2019年04月09日

テリーザ・メイ 英国首相 へ 2019-04-09:世界の皆さん。日本が「法の下での統治がされていない証拠」です。 「外国人の技能の実習生」は「実習の会社」から逃亡します。 理由は 違法な雇用をする 雇用者」がいるからです。最新ニュースから。


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


テリーザ・メイ 英国首相 へ


2019-04-09:世界の皆さん。日本が「法の下での統治がされていない証拠」です。
「外国人の技能の実習生」は「実習の会社」から逃亡します。
理由は 違法な雇用をする 雇用者」がいるからです。最新ニュースから。


拝啓。法務省が調査結果 を公表した。
「外国人の技能の実習生」の「実態」。
企業の不正な行為は759人です。

「外国人の技能の実習生」は労働者ではありません。
彼らは「技能」を「学ぶ」ことが目的です。
しかし彼らは日本に行くために「祖国」で「借金」をします。
そして彼らは「労働目的」で「来日」しています。

しかし「実態」は、日本の企業は「低賃金の労働者」として「受け入れて」います。
違法な「最低賃金」を下回る「低賃金」で雇用しています。
過酷な残業や「休日の出勤」で働か、されています。
だから、彼らは「実習の会社」から「逃亡」して「別の会社」で働きます。これは違法です。

これは入管法70条の「違法な労働」です。
働く資格のない外国人を雇用した「雇用者」は、
入管法73-2条の「違法な労働を助長した罪」によって「処罰」されます。
しかし司法行政は「雇用者」と「adhesion」しているので、「雇用者」を「処罰」しません。
日本が「法の下での統治がされていない証拠」です。
雇用者が働く資格のない「外国人の技能実習生」を雇用しなければ、
「外国人の技能実習生」が「逃亡すること」はありません。

「実習の会社」から「disappearance」「Escape」した「外国人の技能の実習生」の数は大量の人数です。
事故や病気そして「死者」も発生しています。

詳しくは下記をご覧ください。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43066660Z20C19A3EAF000/

「実習生」の「disappearance」は増加しており、2018年は前年から1963人増の9052人だった。
2018年末時点の「実習生」は32万8360人。

「技能の実習の制度」をめぐっては野党が昨年、
17年の失踪者の「Vote of listening」約2890人分を集計。
67%にあたる1939人が「最低賃金」を下回る低賃金で働いていたと指摘していた。

「外国人の技能の実習生」が「逃亡」しないように
「司法行政」は「雇用者」との「adhesion」をやめるべきです。
そして「司法行政」は「法の下での司法行政」をすべきです。

「外国人の技能の実習生」や「留学生」そして
「単純労働者」を「輸出する国」のメディアは「日本の状況」を正しく報道するべきです。

「外国人の技能の実習生」や「留学生」そして「単純労働者」の多くは、
「彼等を輸出する団体」や「ブローカー」から「多額の借金」をして来日しています。
各国のメディアが、このことを正しく報道すれば、
彼らが「日本で働い」て「死ぬ」こともないと思います。

「「外国人の技能の実習生」や「留学生」
そして「単純労働者」」が「在留資格」以外で働けば入管法70条の「違法な労働」で処罰されます。
「法の下で統治されない日本」は雇用者を入管73-2条で処罰しません。
外国人だけが処罰されて「Deportation」になります。
これは国際法違反です。
日本政府は、入管法70条で「処罰」された外国人に対して「名誉の回復」と「賠償」をすべきです。


各国の政府やメディアはすでに日本政府の犠牲になった国民に対しては支援をしてください。
日本政府へ「名誉の回復」と「賠償」を請求すべきです。

明日に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

世界の皆さん、日本の司法のクレイジーな「法の論理」を「糾弾」してください。
皆さん、この問題を「G20」や「国連の人権理事会」で取り上げてください。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

私は、2つのことを「訴えて」います。
これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。
私たちの「honorの回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処罰」しましたが、「雇用者」を「処罰」していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして「恣意的」に外国人だけを「処罰」することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が「無罪」であるならば、違法に働かされた外国人も「無罪」です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、
入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
「起訴状」が指摘する入管法22-4-4条の「犯罪の理由」は入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博


追伸:
英国はEUを無条件に離脱して、国民投票を尊重して民主国家の example を 世界に見せて、ください。
「入管法違反事件」では多くの外国人が犠牲になっているので、「ICC」への「提訴」を支援してください。



下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp





#MeToo Human rights victim!


To Terrisa Mei British Prime Minister


2019-04-09: Everyone in the world.
Japan is "proof that is not governed under the law".
"A foreigner's skill apprentice" escapes from a "training company".
The reason is that there are “employers who illegally employ”.
From the latest news.


Greetings. The Ministry of Justice published the survey results.
"The actual condition" of "interns of foreigners' skills".
There are 759 unfair acts of a company.

The "interns of foreigners' skills" are not workers.
Their purpose is to "learn" skills.
But they do "debt" in their "home country" to go to Japan.
And they are coming to Japan for work purpose.

However, the “actual situation” is that Japanese companies “accept” as “low-paid workers”.
We employ at "low wage" below illegal "minimum wage".
It is working at severe overtime work and "working on holidays".
So they “run away” from the “training company” and work in the “another company”.
This is illegal.

This is "illegal labor" of Article 70 of the Immigration Act.
"Employers" who have hired foreigners who are not eligible to work will be "punished"
for "criminals that promote illegal work" under Article 73-2 of the Immigration Act.
However, the judicial administration does not "punish" the "employer"
because it "adhesion" with the "employer".
Japan is "proof that is not governed under the law".
If the employer does not hire a "foreign technical interns" who are not eligible to work,
the "foreign interns" will not "run away".

There are a large number of "foreign students of foreign skills"
who have been "disappearance" or "escape" from "the company of practical training".
There are also accidents, illnesses and "dead people".
See below for details.
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43066660Z20C19A3EAF000/

The apprentice's "disappearance" is increasing,
and in 2018 was 9,052, an increase of 1,963 from the previous year.
As of the end of 2018, there were 328,360 "interns."

Over the “system of practical skills training”,
last year the opposition party tabulated approximately 2890 “Vote of listening”
for 17 years of disappearances. It was pointed out that 67%,
or 1939 people, worked at low wages below the "minimum wage".

"Judicial administration" should stop "adhesion" with "employer" so that "interns
of foreigners' skills" will not "run away".
And "judicial administration" should be "judicial administration under the law".

The media of the "Exporting countries" of "international skills interns",
"international students" and "simple workers" should properly report "the situation in Japan".

Many of the “international skill trainees”, “international students”
and “simple workers” come to Japan with “large debts”
from “organizations that export them” and “brokers”.
If the media of each country reports this properly,
I think that they will not "work in Japan" and "die".

"If the" interns of foreigners' skills "," international students "and"
simple workers "work outside the status of residence,
they will be punished by" illegal labor "under Article 70 of the Immigration Act.
"Japan not governed under the law" does not punish employers
under Article 73-2 of the Immigration Act.
Only foreigners are punished and become "Deportation".
This is a violation of international law.
The Japanese government should "restoration" and "reparation" for foreigners
who are "punished" under Article 70 of the Immigration Control Act.


Governments and media in each country should support the people
who have already been victims of the Japanese government.
You should demand "restoration of honor" and "reparations" from the Japanese government.

I will continue tomorrow
I will continue until you understand.

Everyone in the world, please denounce the crazy "legal logic" of Japan's judiciary.
Everyone, please address this on the G20 and the UN Human Rights Council.

This email also sends the same email to Japanese Prime Minister's Offices,
the LDP, and politicians.
They still do not have "justice" to rule Japan under the law.
"Everyone in the international community"!
Stand up to make the world a society where freedom,
democracy and human rights are protected.

I "suing" two things.
This is an "international" human rights violation by the Japanese government.
We ask for your support so that our "Honor Recovery and Reparations" will take place.

1. Foreigners carried out "illegal labor" other than "qualification of residence".
But foreigners are not guilty.

Only foreigners were punished for immigration control law Article 70 "illegal labor crimes".
On the other hand, the Immigration Control Law punishes employers
who are "causal relationships" of unlawful labor with Article 73-2 of the Immigration Act
(a crime that promotes unlawful work).

However, Japan's judiciary "punished" only foreigners, but did not "punish" "employers".
This is clearly against the "rule of equality under the law"
And it violates international law that prohibits "punishing" only foreigners "arbitrarily".

If the employer who has illegally employed foreigners is "innocent",
then the illegally worked foreigners are also "innocent."
If so, there is no “person who has supported other crimes of criminal law”
against Article 70 of the Immigration Control Act.
"I, KinGungaku, a diplomat from the Philippines,
a Philippine embassy official" is not guilty.

2. Prosecutors "apply" "the crime to support other crimes"
in Article 60 and Article 62 of the Penal Code against Article 70
of the Immigration Control Act on the basis
of "support of Article 22-4-4 of the Immigration Control Act" It's crazy.
This is the logic of the law is wrong.

Foreigners have acted as defined in Article 22-4-4 (Acquisition of status
of residence by filing false documents).
However, there is no "criminal punishment" for this.
The dispositions are "cancellation of status of residence"
and "deportation abroad" by the Minister of Justice.
Therefore, "Article 60 of the Criminal Code and Article 62,"
Sins to support other crimes "can not be applied.
The "crime reasons" of the Immigration Control Act 22-4-4 pointed out
by the "indictment" have no causal relationship with the Immigration Control Act 70.
The logic of the law is totally wrong.

The Japanese government is crushing "prosecution."
But "crush" by the state power is "stop" of "Statute of limitations".
The documents are below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
There are many victims in the world.
Please "help" many "victims" with "Brave and Justice."
I urge the Japanese government to "recover the honor" and "compensate for the victims".

Best regards. Nagano Yoshihiro



PS:
The UK should leave the EU unconditionally, respect the referendum and show the example of the democratic nation to the world.
Since many foreigners have been sacrificed in the Immigration Control Violation Case, please support the "Appeal" to the "ICC."


It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 08:24| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください