2019年06月03日

テリーザ・メイ 英国首相 へ 2019-06-03:拝啓、 フィリッピンは日本の植民地のようです。 フィリッピン大使館の入管法違反の「虚偽の事件」が、 読売新聞等2015年2月20日付の「朝刊」で掲載された。 日本政府の破廉恥な司法の犯罪です。この「法の論理」はクレイジーです。


テリーザ・メイ 英国首相 へ


2019-06-03:拝啓、 フィリッピンは日本の植民地のようです。
フィリッピン大使館の入管法違反の「虚偽の事件」が、
読売新聞等2015年2月20日付の「朝刊」で掲載された。
日本政府の破廉恥な司法の犯罪です。この「法の論理」はクレイジーです。


第1部。フィリッピン大使館の「外交官」や「職員」が
「刑法62条」の「他の犯罪を支援する罪」で「処罰」された。
理由は彼らの「使用人」が「Landscaping shop」で働いて入管法違反
(資格外活動による不法な労働)で逮捕されたからです。
この事件は、「刑事罰」ではありません。
「法務大臣」が彼らの「在留資格」を「取り消し」すべき「案件」です。
これは「false charge」です。
検察は存在しない法律で彼らを犯罪人にしたので、私は・・・・「嘘偽の事件」と呼んだのです。

この事件は外国の「外交官」や「職員」を「恣意的」に「犯罪者」にしました。
北朝鮮よりも「酷い」、「残酷」な「事件」です。

おそらく「動機」は「Desire for a career」です。
検察官、裁判官、警察官などに加え、外務省までが加担したのです。
彼らはこう叫ぶのです「大使館の外交官を逮捕したぞ!」。
彼らは法律を「創作」したのです。
恐ろしい「False accusation 事件」です。

この事件は、唐突に発生したのではなく、
実は2010年に、今回とまったく同じ違法な事件があった。
中国人4人は入管法70条「資格外活動による不法な労働」として「処罰」された。
しかし検察は、中国人4人を雇用した「雇用者」を、
入管法73-2条「不法就労助長罪」の違反で「処罰」しなかった。

しかし検察は入管法70条「不法な労働」とはなんら関係ない理由で
ソフト会社の社長である「長野」を逮捕した。
検察は刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」によって、
「長野」を「処罰」した。
理由は、中国人4人の入管法24-4-(4)条「在留資格の取消」の違反を
「長野」が「assistance」した理由です。

具体的には「長野」が入管法24-4-(4)に記載する虚偽の書類
(内容が嘘偽である雇用の契約の書類)を中国人に交付したことです。
検察は、このことは入管法違反70条「資格外活動による不法な労働」のassistanceであるとした。

この「法の論理」はクレイジーです。

明日に続きます。

第2部。私は、2つのことを「訴えて」います。
これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。
事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。
私たちの「honorの回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。
世界が「法の下で統治」を無視するならテロで解決するのは当然です。しかし、クレイジーです。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処罰」しましたが、「雇用者」を「処罰」していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして「恣意的」に外国人だけを「処罰」することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が「無罪」であるならば、違法に働かされた外国人も「無罪」です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、
入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
「起訴状」が指摘する入管法22-4-4条の「犯罪の理由」は入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。

敬具。Yasuhiro Nagano  


追伸:
英国はEUを無条件に離脱して、
国民投票を尊重して民主国家の example を 世界に見せて、ください。
「入管法違反事件」では多くの外国人が犠牲になっているので、
「ICC」への「提訴」を支援してください。



下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp




#MeToo Human rights victim!


To Terrisa Mei British Prime Minister


2019-06-03:Dear Sirs, The Philippines is like a Japanese colony.
The "False Case" in violation of the Immigration Control Act
of the Philippine embassy has been published
in the "morning edition" dated February 20, 2015, such as the Yomiuri Shimbun.
It is a shameless judicial crime of the Japanese government. This "logic of law" is crazy.

Part 1. The Philippine embassy's "diplomats" and "staff" were "punished"
for "sins supporting other crimes" under "Article 62 of the Penal Code".
The reason is that their “employee” worked in the “Landscaping shop”
and was arrested for immigration law violations (illegal labor due to unqualified activities).
This case is not "criminal punishment".
It is an "issue" where "legal ministers" should "cancel" their status of residence.
This is "false charge".
The prosecutor made them criminals in a law that does not exist,
so I called ... "a lie case".

This case has made foreign "diplomats" and "officials" "arbitrarily" "offenders".
It's a 'serious' and 'cruelty' incident than North Korea.

Perhaps the "motive" is "Desire for a career".
In addition to prosecutors, judges, police officers, etc.,
the Ministry of Foreign Affairs has been involved.
They shout, "I have arrested embassy diplomats!"
They “created” the law.
It is a horrible "False accusation case".

This incident did not occur suddenly,
but in 2010 there was exactly the same illegal incident as this one.
Four Chinese were "punished" as Article 70 of the Immigration Act "illegal labor
from extra-qualification activities".
However, the prosecutor's office did not "punish" "employers"
who hired four Chinese for violation of Article 73-2 "Injury to promote illegal work"
under the Immigration Act.

However, the prosecution arrested "Nagano", the president of a software company,
for reasons unrelated to the immigration control law Article 70 "illegal labor".
The prosecution “punished” “Nagano”
by Article 60 and Article 62 “Sin to support other crimes” of the Penal Code.
The reason is the reason why "Nagano" is "assistance"
for a violation of Article 24-4- (4) "Cancellation of residence status" of the four Chinese.

Specifically, it is that "Nagano" issued the false documents
(documents of the contract of the employment whose content is a lie false) described
in the Immigration Control Act 24-4- (4) to Chinese.
The prosecutor's office stated that this was the assistance
of Article 70 "illegal labor due to nonqualifying activities"
in violation of the Immigration Control Act.

This "logic of law" is crazy.

I will continue tomorrow.

Part 2. I "suing" two things.
This is an "international" human rights abuse committed by the Japanese government.
It will be nearly 10 years from the incident. My life is limited.
We ask for your support so that our "Honor Recovery and Reparations" will take place.
If the world ignores "rule under the law",
it is natural to settle it by terrorism. But it's crazy.

1. Foreigners carried out "illegal labor" other than "qualification of residence".
But foreigners are not guilty.
Only foreigners were punished for immigration control law Article 70 "illegal labor crimes".
On the other hand, the Immigration Control Law punishes employers
who are "causal relationships" of unlawful labor with Article 73-2
of the Immigration Control Act (a crime that promotes unlawful work).

However, Japan's judiciary "punished" only foreigners, but did not "punish" "employers".
This is clearly against the "rule of equality under the law"
And it violates international law that prohibits "punishing" only foreigners "arbitrarily".

If an employer who has illegally employed foreigners is "innocent",
then illegally worked foreigners are also "innocent."
If so, there is no "one who has assisted other crimes in criminal law"
against Article 70 of the Immigration Control Act.
"I, KinGungaku, a diplomat from the Philippines,
and a Philippine embassy official" are not guilty.

2. Prosecutors "apply" "the crime to support other crimes" of Article 60
and Article 62 of the Penal Code against Article 70 of the Immigration Act
on the basis of "support of Article 22-4-4 of the Immigration Act" It's crazy.
This is the logic of the law is wrong.

Foreigners have acted as stipulated in Article 22-4-4
(Acquisition of status of residence by filing false documents).
However, there is no "criminal punishment" for this.
The dispositions are "cancellation of status of residence"
and "deportation abroad" by the Minister of Justice.
Therefore, "Criminal Code Article 60
and Article 62" Sins to support other crimes "can not be applied.
The "crime reasons" of the Immigration Control Act 22-4-4 pointed out
by the "indictment" do not have a causal relationship with the Immigration Control Act 70.
Indeed, the logic of the law is wrong.

The Japanese government is crushing "prosecution."
But "crush" by the state power is "stop" of "Statute of limitations".

The documents are below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

There are many victims in the world.

Best regards. Yasuhiro Nagano


PS:
The UK should leave the EU unconditionally,
respect the referendum and show the example of the democratic nation to the world.
Since many foreigners have been sacrificed in the Immigration Control Violation Case,
please support the "Appeal" to the "ICC."


It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 08:34| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください