2019年03月11日

テリーザ・メイ 英国首相 へ 2019-03-11:日本は「法律」で統治されていないのです。だから警察官や検察官は言いました。 「あなたは一般論で罪を認めるべきだ。」皆さん!日本政府の人権侵害から私達を助けてください。


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


テリーザ・メイ 英国首相 へ


2019-03-11:日本は「法律」で統治されていないのです。だから警察官や検察官は言いました。
「あなたは一般論で罪を認めるべきだ。」皆さん!日本政府の人権侵害から私達を助けてください。


拝啓。「2010年の入管法違反」、
「2014年および2015年のフィリピン大使館における入管法違反」の
「警察官や検察官」の「犯行の動機」は同じです。
彼らは外国人を違法に雇用した「事業者」との「癒着= collusion」によって、
彼らを入管法73-2条の「不法な就労を助長する罪」で処罰したくない。
それで、彼らは「不法な就労を助長する罪」で規定する「支援者」ではなく
「嘘偽」の「不法な労働」の「支援者」を「創作」したのです。

この事件は「一般の国民や政治家」が法律に「無知」であることを悪用しました。

彼らは入管法70条の「資格外の活動」の「不法な労働」に対して入管法73-2条の
「不法な労働を助長する罪」を使いません。

彼らは入管法の22-4-4条の「支援」した行為を犯罪としました。
入管法の22-4-4条は「嘘偽の書類を提出して在留資格を得た者は在留資格の取消をする」です。

そして、彼らは入管法70条の「在留資格外の労働」に対して
刑法60条および62条の「他の犯罪を支援した罪」を適用しました。
入管法の22-4-4条の 「支援者」を入管法70条の「支援者」にしているので、わかりにくいのです!

わかりにくいのは「法の論理」ではないからです。
この「出鱈目(Detarame)=unsystematic」は中学生でもわかります。
これが日本の「司法行政」です。

裁判官は、刑法の「他の犯罪を支援する罪」を適用する論理に、
「If the wind blows Cooper is profitable」の「論理」を採用しています。
「If the wind blows」と「 Cooper is profitable」ことは、関係がありません。
これは「こじつけ=quibble、distortionforced、strained」です。

これが日本の裁判官の「論理」です。
1.私達が「内容が虚偽の雇用の契約書類」を中国人に渡した。
(入管法22-4-4条の支援を指摘します。)
2.それで、中国人は「内容が虚偽の雇用の契約書類」を添付して「在留資格の更新」を行った。
3.だから中国人は容易に「在留資格」を取得できた。
3.それで、中国人は日本に在住ができた。
4.中国人は日本に在住できたので入管法70条の「違法な労働」ができた。

よって「入管法22-4-4条の支援の行為」と
「入管法70条の違法な労働」の「因果関係」は明確であると言います。

これが法律のプロの「論理」です!
これは「大笑い」です!
あくどいトリックです!
もちろん犯罪行為です!

入管法22-4-4条の処分は「在留資格」の取消の「行政処分」です。
刑法の犯罪ではありません。

仮に「内容が虚偽の雇用の契約書類」で「在留資格」を取得したとします。
しかし取得した「在住の資格」の範囲で労働をすれば入管法70条の「在留資格外の労働」ではない。

警察官、検察官は「悪意の犯罪」です。
なぜなら、2010年7月より、入管法22-4-4条を「支援」した外国人は、同じように、
「在留資格を取り消す規定」が追加された。
この「在留資格」の取消は法務大臣の裁量で行われます。
法務大臣は「在留資格」を裁量で与えたので、法務大臣は裁量で取り消しするのです。

皆さんは、この事実を知って、日本の司法の行政の事実が理解できますね!
日本は「法律」で統治されていないのです。
だから警察官や検察官は言いました。
「あなたは一般論で罪を認めるべきだ。」

もっと酷いことは、
この事実を首相官邸に毎日メールをしても、「crush」されていることです。

明日に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

世界の皆さん、日本の司法のクレイジーな「法の論理」を「糾弾」してください。
皆さん、この問題を「G20」や「国連の人権理事会」で取り上げてください。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。
私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が入管法22-4-4条の支援を理由として、
入管法70条に対して刑法の62条「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。
しかし、入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博



下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_





#MeToo Human rights victim!


To Terrisa Mei British Prime Minister


2019-03-11: Japan is not governed by "law". So police officers and prosecutors said.
"You should admit your sin in general theory."
Everyone! Please help us from human rights violations of the Japanese government.


Dear sirs. The "motives of crime" of "police officials and prosecutors"
of "Emigration of the Immigration Act in 2010" and "Violation
of Immigration Control Act at the Philippine Embassy in 2014 and 2015" are the same.
They do not want to punish them for "crime of promoting illegal work"
under Article 73-2 of the Immigration Act, by "collusion"
with "business" who illegally employed foreigners.
So, they "created" the "supporter" of "illegal labor"
of "false rather than" supporter "as stipulated in" a crime that promotes illegal employment ".

This case exploited that "general citizens and politicians" are "ignorant" in law.

They do not use "crime to promote illegal labor" under Article 73-2
of the Immigration Act against "illegal work" under Article 70 of the Immigration Act.

They criminalized the act of "supporting" under Article 22-4-4 of the Immigration Control Act.
Article 22-4-4 of the Immigration Control Law "Persons who have obtained a status of residence
by submitting false documents are to cancel the status of residence".

And they applied the "crime of supporting other crimes" of Article 60 and Article 62
of the Criminal Code for "labor outside the status of residence" of Article 70
of the Immigration Act.
It is difficult to understand because "supporters" in Article 22-4-4
of the Immigration Control Act are "supporters" of Article 70 of the Immigration Act!

It is because it is not "logic of law" that is hard to understand.
This "crowded eye (Detarame) = unsystematic" can be understood even
by a junior high school student.
This is "judicial administration" in Japan.

Judges have adopted the "logic" of "If the wind blows Cooper is profitable"
in the logic applying the criminal law "sin to support other crimes".
"If the wind blows" and "Cooper is profitable" have nothing to do with it.
This is "quibble, distortionforced, strained".

This is "logic" of Japanese judges.
1. We handed out "contract documents of false employment" to the Chinese.
(We point out assistance of Article 22-4-4 of Immigration Control Act.)
2. Therefore, the Chinese made "renewal of status of residence" attached "Contract documents of false contents of employment".
3. That's why the Chinese was able to acquire "status of residence" easily.
3. So the Chinese were able to live in Japan.
4. As Chinese were able to live in Japan, I was able to "illegal work"
under Article 70 of the Immigration Control Act.

Therefore, it says that the "causal relationship" of "support of assistance
under Article 22-4-4 of the Immigration Act"
and "illegal labor under Article 70 of the Immigration Act" is clear.

This is a professional "logic" of law!
This is "laughter"!
It's a tricky trick!
Of course it is a criminal act!

Disposition under Article 22-4-4 of Immigration Control Act is "administrative penalty"
for cancellation of "status of residence".
It is not a crime of criminal law.

Suppose that you acquire "status of residence"
in "Contract documents for employment with false content".
However, if you do work within the scope of the acquired 'qualification
for residence' it is not 'labor outside your status of residence'
under Article 70 of the Immigration Act.

Police officers, prosecutors are "malicious crimes".
Because foreigners who "assisted" Article 22-4-4 of Immigration Control Law
from July 2010 similarly added "regulations to withdraw residence status".
Cancellation of this "status of residence" will be held at the discretion of the Minister of Justice.
The Minister of Just granted "status of residence" at the discretion,
so the Minister of Justice cancels it at the discretion.

Everyone, knowing this fact, you can understand the facts of Japanese judicial administration!
Japan is not governed by "law".
So police officers and prosecutors said.
"You should admit your sin in general theory."

More severe is that even if you e-mail this fact to the prime minister's office every day,
it is "crush".

I will continue tomorrow.
I will continue until you understand.

Please "condemn" the crazy 'logic of law' of Japanese judiciary, everyone in the world.
Everyone, please take up this problem at "G20" or "UN Human Rights Council".

This mail is also sending the same mail to the "Prime Minister's Official Residence" in Japan,
"LDP" and "Politicians".
They still do not have "justice" to rule Japan under the law.
"International people"!
Please stand up to make the world a society where freedom,
democracy and human rights are protected.

I "appeal" the two things.
It is "international" human rights violation by the Japanese government.
We ask for your support so that our "honor recovery and compensation" will be done.

1. Foreigners conducted "illegal work" other than "qualification for residence".
But a foreigner is innocent.

Only foreigners were punished by Article 70 of the Immigration Control Act "Sins of illegal labor".
On the other hand, the Immigration Control Act punishes employers
who are "cause-and-effect relationships" of illegal work with the Immigration Act 73-2
(a crime that promotes illegal employment).

However, the Japanese judiciary "disposal" only foreigners, but they do not dispose of employers.
This obviously violates "principle of equality under the law"
And we are in violation of international law prohibiting conscious disposal only of foreigners.

If an employer who illegally employed a foreigner is innocent,
a foreigner who has worked illegally is innocent.
If so, there is no one "who supported other crimes
of criminal law" against Article 70 of the Immigration Act.
"I, KinGungaku, a diplomat in the Philippine country,
a staff member of the Philippine Embassy" is innocent.

2. It is "crazy" that the prosecution "applies" criminal law
Article 62 "crime to support other crimes" against Article 70 of the Immigration Act,
for reasons of support under Article 22-4-4 of the Immigration Act.
The logic of law is out of order.

Foreigners conducted the act prescribed in Article 22-4-4 of the Immigration Act
(acquisition of status of residence by submitting false documents).
However, there is no "criminal punishment" against this.
Disposition is "cancellation of status of residence" by "Minister of Justice"
and "compulsory withdrawal to foreign countries".
Therefore, "Article 62 of the Penal Code, (crime of supporting other crimes)" can not be applied.
However, there is no causal relation with Article 70 of the Immigration Control Act.
At all, the logic of law is out of order.

The Japanese government is "crushing" complaints.
"Crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".

The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

There are many victims in the world.
Please "salvage" a lot of "victims" with "courage and justice".
I request the Japanese government to "recover honor"
and "compensation for the victim" of the victim.

Best regards. Yasuhiro Nagano



It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_

posted by 長野トミー at 08:46| 東京 ☔| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください