2018年01月26日

拝啓 英国首相テリーザ・メイ 閣下 2018年01月26日 今日の説明は「実録、法に基づかない不法な逮捕・監禁」NO:002を送信します。 トランプ大統領やメディア等には、事件の詳細を毎日シリーズで送信しています。

<公開メール>助けてください!

拝啓 英国首相テリーザ・メイ 閣下 2018年01月26日

今日の説明は「実録、法に基づかない不法な逮捕・監禁」NO:002を送信します。
トランプ大統領やメディア等には、事件の詳細を毎日シリーズで送信しています。


罪に問われるのは、嘘偽の犯罪をでっちあげて家宅捜査請求、
逮捕請求、勾留請求、送検、起訴、論告求刑などをした特別公務員です。

嘘偽告訴(起訴・論告・求刑)の趣旨は、私が共犯者の金軍学と共謀し、
内容虚偽の雇用契約書を中国人4人(正犯)に提供することで、
中国人4人(正犯)は在留資格を用意に取得できた。
中国人4人(正犯)は在留資格が得られたので日本に在留できた。
在留できたので不法就労することが出来た。
それで不法就労に対する刑法幇助罪だとしたのです。


しかし、起訴状に記載の訴因(犯罪の理由)は、
入管法の22条の4-4(在留資格取消)規定の幇助行為を記載しています。
私と共犯者の金軍学が共謀し 、内容虚偽の雇用契約書を作成し中国人4人(正犯)に提供した。
そして中国人4人(正犯)は東京入管に提出した事実が記載されています。

入管法で定める不法就労助長行為(73の2条)については、何も記載されていません。

入管法(資格外活動による不法就労)の直接的因果関係は、
働く資格のない外国人を雇用した事業者です。雇用されなければ、
不法就労者にはなりえないのです。売春婦は買ってくれる男がいなくても売春できるのでしょうか?・・・
悪知恵を働かせて策略してますがクレイジーです!

日本政府に言ってください!
「まだ、恥をかきたいのか?」これが、日本です!!

NO:003へ続きます。


テリーザ・メイ 首相、「助けてください!日本を法の下で統治される国にしてください。」

『人道に対する犯罪』で支援を願ってます。
この規程の適用上『人道に対する犯罪』とは、
文民たる住民に対する攻撃であって広範又は組織的なものの一部として、
そのような攻撃であると認識しつつ行う次のいずれかの行為をいう。
私の訴えは下記に該当します。

(e)国際法の基本的な規則に違反する拘禁その他の身体的な自由の著しいはく奪

国際法の基本的な規則とは、具体的に下記を対象とします。
日本も批准している『市民権と政治的権利に関する国際規約』第2条(1)(3)、第4条(1)、
第5条(2)、第9条(1) (5)、第13条、第14条(6)、第15条(1)、第16条、第17条、第26条。

以上に、明確に反しており、
なんら罪に問われることはなく、日本国憲法や法律だけでなく、国際法に反する犯罪です。
この犯罪者は、警察官、検察官、裁判官です。そして弁護士らです。まさに国家ぐるみの犯罪です。

こうした国家ぐるみの、不法な犯罪に対して、
国民や外国人は、成すべきすべがありません。
もし、権力に対して国際法を主張するならばテロ行為しかありません。
今日も外国人らの被害者が多数発生しています。ICCへ捜査をさせてください!
国連やG7、G20などでも議題として取り上げてください。

ICCへの提出資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

テリーザ・メイ 閣下、ガンバレ!そして私たちを助けてください!敬具。

長野恭博
お問合せ先のメール
enzai_mirai@yahoo.co.jp



Please help me!

Dear Sir or Madam, UK Prime Minister Teliza May, January 26, 2018
In case
Today 's explanation will be "Illustrated illegal arrest / confinement not based on law" NO: 002 will be sent.
To the President of Trump and the media etc., the details of the incident are sent in the series every day.

It is a special civil servant who made a false crime and made a request for a house investigation, a request for arrest, a request for detention, a prosecution, a prosecution, a prosecution, and the like.

The purpose of false complaint (prosecution, dismissal, requisition) is that I collaborate with the accomplice of gold military in accomplice, and by providing false employment contract to four Chinese people (formal offender), four Chinese people ) Was able to acquire the status of residence readily. Four Chinese (former offender) were able to stay in Japan because their status of residence was obtained. Since I stayed, I was able to work illegally. That is why it was a criminal assistance criminal law against illegal employment.
However, the counsel described in the indictment (the reason for the crime) describes the aiding action under Article 22-4-4 of the Immigration Act (withdrawal of residence status). My gold military academics collaborated with, and made content false employment contracts and offered it to four Chinese (former offenders). And the fact that four Chinese (former offender) submitted to Tokyo immigration is stated. Nothing is stated about illegal employment promotion act (Article 2 of Article 73) specified by Immigration Control Act.
The direct causal relationship of the Immigration Control Act (illegal employment due to activities other than the status of qualification) is a business employing foreigners who are not eligible to work. Without employment it can not be an illegal worker. Can a prostitution prostitute without a man buying it? · · · · · · I am crazy to work with mischief and trick it!
Please tell the Japanese government! "Are you still wanting to shame?" This is Japan! !
NO: Continue to 003.

Prime Minister Teliza May, "Please help me, please make Japan a country governed under the law."
I am hoping for support with "crime against humanity". "Crime against humanitarian" as used in this regulation means an attack against a civilian population, as part of a wide or systematic thing, refers to one of the following acts recognizing it as such an attack . My appeal falls under the following.
(e) significant deprivation of detention and other physical freedoms in violation of the basic rules of international law
The basic rules of international law specifically target the following.
Article 2 (1) (3), Article 4 (1), Article 5 (2), Article 9 (1) (5) of the International Covenant on Citizenship and Political Rights " , Article 13, Article 14 (6), Article 15 (1), Article 16, Article 17, Article 26.
More than that, it is clearly against, it is not criminalized anything, it is a crime against the international law as well as the Japanese constitution and law. These criminals are police officers, prosecutors, and judges. And they are lawyers. It is exactly a crime of a nation.
In response to these illegal crimes of national inequality, citizens and foreigners do not have to do. If we insist on international law against power there is only act of terrorism. Many victims of foreigners are also occurring today. Please let ICC investigate! Please also take up the agenda in the UN, G7, G20 and others.
Documents to be submitted to ICC are below.

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

His Excellency, Terrysa May, Gambare! And please help us! Best regards.

Yasuhiro Nagano
Contact email
enzai_mirai@yahoo.co.jp



posted by 長野トミー at 11:27| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください