2023年02月13日

リシ・スナク英国首相 へ アドルフ・ヒトラー:我々にとってロシアに勝つための唯一のチャンスは、相手の攻撃の機先を制することであった。

リシ・スナク英国首相 へ
favicon_source

2023-02-13:拝啓、
「ウクライナ戦争」1月25日:ドイツの外相が「欧州評議会」で発言:「ドイツはいまロシアと戦争状態にある」。

今のNATO(ドイツ)はウクライナとともに「ヒトラーの時代」に戻っている。クレイジー!

「ウクライナ紛争」2015年のウクライナ情勢をめぐり、ウクライナ政府に対しアメリカ政府は政府軍を支援し、ミサイル供与を「計画」して、いた。

しかしアメリカ政府は、ウクライナ政府が「ネオナチとの指摘を受けていた、アゾフ大隊」を「利用」していたので支援を取り止めた。バイデン政権は、なぜネオナチに?

ウクライナの政治状況は、ゼレンスキー政権が発信する「自由と民主主義」とは乖離したウルトラナショナリズム、野党系政党のメディア規制、治安警察と極右組織による抑圧の問題が存在する。

アドルフ・ヒトラーは名演説で人々魅了した。ゼレンスキー大統領の名演説は有名です。似ていると思いませんか。以下はヒトラーの名言です。

皆さんは気づくべきです。「NATO」の主張はアドルフ・ヒトラーの主張に似ている。以下をご覧ください。

アドルフ・ヒトラー:ヨーロッパ内に「大陸の強国」の成立を決して許してはならない。

アドルフ・ヒトラー:ロシアの今日における権力者は、「誠実な態度で同盟に加わる」ことは、元より、「それを維持すること」など、「全く考えていない」。

アドルフ・ヒトラー:ヨーロッパでは近い将来、ドイツの同盟国となりうる国はたった二つしかない。それは、イギリスとイタリア、である。

アドルフ・ヒトラー:ロシア人の「辛抱強さ」は「唯物史観」だ。それは彼らに対して危険はなるべく避けること。

そして彼らの計画が熟するまで一年でも、一生でも待つことを「容認」していることからも来ている。

アドルフ・ヒトラー:ソビエトが「象のような辛抱強さ」を示すのは、ユダヤ人に毒された「デモクラシー国家」を相手にした場合だけである。

アドルフ・ヒトラー:我々には「ロシアという決定的な因子」を、「勢力が拮抗の場」であるヨーロッパから抹殺する。他に選択の余地は、残されていなかった。

アドルフ・ヒトラー:我々にとってロシアに勝つための唯一のチャンスは、相手の攻撃の機先を制することであった。

アドルフ・ヒトラー:1941年春に和平が「成立されていた」、ならば、それはヨーロッパの問題への「アメリカの介入を阻止」する為の最後の機会であった。

アドルフ・ヒトラー:さらにわたしは、ユダヤ人によって準備された、「扇動された大衆」を喜ばすための「見世物が必要」な、「敵の手」に落ちるつもりはない。

アドルフ・ヒトラー:彼ら(ユダヤ人)を根絶やしにする必要がある、それで人類は豊かになる。

アドルフ・ヒトラー:最終目的はユダヤ人の断固たる排除である。

アドルフ・ヒトラー:もしユダヤ人が「世界を再び戦争へと導く」なら、それはユダヤの勝利ではなく、全ヨーロッパにおける「ユダヤ人の絶滅」を意味する。

アドルフ・ヒトラー:ドイツと中央ヨーロッパからユダヤ人が排除されることを人々は永遠に感謝するだろう。

「私」は「ユダヤ人」に、NATO諸国(ドイツ、ウクライナ)との対立を「煽る気持ち」はありません。しかしNATOのロシア嫌いはヒトラーの言葉どおりです。

「NATOやG7」の西側諸国は、「BRICs やG20」の台頭で、経済成長が鈍化して苦しい政権運営をしてうぃる。それで戦争を誘引して国民の不満をかわそうとしている。

「NATOやG7」の西側諸国は、戦争ではなく経済で「BRICs やG20」に勝てる国にするべきだ。そのためには「特別地帯」を建設して、「移民や難民」の労働力を活用するべきだ。


第1部.Neo-Nazism
https://en.wikipedia.org/wiki/Neo-Nazism#Ukraine
アドルフ・ヒトラーの名言集・格言集
https://meigen.keiziban-jp.com/%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC
ドイツとロシアは戦争状態にある、こう言い放った独外相の真意と影響
主力戦車の供給で高まった第3次世界大戦の危機
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/73793


私は明日,も,書きます。



<固定した投稿>以下は 2023年1月1日に改訂しました。

第2部。日本が「犯罪人の引き渡し条約」を締結できたのは「韓国と米国」の2か国だけです。理由は、日本政府は人々を恣意的に処罰するからです。
2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください。
皆様、正義の心を持ってください!私達を助けてください。
2017年1月の「入管法の改正」で、「日本国の議会」は「私は無罪である」とした。「改正の理由」は「処罰できない」から「処罰できる」ように「改正」する。
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。
下記で事実をご覧ください。記載の事実は無罪の事実を述べています。(日本語)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
(英語)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194


第3部。特別地帯の建設。
「特別地帯」は、難民や移民を「暫定移民」の労働者として、居住を「特別地帯」に限定して「受け入れ」ます。先進国は彼らを低賃金労働者として活用して経済成長、難民や移民は仕事を得て人間的な希望のある生活ができます。
No2:https://world-special-zone.seesaa.net/
No1:https://naganoopinion.blog.jp/

第4部。ウクライナ戦争。
ゼレンスキーは、ミンスク合意を廃棄し、戦争を通じて領土を取り戻すという「選挙の公約」をして大統領に就任した。しかし彼の 脱税やタックスヘイブンが報道されたとき、彼は戦争を始めた。
No2:https://ukrainawar.seesaa.net/
No1:https://ukrainian-war.blog.jp/

第5部。「米ロ中」3国軍事同盟・戦争ショー 
戦争のない世界を作るには「3国軍事同盟」が必要だ!
No2:https://urc-military.seesaa.net/
No1:https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

第6部。悪名高い日本の司法制度・人権侵害 
日本の司法制度:入管法違反事件冤罪:日産ゴーン事件冤罪:入管施設での虐待:留学生・実習生の事件:内政不干渉:海外意見 
No2:https://nipponsihou.seesaa.net/
No1:https://humanrightsopinion.blog.jp/

第7部。コロナ感知器開発 
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

第8部。北朝鮮の拉致・ミサイル問題 & 台湾防衛 
https://taiwan-defense.seesaa.net/

第9部。ワンコインユニオン&水素自動車の推進 
https://onecoinunion.seesaa.net/

第10部。「長野」オピニオン、次世代原発:CO2フリー & SDG:ロシア・ウクライナ侵攻問題:移民・難民問題:国際・米国政治・台湾問題・統一教会問題
https://naganoopinion.seesaa.net/


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp
posted by 長野トミー at 06:19| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください