2024年02月09日

リシ・スナク英国首相 へ   恐らくゼレンスキー大統領は「亡命」すると思います。トランプ氏はウクライナ戦争に協力した各国の首脳を切り捨てると思います。彼らは「失脚falling」すると思います。

リシ・スナク英国首相 へ

favicon_source
2024-02-09:拝啓、
私は、米大統領選でトランプが選ばれた場合に起こる「世界の混乱」は起きない。むしろ、世界は「トランプ氏を心から歓迎する」と思います。彼はノーベル平和賞を受賞するだろう。

トランプ氏は、彼が主任すれば「ウクライナ戦争を24時間で終戦にする」と言っている。彼がプーチンと話し合えば、簡単に実現すると思います。

恐らくゼレンスキー大統領は「亡命」すると思います。トランプ氏はウクライナ戦争に協力した各国の首脳を切り捨てると思います。彼らは「失脚falling」すると思います。

トランプ氏はプーチンと協議して、ウクライナ東部を「クルド国家の領土」にしてください。クルド国家はウクライナとロシアの「緩衝地帯」になります。プーチン氏は合意してください。

これで「国を持たない世界最大の民族」「クルド問題」はほぼ解決する。一筋縄ではいかないのは、彼らが「トルコ、イラン、イラク、トルコ」の4カ国にまたがる地域に住んでいるからだ。

トランプ氏が解決できなければ、「クルド問題」を解決できる政治家は出現しないと思います。プーチン氏も「ウクライナ戦争」で傷ついた「汚名」を「挽回」できると思います。

トランプ氏は「パレスチナ難民」の問題も解決してください。トランプ氏はハマスやイスラエルなどと協議して「パレスチナ難民」をオーストラリアに移住させる提案をしてください。

私は「パエレスチナ人」を「パレスチナの土地」から追い出す気持ちは全くありません。しかし現実は、悲惨な環境です。この争いは永遠に続きます。

「ガザの土地」に生まれて、死ぬまで、地獄です。働く場所がなく戦争の恐怖しかない。この人々は中南米の貧民より「悲しい人々」です。

トランプ氏は「希望する人々」を「オーストラリアの特別地帯」に移住させるべきです。「オーストラリアの特別地帯」は「メキシコ国境の特別地帯」と同じコンセプトです。

トランプ氏は英国とオーストラリアを説得してください。英国はパレスチナ難民を生んだ責任があります。そして英国は世界の工場を作る適地がありません。

英国は米国以上に苦しんでいます。英国に世界の工場を作るチャンスを与えてください。英国の若者にも夢が持てます。英国の若者はパレスチナ人と一緒に、オーストラリアを世界の工場にします。

トランプ氏が大統領になり、このような偉大な事業を実行していけば、世界はトランプ氏を大歓迎します。米国史上で、最初で最大の功績を遺す大統領です。

トランプ氏は北朝鮮の「金ジョンウン氏」と、再び会談をするべきです。トランプ氏は「G3軍事同盟」を創設します。すると朝鮮半島の非核化を意味がありません。北朝鮮の核開発を認めるべきです。

トランプ氏は韓国の在留米軍や日本の在留米軍を撤退させるべきです。そして米国は、NATOからも撤退するべきです。そうすればアメリカは「ロシアや中国」と共同で「世界を統治」できます。

第1部.引用・参考資料
米大統領選でトランプが選ばれた場合に起こる「世界の混乱」を専門家が予想する
https://gendai.media/articles/-/123164

私は明日,も,書きます。


第2部。日本は「異常な人権侵害の国家」です。「国際社会」の「皆さん」、助けてください!
まずは、2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」をお読みください。

処罰理由です:
中国人が「虚偽の雇用契約書」を提出して「在留資格」を得た。そして彼らは入管法違反(資格外の活動)を行った。
「私達」が、中国人に「虚偽に雇用の契約書類」を提供したから、中国人は「在留資格」が取得できた。
中国人は「在留資格」が得られたから日本に「在住」できた。
中国人は日本に「在住」できたから「不法就労」ができた。
したがって、中国人に「虚偽の雇用の契約書類」を「提供」した「私たち」は、中国人の「資格外活動」の「ほう助罪」として処罰されました。
これは恣意的な「適用法の誤り」です。これは「法の論理」を外れています。

私の主張:
「1」虚偽の書類を提出して在留資格を得た行為は、法務大臣が(入管法:在留資格の取り消し)の「行政処分」することが、入管法で規定されています。これで「完結」です。無罪の行為の「ほう助行為」は無罪です。
「2」(資格外の活動)を行った中国人は無罪です。理由は、彼らを「雇用した者」が入管法の「不法就労を助長した罪」で処罰されていません。従って「法の下での平等」により、中国人は無罪です。

2016年12月の入管法の改正は、「虚偽の雇用の契約書類」の「提供」の行為は、処罰できるようにしました。
2017年1月より実施。憲法39条により、「過去」に「遡及」して、「処罰」することはできません。
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html

「起訴状」を見てください。記載の事実は「無罪」の「事実」を「述べて」います。(日本語・英語)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
「私の訴え」(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
「私の訴え」(英語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

「中国人、韓国人、フィリッピン人、米国人など」、世界中に数万人、数十万人以上の被害者がいます。異常な人数です。

検察官らの「自由の(剥奪)」は「恣意的」です。彼らは「法律に従わず」に「自分勝手」です。彼らは「(論理的)な(必然性)」がありません。検察は「彼らの思うまま」に「処罰」しています。

2010年の入管法違反事件の「私や中国人」そして2013年のフィリッピン大使館の職員や外交官も同じ理由で処罰されました。

「私」は「法の論理」で説明して、「無罪」を主張しました。
すると、警察官や検察官はこう言いました。「(貴方)は一般論で、(貴方の罪)を、認めるべききだ」。
一般論で処罰する国は日本だけです!。
裁判官は、クレイジーな「論理」で、「因果関係=Causal relationship」を述べた。(判決の文章)を「見る」と、「大笑い」します。

この事件は、警察官、検察官、裁判官による恣意的な適用法の誤りです。罪名は、「特別公務員職権乱用罪」および「虚偽の告訴罪=Crimes of False Complaints」です。検察は「告訴状」「告発状」を「職権」によって「握りつぶした」。よって「公訴時効」は停止しています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
1:外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし「法の下での平等」により外国人は無罪です。
2:検察は「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して「刑法の60条および62条」の「他の犯罪を支援する罪」を「適用」したが、「適用する法律の誤り」です。(前記のとおりです)。

韓国人は「解決済」の「慰安婦や徴用工」の問題で日本に要求をするが、「入管法違反」で処罰された「何万人もの韓国人の被害者」を支援するべきです。

日本政府は「中国のウィグル人への人権侵害」などをでっち上げて、日本の人権侵害を隠しています。

「私」は、私および中国人、フィリッピン大使館関係者に対する、「名誉の回復」と「賠償」を求めています。

世界の皆さん!!被害者は各国の政府に申し出てください。各国の政府は「自国民の名誉の回復と賠償」を日本政府に要求する義務があります。


第3部。特別地帯の建設。
「特別地帯」は、難民や移民を「暫定移民」の労働者として、居住を「特別地帯」に限定して「受け入れ」ます。先進国は彼らを低賃金労働者として活用して経済成長、難民や移民は仕事を得て人間的な希望のある生活ができます。
No2:https://world-special-zone.seesaa.net/
No1:https://naganoopinion.blog.jp/

第4部。ウクライナ戦争。
ゼレンスキーは、ミンスク合意を廃棄し、戦争を通じて領土を取り戻すという「選挙の公約」をして大統領に就任した。しかし彼の 脱税やタックスヘイブンが報道されたとき、彼は戦争を始めた。
No2:https://ukrainawar.seesaa.net/
No1:https://ukrainian-war.blog.jp/

第5部。「米ロ中」3国軍事同盟・戦争ショー 
戦争のない世界を作るには「3国軍事同盟」が必要だ!
No2:https://urc-military.seesaa.net/
No1:https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

第6部。悪名高い日本の司法制度・人権侵害 
日本の司法制度:入管法違反事件冤罪:日産ゴーン事件冤罪:入管施設での虐待:留学生・実習生の事件:内政不干渉:海外意見 
No2:https://nipponsihou.seesaa.net/
No1:https://humanrightsopinion.blog.jp/

第7部。コロナ感知器開発 
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

第8部。北朝鮮の拉致・ミサイル問題 & 台湾防衛 
https://taiwan-defense.seesaa.net/

第9部。ワンコインユニオン&水素自動車の推進 
https://onecoinunion.seesaa.net/

第10部。「長野」オピニオン、次世代原発:CO2フリー & SDG:ロシア・ウクライナ侵攻問題:移民・難民問題:国際・米国政治・台湾問題・統一教会問題
https://naganoopinion.seesaa.net/


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp
posted by 長野トミー at 05:28| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月08日

To British Prime Minister Rishi Sunak This time, Chinese President Xi Jinping cries. This is because China will suffer from a deficit with the United States. China will respond with tariffs on American products.

To British Prime Minister Rishi Sunak

favicon_source
2024-02-08:Dear sir,
Yesterday, I said that the ``world chaos'' that would occur if Trump were elected as president of the United States would not occur. Yesterday, I wrote about how war will disappear from the world with the creation of the G3 military alliance.

Before that, this author wrote his follow-up article, ``Trump prevailing in US presi-dential election, causing 'havoc' in the world...Putin had the last laugh.'' It's a silly story.

I want Mr. Trump to make MAGA a reality. He also ``advocated'' ``MAGA'' when he was a former president, but ``MAGA'' never materialized. America should not go to war by borrowing money.

The creation of the "G3 military alliance" will prevent the United States from going to war. There will be no new debt for the war. America should become more eco-nomically powerful than China.

I continue to propose the creation of a ``special zone on the Mexican border'' in or-der for the United States to become more economically powerful than China. If this happens, America will become an exporter to China.

This time, Chinese President Xi Jinping cries. This is because China will suffer from a deficit with the United States. China will respond with tariffs on American products.

During his presidency, Trump asked American companies to bring factories back to the United States. However, the company's response was "no". One reason was that there was no suitable location to secure low-wage workers compared to China.

The other reason is that manufacturing technology has been lost to China, making it impossible for America to produce high-quality products. This phenomenon is occur-ring in many developed countries, including Japan.

Therefore, a special zone will be created on the Mexican border to accept illegal immigrants from Central and South America as ``temporary immigrants.'' Their res-idence is a "special zone". This will protect American society.

Trump built a “Mexico wall.” But we also need a wall on the other side. A special zone is a ``factory area'' surrounded by a ``wall.'' This special zone is about the same size as Japan.

“Temporary immigrants” earn less than China. However, the ``welfare'' is excellent, so it is a rich life. (Please see “Part 3, Special Zones” for details.

The problem of manufacturing technology is serious. The United States must "invite" "manufacturing engineers" from China. High-class sewing technicians are "invited" from Italy.

Additionally, our manufacturing equipment will be up to date. Naturally, our facilities are more up-to-date than those in China, so we can manufacture products at lower costs.

Not only American companies but also companies from Europe and other countries are expanding into the ``special zone on the Mexican border.'' Products made in the special zone are exported not only to "North America" but also to other parts of the world.

Existing U.S. factories will ship products such as raw materials and parts to the spe-cial zone. These products are more competitive than imported products because of their lower transportation costs.

"Temporary immigrants" work while learning English and American lifestyle habits. They will be given a "work visa". They can work all over the United States. Employ-ers across the United States can hire them. That's a great suggestion. ``Self-praise.''

Part 1. Citations/reference materials
Experts predict the ``world chaos'' that will occur if Trump is elected in the US pres-idential election
https://gendai.media/articles/-/123164

I'll write tomorrow too.


Part 2. Japan is a "state of abnormal human rights violations". "Everyone" of the "international community", please help!
First of all, please read "false accusation" in the 2010 "Crime of Supporting Violation of Immigration Law".

Reason for punishment:
A Chinese national obtained a "residence status" by submitting a "false employment contract." And they committed immigration law violations (activities outside of their qualifications).
Because "we" provided "false employment contract documents" to the Chinese, the Chinese were able to obtain "residence status."
The Chinese were able to "live" in Japan because they obtained a "status of residence".
Because the Chinese were able to "live" in Japan, they were able to "work illegally."
Therefore, ``we'' who ``provided'' the Chinese with ``false employment contract documents'' were punished as ``helping'' the Chinese ``activities outside the scope of their status of residence''.
This is an arbitrary "error of applicable law". This is out of the "logic of the law".

My claim:
"1" The Immigration Control Act stipulates that the Minister of Justice will take an "administrative disposition" (Immigration Control Act: Cancellation of the status of residence) for the act of submitting false documents and obtaining a status of residence. You are now "finished". "Aiding" an act of innocence is innocence.
A Chinese national who has engaged in “2” (activities outside the qualification) is not guilty. The reason is that the "person who hired them" has not been punished for "promoting illegal employment" under the Immigration Control Act. Therefore, by "equality under the law", the Chinese are innocent.

The revision of the Immigration Control Law in December 2016 made it possible to punish the act of "providing" "false employment contract documents".
Implemented from January 2017. According to Article 39 of the Constitution, it is not possible to "retroactively" to the "past" and "punish".
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html

See "Indictment." The stated facts "state" the "fact" of "not guilty." (Japanese English)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
"My Appeal" (Japanese)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
"My Appeal" (English)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

"Chinese, Korean, Filipino, American, etc." There are more than tens of thousands, hundreds of thousands of victims all over the world. An unusual number of people.

Prosecutors' "(deprivation) of liberty" is "arbitrary." They are "disobeying the law" and "selfish". They have no "(logical) (necessity)". The prosecution is "punishing" "as they wish".

In 2010, "me and the Chinese" in the immigration violation case, and in 2013, Philippine Embassy staff and diplomats were also punished for the same reason.

"I" argued "not guilty", explaining with "logic of the law".
Police and prosecutors then said, "(You) should admit (your crime) in general terms."
Japan is the only country that punishes in general terms! .
The judge stated "Causal relationship" with crazy "logic". When I "see" (text of the judgment), I "laugh out loud."

This case is an error of arbitrary application of law by police officers, prosecutors and judges. The charges are "abuse of authority of a special public official" and "crimes of false complaints." The prosecution "killed" the "accusation letter" and "accusation letter" by "ex officio." Therefore, the statute of limitations has been suspended.

I am "appealing" two things.
1: The foreigner performed "illegal labor" other than "status of residence". But foreigners are innocent because of "equality under the law".
2: The prosecution “applied” “Articles 60 and 62 of the Penal Code” to Article 70 of the Immigration Control Act on the grounds of “support for Article 22-4-4 of the Immigration Act”. However, it is "error of applicable law". (as above).

Koreans make demands on Japan over the "solved" "comfort women and forced laborers" issue, but should support "tens of thousands of Korean victims" who have been punished for "violating immigration laws." .

The Japanese government is hiding Japan's human rights violations by making up such things as "human rights violations against Uyghurs in China."

"I" am demanding "restoration of honor" and "compensation" for myself, the Chinese, and the Philippine Embassy officials.

Everyone in the world! ! Victims should report to their respective governments. The governments of each country have an obligation to demand the Japanese government to restore the honor of their own citizens and compensate them.


Part 3. Construction of special zones.
The "special zone" "accepts" refugees and immigrants as "temporary immigrant" workers, limiting their residence to the "special zone". Developed countries can use them as low-wage workers for economic growth, and refugees and immigrants can get jobs and live a hopeful human life.
No2: https://world-special-zone.seesaa.net/
No1: https://naganoopinion.blog.jp/

Part 4. Ukraine war.
Zelensky took office on an "election promise" to scrap the Minsk Accords and regain territory through war. But when news of his tax evasion and tax havens came to light, he started a war.
No2: https://ukrainawar.seesaa.net/
No1: https://ukrainian-war.blog.jp/

Part 5. "U.S., Russia, and China" Tripartite Military Alliance/War Show
To create a world without war, we need a “Tripartite Military Alliance”!
No2: https://urc-military.seesaa.net/
No1: https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

Part 6. Japan's notorious judicial system and human rights violations
Japan's judicial system: Immigration law violation case False accusation: Nissan Ghosn case False accusation: Abuse at immigration facility: International student/intern student case: Non-interference in domestic affairs: Foreign opinions
No2: https://nipponsihou.seesaa.net/
No1: https://humanrightsopinion.blog.jp/

Part 7. Corona sensor development 
We should develop an "inspection system" that instantly "discovers" "infected persons" like thermography.
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

Part 8. North Korea's Abduction and Missile Issues & Taiwan's Defense
https://taiwan-defense.seesaa.net/

Part 9. Promotion of One Coin Union & Hydrogen Vehicles 
https://onecoinunion.seesaa.net/

Part 10. "Nagano" Opinion, Next Generation Nuclear Power: CO2 Free & SDGs: Russia/Ukraine Invasion Issues: Immigration/Refugee Issues: International/U.S. Politics/Taiwan Issues/Unification Church Issues
https://naganoopinion.seesaa.net/


Best regards.

Yasuhiro Nagano



It is published in the following program.
https://toworldmedia.blogspot.com/

If you have any questions, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 05:59| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リシ・スナク英国首相 へ 今度は中国の習近平主席が泣きます。中国は対米赤字で苦しむことになるからです。中国はアメリカ製品に関税で対抗するでしょう。

リシ・スナク英国首相 へ

favicon_source
2024-02-08:拝啓、
昨日は、米大統領選でトランプが選ばれた場合に起こる「世界の混乱」は起きないと言いました。昨日は「G3軍事同盟」の創設で、世界から戦争が消滅することを書きました。

その前に、この著者は、後編記事『米大統領選で優勢なトランプが世界に「大混乱」を招く…最後に笑うのはプーチンだった』を書いています。くだらない話です。

私はトランプ氏に「MAGA」を実現して欲しい。彼は前大統領の時も「MAGA」を「唱えた」が「MAGA」は実現しなかった。アメリカは借金をしてまで戦争をしないことです。

「G3軍事同盟」を創設すれば、米国は戦争をすることがなくなります。戦争のための新たな借金は増えません。アメリカは中国よりも強い経済力をつけるべきです。

私はアメリカが中国より経済力をつけるために、「メキシコ国境の特別地帯」の創設を提案し続けています。実現するとアメリカは中国への輸出国となります。

今度は中国の習近平主席が泣きます。中国は対米赤字で苦しむことになるからです。中国はアメリカ製品に関税で対抗するでしょう。

トランプ氏は大統領時代に、米国企業に工場を米国に戻すように要請した。しかし企業の返事は「NO」だった。理由の一つは、中国に勝る低賃金の労働者を確保できる適地がなかった。

もう一つは、製造技術が中国に流失して、アメリカでは良質の製品を生産できない。この現象は日本はじめ多くの先進国で起きています。

それで、メキシコ国境に特別地帯を作り、中南米からの不法移民を「暫定移民」として受け入れます。彼らの居住は「特別地帯」です。これでアメリカ人の社会は守られます。

トランプ氏は「メキシコの壁」を作った。でも、もう片方にも壁が必要です。特別地帯は「壁」で囲われた「工場の地域」です。この特別地帯は日本の面積と同じくらいです。

「暫定移民」の賃金は中国以下です。しかし「福利厚生」が立派なので豊かな生活です。(詳しくは「第3部、特別地帯」をご覧ください。

製造技術の問題は深刻です。米国は中国から「製造技術者」を「招聘」しなければなりません。高級な縫製技術者はイタリアから「招聘」します。

さらに、製造設備は最新の設備にします。当然、中国よりも最新の設備ですから、低コストで製品を作ることができます。

米国企業だけでなく欧州などの企業も「メキシコ国境の特別地帯」に進出します。特別地帯で作られた製品は「北米」だけでなく、世界の各地へ輸出されます。

既存の米国内の工場は、原材料や部品などの製品を特別地帯に出荷します。これらは輸送費が安いので輸入品より競争力があります。

「暫定移民」は働きながら、英語やアメリカの生活習慣を身につけます。彼らには「労働ビザ」が与えられます。彼らは全米で働けます。全米の経営者は彼らを雇用することができます。素晴らしい提案だ。「自画自賛」をします。

第1部.引用・参考資料
米大統領選でトランプが選ばれた場合に起こる「世界の混乱」を専門家が予想する
https://gendai.media/articles/-/123164

私は明日,も,書きます。


第2部。日本は「異常な人権侵害の国家」です。「国際社会」の「皆さん」、助けてください!
まずは、2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」をお読みください。

処罰理由です:
中国人が「虚偽の雇用契約書」を提出して「在留資格」を得た。そして彼らは入管法違反(資格外の活動)を行った。
「私達」が、中国人に「虚偽に雇用の契約書類」を提供したから、中国人は「在留資格」が取得できた。
中国人は「在留資格」が得られたから日本に「在住」できた。
中国人は日本に「在住」できたから「不法就労」ができた。
したがって、中国人に「虚偽の雇用の契約書類」を「提供」した「私たち」は、中国人の「資格外活動」の「ほう助罪」として処罰されました。
これは恣意的な「適用法の誤り」です。これは「法の論理」を外れています。

私の主張:
「1」虚偽の書類を提出して在留資格を得た行為は、法務大臣が(入管法:在留資格の取り消し)の「行政処分」することが、入管法で規定されています。これで「完結」です。無罪の行為の「ほう助行為」は無罪です。
「2」(資格外の活動)を行った中国人は無罪です。理由は、彼らを「雇用した者」が入管法の「不法就労を助長した罪」で処罰されていません。従って「法の下での平等」により、中国人は無罪です。

2016年12月の入管法の改正は、「虚偽の雇用の契約書類」の「提供」の行為は、処罰できるようにしました。
2017年1月より実施。憲法39条により、「過去」に「遡及」して、「処罰」することはできません。
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html

「起訴状」を見てください。記載の事実は「無罪」の「事実」を「述べて」います。(日本語・英語)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
「私の訴え」(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
「私の訴え」(英語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

「中国人、韓国人、フィリッピン人、米国人など」、世界中に数万人、数十万人以上の被害者がいます。異常な人数です。

検察官らの「自由の(剥奪)」は「恣意的」です。彼らは「法律に従わず」に「自分勝手」です。彼らは「(論理的)な(必然性)」がありません。検察は「彼らの思うまま」に「処罰」しています。

2010年の入管法違反事件の「私や中国人」そして2013年のフィリッピン大使館の職員や外交官も同じ理由で処罰されました。

「私」は「法の論理」で説明して、「無罪」を主張しました。
すると、警察官や検察官はこう言いました。「(貴方)は一般論で、(貴方の罪)を、認めるべききだ」。
一般論で処罰する国は日本だけです!。
裁判官は、クレイジーな「論理」で、「因果関係=Causal relationship」を述べた。(判決の文章)を「見る」と、「大笑い」します。

この事件は、警察官、検察官、裁判官による恣意的な適用法の誤りです。罪名は、「特別公務員職権乱用罪」および「虚偽の告訴罪=Crimes of False Complaints」です。検察は「告訴状」「告発状」を「職権」によって「握りつぶした」。よって「公訴時効」は停止しています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
1:外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし「法の下での平等」により外国人は無罪です。
2:検察は「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して「刑法の60条および62条」の「他の犯罪を支援する罪」を「適用」したが、「適用する法律の誤り」です。(前記のとおりです)。

韓国人は「解決済」の「慰安婦や徴用工」の問題で日本に要求をするが、「入管法違反」で処罰された「何万人もの韓国人の被害者」を支援するべきです。

日本政府は「中国のウィグル人への人権侵害」などをでっち上げて、日本の人権侵害を隠しています。

「私」は、私および中国人、フィリッピン大使館関係者に対する、「名誉の回復」と「賠償」を求めています。

世界の皆さん!!被害者は各国の政府に申し出てください。各国の政府は「自国民の名誉の回復と賠償」を日本政府に要求する義務があります。


第3部。特別地帯の建設。
「特別地帯」は、難民や移民を「暫定移民」の労働者として、居住を「特別地帯」に限定して「受け入れ」ます。先進国は彼らを低賃金労働者として活用して経済成長、難民や移民は仕事を得て人間的な希望のある生活ができます。
No2:https://world-special-zone.seesaa.net/
No1:https://naganoopinion.blog.jp/

第4部。ウクライナ戦争。
ゼレンスキーは、ミンスク合意を廃棄し、戦争を通じて領土を取り戻すという「選挙の公約」をして大統領に就任した。しかし彼の 脱税やタックスヘイブンが報道されたとき、彼は戦争を始めた。
No2:https://ukrainawar.seesaa.net/
No1:https://ukrainian-war.blog.jp/

第5部。「米ロ中」3国軍事同盟・戦争ショー 
戦争のない世界を作るには「3国軍事同盟」が必要だ!
No2:https://urc-military.seesaa.net/
No1:https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

第6部。悪名高い日本の司法制度・人権侵害 
日本の司法制度:入管法違反事件冤罪:日産ゴーン事件冤罪:入管施設での虐待:留学生・実習生の事件:内政不干渉:海外意見 
No2:https://nipponsihou.seesaa.net/
No1:https://humanrightsopinion.blog.jp/

第7部。コロナ感知器開発 
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

第8部。北朝鮮の拉致・ミサイル問題 & 台湾防衛 
https://taiwan-defense.seesaa.net/

第9部。ワンコインユニオン&水素自動車の推進 
https://onecoinunion.seesaa.net/

第10部。「長野」オピニオン、次世代原発:CO2フリー & SDG:ロシア・ウクライナ侵攻問題:移民・難民問題:国際・米国政治・台湾問題・統一教会問題
https://naganoopinion.seesaa.net/


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 05:57| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月07日

To British Prime Minister Rishi Sunak Political leaders in the United States and Israel do not have the will or ability to end the conflict. The problem is that neither side is even clear about what they are fighting over.


To British Prime Minister Rishi Sunak

favicon_source
2024-02-07:Dear sir,
This year, major elections are scheduled around the world. The top government chosen by the pub-lic will throw the world into chaos. Let's ``break'' the theory that if Trump is elected, ``the world will be in turmoil.''

At this stage, Bremer estimates that former President Trump has a 60% chance of winning the U.S. presidential election, while President Biden has a 40% chance of winning. I think Mr. Trump is 80% if he accepts ``my proposal.''

Neither Bremer is fit to be president, but whichever one is elected will further deepen "the divi-sions in America." No, I think we are now facing a ``division of the world''.

Almost all major countries do not want the conflict between Israel and Hamas to escalate further. Nevertheless, it will continue to escalate. I think Trump can stop it.

Political leaders in the United States and Israel do not have the will or ability to end the conflict. The problem is that neither side is even clear about what they are fighting over. It is the tyranny of military power.

He says that as things stand, there is no way to end the war. I think we should create a system that makes it impossible to wage war.

The current system prohibits nuclear war. However, war with "conventional weapons" is "OK." Therefore, if a country determines that its "military power" is superior to that of its opponent, it en-gages in "war" using conventional weapons.

That is why I am proposing the creation of a ``G3 military alliance'' between the United States, China, and Russia. It would be best for these three countries to ``jointly'' become the ``world's po-lice officers.''

In today's world, the two countries that stand out in terms of military power are the United States, China, and Russia. If these ``three countries'' form a military alliance, there will be no ``enemies.'' There is no country that I think can beat these three countries.

If we are going to go to war, we will prohibit wars using "conventional weapons." All weapons are limited to "nuclear weapons." And "nuclear weapons" is limited to "EMP." “People” will not die from this.

Currently, there are only four countries that have developed EMP: Russia, the United States, Chi-na, and North Korea. North Korea has "EMP" but cannot be a member of the "G3 military alli-ance". The reason is that they don't have the economic power.

A nuclear attack using "EMP" can result in an "instantaneous" outcome. No one died. However, unless the defeated countries immediately surrender unconditionally, they will be unable to use the ``tools of civilization'' due to the influence of ``electromagnetic waves''.

In today's world, if you don't have electricity, a car, or a telephone, you can't even procure food. Citizens die of starvation.

That is why I am proposing that "war" be eliminated from the earth. I believe that Mr. Trump will accept my recommendations.

However, once the war ends, the "arms dealers" complain and kill this proposal. That is why I am proposing the creation of a "war show." If this is the case, "arms dealers" will be very welcome.

The rules for the "war show" are that weapons are limited to "conventional weapons." A penalty will be added for killing or injuring a human. Winners are given "prizes" such as "territory". I ``self-congratulate myself'' on how wonderful it is.

Part 1. Citations/reference materials
Experts predict the ``world chaos'' that will occur if Trump is elected in the US presidential election
https://gendai.media/articles/-/123164

I'll write tomorrow too.


Part 2. Japan is a "state of abnormal human rights violations". "Everyone" of the "international community", please help!
First of all, please read "false accusation" in the 2010 "Crime of Supporting Violation of Immigration Law".

Reason for punishment:
A Chinese national obtained a "residence status" by submitting a "false employment contract." And they committed immigration law violations (activities outside of their qualifications).
Because "we" provided "false employment contract documents" to the Chinese, the Chinese were able to obtain "residence status."
The Chinese were able to "live" in Japan because they obtained a "status of residence".
Because the Chinese were able to "live" in Japan, they were able to "work illegally."
Therefore, ``we'' who ``provided'' the Chinese with ``false employment contract documents'' were punished as ``helping'' the Chinese ``activities outside the scope of their status of residence''.
This is an arbitrary "error of applicable law". This is out of the "logic of the law".

My claim:
"1" The Immigration Control Act stipulates that the Minister of Justice will take an "administrative disposition" (Immigration Control Act: Cancellation of the status of residence) for the act of submitting false documents and obtaining a status of residence. You are now "finished". "Aiding" an act of innocence is innocence.
A Chinese national who has engaged in “2” (activities outside the qualification) is not guilty. The reason is that the "person who hired them" has not been punished for "promoting illegal employment" under the Immigration Control Act. Therefore, by "equality under the law", the Chinese are innocent.

The revision of the Immigration Control Law in December 2016 made it possible to punish the act of "providing" "false employment contract documents".
Implemented from January 2017. According to Article 39 of the Constitution, it is not possible to "retroactively" to the "past" and "punish".
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html

See "Indictment." The stated facts "state" the "fact" of "not guilty." (Japanese English)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
"My Appeal" (Japanese)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
"My Appeal" (English)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

"Chinese, Korean, Filipino, American, etc." There are more than tens of thousands, hundreds of thousands of victims all over the world. An unusual number of people.

Prosecutors' "(deprivation) of liberty" is "arbitrary." They are "disobeying the law" and "selfish". They have no "(logical) (necessity)". The prosecution is "punishing" "as they wish".

In 2010, "me and the Chinese" in the immigration violation case, and in 2013, Philippine Embassy staff and diplomats were also punished for the same reason.

"I" argued "not guilty", explaining with "logic of the law".
Police and prosecutors then said, "(You) should admit (your crime) in general terms."
Japan is the only country that punishes in general terms! .
The judge stated "Causal relationship" with crazy "logic". When I "see" (text of the judgment), I "laugh out loud."

This case is an error of arbitrary application of law by police officers, prosecutors and judges. The charges are "abuse of authority of a special public official" and "crimes of false complaints." The prosecution "killed" the "accusation letter" and "accusation letter" by "ex officio." Therefore, the statute of limitations has been suspended.

I am "appealing" two things.
1: The foreigner performed "illegal labor" other than "status of residence". But foreigners are innocent because of "equality under the law".
2: The prosecution “applied” “Articles 60 and 62 of the Penal Code” to Article 70 of the Immigration Control Act on the grounds of “support for Article 22-4-4 of the Immigration Act”. However, it is "error of applicable law". (as above).

Koreans make demands on Japan over the "solved" "comfort women and forced laborers" issue, but should support "tens of thousands of Korean victims" who have been punished for "violating immigration laws." .

The Japanese government is hiding Japan's human rights violations by making up such things as "human rights violations against Uyghurs in China."

"I" am demanding "restoration of honor" and "compensation" for myself, the Chinese, and the Philippine Embassy officials.

Everyone in the world! ! Victims should report to their respective governments. The governments of each country have an obligation to demand the Japanese government to restore the honor of their own citizens and compensate them.


Part 3. Construction of special zones.
The "special zone" "accepts" refugees and immigrants as "temporary immigrant" workers, limiting their residence to the "special zone". Developed countries can use them as low-wage workers for economic growth, and refugees and immigrants can get jobs and live a hopeful human life.
No2: https://world-special-zone.seesaa.net/
No1: https://naganoopinion.blog.jp/

Part 4. Ukraine war.
Zelensky took office on an "election promise" to scrap the Minsk Accords and regain territory through war. But when news of his tax evasion and tax havens came to light, he started a war.
No2: https://ukrainawar.seesaa.net/
No1: https://ukrainian-war.blog.jp/

Part 5. "U.S., Russia, and China" Tripartite Military Alliance/War Show
To create a world without war, we need a “Tripartite Military Alliance”!
No2: https://urc-military.seesaa.net/
No1: https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

Part 6. Japan's notorious judicial system and human rights violations
Japan's judicial system: Immigration law violation case False accusation: Nissan Ghosn case False accusation: Abuse at immigration facility: International student/intern student case: Non-interference in domestic affairs: Foreign opinions
No2: https://nipponsihou.seesaa.net/
No1: https://humanrightsopinion.blog.jp/

Part 7. Corona sensor development 
We should develop an "inspection system" that instantly "discovers" "infected persons" like thermography.
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

Part 8. North Korea's Abduction and Missile Issues & Taiwan's Defense
https://taiwan-defense.seesaa.net/

Part 9. Promotion of One Coin Union & Hydrogen Vehicles 
https://onecoinunion.seesaa.net/

Part 10. "Nagano" Opinion, Next Generation Nuclear Power: CO2 Free & SDGs: Russia/Ukraine Invasion Issues: Immigration/Refugee Issues: International/U.S. Politics/Taiwan Issues/Unification Church Issues
https://naganoopinion.seesaa.net/


Best regards.

Yasuhiro Nagano



It is published in the following program.
https://toworldmedia.blogspot.com/

If you have any questions, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp
posted by 長野トミー at 05:54| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リシ・スナク英国首相 へ 米国やイスラエルの政治的リーダーには紛争を終結させる意志も能力もない。問題は、何をめぐって戦闘を続けているのかさえ、お互いにはっきりとしていないことです。それは軍事力による専制です。

リシ・スナク英国首相 へ
favicon_source

2024-02-07:拝啓、
今年は世界各国で大型選挙が予定されている。民意が選んだトップが、世界を大混乱に陥れる。トランプが選ばれた場合、「世界の混乱」が怒るとの説を「破ろう」。

今の段階で、ブレマー氏は米大統領選でのトランプ前大統領の勝率が60%、バイデン大統領が40%だと見積もっています。「私の提言」を受け入れると、トランプ氏は80%だと思います。

ブレマー氏は、どちらも大統領にふさわしくありませんが、どちらが選出されても「米国の分断」はさらに深まります。いいえ今や「世界の分断」だと、私は思います。

イスラエルとハマスの衝突がこれ以上拡大してほしくないと、ほとんどすべての主要国が思っています。にもかかわらず、エスカレートしていくでしょう。私はトランプ氏なら、止められると思います。

米国やイスラエルの政治的リーダーには紛争を終結させる意志も能力もない。問題は、何をめぐって戦闘を続けているのかさえ、お互いにはっきりとしていないことです。それは軍事力による専制です。

彼は言う、現状では戦争を終わらせる方法が皆目見当もつきません。「私」は「戦争することが、できないようなシステム」を作るべきだと思います。

今のシステムは、「核戦争」は「禁止」。しかし「通常兵器」による戦争は「Ok」である。だから「軍事力」が相手より優れていると判断すれば、通常兵器で「戦争」をしている。

だから私は、「米・中・ロシア」による「G3軍事同盟」の創設を提案している。この3国が「共同」で「世界の警察官」になるのがベストです。

今の世界は、軍事力で突出しているのは「米中ロシア」です。この「3国」が軍事同盟を結べば「敵」はいません。この「3国」に勝てる思う国はありません。

もし戦争をするなら、「通常兵器」による戦争を禁止します。武器はすべて「核兵器」に限定します。そして「核兵器」は「EMP」に限定します。これで「人」は死にません。

現在、「EMP」を開発済の国は「ロシア、米国、中国、北朝鮮」の4か国だけです。北朝鮮は「EMP」を持っているが「G3軍事同盟」のメンバーにはなれません。理由は、経済力がないからです。

「EMP」による核攻撃は「瞬時」に結着がつきます。誰も死んでいません。しかし敗戦国はすぐに「無条件降伏」をしないと、「電磁波」の影響で「文明の利器」は使用不可能です。

今の世界、「電気」や「車」や「電話」が使えないと、「食料の調達」さえできません。市民は飢えで死亡します。

私は、だから地球上から「戦争」がなくなると提言しているのです。私は「トランプ氏」であれば、私の「提言」を「受けいれてくれる」と信じています。

しかし、戦争がなくなると「兵器商人」が不平を言って、この提案をつぶします。それで私は「戦争ショー」の創設を提言しています。これなら「武器商人」は大歓迎です。

「戦争ショー」のルールは、兵器は「通常兵器」に限定します。人間の「殺傷」はペナルティが加算されます。勝者には「賞品」として「領土」などを与えます。素晴らしいと「自画自賛」します。

第1部.引用・参考資料
米大統領選でトランプが選ばれた場合に起こる「世界の混乱」を専門家が予想する
https://gendai.media/articles/-/123164

私は明日,も,書きます。


第2部。日本は「異常な人権侵害の国家」です。「国際社会」の「皆さん」、助けてください!
まずは、2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」をお読みください。

処罰理由です:
中国人が「虚偽の雇用契約書」を提出して「在留資格」を得た。そして彼らは入管法違反(資格外の活動)を行った。
「私達」が、中国人に「虚偽に雇用の契約書類」を提供したから、中国人は「在留資格」が取得できた。
中国人は「在留資格」が得られたから日本に「在住」できた。
中国人は日本に「在住」できたから「不法就労」ができた。
したがって、中国人に「虚偽の雇用の契約書類」を「提供」した「私たち」は、中国人の「資格外活動」の「ほう助罪」として処罰されました。
これは恣意的な「適用法の誤り」です。これは「法の論理」を外れています。

私の主張:
「1」虚偽の書類を提出して在留資格を得た行為は、法務大臣が(入管法:在留資格の取り消し)の「行政処分」することが、入管法で規定されています。これで「完結」です。無罪の行為の「ほう助行為」は無罪です。
「2」(資格外の活動)を行った中国人は無罪です。理由は、彼らを「雇用した者」が入管法の「不法就労を助長した罪」で処罰されていません。従って「法の下での平等」により、中国人は無罪です。

2016年12月の入管法の改正は、「虚偽の雇用の契約書類」の「提供」の行為は、処罰できるようにしました。
2017年1月より実施。憲法39条により、「過去」に「遡及」して、「処罰」することはできません。
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html

「起訴状」を見てください。記載の事実は「無罪」の「事実」を「述べて」います。(日本語・英語)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
「私の訴え」(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
「私の訴え」(英語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

「中国人、韓国人、フィリッピン人、米国人など」、世界中に数万人、数十万人以上の被害者がいます。異常な人数です。

検察官らの「自由の(剥奪)」は「恣意的」です。彼らは「法律に従わず」に「自分勝手」です。彼らは「(論理的)な(必然性)」がありません。検察は「彼らの思うまま」に「処罰」しています。

2010年の入管法違反事件の「私や中国人」そして2013年のフィリッピン大使館の職員や外交官も同じ理由で処罰されました。

「私」は「法の論理」で説明して、「無罪」を主張しました。
すると、警察官や検察官はこう言いました。「(貴方)は一般論で、(貴方の罪)を、認めるべききだ」。
一般論で処罰する国は日本だけです!。
裁判官は、クレイジーな「論理」で、「因果関係=Causal relationship」を述べた。(判決の文章)を「見る」と、「大笑い」します。

この事件は、警察官、検察官、裁判官による恣意的な適用法の誤りです。罪名は、「特別公務員職権乱用罪」および「虚偽の告訴罪=Crimes of False Complaints」です。検察は「告訴状」「告発状」を「職権」によって「握りつぶした」。よって「公訴時効」は停止しています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
1:外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし「法の下での平等」により外国人は無罪です。
2:検察は「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して「刑法の60条および62条」の「他の犯罪を支援する罪」を「適用」したが、「適用する法律の誤り」です。(前記のとおりです)。

韓国人は「解決済」の「慰安婦や徴用工」の問題で日本に要求をするが、「入管法違反」で処罰された「何万人もの韓国人の被害者」を支援するべきです。

日本政府は「中国のウィグル人への人権侵害」などをでっち上げて、日本の人権侵害を隠しています。

「私」は、私および中国人、フィリッピン大使館関係者に対する、「名誉の回復」と「賠償」を求めています。

世界の皆さん!!被害者は各国の政府に申し出てください。各国の政府は「自国民の名誉の回復と賠償」を日本政府に要求する義務があります。


第3部。特別地帯の建設。
「特別地帯」は、難民や移民を「暫定移民」の労働者として、居住を「特別地帯」に限定して「受け入れ」ます。先進国は彼らを低賃金労働者として活用して経済成長、難民や移民は仕事を得て人間的な希望のある生活ができます。
No2:https://world-special-zone.seesaa.net/
No1:https://naganoopinion.blog.jp/

第4部。ウクライナ戦争。
ゼレンスキーは、ミンスク合意を廃棄し、戦争を通じて領土を取り戻すという「選挙の公約」をして大統領に就任した。しかし彼の 脱税やタックスヘイブンが報道されたとき、彼は戦争を始めた。
No2:https://ukrainawar.seesaa.net/
No1:https://ukrainian-war.blog.jp/

第5部。「米ロ中」3国軍事同盟・戦争ショー 
戦争のない世界を作るには「3国軍事同盟」が必要だ!
No2:https://urc-military.seesaa.net/
No1:https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

第6部。悪名高い日本の司法制度・人権侵害 
日本の司法制度:入管法違反事件冤罪:日産ゴーン事件冤罪:入管施設での虐待:留学生・実習生の事件:内政不干渉:海外意見 
No2:https://nipponsihou.seesaa.net/
No1:https://humanrightsopinion.blog.jp/

第7部。コロナ感知器開発 
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

第8部。北朝鮮の拉致・ミサイル問題 & 台湾防衛 
https://taiwan-defense.seesaa.net/

第9部。ワンコインユニオン&水素自動車の推進 
https://onecoinunion.seesaa.net/

第10部。「長野」オピニオン、次世代原発:CO2フリー & SDG:ロシア・ウクライナ侵攻問題:移民・難民問題:国際・米国政治・台湾問題・統一教会問題
https://naganoopinion.seesaa.net/


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp
posted by 長野トミー at 05:52| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする