2019年03月27日

テリーザ・メイ 英国首相 へ 2019-03-27:4月5日は第一次天安門事件の起きた日です。 私は米国の「対中交渉」は決裂すると思います。 アメリカは中国政策で100%失敗しました。 アメリカが対中政策を変更しないと米国の崩壊のカウントダウンが始まります。 米中交渉は先日の「米朝首脳会談」に似ています。「米中交渉」は「決裂」すべきです。


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


テリーザ・メイ 英国首相 へ


2019-03-27:4月5日は第一次天安門事件の起きた日です。
私は米国の「対中交渉」は決裂すると思います。
アメリカは中国政策で100%失敗しました。
アメリカが対中政策を変更しないと米国の崩壊のカウントダウンが始まります。
米中交渉は先日の「米朝首脳会談」に似ています。「米中交渉」は「決裂」すべきです。


拝啓。3月14日、米国のSteve" Mnuchin「財務長官」は、
日本との交渉より「対中国との交渉」を優先すると明言した。
Steve" Mnuchin氏は、米政権の優先事項は中国との交渉の妥結と、
見直した北米自由貿易協定の批准だ、と強調した。
彼は「中国との協議」は「問題」が残っている、と言う。
だから「月内に首脳会談は開催できないだう」と言った。
ドナルドトランプ大統領も14日、
「米中協議」の行方は「いずれにせよ3、4週間、後に分かる」と述べた。
日本との新貿易交渉は「Robert Emmet Lighthizer 通商代表」が主導している、
そして、開始に向けて「予備的な「対話」をしている」と説明した。

米国の 米中貿易交渉の第一順位は「対中貿易赤字の即時解消」です。
第二番目は「知的財産権の保護」です。
第三番目は「人権問題」を含めた政治体制です。
米国の貿易赤字の原因は中国の「国家資本主義」にあります。
WTO想定外の体制をなくすことが重要です。

アメリカの失敗は「天安門事件」への対応から始まりました。
つまりアメリカは、人権侵害国、共産主義の独裁国家をアメリカのパートナーとして認めたのです。
そしてアメリカは、世界の反対を「押し切って」中国を「WTO」の仲間に入れました。

アメリカの大統領は代々、中国の天安門事件を容認してきました。
4月5日は第一次天安門事件の起きた日です。
6月4日。第二次天安門事件の起きた日です。
天安門事件が起きた当時、日本やイギリス、
西ドイツなどの西側諸国のテレビ局の生中継は中国共産党によって次々と遮断されていきました。
当時の米国の CNNだけが、世界各国へ向けた生中継をしていました。
アメリカが強い国になるためには、この事件を糾弾することから始めるべきです。
独裁政権を支援する「米中交渉」は意味がありません。

2018年06月04日 米国の国務長官マイク・ポンペオは言った!
「中国は天安門広場の大虐殺について全容を説明すべきだ」と述べました。
中国との「米中貿易交渉」はマイク・ポンペオ国務長官が担当している。
彼は、もういちど中国政府に「中国は天安門広場の大虐殺について全容を説明すべきだ」と言ってくれることを、
私達は期待します。

ここに、アメリカが対中貿易で「赤字になる原因」があります。
中国はアメリカを「なめました」。
アメリカは人口13億の中国に、何も言えない!。
中国は言う。」
世界の王者である中国に製品を売りたかったら、内政干渉をするな!。
アメリカが内政干渉をしないなら、中国はアメリカに輸出してやる!

ドナルドトランプ大統領! アメリアは強い国になるべきだ!正義の国にするべきだ!Ganbare!

世界の皆さん、日本の司法のクレイジーな「法の論理」を「糾弾」してください。
皆さん、この問題を「G20」や「国連の人権理事会」で取り上げてください。

明日に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、
皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が入管法22-4-4条の支援を理由として、
入管法70条に対して刑法の62条「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。
しかし、入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博



下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp





#MeToo Human rights victim!


To Terrisa Mei British Prime Minister


2019-03-27: April 5 is the day the first Tiananmen incident happened.
I think that "US negotiations with China" will be broken.
The United States has 100% failed in China policy.
If the US does not change its policy towards China, the US countdown will begin.
The US-China negotiations are similar to the recent “US-North Korea Summit Meeting”.
"US-China negotiations" should be "broken".

Greetings. On March 14, US Steve "Mnuchin,"
the Treasury Secretary, stated that "negotiations with China" had priority over negotiations with Japan.
Steve "Mnuchin emphasized that the US administration's priorities are the conclusion
of negotiations with China and the ratification of the revised North American Free Trade Agreement.
He says that "consultations with China" still have "problems".
So he said, "The summit can not be held within the moon."
President Donald Trump also said on the 14th that the "US-China talks" will be known "after three
or four weeks anyway".
He explained that the new trade negotiations with Japan are led
by "Robert Emmet Lighthizer Trade Representative"
and that they are "preliminary" dialogue "towards the start.

The first priority of US-China trade negotiations is "immediate elimination
of the trade deficit with China."
The second is "protection of intellectual property rights".
The third is a political system that includes human rights issues.
The cause of the US trade deficit is China's "national capitalism."
It is important to eliminate the WTO unexpected system.

The failure of the United States began with the response to the Tiananmen case.
In other words, the United States recognized human rights abuse countries
and Communist dictatorships as American partners.
And the United States "pushed out" the opposition of the world,
and put China in the "WTO" group.

The American president has, for generations, accepted China's Tiananmen case.
April 5 is the day when the first Tiananmen incident happened.
June 4th. It is the day when the second Tiananmen incident happened.
When the Tiananmen incident occurred,
live broadcasts from television stations in western countries such as Japan,
the United Kingdom, and West Germany were cut off one after another by the Chinese Communist Party.
At that time, only CNN in the US was broadcasting live to countries around the world.
In order for the United States to become a strong country, we should begin by denouncing this case.
There is no point in "US-China negotiations" to support the dictatorship.

June 04, 2018 US Secretary of State Mike Pompeo said!
"China should give a full account of the massacre at Tiananmen Square," he said.
Secretary of State Mike Pompeo is in charge of “US-China trade negotiations” with China.
We hope that he will once again say to the Chinese government that "China should give a full account
of the massacre of Tiananmen Square."

Here is the cause of America becoming a deficit in China's trade.
China licked the United States.
America can not say anything to China with a population of 1.3 billion!
China says. "
If you want to sell the product to China, the world's king, do not intervene in domestic affairs!
If the United States does not interfere in domestic affairs, China will export to the United States!

President Donald Trump! Amelia should be a strong country! Should be a country of justice! Ganbare!

Everyone in the world, please denounce the crazy "legal logic" of Japan's judiciary.
Everyone, please address this on the G20 and the UN Human Rights Council.

I will continue tomorrow
I will continue until you understand.

This email also sends the same email to Japanese Prime Minister's Offices, the LDP,
and politicians. They still do not have "justice" to rule Japan under the law.
"Everyone in the international community"!
Stand up to make the world a society where freedom, democracy and human rights are protected.

I "suing" two things.
"International" human rights violations by the Japanese government.
We ask for your support so that our "restoration and reparations" will take place.

1. Foreigners carried out "illegal labor" other than "qualification of residence".
But foreigners are not guilty.

Only foreigners were punished for immigration control law Article 70 "illegal labor crimes".
On the other hand, the Immigration Control Law punishes employers who are "causal relationships"
of unlawful labor with Article 73-2 of the Immigration Act (a crime that promotes unlawful work).

However, Japan's judicial “disposal” only foreigners, but not the employers.
This is clearly against the "rule of equality under the law"
And it violates the international law which forbids only the foreigner to be consciously disposed of.

If an employer who hires a foreigner illegally is innocent, a foreigner who works illegally is innocent.
If so, there is no “person who has supported other crimes of criminal law”
against Article 70 of the Immigration Control Act.
"I, KinGungaku, a diplomat from the Philippines, a Philippine embassy official" is not guilty.

2. It is "crazy" that the prosecutors "apply" Article 62 of the Penal Code "Sins to Support Other Crimes"
against Article 70 of the Immigration Act for the support of Article 22-4-4 of the Immigration Act.
This is the logic of the law is wrong.

Foreigners have acted as defined in Article 22-4-4 (Acquisition of status of residence
by filing false documents).
However, there is no "criminal punishment" for this.
The dispositions are "cancellation of status of residence" and "deportation abroad"
by the Minister of Justice.
Therefore, "Criminal Code Article 62, (Sins for supporting other crimes)" can not be applied.
However, there is no causal relationship with Article 70 of the Immigration Act.
The logic of the law is totally wrong.

The Japanese government is crushing "prosecution."
But "crush" by the state power is "stop" of "Statute of limitations".

The documents are below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

There are many victims in the world.
Please "help" many "victims" with "Brave and Justice."
I urge the Japanese government to "recover the honor"
and "compensate for the victims".

Best regards. Nagano Yoshihiro


It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 08:21| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください