2018年01月30日

拝啓英国首相テリーザ・メイ 閣下2018年01月30日 今日の説明は「実録、法に基づかない不法な逮捕・監禁」NO:004です。 中国人4人(正犯)は虚偽の書類を堤出したとして在留資格取消処分を受けていません。 今日の説明は「実録、法に基づかない不法な逮捕・監禁」NO:004です。

<公開メール>助けてください!


拝啓英国首相テリーザ・メイ 閣下2018年01月30日

今日の説明は「実録、法に基づかない不法な逮捕・監禁」NO:004です。

中国人4人(正犯)は虚偽の書類を堤出したとして在留資格取消処分を受けていません。
したがって在留資格取消の行為を幇助したとして、
不法就労でなく、在留資格取消に対する、刑法の幇助罪すら、適用することは出来ません。

もし在留資格の取消を受けたとしても、退去強制の行政処分であり、
日本人の私を刑法の幇助罪で半分もしくは全部としても国外退去の刑事処分をさせることは出来ません。

しかし、犯罪の理由では、日本人の私には何の罪にも問われない在留資格の取消し
(第22条の44項)の理由であるにもかかわらず、あたかも、
不法就労の幇助理由として正当であるかのように装い、
在留資格取消の理由を不法就労の幇助罪に適用法をすり替えたものです。
NO:005へ続きます。


テリーザ・メイ 首相、「助けてください!日本を法の下で統治される国にしてください。」

『人道に対する犯罪』で支援を願ってます。この規程の適用上『人道に対する犯罪』とは、
文民たる住民に対する攻撃であって広範又は組織的なものの一部として、
そのような攻撃であると認識しつつ行う次のいずれかの行為をいう。私の訴えは下記に該当します。

(e)国際法の基本的な規則に違反する拘禁その他の身体的な自由の著しいはく奪

国際法の基本的な規則とは、具体的に下記を対象とします。
日本も批准している『市民権と政治的権利に関する国際規約』第2条(1)(3)、第4条(1)、
第5条(2)、第9条(1) (5)、第13条、第14条(6)、第15条(1)、第16条、第17条、第26条。

以上に、明確に反しており、なんら罪に問われることはなく、
日本国憲法や法律だけでなく、国際法に反する犯罪です。
この犯罪者は、警察官、検察官、裁判官です。そして弁護士らです。まさに国家ぐるみの犯罪です。

こうした国家ぐるみの、不法な犯罪に対して、
国民や外国人は、成すべきすべがありません。
もし、権力に対して国際法を主張するならばテロ行為しかありません。
今日も外国人らの被害者が多数発生しています。ICCへ捜査をさせてください!
国連やG7、G20などでも議題として取り上げてください。

ICCへの提出資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

テリーザ・メイ 閣下、ガンバレ!そして私たちを助けてください!敬具。

長野恭博
お問合せ先のメール
enzai_mirai@yahoo.co.jp



Please help me!

Dear Sir or Madam, UK Prime Minister Teliza Mei, January 30, 2018
In case
Today's explanation is "Illegal arrest / confinement not based on law, law" NO: 004.
Four Chinese (former offender) did not receive the cancellation of the status of residence as submitting false documents. Therefore, it is not possible to apply even a criminal assistance criminal penalty for cancellation of the status of residence, not illegal employment, because it assisted the act of cancellation of the status of residence.

Even if we receive cancellation of the status of residence, it is an administrative penalty for deportation, and we can not let the Japanese criminalize deportation even half or all with the penal code of criminal law.
However, for reasons of crime, despite being the reason for the rescission of the status of residence (Article 22-44), which is not asked of any kind of crime by the Japanese, it is as if the reason for assisting illegal work As if it was legitimate, and replaced the application law to the reason for canceling the status of residence for assisting illegal work.
Continue to NO: 005.

Prime Minister Teliza May, "Please help me, please make Japan a country governed under the law."
I am hoping for support with "crime against humanity". "Crime against humanitarian" as used in this regulation means an attack against a civilian population, as part of a wide or systematic thing, refers to one of the following acts recognizing it as such an attack . My appeal falls under the following.
(e) significant deprivation of detention and other physical freedoms in violation of the basic rules of international law
The basic rules of international law specifically target the following.
Article 2 (1) (3), Article 4 (1), Article 5 (2), Article 9 (1) (5) of the International Covenant on Citizenship and Political Rights " , Article 13, Article 14 (6), Article 15 (1), Article 16, Article 17, Article 26.
More than that, it is clearly against, it is not criminalized anything, it is a crime against the international law as well as the Japanese constitution and law. These criminals are police officers, prosecutors, and judges. And they are lawyers. It is exactly a crime of a nation.
In response to these illegal crimes of national inequality, citizens and foreigners do not have to do. If we insist on international law against power there is only act of terrorism. Many victims of foreigners are also occurring today. Please let ICC investigate! Please also take up the agenda in the UN, G7, G20 and others.
Documents to be submitted to ICC are below.

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

His Excellency, Terrysa May, Gambare!
And please help us! Best regards.

Yasuhiro Nagano
Contact email
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 11:38| 東京 ☁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください