2018年01月16日

ドイツ国首相 アンゲラ・メルケル 閣下 【日本語訳付き】 ドイツ連邦共和国 国歌「Deutschlandlied(ドイツの歌)」

ドイツ国首相 アンゲラ・メルケル 閣下 【日本語訳付き】 ドイツ連邦共和国 国歌「Deutschlandlied(ドイツの歌)」


ドイツの国歌(Deutschlandlied)です。
「世界に冠たる我がドイツ」のフレーズで有名ですね。
1797年にハイドンによってメロディーが作曲され、
1847年にファラースレーベンによって歌詞がつけられました。
そして第一次世界大戦後の1922年、
ヴァイマル共和政の時代に正式な国歌として採用されました。

1番はナチス時代に積極的に用いられた歌詞であり、
覇権主義を連想させること、更には歌詞に含まれるドイツの国境線が、
二度の大戦を経て縮小したドイツ領土からは大きくかけ離れ、
もはや他国の領土に存在する河川・海となってしまっていることから、
そして2番は歌詞が言葉遊びの要素を含むこと、
俗的に過ぎるとのことで、第二次世界大戦後は国歌として採用されなくなってしまいました。...

てなわけで、現在のドイツ国歌は3番のみが正式な国歌となっています。



https://youtu.be/J3VNUjDLUH0

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

●新年おめでとうございます。皆さま、下記サイトを拡散して、助けてください!
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

未来への懸け橋
http://www.miraico.jp/kakehasi/index.html
posted by 長野トミー at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください