2024年06月12日

開戦以来、2年以上闘いつづけており、ウクライナの前線の兵士の疲弊は凄まじい。入れ替えを行わなければならない。国内的にも政治問題になりかねない状況だ。ウクライナの代理戦争は限界だ!


リシ・スナク英国首相 へ

favicon_source
2024-06-12:拝啓、
ゼレンスキーは5月20日で大統領任期が切れた。ただし戦争中と言うことで、戒厳令下、大統領選は行わない。しかしゼレンスキーが「大統領である正当性」はない。憲法では、「首相」が務めるでは?

支援予算は通った、問題はウクライナの「兵員の数」だ。ウクライナ側の問題は「兵員の数」だ。追加の動員については、法律は通したけれど、うまくいっていない。米国は米軍を派兵するか。私は、米国は絶対に派兵しないと思う。

今、海外にいるウクライナ国籍者を動員対象にして、応召しなければパスポートを更新しないと言うこともやっているが、成果が上がっていない。フランスはフランス軍を派遣する?。フランス国民は「NO」だ!

開戦以来、2年以上闘いつづけており、ウクライナの前線の兵士の疲弊は凄まじい。入れ替えを行わなければならない。国内的にも政治問題になりかねない状況だ。ウクライナの代理戦争は限界だ!

かろうじて米国の予算は通った。徐々に武器弾薬はウクライナに入っていく。これまで供与されていなかったATACMSなども既にウクライナに送られている。これが米国の常識の限界だ!

ウクライナ支援に否定的なトランプ前大統領が優勢と言われ、次の大統領に就任するかも知れない。そうなるとウクライナの国民の士気がどこまで保つのかが問題になっている。ウクライナ国民は白旗を上げるべきだ。

今年2月以来、フランスのマクロン大統領が繰り返し発言している「欧米の地上部隊」を、ウクライナに送るというのは、間違いなく大きな」話題になってくる。でも実現しないだろう!

この戦争が始まった頃から、プーチンは核使用を匂わしてきた。NATO軍のウクライナ戦争への「直接介入」を牽制する為だ。核は使わなければ「抑止力」にならない。そろそろ使う時期だ。

マクロン発言に見られるように、もはや、欧州にはウクライナを維持するためには「直接的な軍事行動」も必要という認識が生まれつつある。EUは「分断」されて「解体」だろう。

彼らにとって「この戦争」は、もはや単に「ウクライナの戦争」ではなく、「欧州とロシアとの戦争」になりつつある。英国の総選挙では、「NATO対ロシアの戦争」の「是非」を「争点」にするべきだ。

私は欧州の市街をウクライナのような戦場にしたくない。私は現実的な「停戦案」として、「ウクライナ東部」を「クルド人の国家」として、建国することで「勝者を作らない」提案している。

マクロン氏はフランス軍の派遣をしてロシア軍と戦う気だ。そうするとロシアはミサイルでパリ市街を攻撃することは間違いない。フランス人は、本当にロシアと戦争しますか。

アメリカがロシアと戦争することは「核戦争」だ。アメリカは、「民主党も共和党」もロシアと戦争する気はない。プーチンの「威嚇」は「EU」を分断している。

フランスは「ウクライナの支援」よりも、「アフリカと一緒」に「繁栄する道」を選択するべきだ。フランスは「アルジェリア」に「特別地帯」を建設して、アフリカの「不法移民や難民」を「暫定移民」として受け入れるべきだ。

フランスは「アルジェアの特別地帯」の建設に「国家財政」を投入するべきであり、「ウクライナに浪費する税金」はない。

この政策は「アフリカの為」だけでない。本土への移民の受け入れを拒否するフランスの為でもある。フランス人は「大きな夢」に燃えるだろう。

第 1 部 引用/参考文献
欧州が覚悟する地上軍ウクライナ派遣とプーチン核使用のリアリティー
https://gendai.media/articles/-/130411

明日も書きます。


第2部。日本は「異常な人権侵害の国家」です。「国際社会」の「皆さん」、助けてください!
まずは、2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」をお読みください。

処罰理由です:
中国人が「虚偽の雇用契約書」を提出して「在留資格」を得た。そして彼らは入管法違反(資格外の活動)を行った。
「私達」が、中国人に「虚偽に雇用の契約書類」を提供したから、中国人は「在留資格」が取得できた。
中国人は「在留資格」が得られたから日本に「在住」できた。
中国人は日本に「在住」できたから「不法就労」ができた。
したがって、中国人に「虚偽の雇用の契約書類」を「提供」した「私たち」は、中国人の「資格外活動」の「ほう助罪」として処罰されました。
これは恣意的な「適用法の誤り」です。これは「法の論理」を外れています。

私の主張:
「1」虚偽の書類を提出して在留資格を得た行為は、法務大臣が(入管法:在留資格の取り消し)の「行政処分」することが、入管法で規定されています。これで「完結」です。無罪の行為の「ほう助行為」は無罪です。
「2」(資格外の活動)を行った中国人は無罪です。理由は、彼らを「雇用した者」が入管法の「不法就労を助長した罪」で処罰されていません。従って「法の下での平等」により、中国人は無罪です。

2016年12月の入管法の改正は、「虚偽の雇用の契約書類」の「提供」の行為は、処罰できるようにしました。
2017年1月より実施。憲法39条により、「過去」に「遡及」して、「処罰」することはできません。
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html

「起訴状」を見てください。記載の事実は「無罪」の「事実」を「述べて」います。(日本語・英語)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
「私の訴え」(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
「私の訴え」(英語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

「中国人、韓国人、フィリッピン人、米国人など」、世界中に数万人、数十万人以上の被害者がいます。異常な人数です。

検察官らの「自由の(剥奪)」は「恣意的」です。彼らは「法律に従わず」に「自分勝手」です。彼らは「(論理的)な(必然性)」がありません。検察は「彼らの思うまま」に「処罰」しています。

2010年の入管法違反事件の「私や中国人」そして2013年のフィリッピン大使館の職員や外交官も同じ理由で処罰されました。

「私」は「法の論理」で説明して、「無罪」を主張しました。
すると、警察官や検察官はこう言いました。「(貴方)は一般論で、(貴方の罪)を、認めるべききだ」。
一般論で処罰する国は日本だけです!。
裁判官は、クレイジーな「論理」で、「因果関係=Causal relationship」を述べた。(判決の文章)を「見る」と、「大笑い」します。

この事件は、警察官、検察官、裁判官による恣意的な適用法の誤りです。罪名は、「特別公務員職権乱用罪」および「虚偽の告訴罪=Crimes of False Complaints」です。検察は「告訴状」「告発状」を「職権」によって「握りつぶした」。よって「公訴時効」は停止しています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
1:外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし「法の下での平等」により外国人は無罪です。
2:検察は「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して「刑法の60条および62条」の「他の犯罪を支援する罪」を「適用」したが、「適用する法律の誤り」です。(前記のとおりです)。

韓国人は「解決済」の「慰安婦や徴用工」の問題で日本に要求をするが、「入管法違反」で処罰された「何万人もの韓国人の被害者」を支援するべきです。

日本政府は「中国のウィグル人への人権侵害」などをでっち上げて、日本の人権侵害を隠しています。

「私」は、私および中国人、フィリッピン大使館関係者に対する、「名誉の回復」と「賠償」を求めています。

世界の皆さん!!被害者は各国の政府に申し出てください。各国の政府は「自国民の名誉の回復と賠償」を日本政府に要求する義務があります。


第3部。特別地帯の建設。
「特別地帯」は、難民や移民を「暫定移民」の労働者として、居住を「特別地帯」に限定して「受け入れ」ます。先進国は彼らを低賃金労働者として活用して経済成長、難民や移民は仕事を得て人間的な希望のある生活ができます。
No2:https://world-special-zone.seesaa.net/
No1:https://naganoopinion.blog.jp/

第4部。ウクライナ戦争。
ゼレンスキーは、ミンスク合意を廃棄し、戦争を通じて領土を取り戻すという「選挙の公約」をして大統領に就任した。しかし彼の 脱税やタックスヘイブンが報道されたとき、彼は戦争を始めた。
No2:https://ukrainawar.seesaa.net/
No1:https://ukrainian-war.blog.jp/

第5部。「米ロ中」3国軍事同盟・戦争ショー 
戦争のない世界を作るには「3国軍事同盟」が必要だ!
No2:https://urc-military.seesaa.net/
No1:https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

第6部。悪名高い日本の司法制度・人権侵害 
日本の司法制度:入管法違反事件冤罪:日産ゴーン事件冤罪:入管施設での虐待:留学生・実習生の事件:内政不干渉:海外意見 
No2:https://nipponsihou.seesaa.net/
No1:https://humanrightsopinion.blog.jp/

第7部。コロナ感知器開発 
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

第8部。北朝鮮の拉致・ミサイル問題 & 台湾防衛 
https://taiwan-defense.seesaa.net/

第9部。ワンコインユニオン&水素自動車の推進 
https://onecoinunion.seesaa.net/

第10部。「長野」オピニオン、次世代原発:CO2フリー & SDG:ロシア・ウクライナ侵攻問題:移民・難民問題:国際・米国政治・台湾問題・統一教会問題
https://naganoopinion.seesaa.net/


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp
posted by 長野トミー at 06:06| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月11日

American congressmen say they will allow Palestinians to relocate to neighboring countries. They never say they will accept them as "immigrants" in the United States. There are already Palestinian refugees living in the neighboring countries.

To British Prime Minister Rishi Sunak

favicon_source
2024-06-11: Dear Sir,
The International Court of Justice (ICJ), a major UN organ, has ordered Israel to take provisional measures to immediately cease its attacks in Rafah in the southern Gaza Strip. Israel will not comply! “

The order is legally binding, but the ICJ has no means of enforcement. On the other hand, the relevant countries have an obligation to comply with it, and failure to do so will be a violation of international law. But Israel will not comply.

It is unclear whether Israel, which is determined to destroy the Islamic organization Hamas in Gaza, will immediately stop its attacks. The only way to solve this prob-lem is to relocate "Palestinian refugees" to the "Australian Special Zone".

Israel is said to be a Jewish state. However, "all of the Jews in the world" are not "Israel". The Jews of the world should move the governments of countries such as "America, Britain, and France" to protect the human rights of "Palestinians".

A 30-year-old man appealed, "I want the war to end. Our lives have been de-stroyed and we have lost everything. We need help." The international community will not support the reconstruction of Gaza.

Even if there is a ceasefire, Israel will march into the Gaza Strip again. Israel only thinks of expelling the Palestinians from the Gaza Strip. Israel will never compro-mise.

American congressmen say they will let the Palestinians move to neighboring coun-tries. They never say they will accept them as "immigrants" in the United States.

Palestinian refugees are already living in neighboring countries. Their lives are not stable. "Some of them have become anti-Israel forces" and are still attacking Israel.

I am against letting Palestinian refugees move to "neighboring countries". Palestini-an refugees should move to "Australia". Australians will say "Why Australia?"

I think that in exchange for Palestinians leaving "Gaza", the United States and Isra-el should recognize the "State of Palestine" at the United Nations.

Israel should withdraw from "Israeli military control" of the West Bank and hand it over to the "State of Palestine". Israel should make concessions.

Many Palestinians in the Gaza Strip will emigrate to the Australian Zone. Those who do not emigrate to the Australian Zone will emigrate to the Palestinian state on the West Bank.

I believe that if Australia's population grows, it will become the second largest power in the West after the United States. To achieve this, it needs a labor force.

Australia will be worried. If Palestinian refugees emigrate to Australia, Islam will come. Australia will become an Islamic state. They will be against it!

The United States, the United Kingdom, and France should talk to Iran and Hamas. They should reach an agreement not to turn Australia into an Islamic state. (How-ever, religious freedom will be recognized).

Palestinians will not be allowed to have Islamic facilities in the Zone. However, they will be allowed to have religious freedom to worship at home, so they should be patient. Palestinians should put their "life" first.

Part 1 Citations/References
ICJ orders Israel to cease military operations, provisional measures in South Afri-ca's lawsuit
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240524/k10014460191000.html

I'll write again tomorrow.


Part 2. Japan is a "state of abnormal human rights violations". "Everyone" of the "international community", please help!
First of all, please read "false accusation" in the 2010 "Crime of Supporting Violation of Immigration Law".

Reason for punishment:
A Chinese national obtained a "residence status" by submitting a "false employment contract." And they committed immigration law violations (activities outside of their qualifications).
Because "we" provided "false employment contract documents" to the Chinese, the Chinese were able to obtain "residence status."
The Chinese were able to "live" in Japan because they obtained a "status of residence".
Because the Chinese were able to "live" in Japan, they were able to "work illegally."
Therefore, ``we'' who ``provided'' the Chinese with ``false employment contract documents'' were punished as ``helping'' the Chinese ``activities outside the scope of their status of residence''.
This is an arbitrary "error of applicable law". This is out of the "logic of the law".

My claim:
"1" The Immigration Control Act stipulates that the Minister of Justice will take an "administrative disposition" (Immigration Control Act: Cancellation of the status of residence) for the act of submitting false documents and obtaining a status of residence. You are now "finished". "Aiding" an act of innocence is innocence.
A Chinese national who has engaged in “2” (activities outside the qualification) is not guilty. The reason is that the "person who hired them" has not been punished for "promoting illegal employment" under the Immigration Control Act. Therefore, by "equality under the law", the Chinese are innocent.

The revision of the Immigration Control Law in December 2016 made it possible to punish the act of "providing" "false employment contract documents".
Implemented from January 2017. According to Article 39 of the Constitution, it is not possible to "retroactively" to the "past" and "punish".
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html

See "Indictment." The stated facts "state" the "fact" of "not guilty." (Japanese English)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
"My Appeal" (Japanese)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
"My Appeal" (English)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

"Chinese, Korean, Filipino, American, etc." There are more than tens of thousands, hundreds of thousands of victims all over the world. An unusual number of people.

Prosecutors' "(deprivation) of liberty" is "arbitrary." They are "disobeying the law" and "selfish". They have no "(logical) (necessity)". The prosecution is "punishing" "as they wish".

In 2010, "me and the Chinese" in the immigration violation case, and in 2013, Philippine Embassy staff and diplomats were also punished for the same reason.

"I" argued "not guilty", explaining with "logic of the law".
Police and prosecutors then said, "(You) should admit (your crime) in general terms."
Japan is the only country that punishes in general terms! .
The judge stated "Causal relationship" with crazy "logic". When I "see" (text of the judgment), I "laugh out loud."

This case is an error of arbitrary application of law by police officers, prosecutors and judges. The charges are "abuse of authority of a special public official" and "crimes of false complaints." The prosecution "killed" the "accusation letter" and "accusation letter" by "ex officio." Therefore, the statute of limitations has been suspended.

I am "appealing" two things.
1: The foreigner performed "illegal labor" other than "status of residence". But foreigners are innocent because of "equality under the law".
2: The prosecution “applied” “Articles 60 and 62 of the Penal Code” to Article 70 of the Immigration Control Act on the grounds of “support for Article 22-4-4 of the Immigration Act”. However, it is "error of applicable law". (as above).

Koreans make demands on Japan over the "solved" "comfort women and forced laborers" issue, but should support "tens of thousands of Korean victims" who have been punished for "violating immigration laws." .

The Japanese government is hiding Japan's human rights violations by making up such things as "human rights violations against Uyghurs in China."

"I" am demanding "restoration of honor" and "compensation" for myself, the Chinese, and the Philippine Embassy officials.

Everyone in the world! ! Victims should report to their respective governments. The governments of each country have an obligation to demand the Japanese government to restore the honor of their own citizens and compensate them.


Part 3. Construction of special zones.
The "special zone" "accepts" refugees and immigrants as "temporary immigrant" workers, limiting their residence to the "special zone". Developed countries can use them as low-wage workers for economic growth, and refugees and immigrants can get jobs and live a hopeful human life.
No2: https://world-special-zone.seesaa.net/
No1: https://naganoopinion.blog.jp/

Part 4. Ukraine war.
Zelensky took office on an "election promise" to scrap the Minsk Accords and regain territory through war. But when news of his tax evasion and tax havens came to light, he started a war.
No2: https://ukrainawar.seesaa.net/
No1: https://ukrainian-war.blog.jp/

Part 5. "U.S., Russia, and China" Tripartite Military Alliance/War Show
To create a world without war, we need a “Tripartite Military Alliance”!
No2: https://urc-military.seesaa.net/
No1: https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

Part 6. Japan's notorious judicial system and human rights violations
Japan's judicial system: Immigration law violation case False accusation: Nissan Ghosn case False accusation: Abuse at immigration facility: International student/intern student case: Non-interference in domestic affairs: Foreign opinions
No2: https://nipponsihou.seesaa.net/
No1: https://humanrightsopinion.blog.jp/

Part 7. Corona sensor development 
We should develop an "inspection system" that instantly "discovers" "infected persons" like thermography.
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

Part 8. North Korea's Abduction and Missile Issues & Taiwan's Defense
https://taiwan-defense.seesaa.net/

Part 9. Promotion of One Coin Union & Hydrogen Vehicles 
https://onecoinunion.seesaa.net/

Part 10. "Nagano" Opinion, Next Generation Nuclear Power: CO2 Free & SDGs: Russia/Ukraine Invasion Issues: Immigration/Refugee Issues: International/U.S. Politics/Taiwan Issues/Unification Church Issues
https://naganoopinion.seesaa.net/


Best regards.

Yasuhiro Nagano



It is published in the following program.
https://toworldmedia.blogspot.com/

If you have any questions, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp


posted by 長野トミー at 06:02| 東京 ☁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカの連邦議員はパレスチナ人を周辺国に移住させると言う。けしてアメリカ本国で「移民」として受け入れるとは言わない。 周辺国には、既にパレスチナ難民が暮らしている。彼らの暮らしは安定していない。「彼らの一部は、反イスラエル勢力となった」、今でもイスラエルを攻撃している。

リシ・スナク英国首相 へ
favicon_source

2024-06-11:拝啓、
国連の主要機関であるICJ=国際司法裁判所は、イスラエルに対してガザ地区南部のラファでの攻撃をただちに停止するよう、暫定的な措置を命じました。イスラエルは従わないだろう!“

命令には法的拘束力があるが、ICJに強制的な執行手段はない。一方、関係国にはそれに従う義務があり、履行しなければ国際法違反になる。でもイスラエルは従わないだろう。

ガザのイスラム組織ハマスの壊滅に固執するイスラエルがただちに攻撃を停止するかは不透明だ。この問題は「パレスチナ難民」を「オーストラリアの特別地帯」に移住させるしかない。

イスラエルはユダヤ人国家と言われる。しかし、「世界のユダヤ人のすべて」が「イスラエル」ではない。世界のユダヤ人は「パレスチナ人」の人権を守るために「アメリカ、英国、フランス」などの各国政府を動かすべきだ。

30歳の男性は「戦争が終わってほしい。われわれの暮らしは破壊され、何もかも失った。助けを必要としている」と訴えていました。国際社会はガザの復興を支援しないだろう。

仮に、停戦しても、イスラエルは再びガザ地区に進軍するだろう。イスラエルはガザ地区からパレスチナ人を追放することしか考えていない。イスラエルは絶対に妥協しない。

アメリカの連邦議員はパレスチナ人を周辺国に移住させると言う。けしてアメリカ本国で「移民」として受け入れるとは言わない。

周辺国には、既にパレスチナ難民が暮らしている。彼らの暮らしは安定していない。「彼らの一部は、反イスラエル勢力となった」、今でもイスラエルを攻撃している。

私は、パレスチナ難民を「周辺国」に移住させることは反対だ。パレスチナ難民の移住先は「オーストラリア」だ。オーストラリア人は「何で?オーストラリア」と言うだろう。

私はパレスチナ人が「ガザ」から退去する代わりにアメリカやイスラエルは、「パレスチナ国家」を国連で認めるべきだ。

イスラエルは、ヨルダン川西岸の「イスラエルの軍事支配下」から撤退して、「パレスチナ国」に引き渡すべきだ。イスラエルは譲歩するべきだ。

ガザ地区の「多くのパレスチナ人」は「オーストラリアの特別地帯」に移住する。「オーストラリアの特別地帯」に「移住しない住民」はヨルダン川西岸の「パレスチナ」国家に移住する。

私は、オーストラリアは、人口が増えれば、西側ではアメリカに次ぐ「大国」になる、と信じている。そのためには「労働力」が必要だ。

オーストラリアは心配するだろう。パレスチナ難民がオーストラリアに移住すると、イスラム教が入ってくる。オーストラリアが「イスラム国家」になる。彼らは反対するだろう!

「米国、英国、フランス」は「イランやハマス」と話し合いをするべきだ。オーストラリアをイスラム国家にしない合意を得るべきだ。(但し宗教の自由は認める)。

「特別地帯」にパレスチナ人の「イスラム教の施設」は認められない。しかし自宅で「礼拝」をする「宗教の自由」は認められるので「我慢」をするべきです。パレスチナ人は「生きること」を第一に考えるべきだ。

第 1 部 引用/参考文献
ICJがイスラエルに軍事作戦停止を命令 南ア提訴で暫定措置
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240524/k10014460191000.html

明日も書きます。


第2部。日本は「異常な人権侵害の国家」です。「国際社会」の「皆さん」、助けてください!
まずは、2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」をお読みください。

処罰理由です:
中国人が「虚偽の雇用契約書」を提出して「在留資格」を得た。そして彼らは入管法違反(資格外の活動)を行った。
「私達」が、中国人に「虚偽に雇用の契約書類」を提供したから、中国人は「在留資格」が取得できた。
中国人は「在留資格」が得られたから日本に「在住」できた。
中国人は日本に「在住」できたから「不法就労」ができた。
したがって、中国人に「虚偽の雇用の契約書類」を「提供」した「私たち」は、中国人の「資格外活動」の「ほう助罪」として処罰されました。
これは恣意的な「適用法の誤り」です。これは「法の論理」を外れています。

私の主張:
「1」虚偽の書類を提出して在留資格を得た行為は、法務大臣が(入管法:在留資格の取り消し)の「行政処分」することが、入管法で規定されています。これで「完結」です。無罪の行為の「ほう助行為」は無罪です。
「2」(資格外の活動)を行った中国人は無罪です。理由は、彼らを「雇用した者」が入管法の「不法就労を助長した罪」で処罰されていません。従って「法の下での平等」により、中国人は無罪です。

2016年12月の入管法の改正は、「虚偽の雇用の契約書類」の「提供」の行為は、処罰できるようにしました。
2017年1月より実施。憲法39条により、「過去」に「遡及」して、「処罰」することはできません。
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html

「起訴状」を見てください。記載の事実は「無罪」の「事実」を「述べて」います。(日本語・英語)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
「私の訴え」(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
「私の訴え」(英語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

「中国人、韓国人、フィリッピン人、米国人など」、世界中に数万人、数十万人以上の被害者がいます。異常な人数です。

検察官らの「自由の(剥奪)」は「恣意的」です。彼らは「法律に従わず」に「自分勝手」です。彼らは「(論理的)な(必然性)」がありません。検察は「彼らの思うまま」に「処罰」しています。

2010年の入管法違反事件の「私や中国人」そして2013年のフィリッピン大使館の職員や外交官も同じ理由で処罰されました。

「私」は「法の論理」で説明して、「無罪」を主張しました。
すると、警察官や検察官はこう言いました。「(貴方)は一般論で、(貴方の罪)を、認めるべききだ」。
一般論で処罰する国は日本だけです!。
裁判官は、クレイジーな「論理」で、「因果関係=Causal relationship」を述べた。(判決の文章)を「見る」と、「大笑い」します。

この事件は、警察官、検察官、裁判官による恣意的な適用法の誤りです。罪名は、「特別公務員職権乱用罪」および「虚偽の告訴罪=Crimes of False Complaints」です。検察は「告訴状」「告発状」を「職権」によって「握りつぶした」。よって「公訴時効」は停止しています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
1:外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし「法の下での平等」により外国人は無罪です。
2:検察は「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して「刑法の60条および62条」の「他の犯罪を支援する罪」を「適用」したが、「適用する法律の誤り」です。(前記のとおりです)。

韓国人は「解決済」の「慰安婦や徴用工」の問題で日本に要求をするが、「入管法違反」で処罰された「何万人もの韓国人の被害者」を支援するべきです。

日本政府は「中国のウィグル人への人権侵害」などをでっち上げて、日本の人権侵害を隠しています。

「私」は、私および中国人、フィリッピン大使館関係者に対する、「名誉の回復」と「賠償」を求めています。

世界の皆さん!!被害者は各国の政府に申し出てください。各国の政府は「自国民の名誉の回復と賠償」を日本政府に要求する義務があります。

favicon_source
第3部。特別地帯の建設。
「特別地帯」は、難民や移民を「暫定移民」の労働者として、居住を「特別地帯」に限定して「受け入れ」ます。先進国は彼らを低賃金労働者として活用して経済成長、難民や移民は仕事を得て人間的な希望のある生活ができます。
No2:https://world-special-zone.seesaa.net/
No1:https://naganoopinion.blog.jp/

第4部。ウクライナ戦争。
ゼレンスキーは、ミンスク合意を廃棄し、戦争を通じて領土を取り戻すという「選挙の公約」をして大統領に就任した。しかし彼の 脱税やタックスヘイブンが報道されたとき、彼は戦争を始めた。
No2:https://ukrainawar.seesaa.net/
No1:https://ukrainian-war.blog.jp/

第5部。「米ロ中」3国軍事同盟・戦争ショー 
戦争のない世界を作るには「3国軍事同盟」が必要だ!
No2:https://urc-military.seesaa.net/
No1:https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

第6部。悪名高い日本の司法制度・人権侵害 
日本の司法制度:入管法違反事件冤罪:日産ゴーン事件冤罪:入管施設での虐待:留学生・実習生の事件:内政不干渉:海外意見 
No2:https://nipponsihou.seesaa.net/
No1:https://humanrightsopinion.blog.jp/

第7部。コロナ感知器開発 
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

第8部。北朝鮮の拉致・ミサイル問題 & 台湾防衛 
https://taiwan-defense.seesaa.net/

第9部。ワンコインユニオン&水素自動車の推進 
https://onecoinunion.seesaa.net/

第10部。「長野」オピニオン、次世代原発:CO2フリー & SDG:ロシア・ウクライナ侵攻問題:移民・難民問題:国際・米国政治・台湾問題・統一教会問題
https://naganoopinion.seesaa.net/


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp
posted by 長野トミー at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月10日

The UK should move its "illegal immigrants" to the "Australian Territory" as "UK factory workers". This would reduce immigration in the UK. The UK should move Palestinian refugees to the "Australian Territory" and...

To British Prime Minister Rishi Sunak

favicon_source
2024-06-10: Dear Sir,
The Conservative Party, with a 18% approval rating, has been surprisingly dis-solved. The Labour Party should stop supporting Ukraine, invest tax money in the construction of an "Australian special zone", and revive "a strong UK" with a "new business model".

The Conservative Party's lead over the Labour Party has widened to 30 points. While the Labour Party criticizes Mr. Sunak's economic policy, there is no significant difference between the government's position on supporting Ukraine and the Pales-tinian issue. This is no good!

If the Labour Party does not stop supporting Ukraine, the UK economy will be in the same state as the Sunak administration. The UK should reconcile with Russia and stop supporting the Ukraine war.

The UK should build a "special zone" in Australia together with Australia. The UK should build a new factory in the "Australian special zone" to manufacture products that can compete with Chinese products.

The UK should move "illegal immigrants" in the UK to the "Australian special zone" as "UK factory workers". This will reduce immigration in the UK.

It is impossible for Israelis and Palestinians to coexist in Palestine. The UK should relocate Palestinian refugees to the "Australian Zone" and solve the Palestinian problem from the root.

The "Australian Zone" will accept "illegal immigrants and refugees" from around the world as "temporary immigrants" and employ them as "low-wage workers". This is the creation of a new business model.

The factories in the "Australian Zone" are equipped with the latest equipment. By employing "temporary immigrants" at wages lower than those in China, it will be possible to produce products that are superior to Chinese products.

The UK mainland will manufacture value-added products. The assembly of parts will be exported to Austria and made into products in the "Australian Zone". These will then be exported to the world.

For example, smartphones are designed and semiconductors and electronic components are produced in the UK mainland, and then exported to the Australian Special Zone to be made into smartphone products.

The "simple laborers" needed in the UK will be employed in Australian factories. This will allow UK workers to be employed at high wages.

By dividing the work between "mainland Britain and overseas factories in Austral-ia," Britain will regain its role as the world's factory. The "steady growth" of British companies will energize Britain's young people.

By relocating "Palestinian refugees" to Australia, Britain can give them "dreams." The Palestinian problem will be resolved.

Britain's "City" will be revived as a financial district. Companies from all over the world will build factories in the Australian special zone. In this way, the "British Empire" will be revived.

Because of this, Britain cannot afford to "waste tax money" on the Ukraine war. Britain will become the world's factory "together with Australia." Go Britain!

Part 1 Citations/References
UK to hold general election on July 4th, Prime Minister Sunak bets on "early dissolu-tion"
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR22DRZ0S4A520C2000000/?n_cid=BMSR2P001_202405230122
UK Prime Minister surprises with dissolution...Ruling party approval rating 18%, "biggest gamble" pinning hopes on evaluation of immigration and economic measures
https://www.yomiuri.co.jp/world/20240524-OYT1T50011/

I'll write again tomorrow.


Part 2. Japan is a "state of abnormal human rights violations". "Everyone" of the "international community", please help!
First of all, please read "false accusation" in the 2010 "Crime of Supporting Violation of Immigration Law".

Reason for punishment:
A Chinese national obtained a "residence status" by submitting a "false employment contract." And they committed immigration law violations (activities outside of their qualifications).
Because "we" provided "false employment contract documents" to the Chinese, the Chinese were able to obtain "residence status."
The Chinese were able to "live" in Japan because they obtained a "status of residence".
Because the Chinese were able to "live" in Japan, they were able to "work illegally."
Therefore, ``we'' who ``provided'' the Chinese with ``false employment contract documents'' were punished as ``helping'' the Chinese ``activities outside the scope of their status of residence''.
This is an arbitrary "error of applicable law". This is out of the "logic of the law".

My claim:
"1" The Immigration Control Act stipulates that the Minister of Justice will take an "administrative disposition" (Immigration Control Act: Cancellation of the status of residence) for the act of submitting false documents and obtaining a status of residence. You are now "finished". "Aiding" an act of innocence is innocence.
A Chinese national who has engaged in “2” (activities outside the qualification) is not guilty. The reason is that the "person who hired them" has not been punished for "promoting illegal employment" under the Immigration Control Act. Therefore, by "equality under the law", the Chinese are innocent.

The revision of the Immigration Control Law in December 2016 made it possible to punish the act of "providing" "false employment contract documents".
Implemented from January 2017. According to Article 39 of the Constitution, it is not possible to "retroactively" to the "past" and "punish".
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html

See "Indictment." The stated facts "state" the "fact" of "not guilty." (Japanese English)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
"My Appeal" (Japanese)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
"My Appeal" (English)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

"Chinese, Korean, Filipino, American, etc." There are more than tens of thousands, hundreds of thousands of victims all over the world. An unusual number of people.

Prosecutors' "(deprivation) of liberty" is "arbitrary." They are "disobeying the law" and "selfish". They have no "(logical) (necessity)". The prosecution is "punishing" "as they wish".

In 2010, "me and the Chinese" in the immigration violation case, and in 2013, Philippine Embassy staff and diplomats were also punished for the same reason.

"I" argued "not guilty", explaining with "logic of the law".
Police and prosecutors then said, "(You) should admit (your crime) in general terms."
Japan is the only country that punishes in general terms! .
The judge stated "Causal relationship" with crazy "logic". When I "see" (text of the judgment), I "laugh out loud."

This case is an error of arbitrary application of law by police officers, prosecutors and judges. The charges are "abuse of authority of a special public official" and "crimes of false complaints." The prosecution "killed" the "accusation letter" and "accusation letter" by "ex officio." Therefore, the statute of limitations has been suspended.

I am "appealing" two things.
1: The foreigner performed "illegal labor" other than "status of residence". But foreigners are innocent because of "equality under the law".
2: The prosecution “applied” “Articles 60 and 62 of the Penal Code” to Article 70 of the Immigration Control Act on the grounds of “support for Article 22-4-4 of the Immigration Act”. However, it is "error of applicable law". (as above).

Koreans make demands on Japan over the "solved" "comfort women and forced laborers" issue, but should support "tens of thousands of Korean victims" who have been punished for "violating immigration laws." .

The Japanese government is hiding Japan's human rights violations by making up such things as "human rights violations against Uyghurs in China."

"I" am demanding "restoration of honor" and "compensation" for myself, the Chinese, and the Philippine Embassy officials.

Everyone in the world! ! Victims should report to their respective governments. The governments of each country have an obligation to demand the Japanese government to restore the honor of their own citizens and compensate them.


Part 3. Construction of special zones.
The "special zone" "accepts" refugees and immigrants as "temporary immigrant" workers, limiting their residence to the "special zone". Developed countries can use them as low-wage workers for economic growth, and refugees and immigrants can get jobs and live a hopeful human life.
No2: https://world-special-zone.seesaa.net/
No1: https://naganoopinion.blog.jp/

Part 4. Ukraine war.
Zelensky took office on an "election promise" to scrap the Minsk Accords and regain territory through war. But when news of his tax evasion and tax havens came to light, he started a war.
No2: https://ukrainawar.seesaa.net/
No1: https://ukrainian-war.blog.jp/

Part 5. "U.S., Russia, and China" Tripartite Military Alliance/War Show
To create a world without war, we need a “Tripartite Military Alliance”!
No2: https://urc-military.seesaa.net/
No1: https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

Part 6. Japan's notorious judicial system and human rights violations
Japan's judicial system: Immigration law violation case False accusation: Nissan Ghosn case False accusation: Abuse at immigration facility: International student/intern student case: Non-interference in domestic affairs: Foreign opinions
No2: https://nipponsihou.seesaa.net/
No1: https://humanrightsopinion.blog.jp/

Part 7. Corona sensor development 
We should develop an "inspection system" that instantly "discovers" "infected persons" like thermography.
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

Part 8. North Korea's Abduction and Missile Issues & Taiwan's Defense
https://taiwan-defense.seesaa.net/

Part 9. Promotion of One Coin Union & Hydrogen Vehicles 
https://onecoinunion.seesaa.net/

Part 10. "Nagano" Opinion, Next Generation Nuclear Power: CO2 Free & SDGs: Russia/Ukraine Invasion Issues: Immigration/Refugee Issues: International/U.S. Politics/Taiwan Issues/Unification Church Issues
https://naganoopinion.seesaa.net/


Best regards.

Yasuhiro Nagano


posted by 長野トミー at 05:31| 東京 ☔| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英国は、英国内の「不法移民」を「オーストラリアの特別地帯」に、「英国工場の労働者」として移動させるべきだ。これで英国内の移民は減少するだろう。 パレスチナにイスラエル人とパレスチナ人が共存することは無理だ。英国はパレスチナ難民を「オーストラリアの特別地帯」に移住させて、パレスチナ問題を根本から解決するべきだ。

リシ・スナク英国首相 へ
favicon_source

2024-06-10:拝啓、
支持率が18%の英国保守党が、サプライズ解散。労働党はウクライナ支援をやめて、「オーストラリアの特別地帯」の建設に税金を投入して、「新しいビジネスモデル」で「強い英国」を復活させるべきだ。

保守党は労働党との差は30ポイントに広がっている。労働党は、スナク氏の経済政策を批判する一方、ウクライナ支援やパレスチナ問題では政府の立場と大きな相違がない。これではダメだ!

労働党は、ウクライナ支援の中止をしなければ、英国経済はスナク政権と同じ状態になる。英国はロシアと和解して、ウクライナ戦争への支援をやめるべきだ。

英国はオーストラリアと共同で、オーストラリアに「特別地帯」を建設するべきだ。英国は「オーストラリアの特別地帯」に、中國製品に勝てる製品を製造する工場を新設するべきだ。

英国は、英国内の「不法移民」を「オーストラリアの特別地帯」に、「英国工場の労働者」として移動させるべきだ。これで英国内の移民は減少するだろう。

パレスチナにイスラエル人とパレスチナ人が共存することは無理だ。英国はパレスチナ難民を「オーストラリアの特別地帯」に移住させて、パレスチナ問題を根本から解決するべきだ。

「オーストラリアの特別地帯」は世界の「不法移民や難民」を「暫定移民」として受け入れて、「低賃金労働者」として雇用する。新しいビジネスモデルの創出です。

「オーストラリアの特別地帯」の工場は、最新の設備です。「暫定移民」を中国以下の低賃金で雇用することで、中國製品に勝る製品を生産すること可能になります。

英国本土は、付加価値製品を製造します。部品の組み立てなどは、オーストリアに輸出して「特別地帯」で製品にします。そして世界に輸出します。

例えば、英国本土では「スマホ」の設計や半導体、電子部品の生産をします。それらオーストラリアの「特別地帯」へ輸出して「スマホ製品」にします。

英国で必要な「単純労働者」はオーストラリアの工場で雇用します。こうすることで英国の労働者は高賃金で雇用されることになります。

英国は「英国本土とオーストラリアの海外工場」を分業することで、世界の工場を取り戻します。英国企業の「右肩上がりの成長」は英国の若者を元気にします。

英国は「パレスチナの難民」をオーストラリアに移住させることで、「パレスチナ難民」に「夢を」を与えることができます。パレスチナ問題は解消します。

英国の「シティ街」は金融街として復活します。オーストラリアの特別地帯には世界中から企業が工場を建設します。こうして「大英帝国」が復活します。

この為に、英国はウクライナ戦争で、「無駄な税金を使う余裕」は全くありません。英国は「オーストラリアと一緒」に世界の工場になります。英国がんばれ!

第 1 部 引用/参考文献
英国、7月4日に総選挙 スナク首相「早期解散」で賭け
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR22DRZ0S4A520C2000000/?n_cid=BMSR2P001_202405230122
英首相がサプライズ解散…与党支持率18%、移民・経済対策の評価に望み託し「最大の賭け」
https://www.yomiuri.co.jp/world/20240524-OYT1T50011/

明日も書きます。


第2部。日本は「異常な人権侵害の国家」です。「国際社会」の「皆さん」、助けてください!
まずは、2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」をお読みください。

処罰理由です:
中国人が「虚偽の雇用契約書」を提出して「在留資格」を得た。そして彼らは入管法違反(資格外の活動)を行った。
「私達」が、中国人に「虚偽に雇用の契約書類」を提供したから、中国人は「在留資格」が取得できた。
中国人は「在留資格」が得られたから日本に「在住」できた。
中国人は日本に「在住」できたから「不法就労」ができた。
したがって、中国人に「虚偽の雇用の契約書類」を「提供」した「私たち」は、中国人の「資格外活動」の「ほう助罪」として処罰されました。
これは恣意的な「適用法の誤り」です。これは「法の論理」を外れています。

私の主張:
「1」虚偽の書類を提出して在留資格を得た行為は、法務大臣が(入管法:在留資格の取り消し)の「行政処分」することが、入管法で規定されています。これで「完結」です。無罪の行為の「ほう助行為」は無罪です。
「2」(資格外の活動)を行った中国人は無罪です。理由は、彼らを「雇用した者」が入管法の「不法就労を助長した罪」で処罰されていません。従って「法の下での平等」により、中国人は無罪です。

2016年12月の入管法の改正は、「虚偽の雇用の契約書類」の「提供」の行為は、処罰できるようにしました。
2017年1月より実施。憲法39条により、「過去」に「遡及」して、「処罰」することはできません。
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html

「起訴状」を見てください。記載の事実は「無罪」の「事実」を「述べて」います。(日本語・英語)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
「私の訴え」(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
「私の訴え」(英語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

「中国人、韓国人、フィリッピン人、米国人など」、世界中に数万人、数十万人以上の被害者がいます。異常な人数です。

検察官らの「自由の(剥奪)」は「恣意的」です。彼らは「法律に従わず」に「自分勝手」です。彼らは「(論理的)な(必然性)」がありません。検察は「彼らの思うまま」に「処罰」しています。

2010年の入管法違反事件の「私や中国人」そして2013年のフィリッピン大使館の職員や外交官も同じ理由で処罰されました。

「私」は「法の論理」で説明して、「無罪」を主張しました。
すると、警察官や検察官はこう言いました。「(貴方)は一般論で、(貴方の罪)を、認めるべききだ」。
一般論で処罰する国は日本だけです!。
裁判官は、クレイジーな「論理」で、「因果関係=Causal relationship」を述べた。(判決の文章)を「見る」と、「大笑い」します。

この事件は、警察官、検察官、裁判官による恣意的な適用法の誤りです。罪名は、「特別公務員職権乱用罪」および「虚偽の告訴罪=Crimes of False Complaints」です。検察は「告訴状」「告発状」を「職権」によって「握りつぶした」。よって「公訴時効」は停止しています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
1:外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし「法の下での平等」により外国人は無罪です。
2:検察は「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して「刑法の60条および62条」の「他の犯罪を支援する罪」を「適用」したが、「適用する法律の誤り」です。(前記のとおりです)。

韓国人は「解決済」の「慰安婦や徴用工」の問題で日本に要求をするが、「入管法違反」で処罰された「何万人もの韓国人の被害者」を支援するべきです。

日本政府は「中国のウィグル人への人権侵害」などをでっち上げて、日本の人権侵害を隠しています。

「私」は、私および中国人、フィリッピン大使館関係者に対する、「名誉の回復」と「賠償」を求めています。

世界の皆さん!!被害者は各国の政府に申し出てください。各国の政府は「自国民の名誉の回復と賠償」を日本政府に要求する義務があります。


第3部。特別地帯の建設。
「特別地帯」は、難民や移民を「暫定移民」の労働者として、居住を「特別地帯」に限定して「受け入れ」ます。先進国は彼らを低賃金労働者として活用して経済成長、難民や移民は仕事を得て人間的な希望のある生活ができます。
No2:https://world-special-zone.seesaa.net/
No1:https://naganoopinion.blog.jp/

第4部。ウクライナ戦争。
ゼレンスキーは、ミンスク合意を廃棄し、戦争を通じて領土を取り戻すという「選挙の公約」をして大統領に就任した。しかし彼の 脱税やタックスヘイブンが報道されたとき、彼は戦争を始めた。
No2:https://ukrainawar.seesaa.net/
No1:https://ukrainian-war.blog.jp/

第5部。「米ロ中」3国軍事同盟・戦争ショー 
戦争のない世界を作るには「3国軍事同盟」が必要だ!
No2:https://urc-military.seesaa.net/
No1:https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

第6部。悪名高い日本の司法制度・人権侵害 
日本の司法制度:入管法違反事件冤罪:日産ゴーン事件冤罪:入管施設での虐待:留学生・実習生の事件:内政不干渉:海外意見 
No2:https://nipponsihou.seesaa.net/
No1:https://humanrightsopinion.blog.jp/

第7部。コロナ感知器開発 
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

第8部。北朝鮮の拉致・ミサイル問題 & 台湾防衛 
https://taiwan-defense.seesaa.net/

第9部。ワンコインユニオン&水素自動車の推進 
https://onecoinunion.seesaa.net/

第10部。「長野」オピニオン、次世代原発:CO2フリー & SDG:ロシア・ウクライナ侵攻問題:移民・難民問題:国際・米国政治・台湾問題・統一教会問題
https://naganoopinion.seesaa.net/


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 05:29| 東京 ☔| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする