2022年11月29日

リシ・スナク英国首相 へ ゼレンスキーの軍が、おそらく誤ってポーランドにミサイルを着弾させ、それを利用してWW3を始めさせる。

リシ・スナク英国首相 へ

favicon_source
2022-11-29:拝啓、
米国のジャーナリストは立ちあがった。保守派コメンテーターのベニー・ジョンソンは、ウクライナは第3次世界大戦を始めようとしている。

今までは、誰もが「これ」が言えなかった。ゼレンスキーの「陰謀」を正義の声で批判し始めた

ウクライナのミサイルがNATO加盟国に着弾し、罪のない一般市民が殺された。これについてウクライナの指導者たちは嘘をつき、ロシアのミサイルだと非難した。

彼は、「AP通信は何の疑問も抱かずにそれを記事にした」とツイートした。これが、今までのメディアの姿だった。彼らはバイデン政権に「同調圧力」を受けていた。

一連の報道を受けてゼレンスキーは「WWW3」への「自作自演」をした

ゼレンスキー:ロシアとウクライナの間で続く戦争の「重大なエスカレーション」だと述べた。「自作自演」だ。

ゼレンスキー「これは集団安全保障に対するロシアの攻撃だ!きわめて重大なエスカレーションだ。「自作自演」だ。

ゼレンスキー:「ww3への行動が必要だ」と非難した。しかし賢者はゼレンスキーに騙されなかった。

ベニー・ジョンソン:「ウクライナの指導部は嘘をつき、本格的な第3次世界大戦を起こそうとしたのだ。それが事実だ」。

ウクライナ戦争もゼレンスキーが誘導した戦争だ!。ゼレンスキーは賄賂で世界を動かしてうぃた。。。。

ニューズウィーク日本版:ゼレンスキーはポーランドにミサイルが落下した事故を早々に「ロシアのNATOに対する挑戦」と決めつけて、反撃を促した。

ゼレンスキーは手痛いイメージダウンを被った。多くの賢人は、彼の「自作自演」にうんざりした。

アメリカではジョンソンのほかにも複数のツイッターユーザーが、ミサイル着弾に関する報道を受けたゼレンスキーの当初のコメントを批判した。

保守派のポッドキャスト番組司会者マット・ウォルシュは、ゼレンスキーは今、地球上で最も危険なサイコパスだ、と言う。

マット・ウォルシュ:ゼレンスキーは「新たな世界大戦」を始めるようとしている、とツイートした。

起業家のブレア・ブラント:NATOに第3次世界大戦を起こさせようとしたことがはっきりした。

ゼレンスキーの軍が、おそらく誤ってポーランドにミサイルを着弾させ、それを利用してWW3を始めさせる。

ドナルド・トランプJr.(トランプ前大統領の長男)も、ツイートした。ウクライナへの兵器の提供をやめよ!。

トランプJr:「NATO加盟国のポーランド」にミサイルを撃ち込んだのはウクライナだ。

ウクライナ戦争への姿勢は変わった。少なくとも、米国はウクライナへの軍事支援をやめるだろう。

共和党と民主党は下院でロシアへの経済制裁の解除を決議するべきだ。

ロシアへの経済制裁の解除は歴史的なインフレを止めるだろう。そしてエネルギー問題は解消に向かうだろう。

「米国の議会」が世界の市民に贈る、素晴らしいクリスマスプレゼントだ。「米国の議会」、ありがとう!!


第1部。ゼレンスキーは第3次大戦を始めようとした」 ──米保守派から非難相次ぐ 
https://news.yahoo.co.jp/articles/65c1c06d48a82d7d12249ba0c82e1d13dd7b9cf8


私は明日,も,書きます。



第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
http://www.visa-daiko.com/topics/5297/
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。
起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf


日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194


国連の人権理事会のための作業部会による報告である。
ゴーン氏の逮捕・拘留は「論理的ではなく思うままだった」と国連の専門家が報告、賠償支払いを要請。

日本のメディアと政治家が「国連報告」を無視して日本国民に知らせない! 

ゴーン氏の逮捕・拘留は「論理的ではなく思うままだった」と国連の専門家が報告、賠償支払いを要請。
AFP通信のニュース11月20日に投稿され、23日にメディアに公開された。
日本政府と検察や警察、司法の今後の対応が注目される。
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20201124-00209304/

私の訴えも、全く同じです!
彼らの「自由の剥奪」は「恣意的(しいてき)」です。彼らは「法律に従わず」に「自分勝手」です。
彼らは論理的な必然性がなく、「思うまま」に「処罰」しています。
世界人権宣言の第9条、10条、11条、
そして市民的及び政治的権利に関する国際規約の第9条、10条、14条に違反しており、恣意的です。


2010年の入管法違反事件の「私や中国人」そして2013年のフィリッピン大使館の職員や外交官も同じ理由で処罰されました。
私は「法の論理」で説明して「無罪」を主張しました。
すると、警察官や検察官はこう言いました。
「貴方は一般論で罪を認めるべきだ」。
一般論で処罰する国は日本だけです!
裁判官は「何ら関係のない論理」で因果関係をいいました(判決書を参照してください)

「起訴状」を見てください!当時は犯罪にはなりませんでした。
犯罪にならないから2017年に入管法を改正して処罰できるようにしました。
憲法39条により「遡及」して処罰することはできません。
日本を「日本を法の下で統治する国にしてください!
日本が「人権」を守る国にしてください!
米国人の被害者もいます。世界中にたくさんの被害者がいます。

この事件は、警察官、検察官、裁判官による恣意的な適用法の誤りです。
罪名は、特別「公務員職権乱用罪」および「虚偽告訴罪」です。
検察は「告訴状」「告発状」を職権によって握りつぶしました。
よって「公訴時効」は停止しています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
1)外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
2)検察は「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」したが「適用する法律の誤り」です。

私は、私および中国人、フィリッピン大使館関係者に対する、
「名誉の回復」と「賠償」を求めます。


第3部。特別地帯の建設。
同盟国は「経済と安保」を「一体」にするべきだ!
最大の安全保障は中国製品に勝つことだ。そのためには
「移民や難民」を「特別地帯」で「暫定移民」として受け入れるべきです。
「暫定移民」は「特別地帯」に居住が制限されています。
「暫定移民」は「中国の労働者」より安い「低賃金の労働者」です。
しかし、仕事のない「彼ら」には「恵みの収入」です。
これにより私たちは中国の製品より安価な製品を市場に提供できます。
「本土の労働者」は「暫定移民」と分離して労働をすることで「高賃金」になります。
世界はは市場経済のルールで貿易を行うべきだ。
私たちは「貧者、移民、難民」を助けて、豊かになるべきです。

「EU」による「アルジェリアの特別地帯」、
米国による「メキシコ国境の特別地帯」、新TPP(IPP)による「オーストラリアの特別地帯」、
日本の「沖縄の特別地帯」....です。
「特別地帯」は、難民や貧民を「暫定移民」として「受け入れ」ます。
彼らは「先進国の労働者」と「分離」します。
先進国は「暫定移民」を「雇用」することで中国製品よりも「安価」に「製造」できます。
英語、日本語、フランス語、ドイツ語  
https://naganoopinion.blog.jp/


第4部。「新型コロナ」の下でも経済活動を「通常に戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
「SARSウィルス」は感染者の「隔離そして治療」によって、「SARSウィルス」は消滅しました。
「PCR検査」は時間がかかります。
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
検査を受けた特定の場所では、「非、感染の者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!
各国が共同して開発をして1年以内に開発すべきです。
「自由と民主の国家」を復活させるべきです!
詳細は毎日の投稿をご覧ください。又は、お問い合わせください!


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)


下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 06:20| 東京 ☁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月28日

To British Prime Minister Rishi Sunak "Mr. Goulash" is the only righteous person who can "against" Zelensky.

To British Prime Minister Rishi Sunak

favicon_source
2022-11-28: Dear Sir,
The head of the Hungarian prime minister's office, Goulash, criticized Ukrainian President Volodymyr Zelensky on November 16 for being irresponsible. Great!

Zelensky claimed that the missile that landed in Poland was launched by Russia.

"In situations like this, world leaders should speak responsibly," Goulash told reporters.

"Mr. Goulash" is the only righteous person who can "against" Zelensky.

"Mr. Goulash" said, "It was a mistake and a bad example for the Ukrainian president to immediately denounce Russia."

On the other hand, he praised "Poland and the United States" for being cautious. His "reason sense" is wonderful! Zelensky is crazy.

Russia has denied any involvement, but Ukrainian President Volodymyr Zelensky has called for action, blaming Russia for the missiles aimed at Poland.

Russia's defense ministry denied any involvement, saying Ukraine was a "deliberate provocation intended to increase tensions."

The West has "until now" denied Russia's statements as lies. But "this time" was different! President Biden was also great.

Biden: "I don't want to say until I've fully investigated it, but given its trajectory, it's very unlikely that it was launched from Russia," Biden said in a quick statement.

According to German DPA news agency, President Biden explained at an emergency summit that there were indications that it was an anti-aircraft missile from Ukraine that landed in Poland.

President Biden also started to get "fed up" with Zelensky. Zelensky wants war between Russia and "NATO".

If Biden hid the facts, there would have been World War III. I applaud President Biden for his justice this time around.

Zelensky often advocated a direct war between the United States and Russia. He advocated World War III.

I think President Biden has started to break up with ′′ Zelensky ′′ with courage.

I think this is partly because the Democrats lost in the House. The war will be over by the end of the year!

The US is not Ukraine's ATM. I think the U.S. House of Representatives will oppose military spending on Ukraine.

The U.S. House of Representatives will set up a commission of inquiry into “Hunter Biden, son of President Biden.”

The relationship between Hunter Biden and Ukraine should be clarified.

I think the war in Ukraine will end if the US stops military aid to Ukraine.

If that happens, the economic sanctions against Russia will be lifted because they are meaningless. We can "welcome" a "happy Christmas".

Zelensky's "WWW 3" "plot" failed. The "Republican Party in the United States" will end the Ukraine war.

"Zelensky Defeat" is a victory for American democracy. Congratulations to the United States.


Part 1. Ukrainian president hits irresponsible missile . Hungary criticized
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022111700334&g=int
President Biden ``I don't think it was launched from Russia'' NATO Secretary-General took a cautious stance after two missiles hit a village in Poland and killed them
https://www.youtube.com/watch?v=TBQG7B21giQ


I will write tomorrow too.



Part 2 See below for the "false charges" of the 2010 "crimes of support for immigration law violations"
The amendment of the Immigration Control Act in January 2017 states that "I am not guilty" as the reason for the amendment.
Reason: Amend from "cannot be punished" to "can be punished".
http://www.visa-daiko.com/topics/5297/
It is a false charge. However, the Japanese government has not yet apologized.
See below for the indictment. (Japanese)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
See below for the indictment. (English translation)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf


Japanese.
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
English language.
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194


Report by the Working Group for the United Nations Human Rights Council.
Mr. Ghosn's arrest and detention was "unreasonable and unreasonable," a UN expert reported and demanded compensation.

Japanese media and politicians ignore the "UN report" and do not inform the Japanese people! It was

Mr. Ghosn's arrest and detention was "unreasonable and unreasonable," a UN expert reported and demanded compensation.
AFP news was posted on November 20th and released to the media on the 23rd.
The future response of the Japanese government, the prosecution, the police, and the judiciary will be watched.
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20201124-00209304/

My complaint is exactly the same!
Their "deprivation of freedom" is "arbitrary". They are "selfish" without "obeying the law".
They have no logical necessity and are "punishing" "as they please."
Articles 9, 10, 11 of the Universal Declaration of Human Rights,
And it violates Articles 9, 10 and 14 of the International Covenant on Civil and Political Rights and is arbitrary.


"I and the Chinese" in the 2010 Immigration Control and Refuge case and the 2013 Philippine embassy staff and diplomats were also punished for the same reason.
I explained in "The Logic of Law" and claimed "not guilty".
Then police officers and prosecutors said:
"You should plead guilty in general terms."
Japan is the only country to punish in general terms!
The judge said causality with "unrelated logic" (see Judgment).

See "Indictment"! It wasn't a crime at the time.
Since it is not a crime, we revised the Immigration Control Act in 2017 so that it can be punished.
Article 39 of the Constitution does not allow "retroactive" punishment.
Make Japan "a country that governs Japan under the law!
Make Japan a country that protects "human rights"!
There are also American victims. There are many victims all over the world.

This case is an arbitrary error in application by police officers, prosecutors, and judges.
The offenses are special "civilian abuse of authority" and "false accusation".
The prosecution has squeezed the "accusation" and "accusation" ex officio.
Therefore, the "prescription for prosecution" has been suspended.

I'm "sueing" for two things.
1) A foreigner has performed "illegal labor" other than "status of residence". But foreigners are not guilty.
2) The prosecution has set Articles 60 and 62 of the Criminal Code against Article 70 of the Immigration Control and Refuge because of "support for Articles 22-4-4 of the Immigration Control and Refuge".
I "applied" "a crime that supports other crimes", but it is "an error in the applicable law".

I am for me and the Chinese, Philippine embassy officials,
We seek "restoration of honor" and "compensation".


Part 3 Construction of special zones.
Allies should unite "economy and security"!
The greatest security is to beat Chinese products. for that purpose
"Immigrants and refugees" should be accepted as "provisional immigrants" in "special zones".
"Temporary immigrants" are restricted to living in "special zones".
"Temporary immigrants" are "low-wage workers" that are cheaper than "Chinese workers".
However, it is "income of grace" for "they" who do not have a job.
This allows us to bring to market cheaper products than Chinese products.
"Mainland workers" become "high wages" by working separately from "provisional immigrants".
The world should trade according to the rules of the market economy.
We should help "poor, migrants, refugees" and become rich.

"Special Zone of Algeria" by "EU",
"Special Zone on the Mexican Border" by the United States, "Special Zone in Australia" by the New TPP (IPP),
It is the "special zone of Okinawa" in Japan ....
The "special zone" "accepts" refugees and poor people as "provisional migrants."
They "separate" from "workers in developed countries".
Developed countries can "manufacture" cheaper than Chinese products by "employing" "provisional immigrants."
English, Japanese, French, German
https://naganoopinion.blog.jp/


Part 4 Economic activity should be "returned to normal" even under the "new corona"!
Will I continue to receive the corona vaccine two or three times a year? Crazy!
"SARS virus" disappeared by "quarantine and treatment" of infected people.
"PCR test" takes time.
We should develop an "inspection system" that instantly "identifies" the "infected person" like thermography.
In certain places tested, "non-infected" can return to "normal life" without a mask!
Countries should jointly develop and develop within a year.
The "nation of freedom and democracy" should be revived!
See daily posts for details. Or contact us!


Very truly yours.

Yasuhiro Nagano


It is published in the following program.
https://toworldmedia.blogspot.com/

If you have any questions, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 11:22| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リシ・スナク英国首相 へ   「グヤーシュ氏」はゼレンスキーに「反対」できる唯一の正義の人だ。

リシ・スナク英国首相 へ


favicon_source
2022-11-28:拝啓、
「ハンガリーの首相府の長官」である「グヤーシュ」は「11月16日」、ウクライナのゼレンスキー大統領について、無責任だと批判した。素晴らしい!

ゼレンスキーはポーランドに着弾したミサイルを、ロシアが発射したと主張したからです。

グヤーシュ氏は記者団に対し、「こうした状況では世界のリーダーは責任を持って発言すべきだ」と指摘。

「グヤーシュ氏」はゼレンスキーに「反対」できる唯一の正義の人だ。

「グヤーシュ氏」は、「ウクライナの大統領が即座にロシアを糾弾したのは間違いだった、悪い手本だ」と述べた。

一方、慎重な態度を取った「ポーランドと米国」を称賛した。彼の「理性sense」は素晴らしいね!ゼレンスキーは狂っている。

ロシアは関与を否定していますが、ウクライナのゼレンスキー大統領はポーランドへのミサイルもロシアによるものだとして、行動を呼びかけました。

ロシア国防省は、ウクライナは「緊張を高めようとする意図的な挑発行為だ」と言って、関与を否定した。

欧米は「今まで」は、ロシアの発言を嘘だと否定した。しかし「今回」は違った!バイデン大統領も素晴らしかった。

バイデン:「私は完全に調査を終えるまでは言いたくないが、軌道から考えるとロシアから発射されたとは考えにくい」とすぐに声明した。

ドイツのDPA通信によりますと、バイデン大統領は緊急首脳会合で、ポーランドに着弾したのはウクライナから飛来した対空ミサイルだった兆候があると説明したということです。

バイデン大統領もゼレンスキーに「うんざり」しだした。ゼレンスキーがロシアと「NATO」の戦争を望んでいる。

バイデンが事実を隠せば、第三次世界大戦が起きていた。私は、今回はバイデン大統領の正義に拍手を送ります。

ゼレンスキーはたびたび、米国とロシアの直接の戦争を提言していた。彼は第三次世界大戦を提言していた。

バイデン大統領は、勇気を出して「ゼレンスキー」と決別を始めたと思う。

これは民主党が下院で負けたことも原因になっていると思います。戦争は、年内に終わるでしょう!

米国はウクライナの「ATM」ではない。米国の下院は、ウクライナへの軍事費の支出に反対をすると思います。

米国の下院は、「バイデン大統領の息子であるハンターバイデン」の調査委員会を設置するでしょう。

ハンターバイデンとウクライナの関係を明らかにするべきです。

米国がウクライナに軍事支援をやめれば、ウクライナ戦争は終結すると思います。

そうなればロシアへの経済制裁は意味がないので解除される。私たちは「幸せなクリスマス」を「迎え」られる。

ゼレンスキーの「WWW3」の「企み」は失敗した。「米国の共和党」はウクライナ戦争を終結させるでしょう。

「ゼレンスキー敗北」は米国の民主主義の勝利です。米国、おめでとうございます。


第1部。ウクライナ大統領は無責任ミサイル着弾で!。ハンガリーが批判
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022111700334&g=int
バイデン大統領「ロシアから発射されたとは考えにくい」 ポーランドの村にミサイル着弾2人死亡受けて、 NATO事務総長は慎重対応の姿勢 
https://www.youtube.com/watch?v=TBQG7B21giQ


私は明日,も,書きます。



第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
http://www.visa-daiko.com/topics/5297/
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。
起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf


日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194


国連の人権理事会のための作業部会による報告である。
ゴーン氏の逮捕・拘留は「論理的ではなく思うままだった」と国連の専門家が報告、賠償支払いを要請。

日本のメディアと政治家が「国連報告」を無視して日本国民に知らせない! 

ゴーン氏の逮捕・拘留は「論理的ではなく思うままだった」と国連の専門家が報告、賠償支払いを要請。
AFP通信のニュース11月20日に投稿され、23日にメディアに公開された。
日本政府と検察や警察、司法の今後の対応が注目される。
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20201124-00209304/

私の訴えも、全く同じです!
彼らの「自由の剥奪」は「恣意的(しいてき)」です。彼らは「法律に従わず」に「自分勝手」です。
彼らは論理的な必然性がなく、「思うまま」に「処罰」しています。
世界人権宣言の第9条、10条、11条、
そして市民的及び政治的権利に関する国際規約の第9条、10条、14条に違反しており、恣意的です。


2010年の入管法違反事件の「私や中国人」そして2013年のフィリッピン大使館の職員や外交官も同じ理由で処罰されました。
私は「法の論理」で説明して「無罪」を主張しました。
すると、警察官や検察官はこう言いました。
「貴方は一般論で罪を認めるべきだ」。
一般論で処罰する国は日本だけです!
裁判官は「何ら関係のない論理」で因果関係をいいました(判決書を参照してください)

「起訴状」を見てください!当時は犯罪にはなりませんでした。
犯罪にならないから2017年に入管法を改正して処罰できるようにしました。
憲法39条により「遡及」して処罰することはできません。
日本を「日本を法の下で統治する国にしてください!
日本が「人権」を守る国にしてください!
米国人の被害者もいます。世界中にたくさんの被害者がいます。

この事件は、警察官、検察官、裁判官による恣意的な適用法の誤りです。
罪名は、特別「公務員職権乱用罪」および「虚偽告訴罪」です。
検察は「告訴状」「告発状」を職権によって握りつぶしました。
よって「公訴時効」は停止しています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
1)外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
2)検察は「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」したが「適用する法律の誤り」です。

私は、私および中国人、フィリッピン大使館関係者に対する、
「名誉の回復」と「賠償」を求めます。


第3部。特別地帯の建設。
同盟国は「経済と安保」を「一体」にするべきだ!
最大の安全保障は中国製品に勝つことだ。そのためには
「移民や難民」を「特別地帯」で「暫定移民」として受け入れるべきです。
「暫定移民」は「特別地帯」に居住が制限されています。
「暫定移民」は「中国の労働者」より安い「低賃金の労働者」です。
しかし、仕事のない「彼ら」には「恵みの収入」です。
これにより私たちは中国の製品より安価な製品を市場に提供できます。
「本土の労働者」は「暫定移民」と分離して労働をすることで「高賃金」になります。
世界はは市場経済のルールで貿易を行うべきだ。
私たちは「貧者、移民、難民」を助けて、豊かになるべきです。

「EU」による「アルジェリアの特別地帯」、
米国による「メキシコ国境の特別地帯」、新TPP(IPP)による「オーストラリアの特別地帯」、
日本の「沖縄の特別地帯」....です。
「特別地帯」は、難民や貧民を「暫定移民」として「受け入れ」ます。
彼らは「先進国の労働者」と「分離」します。
先進国は「暫定移民」を「雇用」することで中国製品よりも「安価」に「製造」できます。
英語、日本語、フランス語、ドイツ語  
https://naganoopinion.blog.jp/


第4部。「新型コロナ」の下でも経済活動を「通常に戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
「SARSウィルス」は感染者の「隔離そして治療」によって、「SARSウィルス」は消滅しました。
「PCR検査」は時間がかかります。
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
検査を受けた特定の場所では、「非、感染の者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!
各国が共同して開発をして1年以内に開発すべきです。
「自由と民主の国家」を復活させるべきです!
詳細は毎日の投稿をご覧ください。又は、お問い合わせください!


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)


下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp
posted by 長野トミー at 11:22| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月25日

To British Prime Minister Rishi Sunak Economic sanctions against Russia have caused energy shortages and historic inflation. This cannot be solved by manipulating interest rates.

To British Prime Minister Rishi Sunak

favicon_source
2022-11-25: Dear Sir,
Economic sanctions against Russia have caused energy shortages and historic inflation. This cannot be solved by manipulating interest rates.

The only way to eliminate energy shortages and inflation is to lift economic sanctions on Russia. Today we are talking about hydrogen cars.

As a countermeasure against global warming, the world has begun to shift from "gasoline vehicles" to "electric vehicles".

However, if the economic sanctions against Russia continue, the power shortage will make the transition to "electric vehicles" impossible.

I am not against electric cars. If an existing electric vehicle is equipped with a "hydrogen power generation unit", it will become a "hydrogen fuel cell vehicle".

Companies specializing in “hydrogen power generation units” will emerge. Like a "specialized manufacturer of in-vehicle ion batteries".

The earth is a "hydrogen star". Our energy should be hydrogen.

We should make electricity from hydrogen. With hydrogen and oxygen, we will have clean water and electricity forever.

Direct thermal decomposition of water requires a high temperature of 4000°C or higher.

However, technology is being researched to decompose water into hydrogen and oxygen even at temperatures below 1000°C by interposing multiple chemical substances.

Concentrated solar heat and next-generation nuclear reactors (high-temperature gas-cooled reactors) are being considered as heat sources.

The practical use of "nuclear reactors (high-temperature gas-cooled reactors)" should be hastened. Electricity and hydrogen can be obtained at the same time.

The HTGR is theoretically designed to prevent accidents. Even if an accident occurs, it is safe because the scale of the accident is small.

Furthermore, the "nuclear reactor" should be "modularized" to make it a cheaper nuclear reactor.

There are "hydrogen fuel cell vehicles" and "hydrogen fuel vehicles" commercialized by Toyota.

I am "proposing" to "fill" the "high-pressure gas cartridge" with hydrogen and perform "cartridge replacement" with the "GS".

For details, please see "Part 1. Promotion of One Coin Union & Hydrogen Vehicles".

"Hydrogen high-pressure gas cartridges for drones" have already been put into practical use.

In Japan, most taxis use "LPG: Liquefied Petroleum Gas".

"Hydrogen high-pressure gas cartridges" are filled at a factory attached to a "nuclear reactor (high-temperature gas-cooled reactor)."

"Delivery" to the existing "GS" by a dedicated vehicle. The driver is "GS" and replaces the car's "hydrogen cartridge".

I propose that small "nuclear reactors" (hot gas reactors) should be built on the premises of military and police installations.

I can stress that the reactor is safe. "Nuclear reactor" safety is the most important.

If the "nuclear reactor (high-temperature gas-cooled reactor)" is "commercialized", the "hydrogen vehicle" will be "commercialized" within "one year".

"Oil majors" should build small "nuclear reactors (high temperature gas reactors)". You should do it now.

“Oil majors” should become “companies that produce electricity and hydrogen”. Until then, don't throw away "GS"!


Part 1. Promotion of one-coin union & hydrogen vehicle
https://onecoinunion.seesaa.net/
Completed the 24 hour race! Possibilities and Challenges of Hydrogen Engine Vehicles Proven on the Circuit
https://www.webcg.net/articles/-/44588
Successful flight of a hydrogen fuel cell drone equipped with a small high-pressure hydrogen composite container
https://monoist.itmedia.co.jp/mn/articles/2112/17/news064.html
Continuous production of 100 liters of hydrogen per hour, Japan Atomic Energy Agency opens test equipment
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/11951/


I will write tomorrow too.



Part 2 See below for the "false charges" of the 2010 "crimes of support for immigration law violations"
The amendment of the Immigration Control Act in January 2017 states that "I am not guilty" as the reason for the amendment.
Reason: Amend from "cannot be punished" to "can be punished".
http://www.visa-daiko.com/topics/5297/
It is a false charge. However, the Japanese government has not yet apologized.
See below for the indictment. (Japanese)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
See below for the indictment. (English translation)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf


Japanese.
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
English language.
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194


Report by the Working Group for the United Nations Human Rights Council.
Mr. Ghosn's arrest and detention was "unreasonable and unreasonable," a UN expert reported and demanded compensation.

Japanese media and politicians ignore the "UN report" and do not inform the Japanese people! It was

Mr. Ghosn's arrest and detention was "unreasonable and unreasonable," a UN expert reported and demanded compensation.
AFP news was posted on November 20th and released to the media on the 23rd.
The future response of the Japanese government, the prosecution, the police, and the judiciary will be watched.
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20201124-00209304/

My complaint is exactly the same!
Their "deprivation of freedom" is "arbitrary". They are "selfish" without "obeying the law".
They have no logical necessity and are "punishing" "as they please."
Articles 9, 10, 11 of the Universal Declaration of Human Rights,
And it violates Articles 9, 10 and 14 of the International Covenant on Civil and Political Rights and is arbitrary.


"I and the Chinese" in the 2010 Immigration Control and Refuge case and the 2013 Philippine embassy staff and diplomats were also punished for the same reason.
I explained in "The Logic of Law" and claimed "not guilty".
Then police officers and prosecutors said:
"You should plead guilty in general terms."
Japan is the only country to punish in general terms!
The judge said causality with "unrelated logic" (see Judgment).

See "Indictment"! It wasn't a crime at the time.
Since it is not a crime, we revised the Immigration Control Act in 2017 so that it can be punished.
Article 39 of the Constitution does not allow "retroactive" punishment.
Make Japan "a country that governs Japan under the law!
Make Japan a country that protects "human rights"!
There are also American victims. There are many victims all over the world.

This case is an arbitrary error in application by police officers, prosecutors, and judges.
The offenses are special "civilian abuse of authority" and "false accusation".
The prosecution has squeezed the "accusation" and "accusation" ex officio.
Therefore, the "prescription for prosecution" has been suspended.

I'm "sueing" for two things.
1) A foreigner has performed "illegal labor" other than "status of residence". But foreigners are not guilty.
2) The prosecution has set Articles 60 and 62 of the Criminal Code against Article 70 of the Immigration Control and Refuge because of "support for Articles 22-4-4 of the Immigration Control and Refuge".
I "applied" "a crime that supports other crimes", but it is "an error in the applicable law".

I am for me and the Chinese, Philippine embassy officials,
We seek "restoration of honor" and "compensation".


Part 3 Construction of special zones.
Allies should unite "economy and security"!
The greatest security is to beat Chinese products. for that purpose
"Immigrants and refugees" should be accepted as "provisional immigrants" in "special zones".
"Temporary immigrants" are restricted to living in "special zones".
"Temporary immigrants" are "low-wage workers" that are cheaper than "Chinese workers".
However, it is "income of grace" for "they" who do not have a job.
This allows us to bring to market cheaper products than Chinese products.
"Mainland workers" become "high wages" by working separately from "provisional immigrants".
The world should trade according to the rules of the market economy.
We should help "poor, migrants, refugees" and become rich.

"Special Zone of Algeria" by "EU",
"Special Zone on the Mexican Border" by the United States, "Special Zone in Australia" by the New TPP (IPP),
It is the "special zone of Okinawa" in Japan ....
The "special zone" "accepts" refugees and poor people as "provisional migrants."
They "separate" from "workers in developed countries".
Developed countries can "manufacture" cheaper than Chinese products by "employing" "provisional immigrants."
English, Japanese, French, German
https://naganoopinion.blog.jp/


Part 4 Economic activity should be "returned to normal" even under the "new corona"!
Will I continue to receive the corona vaccine two or three times a year? Crazy!
"SARS virus" disappeared by "quarantine and treatment" of infected people.
"PCR test" takes time.
We should develop an "inspection system" that instantly "identifies" the "infected person" like thermography.
In certain places tested, "non-infected" can return to "normal life" without a mask!
Countries should jointly develop and develop within a year.
The "nation of freedom and democracy" should be revived!
See daily posts for details. Or contact us!


Very truly yours.

Yasuhiro Nagano


It is published in the following program.
https://toworldmedia.blogspot.com/

If you have any questions, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 06:44| 東京 ☁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リシ・スナク英国首相 へ ロシアへの経済制裁はエネルギー不足と歴史的なインフレを引き起こした。これは金利操作では解決できない。 エネルギー不足とインフレを解消できるのは、ロシアへの経済制裁を解除するしかない。今日は水素自動車の話です。

リシ・スナク英国首相 へ

favicon_source
2022-11-25:拝啓、
ロシアへの経済制裁はエネルギー不足と歴史的なインフレを引き起こした。これは金利操作では解決できない。

エネルギー不足とインフレを解消できるのは、ロシアへの経済制裁を解除するしかない。今日は水素自動車の話です。

世界は地球温暖化の対策として、「ガソリン車」から「電気自動車」への移行を始めている。

しかしロシアへの経済制裁を続けるならば、電力不足で「電気自動車」への移行は不可能だ。

私は電気自動車を否定しません。既存の電気自動車は「水素発電ユニット」を搭載すれば「水素燃料電池車」になります。

「水素発電ユニット」の専業企業が出現するでしょう。「車載のイオン電池の専業メーカー」のように。

地球は「水素の星」です。私たちのエネルギーは水素であるべきです。

私たちは水素から電気を作るべきです。水素と酸素があれば、クリーンな水と電気は永遠に得られます。

水を直接熱分解するには4000℃以上の高温が必要になります。

しかし複数の化学物質を介在させることで、1000℃以下でも水を水素と酸素に分解する技術が研究されています。

熱源には集光した太陽熱や次世代原子炉(高温ガス炉)が検討されています。

「原子炉(高温ガス炉)」の実用化を急ぐべきです。電気と水素が同時に得られます。

「高温ガス炉」は理論的には事故が起きない設計です。もし事故が起きても事故の規模が小さいので安全です。

さらに「原子炉」は「「モージュール化」して安価な原子炉にすべきです。

自動車はトヨタが実用化している「水素燃料電池車」、「水素燃料自動車」があります。

私は水素を「高圧ガスカートリッジ」に「充填」して、「GS」で「カートリッジ交換」を行うことを「提案」しています。

詳しくは「第1部。ワンコインユニオン&水素自動車の推進」をご覧ください。

「ドローン用の水素の高圧ガスカートリッジ」はすでに実用化されています。

日本では、タクシーのほとんどが「LPG:Liquefied Petroleum Gas」です。

「水素の高圧ガスカートリッジ」は、「原子炉(高温ガス炉)」に併設された工場で充填します。

既存の「GS」へ専用車で「配送」します。運転手は「GS」で、自動車の「水素カートリッジ」を交換します。

私は、小型の「原子炉(高温ガス炉)」は軍や警察の施設の敷地内に建設するべきだと提案しています。

原子炉が安全であることを強調できます。「原子炉」は安全が最重要です。

「原子炉(高温ガス炉)」が「商用化」されれば、「1年以内」に「水素自動車」は「実用化」します。

「石油メジャ」は、小型の「原子炉(高温ガス炉)」を建設するべきです。今、やるべきです。

「石油メジャ」は「電力と水素」を「製造する会社」になるべきです。それまで「GS」は捨てないで!


第1部。ワンコインユニオン&水素自動車の推進 Promotion of one-coin union & hydrogen vehicle
https://onecoinunion.seesaa.net/
24時間レースを完走! サーキットで実証された水素エンジン車の可能性と課題
https://www.webcg.net/articles/-/44588
小型高圧水素複合容器を搭載した水素燃料電池ドローンの飛行に成功
https://monoist.itmedia.co.jp/mn/articles/2112/17/news064.html
毎時100リットルの水素を連続製造、原子力機構が試験装置を公開
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/11951/


私は明日,も,書きます。



第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
http://www.visa-daiko.com/topics/5297/
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。
起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf


日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194


国連の人権理事会のための作業部会による報告である。
ゴーン氏の逮捕・拘留は「論理的ではなく思うままだった」と国連の専門家が報告、賠償支払いを要請。

日本のメディアと政治家が「国連報告」を無視して日本国民に知らせない! 

ゴーン氏の逮捕・拘留は「論理的ではなく思うままだった」と国連の専門家が報告、賠償支払いを要請。
AFP通信のニュース11月20日に投稿され、23日にメディアに公開された。
日本政府と検察や警察、司法の今後の対応が注目される。
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20201124-00209304/

私の訴えも、全く同じです!
彼らの「自由の剥奪」は「恣意的(しいてき)」です。彼らは「法律に従わず」に「自分勝手」です。
彼らは論理的な必然性がなく、「思うまま」に「処罰」しています。
世界人権宣言の第9条、10条、11条、
そして市民的及び政治的権利に関する国際規約の第9条、10条、14条に違反しており、恣意的です。


2010年の入管法違反事件の「私や中国人」そして2013年のフィリッピン大使館の職員や外交官も同じ理由で処罰されました。
私は「法の論理」で説明して「無罪」を主張しました。
すると、警察官や検察官はこう言いました。
「貴方は一般論で罪を認めるべきだ」。
一般論で処罰する国は日本だけです!
裁判官は「何ら関係のない論理」で因果関係をいいました(判決書を参照してください)

「起訴状」を見てください!当時は犯罪にはなりませんでした。
犯罪にならないから2017年に入管法を改正して処罰できるようにしました。
憲法39条により「遡及」して処罰することはできません。
日本を「日本を法の下で統治する国にしてください!
日本が「人権」を守る国にしてください!
米国人の被害者もいます。世界中にたくさんの被害者がいます。

この事件は、警察官、検察官、裁判官による恣意的な適用法の誤りです。
罪名は、特別「公務員職権乱用罪」および「虚偽告訴罪」です。
検察は「告訴状」「告発状」を職権によって握りつぶしました。
よって「公訴時効」は停止しています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
1)外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
2)検察は「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」したが「適用する法律の誤り」です。

私は、私および中国人、フィリッピン大使館関係者に対する、
「名誉の回復」と「賠償」を求めます。


第3部。特別地帯の建設。
同盟国は「経済と安保」を「一体」にするべきだ!
最大の安全保障は中国製品に勝つことだ。そのためには
「移民や難民」を「特別地帯」で「暫定移民」として受け入れるべきです。
「暫定移民」は「特別地帯」に居住が制限されています。
「暫定移民」は「中国の労働者」より安い「低賃金の労働者」です。
しかし、仕事のない「彼ら」には「恵みの収入」です。
これにより私たちは中国の製品より安価な製品を市場に提供できます。
「本土の労働者」は「暫定移民」と分離して労働をすることで「高賃金」になります。
世界はは市場経済のルールで貿易を行うべきだ。
私たちは「貧者、移民、難民」を助けて、豊かになるべきです。

「EU」による「アルジェリアの特別地帯」、
米国による「メキシコ国境の特別地帯」、新TPP(IPP)による「オーストラリアの特別地帯」、
日本の「沖縄の特別地帯」....です。
「特別地帯」は、難民や貧民を「暫定移民」として「受け入れ」ます。
彼らは「先進国の労働者」と「分離」します。
先進国は「暫定移民」を「雇用」することで中国製品よりも「安価」に「製造」できます。
英語、日本語、フランス語、ドイツ語  
https://naganoopinion.blog.jp/


第4部。「新型コロナ」の下でも経済活動を「通常に戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
「SARSウィルス」は感染者の「隔離そして治療」によって、「SARSウィルス」は消滅しました。
「PCR検査」は時間がかかります。
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
検査を受けた特定の場所では、「非、感染の者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!
各国が共同して開発をして1年以内に開発すべきです。
「自由と民主の国家」を復活させるべきです!
詳細は毎日の投稿をご覧ください。又は、お問い合わせください!


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)


下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp
posted by 長野トミー at 06:43| 東京 ☁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする