2023年03月27日

Président de la France (22 juin 1941) Immédiatement après que la Wehrmacht allemande de plus de 3,5 millions d'hommes ait lancé une attaque surprise contre l'Union soviétique et lancé l'invasion, "deux grandes ar


Au président français Emmanuel Macron
FURANSU.jpg

2023-03-27 : Cher Monsieur,
La Pologne et la Slovaquie se sont "engagées" à "fournir des avions de chasse à l'Ukraine". Ce qui m'inquiète, c'est que l'Holocauste (génocide juif) a eu lieu dans des endroits comme l'Ukraine et la Roumanie. Leur cible est la Russie. Les pays du G7 devraient se retirer de la guerre en Ukraine.

Aux alentours de l'Ukraine, nationalisme polonais et nationalisme ukrainien s'opposent, et la politique d'occupation de la suprématie nationale allemande et la réalité de la « guerre germano-soviétique » semblent peser sur eux.

(22 juin 1941) Immédiatement après l'attaque surprise de 3,5 millions d'hommes de la Wehrmacht allemande contre l'Union soviétique et le début de son invasion, "deux grandes armées", "deux grandes nations", sont entrées en guerre. . Le véritable objectif de la guerre en Ukraine semble être « l'Holocauste russe ».

Les rancunes coloniales contre la Russie (Union soviétique) telles que "l'Ukraine, la Pologne, la Slovaquie" dépassent notre imagination. La Corée du Sud dit qu'elle en voudra au Japon pendant 1 000 ans. C'est mignon.

Des pays comme la France, l'Allemagne, l'Italie et le Royaume-Uni devraient se méfier des « boomerangs ». Dans "l'est et le sud de l'Ukraine", les "rancunes" contre les Russes se sont transformées en "génocide" contre les "Russes ukrainiens". Les pays africains ne doivent pas imiter l'Ukraine.

Peut-être que la « rancune contre les Russes » était que les « Ukrainiens russes » vivaient mieux que les Ukrainiens. C'est le même phénomène qu'Hitler détestait "les juifs riches".

Le "G7" et les "pays de l'OTAN au moment de leur fondation" ont été entraînés dans des "questions épineuses". Je ne pense pas que beaucoup de "pays du G7" aient pensé à "l'Holocauste russe".

Je pense que « les États-Unis, la France, l'Allemagne, l'Italie, etc. » songent à « mettre fin » à la « guerre d'Ukraine ». La raison en est le manque de « capacité financière » pour aider l'Ukraine.

"Les États-Unis, la France, l'Allemagne, l'Italie, etc." ont décidé de fournir à l'Ukraine les "derniers chars", mais n'ont pas encore reçu l'approbation militaire. L'armée a mis en garde contre les dangers de la "capture" de ses derniers chars par la Russie.

Si le dernier char est "capturé" par la Russie, la Russie l'améliorera et développera un char plus performant. Dans ce cas, il ne peut pas battre les "chars améliorés" russes. Il n'y a qu'un scénario "perdu".

La partie américaine a annoncé qu'un "avion sans pilote" de l'armée américaine s'était écrasé après avoir été intercepté par un "avion militaire russe" au-dessus de la mer Noire face au sud de l'Ukraine, et que "les deux parties" se "vérifiaient" mutuellement, comme la Russie qui protestait.

Les assistants de Poutine "retiennent" les États-Unis en récupérant des "avions sans pilote" et en obtenant des secrets militaires. Les « drones américains » ont une valeur « extrême » pour la Russie.

« Les États-Unis, la France, l'Allemagne, l'Italie, etc. » ne sont pas « actuellement » dans une « situation » de « guerre totale » avec la Russie. Les pays doivent restaurer le niveau de vie de leurs citoyens au niveau de vie "d'avant (guerre d'Ukraine)". Cependant, il n'y a pas de mesures spécifiques.

Les sanctions économiques contre la Russie ont poussé les pays dans une "inflation sévère". Les pays mettent en œuvre des politiques visant à freiner l'inflation en augmentant les taux d'intérêt. Aux États-Unis, il y a eu plus de faillites bancaires que de « choc Lehman ».

En premier lieu, il est contradictoire de baisser les prix en augmentant les taux d'intérêt et en réduisant l'investissement en capital pour réduire l'inflation causée par les pénuries d'approvisionnement en "engrais et gaz naturel".

Les gouvernements de chaque pays devraient lever docilement les sanctions économiques contre la Russie. Il n'existe pas d'« économie de guerre » dénuée de sens. Une fois les sanctions levées, la Russie devrait les accepter docilement et revenir à une économie de marché normale.


Partie 1. Citations et documents de référence 
La Pologne et la Slovaquie annoncent qu'elles fourniront des avions de chasse à l'Ukraine
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230317/k10014012091000.html
le Pacte de Varsovie
https://en.wikipedia.org/wiki/Warsaw_Pact
Développement de l'Holocauste en Galice orientale
https://kguopac.kanto-gakuin.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=NI10000782&elmid=Body&fname=04nagamine.pdf&loginflg=on&block_id=_323&once=true


J'écrirai demain aussi.



"Partie 2 (Violations anormales des droits de l'homme au Japon)" a été révisée le 27 février 2023.

Partie 2. Le Japon est un "état de violations anormales des droits de l'homme". « Tout le monde » de la « communauté internationale », aidez-nous s'il vous plaît !
Tout d'abord, veuillez lire "fausse accusation" dans le "Crime de soutien à la violation de la loi sur l'immigration" de 2010.

Motif de la punition :
Un ressortissant chinois a obtenu un « statut de résident » en soumettant un « faux contrat de travail ». Et ils ont commis des violations de la loi sur l'immigration (activités en dehors de leurs qualifications).
Parce que « nous » avons fourni « de faux documents de contrat de travail » aux Chinois, les Chinois ont pu obtenir le « statut de résident ».
Les Chinois ont pu "vivre" au Japon car ils ont obtenu un "statut de résidence".
Parce que les Chinois pouvaient "vivre" au Japon, ils pouvaient "travailler illégalement".
Par conséquent, « nous » qui « avons fourni » aux Chinois de « faux documents de contrat de travail » ont été punis comme « aidant » les Chinois « aux activités en dehors du cadre de leur statut de résidence ».
Il s'agit d'une « erreur de droit applicable » arbitraire. C'est hors de la "logique de la loi".

Ma réclamation :
"1" La loi sur le contrôle de l'immigration stipule que le ministre de la justice prendra une "disposition administrative" (loi sur le contrôle de l'immigration : annulation du statut de séjour) pour le fait de présenter de faux documents et d'obtenir un statut de séjour. Vous êtes maintenant "terminé". "Aider" un acte d'innocence est l'innocence.
Un ressortissant chinois qui s'est livré à "2" (activités en dehors de la qualification) n'est pas coupable. La raison en est que la "personne qui les a embauchés" n'a pas été punie pour "promotion de l'emploi illégal" en vertu de la loi sur le contrôle de l'immigration. Par conséquent, par "l'égalité devant la loi", les Chinois sont innocents.

La révision de la loi sur le contrôle de l'immigration en décembre 2016 a permis de sanctionner le fait de « fournir » de « faux documents de contrat de travail ».
Mise en place depuis janvier 2017. Selon l'article 39 de la Constitution, il n'est pas possible de "rétroactivement" au "passé" et de "punir".
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html

Voir "Acte d'accusation = Anklageschrift". Les faits déclarés "indiquent" le "fait" de "non coupable". (anglais japonais)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
"Mon appel" (japonais)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
"Mon appel" (anglais)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

« Chinois, coréens, philippins, américains, etc. » Il y a plus de dizaines de milliers, de centaines de milliers de victimes partout dans le monde. Un nombre inhabituel de personnes.

La "(privation) de liberté" des procureurs est "arbitraire". Ils « désobéissent à la loi » et sont « égoïstes ». Ils n'ont pas de "(logique) (nécessité)". Le parquet "punit" "comme il l'entend".

En 2010, "moi et les Chinois" dans l'affaire de violation de l'immigration, et en 2013, le personnel et les diplomates de l'ambassade des Philippines ont également été punis pour la même raison.

"J'ai" plaidé "non coupable", expliquant avec "la logique de la loi".
La police et les procureurs ont alors dit, (Vous) devriez admettre (votre crime) en "théorie générale".
Le Japon est le seul pays qui "punit" en "théorie générale" ! .
Le juge a déclaré, avec une folle "logique", "Causal = Kausaler Zusammenhang". Quand vous « voyez » (texte du jugement), vous « riez aux éclats ».

Cette affaire est une erreur d'application arbitraire de la loi par des policiers, des procureurs et des juges. Les chefs d'inculpation sont "abus d'autorité d'un agent public spécial" et "crimes de fausses plaintes". Le parquet a "tué" la "lettre d'accusation" et la "lettre d'accusation" par "d'office". Par conséquent, le délai de prescription a été suspendu.

Je "fait appel" de deux choses.
1 : L'étranger a effectué un « travail illégal » autre que le « statut de résidence ». Mais les étrangers sont innocents à cause de "l'égalité devant la loi".
2 : Le parquet a « appliqué » « les articles 60 et 62 du code pénal » à l'article 70 de la loi sur le contrôle de l'immigration au motif de « soutien à l'article 22-4-4 de la loi sur l'immigration ». du droit applicable ». (comme ci-dessus).

Les Coréens font des demandes au Japon sur la question "résolue" des "femmes de réconfort et des travailleurs forcés", mais devraient soutenir "des dizaines de milliers de victimes coréennes" qui ont été punies pour avoir "enfreint les lois sur l'immigration".

Le gouvernement japonais cache les violations des droits de l'homme au Japon en inventant des choses telles que "des violations des droits de l'homme contre les Ouïghours en Chine".

« J'exige » la « restauration de l'honneur » et la « compensation » pour moi-même, les Chinois et les fonctionnaires de l'ambassade des Philippines.

Tout le monde dans le monde ! ! Les victimes doivent faire rapport à leurs gouvernements respectifs. Les gouvernements de chaque pays ont l'obligation de demander au gouvernement japonais de restaurer l'honneur de leurs propres citoyens et de les indemniser.


Partie 3. Construction de zones spéciales.
La "zone spéciale" "accepte" les réfugiés et les immigrés en tant que travailleurs "immigrants temporaires", limitant leur résidence à la "zone spéciale". Les pays développés peuvent les utiliser comme travailleurs à bas salaire pour la croissance économique, et les réfugiés et les immigrants peuvent obtenir des emplois et vivre une vie humaine pleine d'espoir.
No2 : https://world-special-zone.seesaa.net/
No1 : https://naganoopinion.blog.jp/

Partie 4. Guerre ukrainienne.
Zelensky a pris ses fonctions sur une « promesse électorale » d'abandonner les accords de Minsk et de regagner du territoire par la guerre. Mais lorsque la nouvelle de son évasion fiscale et de ses paradis fiscaux a été révélée, il a déclenché une guerre.
No2 : https://ukrainawar.seesaa.net/
No1 : https://ukrainian-war.blog.jp/

Partie 5. "États-Unis, Russie et Chine" Alliance militaire tripartite / Spectacle de guerre
Pour créer un monde sans guerre, nous avons besoin d'une « alliance militaire tripartite » !
No2 : https://urc-military.seesaa.net/
No1 : https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

Partie 6. Le système judiciaire notoire du Japon et les violations des droits de l'homme
Système judiciaire japonais : Cas de violation de la loi sur l'immigration Fausse accusation : Affaire Nissan Ghosn Fausse accusation : Abus dans un centre d'immigration : Cas d'un étudiant international/étudiant stagiaire : Non-ingérence dans les affaires intérieures : Opinions étrangères
No2 : https://nipponsihou.seesaa.net/
No1 : https://humanrightsopinion.blog.jp/

Partie 7. Développement du capteur Corona 
Nous devrions développer un "système d'inspection" qui "découvre" instantanément les "personnes infectées" comme la thermographie.
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

Partie 8. Les problèmes d'enlèvement et de missiles de la Corée du Nord et la défense de Taïwan
https://taiwan-defense.seesaa.net/

Partie 9. Promotion de One Coin Union et des véhicules à hydrogène 
https://onecoinunion.seesaa.net/

Partie 10. Opinion « Nagano », Énergie nucléaire de nouvelle génération : Sans CO2 et ODD : Questions d'invasion Russie/Ukraine : Questions d'immigration/réfugiés : Politique internationale/américaine/Problèmes de Taïwan/Problèmes de l'Église d'unification
https://naganoopinion.seesaa.net/


Cordialement.

Yasuhiro Nagano



Il est publié dans le programme suivant.
https://toworldmedia.blogspot.com/

Si vous avez des questions, s'il vous plaît contactez-nous!
enzai_mirai@yahoo.co.jp



posted by 長野トミー at 05:26| 東京 ☁| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランス大統領 (1941 年 6 月 22 日)350 万人余のドイツ国防軍がソ連に奇襲攻撃をかけて侵略を開始した直後から、「二つの巨大な軍隊」、「二つの巨大な国家」が戦争に突入した。ウクライナ戦争の真の狙いは「ロシア人のホロコースト」にあるようだ。


フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ

FURANSU.jpg
2023-03-27:拝啓、
ポーランドとスロバキアが「ウクライナに戦闘機の供与」を「表明」した。心配なのは、ウクライナやルーマニアなどは、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)が行われた場所です。彼らの矛先はロシアに向いています。G7諸国はウクライナ戦争から撤退するべきです。

ウクライナ周辺の地域は,ポーランド民族主義(ナショナリズム),ウクライナ民族主義(ナショナリズム)がせめぎあい,その上にのしかかるようにドイツ民族至上主義の占領政策と「独ソ戦」の現実があった。

(1941 年 6 月 22 日)350 万人余のドイツ国防軍がソ連に奇襲攻撃をかけて侵略を開始した直後から、「二つの巨大な軍隊」、「二つの巨大な国家」が戦争に突入した。ウクライナ戦争の真の狙いは「ロシア人のホロコースト」にあるようだ。

「ウクライナ、ポーランド、スロバキア」などのロシア(ソ連)に対する植民地時代の怨念は、私たちの想像を絶する。韓国は日本を「1000年恨む」と言う。可愛いものだ。

フランス、ドイツ、イタリア、イギリスなどは「ブーメラン」に警戒をするべきだ。「ウクライナの東部や南部」では、ロシア人に対する「怨念」が「ウクライナ系ロシア人」への「ジェノサイド」になった。アフリカの国々はウクライナの真似をしてはいけない。

恐らく「ロシア人への怨念」は、「ロシア系のウクライナ人」の生活がウクライナ人に比べて裕福だったのだろう。これは、ヒットラーが「豊なユダヤ人」を憎んだ現象と同じだ。

「G7や創立時のNATO諸国」は「厄介な問題」に引きずり込まれた。「G7諸国」の多くは「ロシア人のホロコースト」までは、思っていなかったと思う。

「米国、フランス、ドイツ、イタリアなど」は、「ウクライナ戦争」の「終戦」を考えていると思う。理由は、ウクライナを支援する「財政的な余裕」がないことです。

「米国、フランス、ドイツ、イタリアなど」は、ウクライナに「最新戦車」の供与を決めたが、軍部の承認が得られていない。軍部は最新戦車がロシアに「捕獲」された場合の危険を指摘している。

最新戦車がロシアに「捕獲」された場合、ロシアは改良を加えて、より高性能の戦車を開発するだろう。その場合、ロシアの「改良型戦車」に勝てない。敗戦のシナリオしかない。

ウクライナ南部に面した黒海の上空で、アメリカ軍の「無人機」が「ロシア軍機」の妨害を受けたあと墜落したとアメリカ側が発表し、ロシアが反発するなど「双方」が「けん制」し合っている。

プーチン大統領の側近は「無人機」を回収して軍事機密を入手するとして、アメリカを「けん制」しています。ロシアにとって、「アメリカ製の無人機」は非常に価値があります。

「米国、フランス、ドイツ、イタリアなど」は、「今」、ロシアと「全面戦争」をする「状況」ではない。各国は国民の生活を「(ウクライナ戦争)前」の生活水準に戻す必要があります。しかし、具体策がない。

ロシアへの経済制裁で、各国は「深刻なインフレ」に陥っている。各国は金利を上げることでインフレの抑制政策を実施している。米国では「リーマンショック」以上の銀行破産が発生している。

そもそも「肥料や天然ガス」などの供給不足によるインフレを、金利をあげることにより設備投資など縮小による政策で、物価を下げるのは矛盾している。

各国政府は、素直にロシアへの経済制裁を解除するべきです。意味が不明な「戦争経済」など、とんでもないことです。ロシアは制裁が解除されたら、素直に受け入れて正常な市場経済に戻すべきです。


第1部。 引用・参考資料 
“ウクライナに戦闘機供与” ポーランドとスロバキアが表明
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230317/k10014012091000.html
ワルシャワ条約機構
https://en.wikipedia.org/wiki/Warsaw_Pact
東ガリツィアにおけるホロコーストの展開
https://kguopac.kanto-gakuin.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=NI10000782&elmid=Body&fname=04nagamine.pdf&loginflg=on&block_id=_323&once=true


私は明日,も,書きます。



「第2部(日本の異常な人権侵害)」は、2023年2月27日に修正しました。

第2部。日本は「異常な人権侵害の国家」です。「国際社会」の「皆さん」、助けてください!
まずは、2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」をお読みください。

処罰理由です:
中国人が「虚偽の雇用契約書」を提出して「在留資格」を得た。そして彼らは入管法違反(資格外の活動)を行った。
「私達」が、中国人に「虚偽に雇用の契約書類」を提供したから、中国人は「在留資格」が取得できた。
中国人は「在留資格」が得られたから日本に「在住」できた。
中国人は日本に「在住」できたから「不法就労」ができた。
したがって、中国人に「虚偽の雇用の契約書類」を「提供」した「私たち」は、中国人の「資格外活動」の「ほう助罪」として処罰されました。
これは恣意的な「適用法の誤り」です。これは「法の論理」を外れています。

私の主張:
「1」虚偽の書類を提出して在留資格を得た行為は、法務大臣が(入管法:在留資格の取り消し)の「行政処分」することが、入管法で規定されています。これで「完結」です。無罪の行為の「ほう助行為」は無罪です。
「2」(資格外の活動)を行った中国人は無罪です。理由は、彼らを「雇用した者」が入管法の「不法就労を助長した罪」で処罰されていません。従って「法の下での平等」により、中国人は無罪です。

2016年12月の入管法の改正は、「虚偽の雇用の契約書類」の「提供」の行為は、処罰できるようにしました。
2017年1月より実施。憲法39条により、「過去」に「遡及」して、「処罰」することはできません。
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html

「起訴状」を見てください。記載の事実は「無罪」の「事実」を「述べて」います。(日本語・英語)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
「私の訴え」(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
「私の訴え」(英語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

「中国人、韓国人、フィリッピン人、米国人など」、世界中に数万人、数十万人以上の被害者がいます。異常な人数です。

検察官らの「自由の(剥奪)」は「恣意的」です。彼らは「法律に従わず」に「自分勝手」です。彼らは「(論理的)な(必然性)」がありません。検察は「彼らの思うまま」に「処罰」しています。

2010年の入管法違反事件の「私や中国人」そして2013年のフィリッピン大使館の職員や外交官も同じ理由で処罰されました。

「私」は「法の論理」で説明して、「無罪」を主張しました。
すると、警察官や検察官はこう言いました。「(貴方)は一般論で、(貴方の罪)を、認めるべききだ」。
一般論で処罰する国は日本だけです!。
裁判官は、クレイジーな「論理」で、「因果関係=Causal relationship」を述べた。(判決の文章)を「見る」と、「大笑い」します。

この事件は、警察官、検察官、裁判官による恣意的な適用法の誤りです。罪名は、「特別公務員職権乱用罪」および「虚偽の告訴罪=Crimes of False Complaints」です。検察は「告訴状」「告発状」を「職権」によって「握りつぶした」。よって「公訴時効」は停止しています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
1:外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし「法の下での平等」により外国人は無罪です。
2:検察は「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して「刑法の60条および62条」の「他の犯罪を支援する罪」を「適用」したが、「適用する法律の誤り」です。(前記のとおりです)。

韓国人は「解決済」の「慰安婦や徴用工」の問題で日本に要求をするが、「入管法違反」で処罰された「何万人もの韓国人の被害者」を支援するべきです。

日本政府は「中国のウィグル人への人権侵害」などをでっち上げて、日本の人権侵害を隠しています。

「私」は、私および中国人、フィリッピン大使館関係者に対する、「名誉の回復」と「賠償」を求めています。

世界の皆さん!!被害者は各国の政府に申し出てください。各国の政府は「自国民の名誉の回復と賠償」を日本政府に要求する義務があります。


第3部。特別地帯の建設。
「特別地帯」は、難民や移民を「暫定移民」の労働者として、居住を「特別地帯」に限定して「受け入れ」ます。先進国は彼らを低賃金労働者として活用して経済成長、難民や移民は仕事を得て人間的な希望のある生活ができます。
No2:https://world-special-zone.seesaa.net/
No1:https://naganoopinion.blog.jp/

第4部。ウクライナ戦争。
ゼレンスキーは、ミンスク合意を廃棄し、戦争を通じて領土を取り戻すという「選挙の公約」をして大統領に就任した。しかし彼の 脱税やタックスヘイブンが報道されたとき、彼は戦争を始めた。
No2:https://ukrainawar.seesaa.net/
No1:https://ukrainian-war.blog.jp/

第5部。「米ロ中」3国軍事同盟・戦争ショー 
戦争のない世界を作るには「3国軍事同盟」が必要だ!
No2:https://urc-military.seesaa.net/
No1:https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

第6部。悪名高い日本の司法制度・人権侵害 
日本の司法制度:入管法違反事件冤罪:日産ゴーン事件冤罪:入管施設での虐待:留学生・実習生の事件:内政不干渉:海外意見 
No2:https://nipponsihou.seesaa.net/
No1:https://humanrightsopinion.blog.jp/

第7部。コロナ感知器開発 
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

第8部。北朝鮮の拉致・ミサイル問題 & 台湾防衛 
https://taiwan-defense.seesaa.net/

第9部。ワンコインユニオン&水素自動車の推進 
https://onecoinunion.seesaa.net/

第10部。「長野」オピニオン、次世代原発:CO2フリー & SDG:ロシア・ウクライナ侵攻問題:移民・難民問題:国際・米国政治・台湾問題・統一教会問題
https://naganoopinion.seesaa.net/


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 05:24| 東京 ☁| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

To the British Prime Minister Poland and Slovakia have "pledged" to "provide fighter planes to Ukraine". What worries me is that the Holocaust (Jewish genocide) took place in places like Ukraine and Romania. Their target is Russia

To British Prime Minister Rishi Sunak

favicon_source
2023-03-27: Dear Sir,
Poland and Slovakia have "pledged" to "provide fighter planes to Ukraine". What worries me is that the Holocaust (Jewish genocide) took place in places like Ukraine and Romania. Their target is Russia. G7 countries should withdraw from Ukraine war.

In the areas surrounding Ukraine, Polish nationalism and Ukrainian nationalism were at odds with each other, and the occupation policy of German national supremacy and the reality of the ``German-Soviet war'' seemed to weigh on them.

(June 22, 1941) Immediately after the German Wehrmacht's 3.5 million-strong sur-prise attack on the Soviet Union and its invasion began, "two great armies," "two great nations," went to war. . The real aim of the Ukraine war seems to be the 'Russian Holocaust'.

Colonial grudges against Russia (Soviet Union) such as "Ukraine, Poland, Slovakia" are beyond our imagination. South Korea says it will hold a grudge against Japan for 1,000 years. It's cute.

Countries such as France, Germany, Italy, and the United Kingdom should be wary of "boomerangs." In the "east and south of Ukraine", "grudges" against Russians became "genocide" against "Ukrainian Russians". African countries should not imi-tate Ukraine.

Perhaps the "grudge against the Russians" was that the "Russian Ukrainians" lived better off than the Ukrainians. This is the same phenomenon that Hitler hated "rich Jews".

"G7 and founding NATO countries" were dragged into "thorny issues." I don't think many of the "G7 countries" thought about the "Russian Holocaust".

I think the "USA, France, Germany, Italy, etc." are thinking of "ending" the "Ukraini-an War". The reason is the lack of "financial affordability" to help Ukraine.

"The United States, France, Germany, Italy, etc." have decided to provide Ukraine with "latest tanks," but have yet to receive military approval. The military has warned of the dangers of its latest tanks being "captured" by Russia.

If the latest tank is "captured" by Russia, Russia will improve it and develop a more capable tank. In that case, it cannot beat the Russian "improved tanks". There is only a losing scenario.

The U.S. side announced that a U.S. military "unmanned aircraft" crashed after be-ing intercepted by a "Russian military aircraft" over the Black Sea facing southern Ukraine, and "both sides" "checked" each other, such as Russia protesting. ing.

Putin's aides are "checking" the United States by collecting "unmanned aircraft" and obtaining military secrets. For Russia, "American-made drones" are of great value.

“The United States, France, Germany, Italy, etc.” are not “situations” for “all-out war” with Russia “now.” Countries need to restore the standard of living of their cit-izens to the "pre-(Ukrainian war)" standard of living. However, there are no specific measures.

Economic sanctions against Russia have pushed countries into "severe inflation." Countries are implementing policies to curb inflation by raising interest rates. In the United States, more bank bankruptcies than the “Lehman Shock” have occurred.

In the first place, it is contradictory to lower prices by raising interest rates and re-ducing capital investment to reduce inflation caused by supply shortages of "ferti-lizer and natural gas".

The governments of each country should obediently lift the economic sanctions against Russia. There is no such thing as a meaningless “war economy”. Once the sanctions are lifted, Russia should obediently accept it and return to a normal mar-ket economy.


Part 1. Citations and reference materials 
Poland, Slovakia say they will provide fighter jets to Ukraine
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230317/k10014012091000.html
Warsaw Pact
https://en.wikipedia.org/wiki/Warsaw_Pact
Development of the Holocaust in Eastern Galicia
https://kguopac.kanto-gakuin.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=NI10000782&elmid=Body&fname=04nagamine.pdf&loginflg=on&block_id=_323&once=true


I will write tomorrow too.


"Part 2 (Japan's Abnormal Human Rights Violations)" was revised on February 27, 2023.

Part 2. Japan is a "state of abnormal human rights violations". "Everyone" of the "international community", please help!
First of all, please read "false accusation" in the 2010 "Crime of Supporting Violation of Immigration Law".

Reason for punishment:
A Chinese national obtained a "residence status" by submitting a "false employment contract." And they committed immigration law violations (activities outside of their qualifications).
Because "we" provided "false employment contract documents" to the Chinese, the Chinese were able to obtain "residence status."
The Chinese were able to "live" in Japan because they obtained a "status of residence".
Because the Chinese were able to "live" in Japan, they were able to "work illegally."
Therefore, ``we'' who ``provided'' the Chinese with ``false employment contract documents'' were punished as ``helping'' the Chinese ``activities outside the scope of their status of residence''.
This is an arbitrary "error of applicable law". This is out of the "logic of the law".

My claim:
"1" The Immigration Control Act stipulates that the Minister of Justice will take an "administrative disposition" (Immigration Control Act: Cancellation of the status of residence) for the act of submitting false documents and obtaining a status of residence. You are now "finished". "Aiding" an act of innocence is innocence.
A Chinese national who has engaged in “2” (activities outside the qualification) is not guilty. The reason is that the "person who hired them" has not been punished for "promoting illegal employment" under the Immigration Control Act. Therefore, by "equality under the law", the Chinese are innocent.

The revision of the Immigration Control Law in December 2016 made it possible to punish the act of "providing" "false employment contract documents".
Implemented from January 2017. According to Article 39 of the Constitution, it is not possible to "retroactively" to the "past" and "punish".
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html

See "Indictment." The stated facts "state" the "fact" of "not guilty." (Japanese English)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
"My Appeal" (Japanese)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
"My Appeal" (English)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

"Chinese, Korean, Filipino, American, etc." There are more than tens of thousands, hundreds of thousands of victims all over the world. An unusual number of people.

Prosecutors' "(deprivation) of liberty" is "arbitrary." They are "disobeying the law" and "selfish". They have no "(logical) (necessity)". The prosecution is "punishing" "as they wish".

In 2010, "me and the Chinese" in the immigration violation case, and in 2013, Philippine Embassy staff and diplomats were also punished for the same reason.

"I" argued "not guilty", explaining with "logic of the law".
Police and prosecutors then said, "(You) should admit (your crime) in general terms."
Japan is the only country that punishes in general terms! .
The judge stated "Causal relationship" with crazy "logic". When I "see" (text of the judgment), I "laugh out loud."

This case is an error of arbitrary application of law by police officers, prosecutors and judges. The charges are "abuse of authority of a special public official" and "crimes of false complaints." The prosecution "killed" the "accusation letter" and "accusation letter" by "ex officio." Therefore, the statute of limitations has been suspended.

I am "appealing" two things.
1: The foreigner performed "illegal labor" other than "status of residence". But foreigners are innocent because of "equality under the law".
2: The prosecution “applied” “Articles 60 and 62 of the Penal Code” to Article 70 of the Immigration Control Act on the grounds of “support for Article 22-4-4 of the Immigration Act”. However, it is "error of applicable law". (as above).

Koreans make demands on Japan over the "solved" "comfort women and forced laborers" issue, but should support "tens of thousands of Korean victims" who have been punished for "violating immigration laws." .

The Japanese government is hiding Japan's human rights violations by making up such things as "human rights violations against Uyghurs in China."

"I" am demanding "restoration of honor" and "compensation" for myself, the Chinese, and the Philippine Embassy officials.

Everyone in the world! ! Victims should report to their respective governments. The governments of each country have an obligation to demand the Japanese government to restore the honor of their own citizens and compensate them.


Part 3. Construction of special zones.
The "special zone" "accepts" refugees and immigrants as "temporary immigrant" workers, limiting their residence to the "special zone". Developed countries can use them as low-wage workers for economic growth, and refugees and immigrants can get jobs and live a hopeful human life.
No2: https://world-special-zone.seesaa.net/
No1: https://naganoopinion.blog.jp/

Part 4. Ukraine war.
Zelensky took office on an "election promise" to scrap the Minsk Accords and regain territory through war. But when news of his tax evasion and tax havens came to light, he started a war.
No2: https://ukrainawar.seesaa.net/
No1: https://ukrainian-war.blog.jp/

Part 5. "U.S., Russia, and China" Tripartite Military Alliance/War Show
To create a world without war, we need a “Tripartite Military Alliance”!
No2: https://urc-military.seesaa.net/
No1: https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

Part 6. Japan's notorious judicial system and human rights violations
Japan's judicial system: Immigration law violation case False accusation: Nissan Ghosn case False accusation: Abuse at immigration facility: International student/intern student case: Non-interference in domestic affairs: Foreign opinions
No2: https://nipponsihou.seesaa.net/
No1: https://humanrightsopinion.blog.jp/

Part 7. Corona sensor development 
We should develop an "inspection system" that instantly "discovers" "infected persons" like thermography.
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

Part 8. North Korea's Abduction and Missile Issues & Taiwan's Defense
https://taiwan-defense.seesaa.net/

Part 9. Promotion of One Coin Union & Hydrogen Vehicles 
https://onecoinunion.seesaa.net/

Part 10. "Nagano" Opinion, Next Generation Nuclear Power: CO2 Free & SDGs: Russia/Ukraine Invasion Issues: Immigration/Refugee Issues: International/U.S. Politics/Taiwan Issues/Unification Church Issues
https://naganoopinion.seesaa.net/


Best regards.

Yasuhiro Nagano



It is published in the following program.
https://toworldmedia.blogspot.com/

If you have any questions, please contact us!
enzai_mirai@yahoo.co.jp


posted by 長野トミー at 05:22| 東京 ☁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英国首相 へ ポーランドとスロバキアが「ウクライナに戦闘機の供与」を「表明」した。心配なのは、ウクライナやルーマニアなどは、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)が行われた場所です。彼らの矛先はロシアに向いています。G7諸国はウクライナ戦争から撤退するべきです。

リシ・スナク英国首相 へ
favicon_source

2023-03-27:拝啓、
ポーランドとスロバキアが「ウクライナに戦闘機の供与」を「表明」した。心配なのは、ウクライナやルーマニアなどは、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)が行われた場所です。彼らの矛先はロシアに向いています。G7諸国はウクライナ戦争から撤退するべきです。

ウクライナ周辺の地域は,ポーランド民族主義(ナショナリズム),ウクライナ民族主義(ナショナリズム)がせめぎあい,その上にのしかかるようにドイツ民族至上主義の占領政策と「独ソ戦」の現実があった。

(1941 年 6 月 22 日)350 万人余のドイツ国防軍がソ連に奇襲攻撃をかけて侵略を開始した直後から、「二つの巨大な軍隊」、「二つの巨大な国家」が戦争に突入した。ウクライナ戦争の真の狙いは「ロシア人のホロコースト」にあるようだ。

「ウクライナ、ポーランド、スロバキア」などのロシア(ソ連)に対する植民地時代の怨念は、私たちの想像を絶する。韓国は日本を「1000年恨む」と言う。可愛いものだ。

フランス、ドイツ、イタリア、イギリスなどは「ブーメラン」に警戒をするべきだ。「ウクライナの東部や南部」では、ロシア人に対する「怨念」が「ウクライナ系ロシア人」への「ジェノサイド」になった。アフリカの国々はウクライナの真似をしてはいけない。

恐らく「ロシア人への怨念」は、「ロシア系のウクライナ人」の生活がウクライナ人に比べて裕福だったのだろう。これは、ヒットラーが「豊なユダヤ人」を憎んだ現象と同じだ。

「G7や創立時のNATO諸国」は「厄介な問題」に引きずり込まれた。「G7諸国」の多くは「ロシア人のホロコースト」までは、思っていなかったと思う。

「米国、フランス、ドイツ、イタリアなど」は、「ウクライナ戦争」の「終戦」を考えていると思う。理由は、ウクライナを支援する「財政的な余裕」がないことです。

「米国、フランス、ドイツ、イタリアなど」は、ウクライナに「最新戦車」の供与を決めたが、軍部の承認が得られていない。軍部は最新戦車がロシアに「捕獲」された場合の危険を指摘している。

最新戦車がロシアに「捕獲」された場合、ロシアは改良を加えて、より高性能の戦車を開発するだろう。その場合、ロシアの「改良型戦車」に勝てない。敗戦のシナリオしかない。

ウクライナ南部に面した黒海の上空で、アメリカ軍の「無人機」が「ロシア軍機」の妨害を受けたあと墜落したとアメリカ側が発表し、ロシアが反発するなど「双方」が「けん制」し合っている。

プーチン大統領の側近は「無人機」を回収して軍事機密を入手するとして、アメリカを「けん制」しています。ロシアにとって、「アメリカ製の無人機」は非常に価値があります。

「米国、フランス、ドイツ、イタリアなど」は、「今」、ロシアと「全面戦争」をする「状況」ではない。各国は国民の生活を「(ウクライナ戦争)前」の生活水準に戻す必要があります。しかし、具体策がない。

ロシアへの経済制裁で、各国は「深刻なインフレ」に陥っている。各国は金利を上げることでインフレの抑制政策を実施している。米国では「リーマンショック」以上の銀行破産が発生している。

そもそも「肥料や天然ガス」などの供給不足によるインフレを、金利をあげることにより設備投資など縮小による政策で、物価を下げるのは矛盾している。

各国政府は、素直にロシアへの経済制裁を解除するべきです。意味が不明な「戦争経済」など、とんでもないことです。ロシアは制裁が解除されたら、素直に受け入れて正常な市場経済に戻すべきです。


第1部。 引用・参考資料 
“ウクライナに戦闘機供与” ポーランドとスロバキアが表明
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230317/k10014012091000.html
ワルシャワ条約機構
https://en.wikipedia.org/wiki/Warsaw_Pact
東ガリツィアにおけるホロコーストの展開
https://kguopac.kanto-gakuin.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=NI10000782&elmid=Body&fname=04nagamine.pdf&loginflg=on&block_id=_323&once=true


私は明日,も,書きます。


「第2部(日本の異常な人権侵害)」は、2023年2月27日に修正しました。

第2部。日本は「異常な人権侵害の国家」です。「国際社会」の「皆さん」、助けてください!
まずは、2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」をお読みください。

処罰理由です:
中国人が「虚偽の雇用契約書」を提出して「在留資格」を得た。そして彼らは入管法違反(資格外の活動)を行った。
「私達」が、中国人に「虚偽に雇用の契約書類」を提供したから、中国人は「在留資格」が取得できた。
中国人は「在留資格」が得られたから日本に「在住」できた。
中国人は日本に「在住」できたから「不法就労」ができた。
したがって、中国人に「虚偽の雇用の契約書類」を「提供」した「私たち」は、中国人の「資格外活動」の「ほう助罪」として処罰されました。
これは恣意的な「適用法の誤り」です。これは「法の論理」を外れています。

私の主張:
「1」虚偽の書類を提出して在留資格を得た行為は、法務大臣が(入管法:在留資格の取り消し)の「行政処分」することが、入管法で規定されています。これで「完結」です。無罪の行為の「ほう助行為」は無罪です。
「2」(資格外の活動)を行った中国人は無罪です。理由は、彼らを「雇用した者」が入管法の「不法就労を助長した罪」で処罰されていません。従って「法の下での平等」により、中国人は無罪です。

2016年12月の入管法の改正は、「虚偽の雇用の契約書類」の「提供」の行為は、処罰できるようにしました。
2017年1月より実施。憲法39条により、「過去」に「遡及」して、「処罰」することはできません。
https://www.moj.go.jp/isa/laws/h28_kaisei.html

「起訴状」を見てください。記載の事実は「無罪」の「事実」を「述べて」います。(日本語・英語)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf
「私の訴え」(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
「私の訴え」(英語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

「中国人、韓国人、フィリッピン人、米国人など」、世界中に数万人、数十万人以上の被害者がいます。異常な人数です。

検察官らの「自由の(剥奪)」は「恣意的」です。彼らは「法律に従わず」に「自分勝手」です。彼らは「(論理的)な(必然性)」がありません。検察は「彼らの思うまま」に「処罰」しています。

2010年の入管法違反事件の「私や中国人」そして2013年のフィリッピン大使館の職員や外交官も同じ理由で処罰されました。

「私」は「法の論理」で説明して、「無罪」を主張しました。
すると、警察官や検察官はこう言いました。「(貴方)は一般論で、(貴方の罪)を、認めるべききだ」。
一般論で処罰する国は日本だけです!。
裁判官は、クレイジーな「論理」で、「因果関係=Causal relationship」を述べた。(判決の文章)を「見る」と、「大笑い」します。

この事件は、警察官、検察官、裁判官による恣意的な適用法の誤りです。罪名は、「特別公務員職権乱用罪」および「虚偽の告訴罪=Crimes of False Complaints」です。検察は「告訴状」「告発状」を「職権」によって「握りつぶした」。よって「公訴時効」は停止しています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
1:外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし「法の下での平等」により外国人は無罪です。
2:検察は「入管法22-4-4条の支援」を理由として、入管法70条に対して「刑法の60条および62条」の「他の犯罪を支援する罪」を「適用」したが、「適用する法律の誤り」です。(前記のとおりです)。

韓国人は「解決済」の「慰安婦や徴用工」の問題で日本に要求をするが、「入管法違反」で処罰された「何万人もの韓国人の被害者」を支援するべきです。

日本政府は「中国のウィグル人への人権侵害」などをでっち上げて、日本の人権侵害を隠しています。

「私」は、私および中国人、フィリッピン大使館関係者に対する、「名誉の回復」と「賠償」を求めています。

世界の皆さん!!被害者は各国の政府に申し出てください。各国の政府は「自国民の名誉の回復と賠償」を日本政府に要求する義務があります。


第3部。特別地帯の建設。
「特別地帯」は、難民や移民を「暫定移民」の労働者として、居住を「特別地帯」に限定して「受け入れ」ます。先進国は彼らを低賃金労働者として活用して経済成長、難民や移民は仕事を得て人間的な希望のある生活ができます。
No2:https://world-special-zone.seesaa.net/
No1:https://naganoopinion.blog.jp/

第4部。ウクライナ戦争。
ゼレンスキーは、ミンスク合意を廃棄し、戦争を通じて領土を取り戻すという「選挙の公約」をして大統領に就任した。しかし彼の 脱税やタックスヘイブンが報道されたとき、彼は戦争を始めた。
No2:https://ukrainawar.seesaa.net/
No1:https://ukrainian-war.blog.jp/

第5部。「米ロ中」3国軍事同盟・戦争ショー 
戦争のない世界を作るには「3国軍事同盟」が必要だ!
No2:https://urc-military.seesaa.net/
No1:https://sangokugunzidoumei.blog.jp//

第6部。悪名高い日本の司法制度・人権侵害 
日本の司法制度:入管法違反事件冤罪:日産ゴーン事件冤罪:入管施設での虐待:留学生・実習生の事件:内政不干渉:海外意見 
No2:https://nipponsihou.seesaa.net/
No1:https://humanrightsopinion.blog.jp/

第7部。コロナ感知器開発 
サーモグラフィのように瞬時に「感染者」が「判明」する「検査システム」を開発するべきです。
https://covid-19-sensor.seesaa.net/

第8部。北朝鮮の拉致・ミサイル問題 & 台湾防衛 
https://taiwan-defense.seesaa.net/

第9部。ワンコインユニオン&水素自動車の推進 
https://onecoinunion.seesaa.net/

第10部。「長野」オピニオン、次世代原発:CO2フリー & SDG:ロシア・ウクライナ侵攻問題:移民・難民問題:国際・米国政治・台湾問題・統一教会問題
https://naganoopinion.seesaa.net/


敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



下記のプログで公開しております。
https://toworldmedia.blogspot.com/

不明な点は、お問合せください!
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 05:21| 東京 ☁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月26日のつぶやき




































































































posted by 長野トミー at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする