2021年07月22日

メルケル 首相 へ   私は「ワクチン」を否定しません。 しかし重要な事は「感染の者」を発見することです。「感染の者」は隔離して治療を行うべきです。 治療薬が重要です。治療薬を投薬すれば「体内のウィルス」が消滅する薬です

ドイツ連邦 アンゲラ・メルケル 首相 へ  

DOITU.jpg
2021-07-22:拝啓 
ミュージシャンやシンガーらは声を挙げるべきです!レディー・ガガ、テイラー・スウィフト、
オリヴィア・ロドリゴ 。。。。もっと街の「無名のピアニストやシンガーたち」!
「新型コロナウィルス」の「非感染の者」は、「コロナのマスク無し」で、
「貴方たち」のステージを「コロナの前」と「同じよう」に、楽しめるように!
政府に「要求」をするべきです!
方法は簡単!「ホール」などの入口に「ウィルス検知器」を設置して貰うだけです。
「非感染者」の「ファン」は「マスク無し」で入場できます。
「ウィルス検知器」は「ワクチン」の開発より簡単です!
政府は「GAFGAなど」の「IT事業者」に「開発」を依頼するべきです。

「無能な政府」は「無名のミュージシャンやシンガー」らが「要求」しても「耳を傾けません」。
「有名なミュージシャンやシンガー」が要求すれば、
選挙で「得票」が欲しい政治家は「ウィルス検知器」の開発を」急ぐと思います。
貴方たちは「人類」の幸福のために、今すぐに!、行動を起こすべきです。

「ミュージシャンやシンガー」そして「スポーツ選手など」のファンは
「新型コロナ」に感染しないように注意を払うと思います。
「ワクチン」を接種しない人の多くは「陰性」だと思います。必用な事は、「新型コロナ」に感染しないことです。
常時、施設の入口などで「ウィルス検知器」の検査を受けていれば、
「陽性」であることが「即時」に判明します。全ての人びとを「感染の者」として扱うのではなく、
「感染の者」を発見して隔離することです。そいて彼らの病気を治療することが重要です。これが人権です!

私は「ワクチン」を否定しません。
しかし重要な事は「感染の者」を発見することです。「感染の者」は隔離して治療を行うべきです。
治療薬が重要です。治療薬を投薬すれば「体内のウィルス」が消滅する薬です。現在、開発中とだと聞いています。
各国は「ワクチン」だけに偏らない「新型コロナ」の対策を行うべきです。
ワクチンを接種しない人々を差別することは「人権侵害」です!


第1部。【アメリカ・ニューヨーク】2021年4月2日から集会などの規制を緩和、
収容人数に制限をかけつつ コンサート等の再開を発表。
更に、ソーシャルディスタンスを保つ必要があるため、
上記よりも更に小さな会場がビジネス再開可能になった場合、収容人数の制限が更に少なくなる可能性がある。
会場の再開は嬉しいニュースであるものの、
収容人数制限と経営側の売上のバランスを保つことは難しいのではないかと言った声も上がっている
https://iflyer.tv/article/2021/03/09/ny-concerts-in-april-2021/

この数カ月、ライブハウスは厳しい立場に立たされていた。
新型コロナの感染経路として注目されたことで、行ったことがない人たちまでライブハウスを見張り語る。
私(中澤)はバンドマンだが、全然嬉しくない注目のされ方だった。
https://rocketnews24.com/2020/06/16/1382286/

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



追伸:
「新型コロナ」の下でも経済活動通常に「戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
サーモグラフィのように瞬時に「陽性」が「判明」する「検査器」を開発すべきです。
検査を受けた特定の場所では、「陽性者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!
詳細は既報をご覧ください。
国連人権理事会(ohchr)に追加資料を提出しました。
Please request by email enzai_mirai@yahoo.co.jp

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)


私の情報 ***************

私は「メルケルドイツ連邦首相」へは「メールで送信」をしていた。
過去のメール送信(エラー)は下記で全てを読むことができます。
下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.com/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp


posted by 長野トミー at 06:15| 東京 ☀| Comment(0) | ドイツ首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください