2020年08月28日

マクロン フランス大統領 へ 中国のウィグル人への弾圧は「強制の労働」や「奴隷の労働」ばかりではない。 イスラム教を信仰する人々の弾圧も激しい。

エマニュエル・マクロン フランス大統領 へ


2020-08-28:拝啓、
欧州議会がは「フォルクスワーゲン」を「中国共産党のウイグル弾圧」の「共犯者」として「非難」をしている。ドイツのメルケル首相は「フォォルクスワーゲン」を中国から撤退させるべきだ!奴隷労働で富を得ることは「ドイツの恥」である思い知るべきです。それともドイツは「ナチスドイツ」の復活に進んでいるのだろうか?メルケル首相は「人権弾圧」に厳しい人であった。彼女は「中国の政府」のハニートラップに「落ちた」、の、だろうか?。


第1部。中国のウィグル人への弾圧は「強制の労働」や「奴隷の労働」ばかりではない。
イスラム教を信仰する人々の弾圧も激しい。

ポンペオ氏が語る。新疆ウイグル自治区…イスラム教を信仰する人々の「現実」。
https://www.youtube.com/watch?v=srXkasjcNOw
中国政府が「口止め,forbid someone to say anything about」している出来事だ、
とアメリカのポンペオ国務長官が、生々しく語りました。
中国の新疆ウイグル自治区で、イスラム教を信仰する人々に起こっているとされることとは…?

「強制労働」で儲ける「ブランド企業フォルクスワーゲン」ウイグル自社工場で…
中国でのサプライチェーン・企業が中国に工場を持ったり、
または中国の企業と契約してサプライチェーンにしたりして、そこが強制労働に関わっているという。
この問題が世界の中でスポットライトを浴びている大きな問題となっています。
https://www.youtube.com/watch?v=ZlQynyKFkuA
https://ameblo.jp/c-ship111/entry-12615574534.html

ナチス・ドイツ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%81%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。国際社会の皆様ありがとうございました。
しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e

第2部。以下は下記をご覧ください。
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagan


下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/


posted by 長野トミー at 10:18| 東京 ☀| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください