2018年05月18日

英国首相 テリーザ・メイ へ 2018-05-18:日本国の政府職員による不法な「入管法違反」での「人道上の犯罪」 被害者を救済してださい。


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!





拝啓、私は日本人です。日本政府による、
貴国の「不法就労罪」での人権侵害被害者を救済してください。

在日する外国人の中には、偽りその他不正の手段により上陸許可等を受け、
あるいは、在留資格に該当する活動を行うことなく不法就労を行ったり、
犯罪を犯すなど、公正な出入国管理を阻害するものが少なからず存在していることから、
不法就労助長行為等に的確に対処するため、
2004年の入管法の一部改正において、
「在留資格の取消し」(第22条の4)制度が創設されました(同年12月2日施行)。

今回、私やフィリッピン大使館職員、外交官は、中国人やフィリッピン人が不法就労したことは、
不法就労した中国人やフィリッピン人が虚偽の書類を提出して在留資格を得た。

在留資格を得られたから彼らは日本で不法就労ができたとしたのです。

それで、私やフィリッピン大使館の職員らは、
なんと、不法就労に対して刑法の幇助罪が適用されたのです。

彼らは法の論理を無視しています。クレイジーです。

仮に、検察官の言うとおり、虚偽の書類を中国人に渡したとしても、
入管法 第22-4-4の幇助行為です。
続きます。


各国政府は日本政府より人権侵害を受けた自国民の救済を日本政府に求めるべきです。
移民や難民を新たに受け入れるよりも、自国民の救済を優先すべきです。
私はそのためにメールを差し上げています。被害者は世界中にたくさんいます。

テリーザ・メイ首相、正義をもってイギリス国民そして私や世界の被害者を支援してください。

日本国職員による、「不法就労罪」での人道上の犯罪です。
日本法だけでなく国際法違反です。資料は下記にあります。

http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

資料だけでは不明です。お問合せをしてください。
#MeToo 人権被害者を救済してください。
敬具 長野恭博

テリーザ・メイ首相、ガンバレ。そして私たちを助けてください!敬具。

長野恭博

国際刑事裁判所:
日本は2007年10月1日正式に105ヵ国目の締約国となっている。
ローマ規程およびその協力法は、国内法において2007年10月1日に発効した。

下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

お問合せ先のメール
enzai_mirai@yahoo.co.jp





# MeToo Human rights victim!


UK Prime Minister Teliza Mei
2018-05-18: Please rescue victims of "humanitarian crime" in illegal "violation of immigration law" by government officials in Japan.


Dear Sirs, I am Japanese. By the Japanese government,
Please remedy the victims of violations of human rights in your country's 'illegal workers'.

Foreign nationals who live in Japan receive landing permission etc. by falsely other improper means,
Alternatively, illegal employment may be conducted without conducting activities that fall under the status of residence,
Because there are not a few things that hinder fair immigration control, such as committing a crime,
In order to cope with illegal employment promotion act etc. accurately,
In a partial revision of the Immigration Control Act in 2004,
The "revocation of status of residence" (Article 22-4) system was established (effective December 2, the same year).

This time, I and the Philippine Embassy officials, diplomats said that illegal employment by Chinese and Philippines,
The illegal Chinese and Philippine people submitted false documents and obtained status of residence.

Because they got the status of residence, they decided that they could work illegally in Japan.

So, I and the staff of the Philippine Embassy,
How, for the illegal employment, the criminal law assistance crime was applied.

They ignore the logic of the law. It's crazy.

Even if the prosecutor gave false documents to the Chinese,
It is an assistance act of Immigration Law 22-4-4.
Continue.


Governments of each country should ask the Japanese government to rescue their citizens who have suffered human rights violations by the Japanese government.
Rather than newly accepting immigrants and refugees, the people's relief should be given priority.
I am e-mailing for that. There are many victims all over the world.

Prime Minister Teliza Mei, please just support the British citizen and me and the victims of the world with justice.

It is a humanitarian crime under "illegal worker's crime" by Japanese officials.
Not only Japanese law but international law violation. The material is below.

http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

It is unknown only with materials. Please contact us.
# MeToo Please remedy human rights victims.
Sincerely yours, Yasuhiro Nagano

Prime Minister Teliza May, Gambare. And please help us! Best regards.

Yasuhiro Nagano

International Criminal Court:
Japan officially became a Party of 105 countries on October 1, 2007.
The Rome Statute and its cooperation law came into force on October 1, 2007 under domestic law.

It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

Contact email
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 07:57| 東京 ☁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください