2018年07月09日

拝啓 英国 テリーザ メイ首相殿 藤圭子ライブ カスバの女 藤圭子の唄が多くの人を惹き付けるのは、本物の暗さから出た歌だから。




藤圭子さんはこの手の妖しげな歌を唄うと絶品です!
しかし原曲の唄-エト邦枝。作詞-大高ひさを。作曲-久我山明。
みんな妖しい人脈です。藤圭子さんはこういった妖しげなものに牽かれていって、
とうとう最後は・・・
https://youtu.be/zLCyHid8SC8


昔、阿久悠は「上野発の夜行列車降りた時から青森駅は雪の中・・」
と僅か一行で700㌔を吹っ飛ばす荒業を見せました。
この「カスバの女」も移動距離は半端ではありません!
一番から三番までの間にアルジェリア。シャンゼリゼ。
チュニス。モロッコとしかも貧民窟や瞼の都。
一夜の火花、外人部隊など妖しい場所ばかり!まさしく藤圭子の世界です。
それもそうですが、藤圭子の「津軽海峡冬景色」も聴いて見たかったナア!
雰囲気的にはあの歌は藤圭子にピッタリでした!
「カスバ」ってアラビア語で城砦の意味ですよね?
囲い込まれたアフリカの地中海沿岸の都市ーアルジェとかチュニスを指すようです。
独特の妖しい雰囲気!踏み込むと奥には何が潜んでいるのか?
その不気味さが藤圭子の持ち味でもありました。



↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★7月2日は半夏生(はんげしょう)半夏という薬草が生える頃で、7月7日は小暑(しょうしょ)暑さが本格的になっていく頃です。
◇半夏生(はんげしょう)写真・開花時期は、 7/ 1 ~7/20頃で、上の方の葉っぱが、ペンキをべったり塗ったように
http://www.hana300.com/hanges99.jpg
□元検察官の内部告発です。日本の検察の無法状態を理解して支援してください。
https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/ae2810d4d4e8d46f296dd81756ebe793
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
posted by 長野トミー at 05:30| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください