製品よりも「安価」に「製造」できます。
英語、日本語、フランス語、ドイツ語  
https://naganoopinion.blog.jp/


第4部。「新型コロナ」の下でも経済活動を「通常に戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
「SARSウィルス」は感染者の「隔離そして治療」によって、「SARSウィルス」は消滅しました。
「PCR検査」は時間がかかります。
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
検査を受けた特定の場所では、「非、感染の者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!
各国が共同して開発をして1年以内に開発すべきです。
「自由と民主の国家」を復活させるべきです!
詳細は毎日の投稿をご覧ください。又は、お問い合わせください!


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)


下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 06:20| 東京 ☁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする