2021年06月21日

マクロン 大統領  グレッグ・ケリー氏に「私は米国政府に見捨てられた」と言わせないでください! グレッグ・ケリー氏が有罪をさせられるのであれなば「米国の民主主義」は終わったのです! アメリカ人は「立ちあがる」べきだ!

フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ


2021-06-21:拝啓 
私が検察に憲法31条の「法の論理」で説明すると、
検察は「持論=one's theory」だと言って却下します!
検察は「起訴の独占権」を持っていますので権威主義です。
「日産のゴーンの裁判」で「グレッグ・ケリー被告」の「証人」にも同じ扱いをしました。
東大の田中教授は言った「(検察官の(質問の)「趣旨」が分かりません」。
彼は「法廷」で「いら立ち=Frustration」を見せた!
そして彼は「書類」を持っていた。彼はそれを「放りだす」ように
「証言台=the witness stand」に「投げた」のです。
日本の法廷では「法の論理」の主張が通用しないのです!

「この事件」で「田中教授」の名前を初めて公の場で口にしたのはゴーン元会長だった。
2020年1月、逃走先のレバノンで彼に会見した際です。
ゴーンは「私はまだ支払われていない報酬のために逮捕された、
多くの国で刑事事件にならない話だ」と述べた。
そのあと、彼は唐突に「東大の田中教授の名前」を「出した」。
私も「同じこと」を何度も主張しています。憲法31条を守れ!

外国人の法律家やビジネスマンは、このことをよく理解している。
「証人尋問」では、最初に「ケリー 元役員」の弁護人が質問した。
田中教授はまず、罪に問われている有価証券報告書の「虚偽」の「記載」が、
「金融商品取引法違反」では「記載していない」と「区別されている」ことを解説した。
「虚偽の記載」は憲法31条により処罰です。
しかし「記載していない」は法律の違反ではないので処罰できません!
仮に、「検察の主張どおり」であっても、事実は「記載していない」ことです!

日本では日常的に、「処罰が出来ないこと」を、憲法31条に違反して、恣意的に処罰しているのです。
検察は「私の主張」を権威主義で無視しました!
しかし「東大の田中教授」は商法学者の中でもホープ中のホープ」です。
「下津裁判長はもちろんのこと、法務省の首脳部は田中証言を無視できない、と思います。
若し、日本政府が「法の論理」を無視をした場合は、
「韓国」の「徴用工=war time laborers」の「問題」での裁判と同じです。
国際社会は日本を「デカップリング」すべきです。

「罪刑法定主義」を理解する知識人は、
「カルロス・ゴーン氏」がレバノンに逃亡しなければならなかったかを理解すると思います。
「東大の田中教授」が持っていた書類を証言台に放り投げるほど、
日本の法廷では「法の論理」が通用しないのです!
グレッグ・ケリー氏に「私は米国政府に見捨てられた」と言わせないでください!
グレッグ・ケリー氏が有罪をさせられるのであれなば「米国の民主主義」は終わったのです!
アメリカ人は「立ちあがる」べきだ!

FURANSU.jpg


第1部。検事VS東大教授。彼は書類を放り投げて激論した。法廷で5時間の戦い!
https://www.asahi.com/articles/ASP4Z45BTP4ZUTIL00X.html

日産ゴーン事件「最後の証人」が示した重大見解。
彼は「虚偽の記載」ではなく「記載さていない」だと主張!
田中教授が見解を示すうえで着目したのは、
日産が有価証券報告書に書いた「支払われた報酬は」という文言だった。
この開示の仕方は、内閣府令が役員報酬1億円以上の役員について個別の報酬開示を義務づけた2010年以前から、
日産に限らず多くの上場企業が行ってきた。
内閣府令が施行された後も、同じ形式で開示をしていた。
金融商品取引法は、「虚偽記載」と「不記載」を明確に分けている。。
https://toyokeizai.net/articles/-/430516

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。国際社会の皆様ありがとうございました。
しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)




追伸:
「新型コロナ」の下でも経済活動通常に「戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
サーモグラフィのように瞬時に「陽性」が「判明」する「検査器」を開発すべきです。
検査を受けた特定の場所では、「陽性者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!詳細は既報をご覧ください。
国連人権理事会(ohchr)に追加資料を提出しました。
Please request by email enzai_mirai@yahoo.co.jp

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)




下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/

posted by 長野トミー at 05:34| 東京 ☁| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください