2021年04月28日

ボリス・ジョンソン英国首相 もしアメリカがイランに対して「不当な行為」をすれば「生物兵器」で攻撃すれば良いじゃないですか! イランが「ウィルス兵器」をホワイトハウスにばら撒いても証拠はありません! 犯人は「推定」されるだけです。

ボリス・ジョンソン英国首相 へ


2021-04-28:拝啓 
イランは「核兵器」の開発よりも「生物兵器」の開発を行うべきです!
例え「核兵器」の開発が出来たとしても北朝鮮のようになるだけです。
北朝鮮の「核兵器」は「発射」できない。ミサイルを「発射」すると直ちに「反撃」される。
いまや、「核兵器」は「恫喝」の武器にはなりません!

イランが「生物兵器」を持てば、今回の「新型コロナ」のように世界は「驚愕」します。
しかしイランは「生物兵器」を持っていることを「言う」必要はない!
イランは「生物兵器」の開発を「ほのめかす」だけでよいのです!
「生物兵器」を完成させます。イランは公開で「核施設など」を「放棄」します!
そして「経済制裁」を「解除」させる、べきです!

もしアメリカがイランに対して「不当な行為」をすれば「生物兵器」で攻撃すれば良いじゃないですか!
イランが「ウィルス兵器」をホワイトハウスにばら撒いても証拠はありません!
犯人は「推定」されるだけです。
イランは「推定無罪」です。アメリカがイランに対して「核攻撃」をすることは不可能です!
この事は、今回の「新形コロナウィルス」が、実績として証明されています。

「新型コロナウィルス」をばらまいた「国家」は、未だに「推定無罪」の論理で報復されていません!
アメリカは「報復」として別の「人権問題」で、中国に「虐め」を行っているのです。
人権問題であれば日本の「人権問題」の方が「酷い」にも関わらず、中国だけを「虐め」ているのです!クレイジー!


第1部。イランが、「核兵器への転用」に近づく濃縮度60%のウランの製造を始めると発表した。

今回の事態が、アメリカとイランの今後の協議にどう影響するかについては、
「イスラエル」は前々から、核合意に反対して、アメリカが核合意に戻ることにも反対している。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210414/k10012974281000.html

2010年の研究論文で、元中央情報局(CIA)幹部ロルフ・モワットラーセン氏は述べている。
「アルカイダ」は盗まれた核兵器を探し出すのと同じくらい熱心に生物兵器を手に入れることに熱心だった。
アルカイダは結局、どちらを得ることもできず、従来の攻撃法を続けることになった。
https://toyokeizai.net/articles/-/168851

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。国際社会の皆様ありがとうございました。
しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)


追伸:
「新型コロナ」の下でも経済活動通常に戻すべきです!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
サーモグラフィのように瞬時に「陽性」が判明する検査機を開発すべきです。
検査を受けた特定の場所では、陰性者は「マスク無しの普通の生活」に戻れます!
国連人権理事会(ohchr)に追加資料を提出しました。
Please request by email enzai_mirai@yahoo.co.jp

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)


下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp

★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/

posted by 長野トミー at 05:07| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月27日のつぶやき








































posted by 長野トミー at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月27日

2021年04月26日のつぶやき


















































































































































































































posted by 長野トミー at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月26日

Au président français Emmanuel Macron C'est une guerre, donc si vous êtes attaqué, vous devez protéger votre «peuple»! Je préconise le développement d'un "testeur de virus" qui se révèle instantanément "positif" comme la "thermographie".

Au président français Emmanuel Macron


2021-04-27: Cher Monsieur
Le "nouveau coronavirus" a démontré que si vous développez une "arme biologique" comme un "virus", même une petite nation ou un groupe peut battre la "superpuissance"!
Les «armes à virus» sont peu coûteuses à développer.
Un "kit de développement" pour développer des armes virales sera en vente d'ici 10 ans!
Si vous êtes un ingénieur "manipulation de gènes", vous pouvez facilement "éditer" comme vous le souhaitez!

En «répandant» un «virus» «manipulé par des gènes» qui n'infecte pas «notre peuple», nous pouvons détruire l'humanité partout dans le monde! C'est effrayant! !! J'ai le sentiment que l'expérience a déjà été menée.
Je pense que la nouvelle entreprise au 21e siècle est un crime illégal mais "terroriste" utilisant des "armes biologiques".
Si vous apportez un "virus" et que vous partez, personne ne peut identifier qui est le criminel comme ce "virus de Wuhan"!

C'est une guerre, donc si vous êtes attaqué, vous devez protéger votre «peuple»!
Je préconise le développement d'un "testeur de virus" qui se révèle instantanément "positif" comme la "thermographie".
Et je voudrais dire que nous devrions développer une "machine d'inspection de virus" comme "version initiale" d'une "machine d'inspection d'arme biologique" comme l'une des "préparations" pour les attaques par "armes biologiques".


Partie 1 Il y avait "Hisatsu Shiokininn" dans une série télévisée japonaise populaire.
Dans l'ancien Japon, il y avait aussi un «système judiciaire».
Cependant, avec la «corruption», le «système judiciaire» ne fonctionnait pas. (Actuellement, mais cela ne fonctionne pas).
C'est pourquoi les gens font appel à des «meurtriers professionnels» pour soulager leur «rancune».
Un «petit nombre de meurtriers professionnels» peut utiliser des «armes biologiques» pour commettre des «meurtres massifs» sur une vaste zone.
Sa «puissance» est plus que des «armes nucléaires».
Il n'y a plus de «superpuissance militaire» dans le monde!

Le plus dangereux est lorsqu'une personne ayant une expertise en armes biologiques "pense" à "lancer" une "attaque unique".
C'était après que les enveloppes contenant de l'anthrax aient commencé à parvenir au gouvernement et à d'autres aux États-Unis à la fin de 2001.
Le Federal Bureau of Investigation (FBI) a conclu que Bruce Ivins, un "spécialiste en microbiologie" et chercheur militaire américain, pourrait avoir été le coupable et aurait pu le faire seul.
Ivins s'est suicidé avant son arrestation prévue en 2007.
Plus tard, un groupe de scientifiques a mis en doute les «preuves contre lui» du FBI.

Lors de l'épidémie d'Ebola de 2014 en Afrique de l'Ouest, les responsables occidentaux craignaient que l'EI et d'autres organisations «utilisent» le «chaos».
En particulier, selon un rapport du Centre national de lutte contre le terrorisme, on craignait que des personnes puissent être infectées (par le virus Ebola) et que les personnes infectées puissent être utilisées pour propager l'infection à d'autres régions.
https://toyokeizai.net/articles/-/168851

J'écrirai aussi demain.

L'amendement de la loi sur le contrôle de l'immigration en janvier 2017 stipule que «je ne suis pas coupable» comme raison de l'amendement.
Raison: Modifier de «ne peut pas être puni» à «peut être puni».
C'est une fausse accusation. Merci à tous dans la communauté internationale.
Cependant, le gouvernement japonais ne s'est pas encore excusé. Voir ci-dessous pour l'acte d'accusation. (Japonais)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
Voir ci-dessous pour l'acte d'accusation. (Traduction anglaise)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

Partie 2 Veuillez consulter ce qui suit pour les "fausses accusations" de "crimes de soutien pour violations de la loi sur l'immigration" en 2010
Japonais.
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
Langue Anglaise.
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

Meilleures salutations.


Yasuhiro Nagano



PS:
L'activité économique devrait être «revenue» à la normale même sous la «nouvelle couronne»!
Vais-je continuer à recevoir le vaccin corona deux ou trois fois par an? Fou!
Comme la thermographie, nous devrions développer un «testeur» qui «trouve» instantanément un «positif».
Dans certains endroits testés, les négatifs peuvent revenir à "une vie normale sans masque"!Veuillez consulter le rapport précédent pour plus de détails.
Soumis des informations supplémentaires au Conseil des droits de l'homme des Nations Unies (OHCHR).
Please request by email enzai_mirai@yahoo.co.jp

Yasuhiro Nagano



Il est publié dans le programme suivant.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


Yasuhiro Nagano

Aidez moi.
Contactez-nous si vous avez des questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

★ Veuillez acheter un déjeuner préparé par une personne handicapée! Veuillez nous appeler. Veuillez présenter.
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★ "Le malheur des autres est le goût du miel" "L'amour sauve les peuples du monde" Pour plus d'informations
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
posted by 長野トミー at 17:58| 東京 ☀| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランス大統領 エマニュエル・マクロン 最も危険だと考えられているのは、生物兵器に関連する専門知識を持つ人間が、 「単独の攻撃」を「仕掛けよう」と「考えた場合」だ。

フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ


2021-04-27:拝啓 
「ウィルス」のような「生物兵器」を開発すれば、
小さな国家や団体でも「超大国」に勝てることを「新型コロナウィルス」は実証した!
「ウィルスの兵器」は開発費が安価です。
きっと10年以内には「ウィルスの兵器」の「開発キット」は販売されるだろう!
「遺伝子操作」の技術者ならば、簡単に思い通りの「編集」が可能になるだろう!

「自分たちの国民」だけには感染をしない「遺伝子操作」をされたワクチンを接種しておけば、
全世界の人類を壊滅することも出来ます!恐ろしいことです!!すでに実験は行われている気がします。
21世紀の新しいビジネスは、非合法ですが「生物兵器」を使った「テロ犯罪」だと思います。
「ウィルス」を持ち込んで立ち去れば、今回の「武漢ウィルス」のように、
犯人が誰であるかを誰も特定することが出来ません!

戦争ですから、攻撃されたら「自分たちの国民」を守るべきです!
私は「サーモグラフィ」のように瞬時に「陽性」が判明する「ウィルス検査機」の開発を提唱している。
そして私は「生物兵器」による攻撃に対する「備え」の一つとして
「生物兵器の検査機」の「初期バージョン」として「ウィルス検査機」を開発するべきだと言いたい。


第1部。日本の人気テレビドラマに「必殺・仕置人(Hissatu siokininn)がありました。
昔の日本 も「司法制度」はありました。
しかし「贈収賄=bribery」で「司法制度」は機能をしていませんでした。(今でも、機能をしていません)。
それで人びとは「プロの殺人者」に「恨み」を晴らして貰うのです。
「少人数のプロの殺人者」は「生物兵器」を操作して広域の範囲で「大量の殺人」が可能です。
その「威力」は「核兵器」以上です。
もはや世界で「軍事の超大国」は存在しなくなるのです!

最も危険だと考えられているのは、生物兵器に関連する専門知識を持つ人間が、
「単独の攻撃」を「仕掛けよう」と「考えた場合」だ。
2001年末に米国で炭疽菌が封入された封筒が、政府などに届き始めた後です。、
米連邦捜査局(FBI)は、
「微生物の学者」であり米軍の研究員であるブルース・アイヴィンス氏が犯人の可能性があるとした、
しかも単独で行ったと考えられると結論づけた。
アイヴィンス氏は、2007年予定されていた逮捕の前に自殺した。
後に科学者の一団は、FBIの「彼に対する証拠」に疑念を投げかけた。

2014年の西アフリカにおけるエボラ出血熱の流行で、
西側当局者は、ISやほかの組織が「その混乱」を「利用」するかもしれないと懸念した。
特に、テロ対策センターの報告書によると、人に(エボラウイルスを)感染させ、
その感染者を使ってほかの地域に感染を広げようとする可能性が懸念されていた。
https://toyokeizai.net/articles/-/168851

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。国際社会の皆様ありがとうございました。
しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e
起訴状は下記でご覧ください。(英語翻訳)
http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

敬具。


長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



追伸:
「新型コロナ」の下でも経済活動通常に「戻すべき」です!
コロナワクチンを年に2、3回 接種し続けるのだろうか?クレイジだ!
サーモグラフィのように瞬時に「陽性」が「判明」する「検査器」を開発すべきです。
検査を受けた特定の場所では、「陽性者」はマスク無しの「通常の生活」に戻れます!詳細は既報をご覧ください。
国連人権理事会(ohchr)に追加資料を提出しました。
Please request by email enzai_mirai@yahoo.co.jp

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)




下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
posted by 長野トミー at 17:55| 東京 ☀| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする