2022年11月30日

フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ  「ウクライナの指導部」は嘘をつき、本格的な「第3次世界大戦」を起こそうとしたのだ。それが事実だ!! しかし、まだ!ゼレンスキーに「同調圧力」を受けて、「世界の空気」が読めない「関係者」がたくさんいます。

フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ
FURANSU.jpg

2022-11-30:拝啓、
ゼレンスキーの演技がバレた!「ポーランドへのミサイル着弾」の「世論」は反ウクライナです。

「ウクライナの指導部」は嘘をつき、本格的な「第3次世界大戦」を起こそうとしたのだ。それが事実だ!!

しかし、まだ!ゼレンスキーに「同調圧力」を受けて、「世界の空気」が読めない「関係者」がたくさんいます。

欧米を中心に「根本原因はロシア」として、ロシアを非難しています。これがゼレンスキーの賄賂政治だ! 

ポーランドの国連大使は、「非難されるべきはロシアだ」と述べた。彼はまだ、ゼレンスキーのマインドコントロールの下にある。

ウクライナの大使も「根本原因はロシアにある」と主張。その嘘も明らかだ。原因はゼレンスキーだ。

ロシアの大使は「ミサイルはウクライナのものだ」と反論しtた。ロシアはよく我慢をした!

ロシアは「NATOを紛争に巻き込もうとする意図的な試みだ」と非難しています。

国防総省での記者会見でミリー氏は、ウクライナがこのところ反転攻勢に成功している。しかし。。。。

ミリー氏は、ウクライナが早期に軍事的に勝利する可能性は低いと警告。

ポーランドに着弾したミサイルについて、ウクライナのゼレンスキーは「集団安全保障に対するロシアの攻撃」と非難。「あほか!Are you kidding?.」

ウクライナのドミトロ・クレバ外相も、ウクライナが発射したとするのは「陰謀論」だと述べた。

ゼレンスキーの発言は、一部の西側外交官の忍耐力を削り始めている。

ウクライナ側の、時に、過激な言葉や要求が、西側同盟国の間の「ウクライナ疲れ」を悪化させている。

NATOの航空機はロシアのウクライナ侵攻以降、ウクライナ周辺で定期的に監視活動を行っている。

11月15日にポーランド上空を飛行していた航空機はウクライナの様子を監視していた。

ゼレンスキーはNATOには反論できない。彼の「自作自演」はバレた!

NATOの軍関係者:この人物は「(ミサイルの)レーダー追跡の情報がNATOとポーランドに提供された」と語った。

「G7」の首脳のほとんどは「ゼレンスキーの配下」だ。勝手にすれば!

岸田首相は聞いていないのか!彼はポーランドへミサイルが着弾したことでロシアを非難した。

日本は世界の空気が読めないのです。バイデン大統領はロシアではないと声明している。クレイジー!

法の下で統治しない日本は、いつでも恣意的に処罰する。今回も恣意的にロシアを「犯人」にしている。

岸田が首相である限り、ロシアは日本と会話をしたくないだろう。

米国の議会はウクライナへの軍事支援をやめるだろう。そしてロシアへの経済制裁を解除するだろう。

世界の市民は「米国の議会」に感謝するだろう。ありがとう偉大なアメリカ!


第1部。「根本原因はロシア」欧米中心にロシア非難 国連でポーランドのミサイル着弾めぐり会合|TBS NEWS DIG 
https://www.youtube.com/watch?v=d1GiQpJy8Ms
ウクライナ、ポーランド着弾のミサイルはロシアが発射と主張 NATOの見方と食い違い
https://www.bbc.com/japanese/63657893
NATO、ポーランド着弾のミサイルをレーダーで追跡
https://news.yahoo.co.jp/articles/b3aa3341aaabccfdab7ccc98a71adab996b296a9
岸田首相、ロシアを非難 ポーランドミサイル着弾で
https://www.sankei.com/article/20221116-ZT5I5VJJCBIY3IBZZ67UIBWEZE/


私は明日,も,書きます。



第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
http://www.visa-daiko.com/topics/5297/
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。
起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf


日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194


国連の人権理事会のための作業部会による報告である。
ゴーン氏の逮捕・拘留は「論理的ではなく思うままだった」と国連の専門家が報告、賠償支払いを要請。

日本のメディアと政治家が「国連報告」を無視して日本国民に知らせない! 

ゴーン氏の逮捕・拘留は「論理的ではなく思うままだった」と国連の専門家が報告、賠償支払いを要請。
AFP通信のニュース11月20日に投稿され、23日にメディアに公開された。
日本政府と検察や警察、司法の今後の対応が注目される。
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20201124-00209304/

私の訴えも、全く同じです!
彼らの「自由の剥奪」は「恣意的(しいてき)」です。彼らは「法律に従わず」に「自分勝手」です。
彼らは論理的な必然性がなく、「思うまま」に「処罰」しています。
世界人権宣言の第9条、10条、11条、
そして市民的及び政治的権利に関する国際規約の第9条、10条、14条に違反しており、恣意的です。


2010年の入管法違反事件の「私や中国人」そして2013年のフィリッピン大使館の職員や外交官も同じ理由で処罰されました。
私は「法の論理」で説明して「無罪」を主張しました。
すると、警察官や検察官はこう言いました。
「貴方は一般論で罪を認めるべきだ」。
一般論で処罰する国は日本だけです!
裁判官は「何ら関係のない論理」で因果関係をいいました(判決書を参照してください)

「起訴状」を見てください!当時は犯罪にはなりませんでした。
犯罪にならないから2017年に入管法を改正して処罰できるようにしました。
憲法39条により「遡及」して処罰することはできません。
日本を「日本を法の下で統治する国にしてください!
日本が「人権」を守る国にしてください!
米国人の被害者もいます。世界中にたくさんの被害者がいます。

この事件は、警察官、検察官、裁判官による恣意的な適用法の誤りです。
罪名は、特別「公務員職権乱用罪」および「虚偽告訴罪」です。
検察は「告訴状」「告発状」を職権によって握りつぶしました。
よって「公訴時効」は停止しています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
1)外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
2)検察は「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」したが「適用する法律の誤り」です。

私は、私および中国人、フィリッピン大使館関係者に対する、
「名誉の回復」と「賠償」を求めます。


第3部。特別地帯の建設。
同盟国は「経済と安保」を「一体」にするべきだ!
最大の安全保障は中国製品に勝つことだ。そのためには
「移民や難民」を「特別地帯」で「暫定移民」として受け入れるべきです。
「暫定移民」は「特別地帯」に居住が制限されています。
「暫定移民」は「中国の労働者」より安い「低賃金の労働者」です。
しかし、仕事のない「彼ら」には「恵みの収入」です。
これにより私たちは中国の製品より安価な製品を市場に提供できます。
「本土の労働者」は「暫定移民」と分離して労働をすることで「高賃金」になります。
世界はは市場経済のルールで貿易を行うべきだ。
私たちは「貧者、移民、難民」を助けて、豊かになるべきです。

「EU」による「アルジェリアの特別地帯」、
米国による「メキシコ国境の特別地帯」、新TPP(IPP)による「オーストラリアの特別地帯」、
日本の「沖縄の特別地帯」....です。
「特別地帯」は、難民や貧民を「暫定移民」として「受け入れ」ます。
彼らは「先進国の労働者」と「分離」します。
先進国は「暫定移民」を「雇用」することで中国製品よりも「安価」に「製造」できます。
英語、日本語、フランス語、ドイツ語  
https://naganoopinion.blog.jp/


第4部。「新型コロナ」の下でも経済活動を「通常に戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
「SARSウィルス」は感染者の「隔離そして治療」によって、「SARSウィルス」は消滅しました。
「PCR検査」は時間がかかります。
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
検査を受けた特定の場所では、「非、感染の者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!
各国が共同して開発をして1年以内に開発すべきです。
「自由と民主の国家」を復活させるべきです!
詳細は毎日の投稿をご覧ください。又は、お問い合わせください!


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)


下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp
posted by 長野トミー at 06:30| 東京 ☔| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

To British Prime Minister Rishi Sunak Zelensky's performance is exposed! "Public Opinion" for "Missile Hit in Poland" is Anti-Ukraine.

To British Prime Minister Rishi Sunak

favicon_source
2022-11-30: Dear Sir,
Zelensky's performance is exposed! "Public Opinion" for "Missile Hit in Poland" is Anti-Ukraine.

The “Ukrainian leadership” lied and tried to start a full-blown “World War III”. That's the truth! !

But not yet! There are many "related parties" who cannot read "the atmosphere of the world" due to "peer pressure" from Zelensky.

Europe and the United States are blaming Russia as the root cause. This is Zelensky's bribery politics! 

Poland's ambassador to the United Nations said, "Russia should be blamed." He is still under Zelensky's mind control.

The Ukrainian ambassador also insisted that Russia was the root cause. The lie is also clear. The cause is Zelensky.

The Russian ambassador countered that the missiles belonged to Ukraine. Russia endured well!

Russia has accused it of "a deliberate attempt to involve NATO in the conflict."

At a press conference at the Pentagon, Mr. Milley said that Ukraine has recently been successful in reversing the offensive. However. . . .

Milley warned that Ukraine was unlikely to win an early military victory.

Ukraine's Zelensky denounced the missile that hit Poland as a "Russian attack on collective security". "Oh! Are you kidding?."

Ukrainian Foreign Minister Dmytro Kuleva also said that the Ukrainian launch was a "conspiracy theory".

Zelensky's remarks are beginning to wear down the patience of some Western diplomats.

Ukraine's sometimes radical words and demands have exacerbated "Ukrainian fatigue" among Western allies.

NATO aircraft have regularly carried out surveillance operations around Ukraine since Russia's invasion of the country.

A plane flying over Poland on November 15 was monitoring the situation in Ukraine.

Zelensky cannot refute NATO. His "self-made performance" was exposed!

NATO military source: "Information on radar tracking [of missiles] has been provided to NATO and Poland," this person said.

Most of the leaders of the "G7" are "Zelensky subordinates". Do whatever you want!

Isn't Prime Minister Kishida listening?! He blamed Russia for the missile landing in Poland.

Japan cannot read the atmosphere of the world. President Biden has declared that it is not Russia. crazy!

Japan, which does not rule under the law, will punish arbitrarily at any time. This time, too, they have arbitrarily made Russia the “culprit.”

As long as Kishida is prime minister, Russia will not want to have a conversation with Japan.

US Congress will end military aid to Ukraine. and lift economic sanctions on Russia.

The citizens of the world will thank the Congress of the United States. Thank you great America!


Part 1. 'Russia is the root cause' Europe and the United States criticize Russia United Nations meeting on Polish missile impact|TBS NEWS DIG 
https://www.youtube.com/watch?v=d1GiQpJy8Ms
Ukraine and Poland claim missiles launched by Russia Conflict with NATO's view
https://www.bbc.com/japanese/63657893
NATO radar tracks missiles landing in Poland
https://news.yahoo.co.jp/articles/b3aa3341aaabccfdab7ccc98a71adab996b296a9
Prime Minister Kishida criticizes Russia for landing missiles in Poland
https://www.sankei.com/article/20221116-ZT5I5VJJCBIY3IBZZ67UIBWEZE/


I will write tomorrow too.



Part 2 See below for the "false charges" of the 2010 "crimes of support for immigration law violations"
The amendment of the Immigration Control Act in January 2017 states that "I am not guilty" as the reason for the amendment.
Reason: Amend from "cannot be punished" to "can be punished".
http://www.visa-daiko.com/topics/5297/
It is a false charge. However, the Japanese government has not yet apologized.
See below for the indictment. (Japanese)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
See below for the indictment. (English translation)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf


Japanese.
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
English language.
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194


Report by the Working Group for the United Nations Human Rights Council.
Mr. Ghosn's arrest and detention was "unreasonable and unreasonable," a UN expert reported and demanded compensation.

Japanese media and politicians ignore the "UN report" and do not inform the Japanese people! It was

Mr. Ghosn's arrest and detention was "unreasonable and unreasonable," a UN expert reported and demanded compensation.
AFP news was posted on November 20th and released to the media on the 23rd.
The future response of the Japanese government, the prosecution, the police, and the judiciary will be watched.
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20201124-00209304/

My complaint is exactly the same!
Their "deprivation of freedom" is "arbitrary". They are "selfish" without "obeying the law".
They have no logical necessity and are "punishing" "as they please."
Articles 9, 10, 11 of the Universal Declaration of Human Rights,
And it violates Articles 9, 10 and 14 of the International Covenant on Civil and Political Rights and is arbitrary.


"I and the Chinese" in the 2010 Immigration Control and Refuge case and the 2013 Philippine embassy staff and diplomats were also punished for the same reason.
I explained in "The Logic of Law" and claimed "not guilty".
Then police officers and prosecutors said:
"You should plead guilty in general terms."
Japan is the only country to punish in general terms!
The judge said causality with "unrelated logic" (see Judgment).

See "Indictment"! It wasn't a crime at the time.
Since it is not a crime, we revised the Immigration Control Act in 2017 so that it can be punished.
Article 39 of the Constitution does not allow "retroactive" punishment.
Make Japan "a country that governs Japan under the law!
Make Japan a country that protects "human rights"!
There are also American victims. There are many victims all over the world.

This case is an arbitrary error in application by police officers, prosecutors, and judges.
The offenses are special "civilian abuse of authority" and "false accusation".
The prosecution has squeezed the "accusation" and "accusation" ex officio.
Therefore, the "prescription for prosecution" has been suspended.

I'm "sueing" for two things.
1) A foreigner has performed "illegal labor" other than "status of residence". But foreigners are not guilty.
2) The prosecution has set Articles 60 and 62 of the Criminal Code against Article 70 of the Immigration Control and Refuge because of "support for Articles 22-4-4 of the Immigration Control and Refuge".
I "applied" "a crime that supports other crimes", but it is "an error in the applicable law".

I am for me and the Chinese, Philippine embassy officials,
We seek "restoration of honor" and "compensation".


Part 3 Construction of special zones.
Allies should unite "economy and security"!
The greatest security is to beat Chinese products. for that purpose
"Immigrants and refugees" should be accepted as "provisional immigrants" in "special zones".
"Temporary immigrants" are restricted to living in "special zones".
"Temporary immigrants" are "low-wage workers" that are cheaper than "Chinese workers".
However, it is "income of grace" for "they" who do not have a job.
This allows us to bring to market cheaper products than Chinese products.
"Mainland workers" become "high wages" by working separately from "provisional immigrants".
The world should trade according to the rules of the market economy.
We should help "poor, migrants, refugees" and become rich.

"Special Zone of Algeria" by "EU",
"Special Zone on the Mexican Border" by the United States, "Special Zone in Australia" by the New TPP (IPP),
It is the "special zone of Okinawa" in Japan ....
The "special zone" "accepts" refugees and poor people as "provisional migrants."
They "separate" from "workers in developed countries".
Developed countries can "manufacture" cheaper than Chinese products by "employing" "provisional immigrants."
English, Japanese, French, German
https://naganoopinion.blog.jp/


Part 4 Economic activity should be "returned to normal" even under the "new corona"!
Will I continue to receive the corona vaccine two or three times a year? Crazy!
"SARS virus" disappeared by "quarantine and treatment" of infected people.
"PCR test" takes time.
We should develop an "inspection system" that instantly "identifies" the "infected person" like thermography.
In certain places tested, "non-infected" can return to "normal life" without a mask!
Countries should jointly develop and develop within a year.
The "nation of freedom and democracy" should be revived!
See daily posts for details. Or contact us!


Very truly yours.

Yasuhiro Nagano


It is published in the following program.
https://toworldmedia.blogspot.com/

If you have an
posted by 長野トミー at 06:28| 東京 ☔| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リシ・スナク英国首相 へ ゼレンスキーの演技がバレた!「ポーランドへのミサイル着弾」の「世論」は反ウクライナです。


リシ・スナク英国首相 へ
favicon_source

2022-11-30:拝啓、
ゼレンスキーの演技がバレた!「ポーランドへのミサイル着弾」の「世論」は反ウクライナです。

「ウクライナの指導部」は嘘をつき、本格的な「第3次世界大戦」を起こそうとしたのだ。それが事実だ!!

しかし、まだ!ゼレンスキーに「同調圧力」を受けて、「世界の空気」が読めない「関係者」がたくさんいます。

欧米を中心に「根本原因はロシア」として、ロシアを非難しています。これがゼレンスキーの賄賂政治だ! 

ポーランドの国連大使は、「非難されるべきはロシアだ」と述べた。彼はまだ、ゼレンスキーのマインドコントロールの下にある。

ウクライナの大使も「根本原因はロシアにある」と主張。その嘘も明らかだ。原因はゼレンスキーだ。

ロシアの大使は「ミサイルはウクライナのものだ」と反論しtた。ロシアはよく我慢をした!

ロシアは「NATOを紛争に巻き込もうとする意図的な試みだ」と非難しています。

国防総省での記者会見でミリー氏は、ウクライナがこのところ反転攻勢に成功している。しかし。。。。

ミリー氏は、ウクライナが早期に軍事的に勝利する可能性は低いと警告。

ポーランドに着弾したミサイルについて、ウクライナのゼレンスキーは「集団安全保障に対するロシアの攻撃」と非難。「あほか!Are you kidding?.」

ウクライナのドミトロ・クレバ外相も、ウクライナが発射したとするのは「陰謀論」だと述べた。

ゼレンスキーの発言は、一部の西側外交官の忍耐力を削り始めている。

ウクライナ側の、時に、過激な言葉や要求が、西側同盟国の間の「ウクライナ疲れ」を悪化させている。

NATOの航空機はロシアのウクライナ侵攻以降、ウクライナ周辺で定期的に監視活動を行っている。

11月15日にポーランド上空を飛行していた航空機はウクライナの様子を監視していた。

ゼレンスキーはNATOには反論できない。彼の「自作自演」はバレた!

NATOの軍関係者:この人物は「(ミサイルの)レーダー追跡の情報がNATOとポーランドに提供された」と語った。

「G7」の首脳のほとんどは「ゼレンスキーの配下」だ。勝手にすれば!

岸田首相は聞いていないのか!彼はポーランドへミサイルが着弾したことでロシアを非難した。

日本は世界の空気が読めないのです。バイデン大統領はロシアではないと声明している。クレイジー!

法の下で統治しない日本は、いつでも恣意的に処罰する。今回も恣意的にロシアを「犯人」にしている。

岸田が首相である限り、ロシアは日本と会話をしたくないだろう。

米国の議会はウクライナへの軍事支援をやめるだろう。そしてロシアへの経済制裁を解除するだろう。

世界の市民は「米国の議会」に感謝するだろう。ありがとう偉大なアメリカ!


第1部。「根本原因はロシア」欧米中心にロシア非難 国連でポーランドのミサイル着弾めぐり会合|TBS NEWS DIG 
https://www.youtube.com/watch?v=d1GiQpJy8Ms
ウクライナ、ポーランド着弾のミサイルはロシアが発射と主張 NATOの見方と食い違い
https://www.bbc.com/japanese/63657893
NATO、ポーランド着弾のミサイルをレーダーで追跡
https://news.yahoo.co.jp/articles/b3aa3341aaabccfdab7ccc98a71adab996b296a9
岸田首相、ロシアを非難 ポーランドミサイル着弾で
https://www.sankei.com/article/20221116-ZT5I5VJJCBIY3IBZZ67UIBWEZE/


私は明日,も,書きます。



第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
http://www.visa-daiko.com/topics/5297/
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。
起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf


日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194


国連の人権理事会のための作業部会による報告である。
ゴーン氏の逮捕・拘留は「論理的ではなく思うままだった」と国連の専門家が報告、賠償支払いを要請。

日本のメディアと政治家が「国連報告」を無視して日本国民に知らせない! 

ゴーン氏の逮捕・拘留は「論理的ではなく思うままだった」と国連の専門家が報告、賠償支払いを要請。
AFP通信のニュース11月20日に投稿され、23日にメディアに公開された。
日本政府と検察や警察、司法の今後の対応が注目される。
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20201124-00209304/

私の訴えも、全く同じです!
彼らの「自由の剥奪」は「恣意的(しいてき)」です。彼らは「法律に従わず」に「自分勝手」です。
彼らは論理的な必然性がなく、「思うまま」に「処罰」しています。
世界人権宣言の第9条、10条、11条、
そして市民的及び政治的権利に関する国際規約の第9条、10条、14条に違反しており、恣意的です。


2010年の入管法違反事件の「私や中国人」そして2013年のフィリッピン大使館の職員や外交官も同じ理由で処罰されました。
私は「法の論理」で説明して「無罪」を主張しました。
すると、警察官や検察官はこう言いました。
「貴方は一般論で罪を認めるべきだ」。
一般論で処罰する国は日本だけです!
裁判官は「何ら関係のない論理」で因果関係をいいました(判決書を参照してください)

「起訴状」を見てください!当時は犯罪にはなりませんでした。
犯罪にならないから2017年に入管法を改正して処罰できるようにしました。
憲法39条により「遡及」して処罰することはできません。
日本を「日本を法の下で統治する国にしてください!
日本が「人権」を守る国にしてください!
米国人の被害者もいます。世界中にたくさんの被害者がいます。

この事件は、警察官、検察官、裁判官による恣意的な適用法の誤りです。
罪名は、特別「公務員職権乱用罪」および「虚偽告訴罪」です。
検察は「告訴状」「告発状」を職権によって握りつぶしました。
よって「公訴時効」は停止しています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
1)外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
2)検察は「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」したが「適用する法律の誤り」です。

私は、私および中国人、フィリッピン大使館関係者に対する、
「名誉の回復」と「賠償」を求めます。


第3部。特別地帯の建設。
同盟国は「経済と安保」を「一体」にするべきだ!
最大の安全保障は中国製品に勝つことだ。そのためには
「移民や難民」を「特別地帯」で「暫定移民」として受け入れるべきです。
「暫定移民」は「特別地帯」に居住が制限されています。
「暫定移民」は「中国の労働者」より安い「低賃金の労働者」です。
しかし、仕事のない「彼ら」には「恵みの収入」です。
これにより私たちは中国の製品より安価な製品を市場に提供できます。
「本土の労働者」は「暫定移民」と分離して労働をすることで「高賃金」になります。
世界はは市場経済のルールで貿易を行うべきだ。
私たちは「貧者、移民、難民」を助けて、豊かになるべきです。

「EU」による「アルジェリアの特別地帯」、
米国による「メキシコ国境の特別地帯」、新TPP(IPP)による「オーストラリアの特別地帯」、
日本の「沖縄の特別地帯」....です。
「特別地帯」は、難民や貧民を「暫定移民」として「受け入れ」ます。
彼らは「先進国の労働者」と「分離」します。
先進国は「暫定移民」を「雇用」することで中国製品よりも「安価」に「製造」できます。
英語、日本語、フランス語、ドイツ語  
https://naganoopinion.blog.jp/


第4部。「新型コロナ」の下でも経済活動を「通常に戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
「SARSウィルス」は感染者の「隔離そして治療」によって、「SARSウィルス」は消滅しました。
「PCR検査」は時間がかかります。
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
検査を受けた特定の場所では、「非、感染の者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!
各国が共同して開発をして1年以内に開発すべきです。
「自由と民主の国家」を復活させるべきです!
詳細は毎日の投稿をご覧ください。又は、お問い合わせください!


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)


下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp
posted by 長野トミー at 06:27| 東京 ☔| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月29日のつぶやき
























































































































































































posted by 長野トミー at 00:01| 東京 ☔| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月29日

Bundeskanzler Olaf Scholz Auch Donald Trump Jr., der älteste Sohn des ehemaligen Präsidenten Trump, twitterte. Waffenlieferungen an die Ukraine stoppen! . Es war die Ukraine, die Raketen auf das „NATO-Mitglied Polen“ abgefeuert hat.


An Bundeskanzler Olaf Scholz
DOITU.jpg

2022-11-29: Sehr geehrte Damen und Herren,
Amerikanische Journalisten standen auf. Der konservative Kommentator Benny Johnson sagt, die Ukraine stehe kurz vor dem Beginn des Dritten Weltkriegs.

Bisher konnte niemand "das" sagen. Begann, Zelenskys "Verschwörung" mit Stimmen der Gerechtigkeit zu kritisieren

Ukrainische Raketen treffen NATO-Mitgliedsstaaten und töten unschuldige Zivilisten. Ukrainische Führer haben darüber gelogen und beschuldigt, es handele sich um eine russische Rakete.

Er twitterte: „The Associated Press hat es ohne Frage berichtet.“ So sahen die Medien früher aus. Sie standen unter „Konformitätsdruck“ gegenüber der Biden-Administration.

Als Reaktion auf eine Reihe von Berichten machte Selensky "Self-Made-Performance" zu "WWW3".

Selenskyj: Er sagte, es sei eine "schwere Eskalation" des andauernden Krieges zwischen Russland und der Ukraine. Es ist „selbstgemacht“.

Selenskyj: Das ist ein russischer Angriff auf die kollektive Sicherheit, eine sehr ernste Eskalation.

Zelensky: prangerte an, „wir brauchen Maßnahmen gegen den 3. Weltkrieg“. Aber der Weise wurde von Zelensky nicht getäuscht.

Benny Johnson: „Die ukrainische Führung hat gelogen und versucht, einen ausgewachsenen Dritten Weltkrieg zu beginnen. Das ist die Wahrheit.“

Der Ukrainekrieg ist auch ein von Selenskyj herbeigeführter Krieg! . Zelensky benutzte Bestechungsgelder, um die Welt zu regieren. . . .

Newsweek Japan: Selenskyj bezeichnete den Raketenabsturz in Polen schnell als „Russlands Herausforderung an die NATO“ und drängte auf einen Gegenangriff.

Selenskyj erlitt einen schmerzlichen Imageverlust. Viele Weise hatten seine „selbstgemachten Darbietungen“ satt.

In den USA kritisierten Johnson und mehrere andere Twitter-Nutzer Selenskyjs erste Äußerungen nach Berichten über den Raketeneinschlag.

Der konservative Podcast-Moderator Matt Walsh sagt, Zelensky sei jetzt der gefährlichste Psychopath der Welt.

Matt Walsh: Zelensky hat getwittert, dass er dabei sei, einen „neuen Weltkrieg“ zu beginnen.

Unternehmer Blair Brandt: Hat eindeutig versucht, die NATO dazu zu bringen, den 3. Weltkrieg zu beginnen.

Selenskyjs Streitkräfte landen vermutlich aus Versehen eine Rakete in Polen und starten damit den 3. Weltkrieg.

Auch Donald Trump Jr., der älteste Sohn des ehemaligen Präsidenten Trump, twitterte. Waffenlieferungen an die Ukraine stoppen! .

Trump Jr.: Es war die Ukraine, die Raketen auf das „NATO-Mitglied Polen“ abgefeuert hat.

Die Einstellung zum Krieg in der Ukraine hat sich geändert. Zumindest werden die USA die Militärhilfe für die Ukraine beenden.

Republikaner und Demokraten sollten im Repräsentantenhaus für die Aufhebung der Wirtschaftssanktionen gegen Russland stimmen.

Die Aufhebung der Wirtschaftssanktionen gegen Russland würde die historische Inflation stoppen. Und das Energieproblem wird verschwinden.

Es ist ein wunderbares Weihnachtsgeschenk des "US-Kongresses" an die Bürger der Welt. Danke, "Kongress der Vereinigten Staaten"! !


Teil 1. Zelensky hat versucht, den Dritten Weltkrieg zu beginnen." ── Verurteilt von US-Konservativen
https://news.yahoo.co.jp/articles/65c1c06d48a82d7d12249ba0c82e1d13dd7b9cf8


Ich schreibe morgen auch.



Teil 2 Siehe unten für die „falschen Anschuldigungen“ der „Straftaten zur Unterstützung von Verstößen gegen das Einwanderungsgesetz“ von 2010.
Die Novelle des Immigration Control Act im Januar 2017 nennt als Begründung für die Novelle „Ich bin nicht schuldig“.
Begründung: „kann nicht bestraft werden“ in „kann bestraft werden“ ändern.
http://www.visa-daiko.com/topics/5297/
Es ist eine falsche Anklage. Die japanische Regierung hat sich jedoch noch nicht entschuldigt.
Siehe unten für die Anklage. (Japanisch)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
Siehe unten für die Anklage. (Englische Übersetzung)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf


Japanisch.
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
Englische Sprache.
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194


Bericht der Arbeitsgruppe für den Menschenrechtsrat der Vereinten Nationen.
Die Festnahme und Inhaftierung von Herrn Ghosn sei "unangemessen und unvernünftig", berichtete ein UN-Experte und forderte Entschädigung.

Japanische Medien und Politiker ignorieren den „UN-Bericht“ und informieren das japanische Volk nicht! Es war

Die Festnahme und Inhaftierung von Herrn Ghosn sei "unangemessen und unvernünftig", berichtete ein UN-Experte und forderte Entschädigung.
AFP-Nachrichten wurden am 20. November veröffentlicht und am 23. für die Medien freigegeben.
Die künftige Reaktion der japanischen Regierung, der Staatsanwaltschaft, der Polizei und der Justiz wird beobachtet.
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20201124-00209304/

Meine Beschwerde ist genau die gleiche!
Ihr „Freiheitsentzug“ sei „willkürlich“. Sie sind „egoistisch“, ohne „dem Gesetz zu gehorchen“.
Sie haben keine logische Notwendigkeit und „bestrafen“ „wie sie wollen“.
Artikel 9, 10, 11 der Allgemeinen Erklärung der Menschenrechte,
Und es verstößt gegen die Artikel 9, 10 und 14 des Internationalen Pakts über bürgerliche und politische Rechte und ist willkürlich.


„Ich und die Chinesen“ im Fall Einwanderungskontrolle und Zuflucht von 2010 und die Mitarbeiter und Diplomaten der philippinischen Botschaft von 2013 wurden ebenfalls aus demselben Grund bestraft.
Ich erklärte es in „Die Logik des Rechts“ und behauptete „nicht schuldig“.
Dann sagten Polizisten und Staatsanwälte:
"Sie sollten sich allgemein schuldig bekennen."
Japan ist das einzige Land, das allgemein bestraft!
Der Richter sagte Kausalität mit "unbezogener Logik" (siehe Urteil).

Siehe „Anklage“! Das war damals kein Verbrechen.
Da es sich nicht um ein Verbrechen handelt, haben wir 2017 das Einwanderungskontrollgesetz überarbeitet, damit es geahndet werden kann.
Artikel 39 der Verfassung erlaubt keine „rückwirkende“ Bestrafung.
Machen Sie Japan „zu einem Land, das Japan nach dem Gesetz regiert!
Machen Sie Japan zu einem Land, das „Menschenrechte“ schützt!
Es gibt auch amerikanische Opfer. Es gibt viele Opfer auf der ganzen Welt.

Dieser Fall ist ein willkürlicher Anwendungsfehler von Polizeibeamten, Staatsanwälten und Richtern.
Bei den Straftatbeständen handelt es sich im Besonderen um „zivilen Amtsmissbrauch“ und „Falschbeschuldigung“.
Die Staatsanwaltschaft hat die "Anklage" und "Anklage" von Amts wegen abgequetscht.
Daher wurde die „Verordnung zur Strafverfolgung“ ausgesetzt.

Ich „klage“ auf zwei Dinge.
1) Ein Ausländer hat andere "illegale Arbeit" als "Aufenthaltsstatus" verrichtet. Aber Ausländer sind nicht schuldig.
2) Die Staatsanwaltschaft hat Artikel 60 und 62 des Strafgesetzbuches gegen Artikel 70 der Einwanderungskontrolle und Zuflucht wegen „Unterstützung der Artikel 22-4-4 der Einwanderungskontrolle und Zuflucht“ eingestellt.
Ich habe „ein Verbrechen angewandt“, das andere Verbrechen unterstützt, aber es ist „ein Fehler im anwendbaren Recht“.

Ich bin für mich und die chinesischen, philippinischen Botschaftsbeamten,
Wir fordern „Wiederherstellung der Ehre“ und „Entschädigung“.


Teil 3 Bau von Sonderzonen.
Verbündete sollten "Wirtschaft und Sicherheit" vereinen!
Die größte Sicherheit besteht darin, chinesische Produkte zu schlagen. zu diesem Zweck
„Einwanderer und Flüchtlinge“ sollen als „vorläufige Einwanderer“ in „Sonderzonen“ aufgenommen werden.
„Vorübergehende Einwanderer“ dürfen nur in „Sonderzonen“ leben.
"Temporäre Einwanderer" sind "Billiglohnarbeiter", die billiger sind als "chinesische Arbeiter".
Es ist jedoch ein „Gnadeneinkommen“ für „die“, die keine Arbeit haben.
Dadurch können wir günstigere Produkte als chinesische Produkte auf den Markt bringen.
„Arbeiter vom Festland“ werden zu „Hochlöhnen“, indem sie getrennt von „vorläufigen Einwanderern“ arbeiten.
Die Welt sollte nach den Regeln der Marktwirtschaft handeln.
Wir sollen „Armen, Migranten, Flüchtlingen“ helfen und reich werden.

„Sonderzone Algerien“ durch „EU“,
„Sonderzone an der mexikanischen Grenze“ der Vereinigten Staaten, „Sonderzone in Australien“ der New TPP (IPP),
Es ist die "Sonderzone von Okinawa" in Japan ....
Die „Sonderzone“ „nimmt“ Flüchtlinge und Arme als „vorläufige Migranten“ auf.
Sie „trennen“ sich von „Arbeitnehmern in entwickelten Ländern“.
Industrieländer können billiger als chinesische Produkte „produzieren“, indem sie „vorläufige Einwanderer“ „anstellen“.
Englisch, Japanisch, Französisch, Deutsch
https://naganoopinion.blog.jp/


Teil 4 Die wirtschaftliche Aktivität soll auch unter dem „neuen Corona“ wieder „normalisiert“ werden!
Bekomme ich weiterhin zwei- bis dreimal im Jahr die Corona-Impfung? Verrückt!
„SARS-Virus“ verschwand durch „Quarantäne und Behandlung“ von Infizierten.
"PCR-Test" braucht Zeit.
Wir sollten ein "Inspektionssystem" entwickeln, das die "infizierte Person" wie eine Thermografie sofort "identifiziert".
An bestimmten getesteten Orten können „Nicht-Infizierte“ ohne Maske zum „normalen Leben“ zurückkehren!
Die Länder sollten sich innerhalb eines Jahres gemeinsam entwickeln und weiterentwickeln.
Die „Nation der Freiheit und Demokratie“ soll wiederbelebt werden!
Einzelheiten finden Sie in den täglichen Beiträgen. Oder kontaktieren Sie uns!


Mit freundlichen Grüßen.

Yasuhiro Nagano


Es wird im folgenden Programm veröffentlicht.
https://toworldmedia.blogspot.com/

Wenn Sie Fragen haben, kontaktieren Sie uns bitte!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 06:27| 東京 ☁| Comment(0) | ドイツ首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする