2019年04月11日

テリーザ・メイ 英国首相 へ 2019-04-11: 世界の皆さん。グローバル企業の「日立製作所」の会長は「経団連」の会長です。 「技能の実習生」を日立は違法に雇用した。 中国に価格競争で勝つにはこの方法しかありません。 最新ニュースから。

テリーザ・メイ 英国首相 へ


2019-04-11: 世界の皆さん。グローバル企業の「日立製作所」の会長は「経団連」の会長です。
「技能の実習生」を日立は違法に雇用した。
中国に価格競争で勝つにはこの方法しかありません。
最新ニュースから。


拝啓。日立、「実習の計画」の「賃金」は「契約未満」で
「「in salary an increase in pay」や「賞与」」の「 ルール」も、ありません。
日立製作所とグループ会社の計11社が昨年、
国の監督機関「外国人の技能の実習の機構」から数々の
「技能の実習の適正化の法律の違反」を指摘されていた。

「グループで30万人を雇い「経団連の会長」を出している日本有数のグローバル企業」の「足元」で、
「intern」を不正に働か、せていた実態が明らかになった。

詳しくは
https://www.asahi.com/articles/ASM3462P8M34OIPE021.html?iref=pc_rellink

私は、「外国人の技能の実習の制度」の「実態」は変わらないと思います。
「外国人の技能の実習生」=「単純労働者」=「奴隷」です。
「グローバル化」の中で、中国に対抗して「生き延びる」ためには、
「外国人技能実習生」=「単純労働者」=「奴隷」は必要なのです。

この制度の悪いところは日本政府が「嘘」をつくからです。

「外国人の技能の実習の制度」は、「途上国」に日本の技能や知識を伝える「国際貢献」が目的なのです。
しかし実態は「外国人技能実習生」=「単純労働者」=「奴隷」です。
日本政府は「外国人技能実習生」の延長として、今年の4月から「特定技能1号」、
「特定技能2号」の「在留資格」を設定しました。

日本はこうやって低賃金の「単純労働者」を受け入れるのです。
これはすべて「中国を入れた市場経済」の中で「勝つ」ためです。
いくら素晴らしい技術があっても、製品価格を安くしなければ売れません。

アメリカは素晴らしい技術を持っています。
しかし、製品を安く製造する工場がありません。
高い技術の製品を大量安く生産する技術を失いました。
アメリカはこれを復活しなければ「世界の工場」になれません。

だから私はアメリカに対して、メキシコの国境のアメリカ側を「特別地帯」にするべき、
だと「提案」をしています。
「中南米など」から「貧しい国民」を、「暫定移民」として「特別地帯」に限定して受け入れます。
「暫定移民」を「低賃金」の労働者として雇用する。
こうした政策により、アメリカは「世界の工場」を中国から「奪い返す」ことが出来ます。

こうした「特別地帯」はアメリカだけでなく、英国、フランス、ドイツも設けるべきです。

「暫定移民」を「一般の国民」と「共生」させることはできません。

日本の「大工場」は「高い塀」で囲まれています。
広大な「特別地帯」は「高い塀」で囲むべきです。

ドナルドトランプ大統領は、「 manner [way] of speaking」を間違えた。
「不法移民」や「難民」はアメリカの宝です。
ドナルドトランプ大統領は、彼らを「暫定移民」と言うべきです。
メキシコとの「国境の壁」と呼ぶから「嫌わる」のです。
「特別地帯」を「守る壁」と言えば「歓迎」され、る。

明日に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

世界の皆さん、日本の司法のクレイジーな「法の論理」を「糾弾」してください。
皆さん、この問題を「G20」や「国連の人権理事会」で取り上げてください。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

私は、2つのことを「訴えて」います。
これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。
私たちの「honorの回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処罰」しましたが、「雇用者」を「処罰」していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして「恣意的」に外国人だけを「処罰」することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が「無罪」であるならば、違法に働かされた外国人も「無罪」です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、
入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
「起訴状」が指摘する入管法22-4-4条の「犯罪の理由」は入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博


追伸:
英国はEUを無条件に離脱して、国民投票を尊重して民主国家の example を 世界に見せて、ください。
「入管法違反事件」では多くの外国人が犠牲になっているので、「ICC」への「提訴」を支援してください。



下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp





#MeToo Human rights victim!


To Terrisa Mei British Prime Minister


2019-04-11: Everyone in the world.
The chairman of Hitachi Ltd., a global company, is the chairman of Keidanren.
Hitachi illegally employed "skills interns."
This is the only way to win China's price competition.
From the latest news.


Greetings. "Wage" in "Plan for practical training" is "less than contract" in Hitachi,
and there is no "rule" for "in salary an increase in pay" or "bonus".
A total of 11 companies,
Hitachi and its group companies, were pointed out last year
by the national supervisory organization "The Skills Training Practice for Foreigners",
which pointed out a number of "violations of the law
for the appropriate training of skills training".

It became clear that "the intern" was used illegally
in "the foot" of "a leading global company that hires 300,000 people
in the group and has" the chairman of the Keidanren "",
and the actual situation of making it work illegally.

For more information
https://www.asahi.com/articles/ASM3462P8M34OIPE021.html?iref=pc_rellink

I think that the "actual situation" of "the system of training
for foreigners' skills" does not change.
"A foreigner's skill apprentice" = "simple worker" = "slave".
In order to "survive" against China in "globalization",
"foreign technical interns" = "simple workers" = "slaves" are necessary.

The bad thing about this system is that the Japanese government makes a lie.

The “system of training
for foreigners' skills” is aimed at “international contribution” to convey Japanese skills
and knowledge to “developing countries”.
However, the actual situation is "foreign technical interns" = "simple workers" = "slaves".
The Japanese government has set the Status of residence status for Specific Skill 1
and Specific Skill 2 from April this year as an extension of Foreign Skills Trainee.

Japan accepts low-wage "simple workers" in this way.
This is all to "win" in the "market economy that included China".
No matter how good the technology is, it can not be sold without lowering the product price.

America has great technology.
However, there is no factory that manufactures products cheaply.
I lost the technology to mass-produce inexpensive high-tech products.
The United States can not become a "factory of the world" unless it revives.

That's why I suggest to the United States that the American side
of the Mexican border should be "a special zone."
We accept "poor people" from "Central and South America etc." as "temporary immigrants"
and restrict them to "special zones".
Employ "temporary immigrants" as "low pay" workers.
Such a policy will allow the United States to "take back" the "factory of the world" from China.

Such "special zones" should be established not only in the United States,
but also in the United Kingdom, France and Germany.

It is not possible to make "temporary immigration" co-exist with the general public.

Japan's "large factory" is surrounded by "high fences".
Large "special zones" should be surrounded by "high fences".

President Donald Trump made a mistake on "manner [way] of speaking".
"Unauthorized immigration" and "refugee" are American treasures.
President Donald Trump should call them “temporary immigrants”.
It is "hate" because it is called "border wall" with Mexico.
Speaking of "special zones" as "walls to protect" is "welcome".

I will continue tomorrow
I will continue until you understand.

Everyone in the world, please denounce the crazy "legal logic" of Japan's judiciary.
Everyone, please address this on the G20 and the UN Human Rights Council.

This email also sends the same email to Japanese Prime Minister's Offices,
the LDP, and politicians.
They still do not have "justice" to rule Japan under the law.
"Everyone in the international community"!
Stand up to make the world a society where freedom, democracy and human rights are protected.

I "suing" two things.
This is an "international" human rights violation by the Japanese government.
We ask for your support so that our "Honor Recovery and Reparations" will take place.

1. Foreigners carried out "illegal labor" other than "qualification of residence".
But foreigners are not guilty.

Only foreigners were punished for immigration control law Article 70 "illegal labor crimes".
On the other hand, the Immigration Control Law punishes employers
who are "causal relationships" of unlawful labor with Article 73-2 of the Immigration Act
(a crime that promotes unlawful work).

However, Japan's judiciary "punished" only foreigners, but did not "punish" "employers".
This is clearly against the "rule of equality under the law"
And it violates international law that prohibits "punishing" only foreigners "arbitrarily".

If the employer who has illegally employed foreigners is "innocent",
then the illegally worked foreigners are also "innocent."
If so, there is no “person who has supported other crimes of criminal law”
against Article 70 of the Immigration Control Act.
"I, KinGungaku, a diplomat from the Philippines,
a Philippine embassy official" is not guilty.

2. Prosecutors "apply" "the crime to support other crimes"
in Article 60 and Article 62 of the Penal Code
against Article 70 of the Immigration Control Act
on the basis of "support of Article 22-4-4 of the Immigration Control Act" It's crazy.
This is the logic of the law is wrong.

Foreigners have acted as defined in Article 22-4-4
(Acquisition of status of residence by filing false documents).
However, there is no "criminal punishment" for this.
The dispositions are "cancellation of status of residence"
and "deportation abroad" by the Minister of Justice.
Therefore, "Article 60 of the Criminal Code and Article 62,"
Sins to support other crimes "can not be applied.
The "crime reasons" of the Immigration Control Act 22-4-4 pointed out
by the "indictment" have no causal relationship with the Immigration Control Act 70.
The logic of the law is totally wrong.

The Japanese government is crushing "prosecution."
But "crush" by the state power is "stop" of "Statute of limitations".
The documents are below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
There are many victims in the world.
Please "help" many "victims" with "Brave and Justice."
I urge the Japanese government to "recover the honor"
and "compensate for the victims".

Best regards. Nagano Yoshihiro


PS:
The UK should leave the EU unconditionally, respect the referendum and show the example of the democratic nation to the world.
Since many foreigners have been sacrificed in the Immigration Control Violation Case, please support the "Appeal" to the "ICC."


It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 07:58| 東京 ☔| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください