2021年06月18日

ボリス・ジョンソン英国首相 私は「新型コロナの起源説」については昨日、書きました。やっぱし中国の「生物兵器」です。 しかし、その開発に資金を提供していたのは「米国」でした。

ボリス・ジョンソン英国首相 へ


2021-06-18:拝啓 
私は「新型コロナの起源説」については昨日、書きました。やっぱし中国の「生物兵器」です。
しかし、その開発に資金を提供していたのは「米国」でした。
だからトランプ前大統領は「新型コロナ」を「中国ウィルス」と言ったのです。
詳細を言わなかった理由は、その資金を提供していたのが、皮肉にもアメリカだったからです。
だから中国が「米国起源説」を言うのです。中国も、それ以上の詳細を言いません。
でも、この「真相」は「漏洩」しています。多くの人々が知っています。

favicon_source
世の中は「皮肉なものです」。「武漢ラボ漏洩説」が「有力」になった原因は、
米政府のコロナ対策の最高責任者であるアンソニー・ファウチCDC所長です。
彼はずっと前から所長をしていたNIAID(アレルギー感染症研究所)で、
武漢ラボのコロナウイルス研究に「公金の支援金」を「不正なやり方」で、出金していた。
このことが「表面化」したのです。

ここまで情報が公になると、バイデン政権も放置しておけません!
アメリカ国内では「中国ウィルス」に恨みを持つ「アフリカ系」の住民が
中国人(アジア系のアメリカ人)を暴力で「ヘイト」を行うようになりました。
それで バイデン 大統領は5月26日、
情報当局に対して新型コロナウイルス感染症の起源(発生地)について90日間の以内に再調査を指示した。

これが正しい答かもしれません!アフリカなどではワクチンの接種が進みません!
「新型コロナはエリート層が利益を得るための策略だ」との「風説」もある。
「裕福な国や西洋諸国だけがワクチン接種をするのは不十分で、発展途上国へのワクチン供給も重要です。
世界的にワクチンが「行き渡れば」、やっかいな変異が出現することもありません。

最後に、私の持論!「自由と民主主義の国家」は「独裁国家の中国」をデカップリングするべきです。
今回、アメリカは「米国では不可能な研究」を、
独裁国家の中国に「委託」したから「新型コロナウィルス」が「出現」したのです!
米国が中国をデカップリングしていれば、「新型コロナウィルス」は発生しなかったのです!


第1部。米国のバイデン大統領が米情報機関に対して、
新型コロナウイルスの起源について今までの「倍の努力」を払って再調査するよう指示した。
https://www.sankei.com/article/20210603-XRACF3RRERL3LEK2X4SN6CQEUE/

アフリカ、接種阻む風説中国不信を背景に陰謀論!
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210505/mcb2105050600006-n1.htm

“子どもや「発展途上国の人々」へもワクチンを”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210427/k10012993701000.html

米国は、武漢ラボの「軍事系のコロナウイルスの機能の獲得研究」に資金を出すことで!
中国と同じコロナの生物兵器、もしくは中国から研究の成果物であるウイルスをもらって、
さらに開発してより強いコロナ生物兵器を開発することを視野に入れていたのかもしれない。
https://blog.goo.ne.jp/diamondstate/e/93a621f8a758cc339e4a1e1428906a5d

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。国際社会の皆様ありがとうございました。
しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



追伸:
「新型コロナ」の下でも経済活動通常に戻すべきです!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
サーモグラフィのように瞬時に「陽性」が判明する検査機を開発すべきです。
検査を受けた特定の場所では、陰性者は「マスク無しの普通の生活」に戻れます!
国連人権理事会(ohchr)に追加資料を提出しました。
Please request by email enzai_mirai@yahoo.co.jp

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)


下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp

★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/


posted by 長野トミー at 05:37| 東京 ☁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください