2019年12月23日

ドイツ メルケル首相【日本の皇室】徳川慶喜の孫 高松宮喜久子妃殿下のご両親 結婚してからの完全な貞潔を守れば不幸を免れる事多し。


ドイツ メルケル首相【日本の皇室】徳川慶喜の孫 高松宮喜久子妃殿下のご両親
結婚してからの完全な貞潔を守れば不幸を免れる事多し。


高松宮喜久子妃殿下が徳川慶喜の孫であることは存じ上げていましたが、
その妃殿下のご両親のことはほとんど知りませんでした。
まず、お父様の徳川慶久氏がいわゆるイケメンで
聡明で多趣味であることに驚きました。
俳優になっておかしくないという事ですが、
徳川慶喜も写真を見る限り本当に端正な顔立ちで
オーラが漂っているのが写真からも伝わります。
若いころの高松宮喜久子妃殿下も面影があります。
けれど、皇族につながる方はあまりお幸せになっておられないという事をつくづく感じます。
自殺ではないかといわれている徳川慶久氏も
結局悩みを抱えていて眠れない毎日を過ごしていました。
総理大臣になってもおかしくないと言われていたほどに優秀な方であっても、
心のなかにどうしようもない泥沼が存在していました。
本当に悲しいですね。
徳川慶喜公はフランスが好きでした。
フランス語を学び、フランス料理の食べ物が好きで、
フランス皇帝ナポレオン一世の甥のナポレオン三世から
軍帽と軍服をフランス公使ロッシュを通じて貰った程です。

シェア元タイトル
【皇室News】徳川慶喜の孫 高松宮喜久子妃殿下のご両親
シェア画像動画URL
https://youtu.be/kia9sgg6a5U
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年12月22日は 冬至(とうじ)、冬至は一年で最も日照時間が短い日です。


2020チャリティーコンサート「川井郁子ヴァイオリンの調べ 「ともに生きる会」 お越しください
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_1271843.html
★起訴状をみてください。訴因 と適用法がすり替わっています。1)日本語の原文は http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf   2)私の翻訳は http://www.miraico.jp/crime/g5-Indictment-against-Nagano-Kin.pdf  文末に「茶色」で私のコメントを書いています。このコメントを読んでいただければ、理解できます。「入管法」は http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4  
★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
posted by 長野トミー at 05:51| 東京 不明| Comment(0) | 日本いいね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください