2021年10月28日

フランス首相へ!私たちの所得の倍増するには特別地帯で難民の雇用をするべきだ! それはアフリカの貧民、中南米の貧民そして「シリアやアフガンの難民」が世界の経済活動に参加することによって 世界のGDPは飛躍的にUPします。

フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ
FURANSU.jpg

2021-10-28:拝啓 【TPP 加盟国による特別地帯ー04】
人類は貧者を助けて、豊かになるべきです。最大の安保は中国製品に勝つことだ。
世界の平和は「特別地帯」が可能にします。「新TPP」は2つの機能を持っています。
加盟国の中堅や大企業は「オーストラリアの特別地帯」で「中国製品より廉価な製品」を製造します。
主たる輸出先は「中国市場」や「他のアジア市場」です。

加盟国の中堅や零細企業が「オーストラリアの特別地帯」で製品を製造することは少ないと思います。
「彼らのメリット」は「素材や部品」を「Quad のSupply Chain」で安定して購入して、
「自国」で「製造」できることです。
主たるターゲットは中国を狙っています。また「電子取引での輸出先」は、「B To B」「B To C」で全世界に販売します。

「新TPP」には米国も参加をするべきです。
「新生TPP」でメリットが大きいのは「米国」「カナダ」「英国」「オーストラリア」です。
「特別地帯」を建設するオーストラリアは一躍して「大工業国」になると思います。

日本の企業は「現地の子会社」を通じて、
「メキシコ国境の特別地帯」や「アルジェリアの工業地帯」に参加すると思います。
勿論「オーストラリアの特別地帯」にも参加すると思います。
しかし日本には大きな課題があります。
それは日本国の政策を「観光立国」から「工業立国」に戻すべきです。
日本の輸出依存度は13.7%しかなく、ドイツの38.3%、オランダの61.2%よりも小さい。
日本は、日本国内に「沖縄の特別地帯」が更に必要です。

EUの「アルジェリアの特別地帯」、
米国の「「メキシコ国境の特別地帯」そしてTPPの「オーストラリアの特別地帯」があれば中国抜きでも、
世界経済は大きく繁栄します。
それはアフリカの貧民、中南米の貧民そして「シリアやアフガンの難民」が世界の経済活動に参加することによって
世界のGDPは飛躍的にUPします。

自由と民主主義の国家は「共産主義独裁の中国」から離れて、
自由と民主主義の幸福を謳歌するべきです。私たちの経済力が上がれば中国軍は弱体化します。
私たちは戦争ではなく「経済の力」で戦争のない「平和な世界」を「掴む」べきです。


第1部。なぜオーストラリアはアジアとの結びつきが強くなったの?~オセアニア州~
移民への積極的な支援と経済成長その一つ、オーストラリア政府が運営するサービス「TIS」は、
24時間対応の通訳サービスです。なんと160か国以上の言語に対応。
しかも、かかるのは電話代のみの無料サービスです。
さらに、学校では異文化理解のために英語以外の言語を積極的に教えています。
日本の昔話を教える学校もあります。
住みやすく、仕事があるオーストラリアに、近くのアジア諸国からたくさんの移民が渡ってきました。
その結果、人口が減り続ける日本と比べ、オーストラリアの人口は右肩上がり。
人が増えると、物が売れ、消費が増えます。
そのためオーストラリアは、先進国のなかでは長期にわたる経済成長が続いています。
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/outline.cgi?das_id=D0005120458_00000

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



追伸:
同盟国は「経済と安保」を「一体」にするべきだ!
最大の安全保障は中国製品に勝つことだ。そのためには「移民や難民」を「特別地帯」で「暫定移民」として受け入れるべきです。「暫定移民」は「特別地帯」に居住が制限されています。「暫定移民」は「中国の労働者」より安い「低賃金の労働者」です。しかし、仕事のない「彼ら」には「恵みの収入」です。これにより私たちは中国の製品より安価な製品を市場に提供できます。「本土の労働者」は「暫定移民」と分離して労働をすることで「高賃金」になります。世界はは市場経済のルールで貿易を行うべきだ。私たちは「貧者、移民、難民」を助けて、豊かになるべきです。「アルジェリの特別地帯」「メキシコ国境の特別地帯」「オーストラリアの特別地帯」を建設するべきです。



「新型コロナ」の下でも経済活動を「通常に戻すべき」です!コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!「SARSウィルス」は感染者の「隔離そして治療」によって、「SARSウィルス」は消滅しました。「PCR検査」は時間がかかります。サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。検査を受けた特定の場所では、「非、感染の者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!各国が共同して開発をして1年以内に開発すべきです。「自由と民主の国家」を復活させるべきです!詳細は毎日の投稿をご覧ください。又は、お問い合わせください!

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp
posted by 長野トミー at 05:12| 東京 ☁| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください