2018年05月23日

テリーザ・メイ 英国首相 へ 2018-05-23:人道上の犯罪を糾弾するのは「内政干渉」ではありません。 人権を守るのはあなたの正義です。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!




拝啓、私は日本人です。
日本政府による、貴国の「不法就労罪」での人権侵害被害者を救済してください。

5月14日のBBCによると、
パリ中心部で12日夜にナイフを持った男が通行人を襲撃し、1人が死亡、4人が負傷した事件で、
消息筋は13日、容疑者がロシア・チェチェン共和国生まれのフランス人だったと明らかにした。
この事件については、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出している。

私はテロリストに同情はしない。
私は”神風 特攻隊”と同じ日本人です。
だから彼らの気持ちもわかる。
大国に打撃を与えるには、個人の命を犠牲にする事です。

マクロン大統領はなぜ、「IS」と対話をしないのか不思議です。
マクロン大統領だけではない、
ドナルド・トランプ大統領、テリーザ・メイ首相、アンゲラ・メルケル首相にも、疑問を持っています。

世界の指導者は北朝鮮やイランとは対話をしますが、テロリストとは対話をしない。
クレイジーです。
彼らは国家ではないからですか?テロリストが核をもっていないからですか?

トランプ大統領は北朝鮮に対しては、驚くほどの対応をしています。
だから「IS」は核をもつ準備をしていると思います。

核さえ持てば、西側諸国が対等に対話に応じることは、北朝鮮というテロ国家が証明しました。

しかし。「IS」が核を開発するまでは、
アメリカやフランスなどが「IS」と対話にしないのは、多くの者にとってクレイジーです。

テロ行為はテロリストだけでなく多く一般市民を犠牲にする。
テロリストにも「言い分」が有るだろう。
世界の指導者の皆さま、人権の尊重を願うならば、「IS」とも対話をしてください。


テリーザ・メイ首相、正義をもってイギリス国民そして私や世界の被害者を支援してください。


資料は下記にあります。

http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

資料だけでは不足です。お問合せをしてください。
あなたの勇気が必要です。敬具 長野 恭博


下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

お問合せ先のメール
enzai_mirai@yahoo.co.jp





#MeToo Human rights victim!


To Terrisa Mei British Prime Minister

2018-05-23: It is not "interference of domestic affairs" to condemn humanitarian crimes.
It is your right to protect human rights.


Dear Sirs, I am Japanese.
Please rescue the victims of human rights abuses in your country's "illegal work" by the Japanese government.

According to the BBC on 14th May,
A man with a knife in the center of Paris attacked a passerby on the evening of the 12th, in a case where one was killed and four were injured,
Informed sources said on Thursday that the suspect was a Frenchman born in Russia - Chechen Republic.
For this incident, the Islamic extremist group "Islamic country (IS)" has issued a criminal statement.

I do not sympathize with terrorists.
I am the same Japanese as "Kamikaze Squadron".
So I can understand their feelings.
To hurt a big country, it is to sacrifice the life of an individual.

I wonder why President Macron does not talk to "IS".
President Macron is not alone,
President Donald Trumph, Prime Minister Teliza May and Prime Minister Angela Merkel have doubts.

World leaders talk to North Korea and Iran, but do not talk to terrorists.
It's crazy.
Because they are not states? Is it because the terrorists do not have nuclear weapons?

President Trump has amazingly responded to North Korea.
So I think that "IS" is preparing with nuclear weapons.

If a nuclear weapon holds, it is proved by the terrorist state of North Korea that Western countries will respond to dialogue equally.

However. Until "IS" develops nuclear weapons,
It is crazy for many people that America, France etc. do not talk to "IS".

Terrorism sacrifices not only terrorists but also many civilians.
Terrorists will also have "sayings".
If you wish for world leaders and respect for human rights, please also dialogue with "IS".


Prime Minister Teliza Mei, please just support the British citizen and me and the victims of the world with justice.


The material is below.

http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

It is not enough for materials alone. Please contact us.
I need your courage. Sincerely yours, Yasuhiro Nagano


It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

Contact email
enzai_mirai@yahoo.co.jp


posted by 長野トミー at 08:40| 東京 ☁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください