2021年04月26日

フランス大統領 エマニュエル・マクロン オウムは、非国家的グループの中で、 最も洗練された生物化学兵器プログラムを持っていたと一般的に考えられている。 しかし、炭疽菌やほかの病原体を使った攻撃はうまく実行することはできなかったため、 化学兵器の利用に「切り替えた」と考えられている。


フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ


2021-04-26:拝啓 
私は「新型コロナウィルス」は「生物兵器」の疑いが強いと思う!
米国で「アフリカ系のアメリカ人」が「アジア系のアメリカ人」に対する「ヘイト」が「日々」強くなっている。
ヘイトの理由は「武漢ウィルス」から来ていると思う。

トランプ前大統領は「武漢ウィルス」は「生物兵器」であると言いたかったのであろう!
しかしそれを言うと戦争になることは間違いない!
トランプ前大統領は戦争を避けるために、それを言わなかった。
トランプ前大統領はそれに備えるために再び大統領になるべきだ!

人口およそ1000万人のミシガン州。およそ4割の人が1回目のワクチン接種を終えていますが、
1万人以上の新規感染者が確認されたのです。なぜなのでしょうか?
一方、「新型コロナウィルス」が「最初に確認された国」では、感染は殆んど解消されている。
「新型コロナウィルス」を「開発した国家」は、「遺伝子操作」を行って、
「自国民」に対する感染を和らげる「遺伝子の編集」をすることは軍事上の兵器として常識です。

「生物兵器」は軍事大国のバランスを大きく変更するだろう!
アメリカは世界最大の「大国」と思っているが、そうではないことを「新型コロナウィルス」が実証した!
各国は、緊急に「生物兵器」から国民を守る「防衛武器」を開発すべきです!
私は「サーモグラフィ」のように瞬時に「陽性」が判明する「ウィルス検査機」の開発を提唱している。
そして私は「生物兵器」による攻撃に対する「備え」の一つとして
「生物兵器の検査機」の「初期バージョン」として「ウィルス検査機」を開発するべきだと言いたい。

「新型コロナウィルス」の「パンダミック」は「生物兵器の戦争」と捉えて、
国民の安全を守る対策を最優先すべだ!まずは「ウィルス検査機」を開発すべきです!


第1部。「アフリカ系のアメリカ人」が「新型ウィルス」に憎しみを持っているのは当然です。
このことは「アジア系のアメリカ人」に対する「ヘイト」をする大きな「因果関係」のようです。
今では「アフリカ系のアメリカ人」はトランプ前大統領の「味方」のように見える!

ミシガン州デビットソン医師:
「去年の秋」に感染した人、そして更に多かったのは、「去年の夏や春」に感染した患者が「再感染」している。
ミシガン州デビットソン医師:
去年の秋に感染した人、さらに多かったのは去年の夏や春に感染した患者が再感染している。
https://www.youtube.com/watch?v=zhOt6nblqRI

生物兵器」が21世紀の「超兵器」になる可能性も!
日本のオウム真理教が引き起こした、1995年の地下鉄サリン事件では、12人が死亡し、
そのほかにも多くの人が入院した。
オウムは、非国家的グループの中で、
最も洗練された生物化学兵器プログラムを持っていたと一般的に考えられている。
しかし、炭疽菌やほかの病原体を使った攻撃はうまく実行することはできなかったため、
化学兵器の利用に「切り替えた」と考えられている。
https://toyokeizai.net/articles/-/168851

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。国際社会の皆様ありがとうございました。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。
起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



追伸:
「新型コロナ」の下でも経済活動通常に「戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
サーモグラフィのように瞬時に「陽性」が「判明」する「検査器」を開発すべきです。
検査を受けた特定の場所では、「陽性者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!詳細は既報をご覧ください。
国連人権理事会(ohchr)に追加資料を提出しました。
Please request by email enzai_mirai@yahoo.co.jp

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)




下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/

posted by 長野トミー at 05:42| 東京 ☀| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ連邦 アンゲラ・メルケル 首相 生物兵器」が21世紀の「超兵器」になる可能性も! 日本のオウム真理教が引き起こした、1995年の地下鉄サリン事件では、12人が死亡し、 そのほかにも多くの人が入院した。

ドイツ連邦 アンゲラ・メルケル 首相 へ  


2021-04-26:拝啓 
私は「新型コロナウィルス」は「生物兵器」の疑いが強いと思う!
米国で「アフリカ系のアメリカ人」が「アジア系のアメリカ人」に対する「ヘイト」が「日々」強くなっている。
ヘイトの理由は「武漢ウィルス」から来ていると思う。

トランプ前大統領は「武漢ウィルス」は「生物兵器」であると言いたかったのであろう!
しかしそれを言うと戦争になることは間違いない!
トランプ前大統領は戦争を避けるために、それを言わなかった。
トランプ前大統領はそれに備えるために再び大統領になるべきだ!

人口およそ1000万人のミシガン州。およそ4割の人が1回目のワクチン接種を終えていますが、
1万人以上の新規感染者が確認されたのです。なぜなのでしょうか?
一方、「新型コロナウィルス」が「最初に確認された国」では、感染は殆んど解消されている。
「新型コロナウィルス」を「開発した国家」は、「遺伝子操作」を行って、
「自国民」に対する感染を和らげる「遺伝子の編集」をすることは軍事上の兵器として常識です。

「生物兵器」は軍事大国のバランスを大きく変更するだろう!
アメリカは世界最大の「大国」と思っているが、そうではないことを「新型コロナウィルス」が実証した!
各国は、緊急に「生物兵器」から国民を守る「防衛武器」を開発すべきです!
私は「サーモグラフィ」のように瞬時に「陽性」が判明する「ウィルス検査機」の開発を提唱している。
そして私は「生物兵器」による攻撃に対する「備え」の一つとして
「生物兵器の検査機」の「初期バージョン」として「ウィルス検査機」を開発するべきだと言いたい。

「新型コロナウィルス」の「パンダミック」は「生物兵器の戦争」と捉えて、
国民の安全を守る対策を最優先すべだ!まずは「ウィルス検査機」を開発すべきです!


第1部。「アフリカ系のアメリカ人」が「新型ウィルス」に憎しみを持っているのは当然です。
このことは「アジア系のアメリカ人」に対する「ヘイト」をする大きな「因果関係」のようです。
今では「アフリカ系のアメリカ人」はトランプ前大統領の「味方」のように見える!

ミシガン州デビットソン医師:
「去年の秋」に感染した人、そして更に多かったのは、「去年の夏や春」に感染した患者が「再感染」している。
ミシガン州デビットソン医師:
去年の秋に感染した人、さらに多かったのは去年の夏や春に感染した患者が再感染している。
https://www.youtube.com/watch?v=zhOt6nblqRI

生物兵器」が21世紀の「超兵器」になる可能性も!
日本のオウム真理教が引き起こした、1995年の地下鉄サリン事件では、12人が死亡し、
そのほかにも多くの人が入院した。
オウムは、非国家的グループの中で、
最も洗練された生物化学兵器プログラムを持っていたと一般的に考えられている。
しかし、炭疽菌やほかの病原体を使った攻撃はうまく実行することはできなかったため、
化学兵器の利用に「切り替えた」と考えられている。
https://toyokeizai.net/articles/-/168851

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。国際社会の皆様ありがとうございました。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。
起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)




追伸:
「新型コロナ」の下でも経済活動通常に「戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
サーモグラフィのように瞬時に「陽性」が「判明」する「検査器」を開発すべきです。
検査を受けた特定の場所では、「陽性者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!
詳細は既報をご覧ください。
国連人権理事会(ohchr)に追加資料を提出しました。
Please request by email enzai_mirai@yahoo.co.jp

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)


私の情報 ***************

私は「メルケルドイツ連邦首相」へは「メールで送信」をしていた。
過去のメール送信(エラー)は下記で全てを読むことができます。
下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.com/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp


★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/


posted by 長野トミー at 05:40| 東京 ☀| Comment(0) | ドイツ首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

An Ministerpräsidentin Angela Merkel vom Deutschen Bund Es besteht die Möglichkeit, dass "biologische Waffen" im 21. Jahrhundert zu "Superwaffen" werden! Bei dem von Aleph in Japan verursachten U-Bahn-Sarin-Angriff von 1995 kamen 12 Mensche

An Ministerpräsidentin Angela Merkel vom Deutschen Bund


2021-04-26: Sehr geehrter Herr
Ich denke, das "neue Coronavirus" steht im Verdacht, eine "biologische Waffe" zu sein!
In den Vereinigten Staaten ist der "Hass" von "Afroamerikanern" gegen "asiatische Amerikaner" "zunehmend" stärker.
Ich denke, der Grund für Hass liegt im "Wuhan-Virus".

Der frühere Präsident Trump hätte sagen wollen, dass das "Wuhan-Virus" eine "biologische Waffe" ist!
Aber wenn Sie das sagen, besteht kein Zweifel, dass es ein Krieg sein wird!
Der frühere Präsident Trump hat das nicht gesagt, um den Krieg zu vermeiden.
Der frühere Präsident Trump sollte wieder Präsident werden, um sich darauf vorzubereiten!

Michigan mit einer Bevölkerung von etwa 10 Millionen. Ungefähr 40% der Menschen haben die erste Impfung abgeschlossen, aber mehr als 10.000 neu infizierte Menschen wurden bestätigt. warum ist es?
Andererseits ist in den "Ländern, in denen das neue Coronavirus erstmals bestätigt wurde" die Infektion fast verschwunden.
Als militärische Waffe ist es normal, dass die "Nation, die das neue Coronavirus entwickelt hat" eine "Genmanipulation" durchführt, um die Infektion für ihre "eigenen Leute" zu lindern.

"Biologische Waffen" werden das Gleichgewicht der Militärmächte erheblich verändern!
Die Vereinigten Staaten gelten als die größte "Macht" der Welt, aber das "neue Coronavirus" hat bewiesen, dass dies nicht der Fall ist!
"Länder" sollten dringend "Verteidigungswaffen" entwickeln, um "Menschen" vor "biologischen Waffen" zu schützen!
Ich befürworte die Entwicklung eines "Virentesters", der sich sofort als "positiv" wie "Thermografie" herausstellt.
Und ich möchte sagen, dass wir eine "Vireninspektionsmaschine" als "Erstversion" einer "biologischen Waffeninspektionsmaschine" als eine der "Vorbereitungen" für Angriffe durch "biologische Waffen" entwickeln sollten.

Der "Pandamus" des "neuen Coronavirus" sollte als "Krieg der biologischen Waffen" angesehen werden, und Maßnahmen zum Schutz der Sicherheit der Menschen sollten oberste Priorität haben! Zunächst sollten Sie eine "Vireninspektionsmaschine" entwickeln!


Teil 1 Es ist "natürlich", dass "Afroamerikaner" "Hass" auf "neue Viren" haben.
Dies scheint ein großer "Kausalzusammenhang" zu sein, in dem "Afroamerikaner" "Hasshandlungen" gegen "asiatische Amerikaner" durchführen.
"Afroamerikaner" sehen jetzt aus wie die "Freunde" des ehemaligen Präsidenten Trump!

Dr. Davidson, Michigan:
Diejenigen, die "im letzten Herbst" infiziert wurden, und häufiger diejenigen, die "im letzten Sommer oder Frühling" infiziert waren, sind "erneut infiziert".
Dr. Davidson, Michigan:
Diejenigen, die im letzten Herbst infiziert wurden, und häufiger diejenigen, die im letzten Sommer oder Frühjahr infiziert waren, wurden erneut infiziert.
https://www.youtube.com/watch?v=zhOt6nblqRI

Es besteht die Möglichkeit, dass "biologische Waffen" im 21. Jahrhundert zu "Superwaffen" werden!
Bei dem von Aleph in Japan verursachten U-Bahn-Sarin-Angriff von 1995 kamen 12 Menschen ums Leben und viele andere wurden ins Krankenhaus eingeliefert.
Es wird allgemein angenommen, dass Papageien das ausgefeilteste biochemische Waffenprogramm aller nichtstaatlichen Gruppen hatten.
Angriffe mit Anthrax und anderen Krankheitserregern waren jedoch erfolglos und es wird angenommen, dass sie auf den Einsatz chemischer Waffen "umgestellt" haben.
https://toyokeizai.net/articles/-/168851

Ich werde auch morgen schreiben.

Die Änderung des Einwanderungskontrollgesetzes im Januar 2017 besagt, dass "Ich bin nicht schuldig" der Grund für die Änderung ist.
Grund: Änderung von "kann nicht bestraft werden" zu "kann bestraft werden".
Es ist eine falsche Anklage. Vielen Dank an alle in der internationalen Gemeinschaft. Die japanische Regierung hat sich jedoch noch nicht entschuldigt.
Siehe unten für die Anklage. (Japanisch)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
Siehe unten für die Anklage. (Englische Übersetzung)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

Teil 2 Im Folgenden finden Sie die "falschen Anschuldigungen" wegen "Verbrechen zur Unterstützung von Verstößen gegen das Einwanderungsgesetz" im Jahr 2010
Japanisch.
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
Englische Sprache.
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

Freundliche Grüße.

Yasuhiro Nagano


PS:
Die wirtschaftliche Aktivität sollte auch unter der "neuen Korona" wieder normalisiert werden!
Erhalte ich den Corona-Impfstoff weiterhin zwei- oder dreimal im Jahr? Verrückt!
Wie bei der Thermografie sollten wir einen "Tester" entwickeln, der sofort ein "Positiv" "findet".
An bestimmten getesteten Orten können Negative zum "normalen Leben ohne Maske" zurückkehren! Weitere Informationen finden Sie im vorherigen Bericht.
Übermittlung von zusätzlichem Material an den Menschenrechtsrat der Vereinten Nationen (ohchr).
Please request by email enzai_mirai@yahoo.co.jp

Yasuhiro Nagano


Meine Information ***************

Ich habe "per E-Mail" an "Bundespremier Merkel" gesendet.
Sie können alle früheren E-Mail-Übertragungen (Fehler) unten lesen.
Es wird im folgenden Programm veröffentlicht.
https://toworldmedia.blogspot.com/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

Hilf mir.
Bitte kontaktieren Sie uns, wenn Sie Fragen haben.
enzai_mirai@yahoo.co.jp


★ Bitte kaufen Sie ein Mittagessen von einer Person mit einer Behinderung! Bitte rufen Sie uns an. Bitte vorstellen.
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★ "Das Unglück anderer ist der Geschmack von Honig" "Liebe rettet die Menschen auf der Welt" Weitere Informationen
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/

posted by 長野トミー at 05:39| 東京 ☀| Comment(0) | ドイツ首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボリス・ジョンソン英国首相 ミシガン州デビットソン医師: 「去年の秋」に感染した人、そして更に多かったのは、「去年の夏や春」に感染した患者が「再感染」している。

ボリス・ジョンソン英国首相 へ


2021-04-26:拝啓 
私は「新型コロナウィルス」は「生物兵器」の疑いが強いと思う!
米国で「アフリカ系のアメリカ人」が「アジア系のアメリカ人」に対する「ヘイト」が「日々」強くなっている。
ヘイトの理由は「武漢ウィルス」から来ていると思う。

トランプ前大統領は「武漢ウィルス」は「生物兵器」であると言いたかったのであろう!
しかしそれを言うと戦争になることは間違いない!
トランプ前大統領は戦争を避けるために、それを言わなかった。
トランプ前大統領はそれに備えるために再び大統領になるべきだ!

人口およそ1000万人のミシガン州。およそ4割の人が1回目のワクチン接種を終えていますが、
1万人以上の新規感染者が確認されたのです。なぜなのでしょうか?
一方、「新型コロナウィルス」が「最初に確認された国」では、感染は殆んど解消されている。
「新型コロナウィルス」を「開発した国家」は、「遺伝子操作」を行って、
「自国民」に対する感染を和らげる「遺伝子の編集」をすることは軍事上の兵器として常識です。

「生物兵器」は軍事大国のバランスを大きく変更するだろう!
アメリカは世界最大の「大国」と思っているが、そうではないことを「新型コロナウィルス」が実証した!
各国は、緊急に「生物兵器」から国民を守る「防衛武器」を開発すべきです!
私は「サーモグラフィ」のように瞬時に「陽性」が判明する「ウィルス検査機」の開発を提唱している。
そして私は「生物兵器」による攻撃に対する「備え」の一つとして
「生物兵器の検査機」の「初期バージョン」として「ウィルス検査機」を開発するべきだと言いたい。

「新型コロナウィルス」の「パンダミック」は「生物兵器の戦争」と捉えて、
国民の安全を守る対策を最優先すべだ!まずは「ウィルス検査機」を開発すべきです!


第1部。「アフリカ系のアメリカ人」が「新型ウィルス」に憎しみを持っているのは当然です。
このことは「アジア系のアメリカ人」に対する「ヘイト」をする大きな「因果関係」のようです。
今では「アフリカ系のアメリカ人」はトランプ前大統領の「味方」のように見える!

ミシガン州デビットソン医師:
「去年の秋」に感染した人、そして更に多かったのは、「去年の夏や春」に感染した患者が「再感染」している。
ミシガン州デビットソン医師:
去年の秋に感染した人、さらに多かったのは去年の夏や春に感染した患者が再感染している。
https://www.youtube.com/watch?v=zhOt6nblqRI

生物兵器」が21世紀の「超兵器」になる可能性も!
日本のオウム真理教が引き起こした、1995年の地下鉄サリン事件では、12人が死亡し、
そのほかにも多くの人が入院した。
オウムは、非国家的グループの中で、
最も洗練された生物化学兵器プログラムを持っていたと一般的に考えられている。
しかし、炭疽菌やほかの病原体を使った攻撃はうまく実行することはできなかったため、
化学兵器の利用に「切り替えた」と考えられている。
https://toyokeizai.net/articles/-/168851

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。国際社会の皆様ありがとうございました。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。
起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)


追伸:
「新型コロナ」の下でも経済活動通常に戻すべきです!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
サーモグラフィのように瞬時に「陽性」が判明する検査機を開発すべきです。
検査を受けた特定の場所では、陰性者は「マスク無しの普通の生活」に戻れます!
国連人権理事会(ohchr)に追加資料を提出しました。
Please request by email enzai_mirai@yahoo.co.jp

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)


下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp

★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
posted by 長野トミー at 05:37| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

To British Prime Minister Boris Johnson Those who were infected "last fall" and, more often, those who were infected "last summer or spring" are "re-infected".

To British Prime Minister Boris Johnson


2021-04-26: Dear Sir
I think the "new coronavirus" is highly suspected of being a "biological weapon"!
In the United States,
"African Americans" are getting stronger "hate" against "Asian Americans" "every day."
I think the reason for hate comes from the "Wuhan virus".

Former President Trump would have wanted to say that the "Wuhan virus" is a "biological weapon"!
But if you say that, there is no doubt that it will be a war!
Former President Trump didn't say that to avoid the war.
Former President Trump should become president again to prepare for it!

Michigan with a population of about 10 million.
Approximately 40% of people have completed the first vaccination,
but more than 10,000 newly infected people have been confirmed. why is it?
On the other hand, in the "countries where the new coronavirus" was first confirmed,
the infection has almost disappeared.
It is common sense as a military weapon
that the "nation that developed the new coronavirus" performs "gene manipulation"
and "edits genes" to mitigate infection to "own people".

"Biological weapons" will significantly change the balance of military powers!
The United States is considered to be the world's largest "power",
but the "new coronavirus" has proved that it is not!
Countries should urgently develop "defense weapons" to protect their people
from "biological weapons"!
I advocate the development of a "virus tester"
that instantly turns out "positive" like "thermography".
And I would like to say that we should develop a "virus inspection machine"
as an "initial version" of a "biological weapon inspection machine"
as one of the "preparations" for attacks by "biological weapons".

The "pandamic" of the "new coronavirus" should be regarded as a "war of biological weapons",
and measures to protect the safety of the people should be given top priority! First of all,
you should develop a "virus inspection machine"!


Part 1 It's no wonder that "African Americans" have a hatred for "new viruses.
" This seems to be a big "causal relationship" that "hates" to "Asian Americans."
"African Americans" now look like former President Trump's "friends"!

Dr. Davidson, Michigan:
Those who were infected "last fall" and, more often,
those who were infected "last summer or spring" are "re-infected".
Dr. Davidson, Michigan:
Those who were infected last fall, and more often those
who were infected last summer or spring, have been re-infected.
https://www.youtube.com/watch?v=zhOt6nblqRI

There is a possibility that "biological weapons" will become "super weapons" in the 21st century!
The 1995 subway sarin attack caused by Aleph in Japan killed 12 people and hospitalized many others.
Parrots are generally believed to have had the most sophisticated biochemical weapons program
of any non-state group.
However, attacks using anthrax and other pathogens were unsuccessful
and are believed to have "switched" to the use of chemical weapons.
https://toyokeizai.net/articles/-/168851

I will write tomorrow, too.

The amendment of the Immigration Control Act in January 2017 states
that "I am not guilty" as the reason for the amendment.
Reason: Amend from "cannot be punished" to "can be punished".
It is a false charge. Thank you to everyone in the international community.
However, the Japanese government has not yet apologized. See below for the indictment. (Japanese)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
See below for the indictment. (English translation)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

Part 2 Please see the following for the "false charges" of "crimes of support
for immigration law violations" in 2010
Japanese.
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
English language.
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

Best regards.

Yasuhiro Nagano


PS:
Economic activity should be "returned" to normal even under the "new corona"!
Will I continue to receive the corona vaccine two or three times a year? Crazy!
We should develop a "tester" that instantly "finds" a "positive" like thermography.
In certain places tested, negatives can return to "normal life without a mask"!
Please see the previous report for details.
Submitted additional material to the United Nations Human Rights Council (ohchr).
Please request by email enzai_mirai@yahoo.co.jp

Yasuhiro Nagano


It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 05:36| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする