2021年01月29日

2021年01月28日のつぶやき














































































































posted by 長野トミー at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月28日

フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ 新型コロナウイルス肺炎の診療においては、CTは病変の検出、広がり範囲や重症度の判定、 さらに背景にある基礎疾患との因果関係、肺の空気が入る細かな構造部分に水がたまる肺水腫など、 合併症の診断に大いに役立つでしょう

フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ


私は国連人権理事会(ohchr)に追加資料を提出しました。
フランスAFPの報道を翻訳した記事を読みました。
「カルロス・ゴーン」の逮捕・監禁は「世界人権宣言」の第9条、10条、11条違反、
そして「市民的及び政治的権利に関する国際規約」の第9条、10条、14条に違反しているから、国連の作業部会がとり上げた。
「私」も「この観点」から「追加の資料」の提出を致しました。
日本は「通報制度」を批准していません。
しかし、ゴーン氏の弁護士、フランソワ・ジメレーとジェシカ・フィネルの日本政府への「苦情」が「作業部会」で審議された。
そうであれば、私の「苦情」も「恣意的拘留に関する作業部会」で扱うべきです。そうなるように支援をお願いします!
この問題を「国連人権理事会」で支援をしてください。
資料が大量にあるので、「ファイル添付」ができません。
資料は「苦情の提出資料」は下記にアップしましたのでダウンロードをしてください。
Please request by email enzai_mirai@yahoo.co.jp


2021-01-28:拝啓、
各国の首脳や政治家は経済活動を通常に戻すための投資を行うべきです。
経済活動を通常に戻すためには
「新型コロナウィルス」と共存して「人々の生命や健康」と「経済活動」を「通常」に行う必用があります。
そのためには「感染者」を早期に発見して隔離をして治療を受けさせるべきです。
人々が集まる特定の場所ごとに「新型コロナウィルス」に感染した者を発見して隔離することで
「非感染者」は特定の範囲内では「コロナのマスク」をせずに生活をします。
特定の範囲内とは「公共施設」、「イベント会場」「オフイス」、「工場」、「レストラン」、「スーパーマーケット」などです。
そのためには「CT検査装置」や「MRI検査装置」の技術を応用して
「PCR検査装置」に代わる「無人の検査装置」を開発すべきです。
「サーモグラフィー装置」で体温を計測するように、
装置の前に立つだけで一瞬にして「コロナウィルス」の「陰性」が判明出来る装置です。
「サーモグラフィー装置」のようにコンパクトで低価格の装置が開発出来れば
人類は「ストレス」を感じることがなく「新型コロナ」と共存出来ます。
「新型ワクチンの開発費用」と同じくらいの開発費を投入すれば必ず実現出来ると思います。

第1部。最近発表された論文で、PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法の検査で陽性反応が出る前に、
コンピューター断層撮影(CT)所見が判明した例があり、CTを撮れば、
コロナウイルスの感染の早期発見やスクリーニングができるのでは、という意見も出ています。
PCR法の検査が容易には受けられないことから、感染の確認のためにCTを受けようという動きが今後、
高まることが予想されています。うした状況に対して、日本放射線科専門医会は緊急提言をまとめています。
同会理事長の井田正博先生に伺いました。
CTは呼吸器疾患のみならず、さまざまな領域の病気の状態を明らかにすることに有用な画像検査法です。
新型コロナウイルス肺炎の診療においては、CTは病変の検出、広がり範囲や重症度の判定、
さらに背景にある基礎疾患との因果関係、肺の空気が入る細かな構造部分に水がたまる肺水腫など、
合併症の診断に大いに役立つでしょう。
https://medical.jiji.com/topics/1553

MRIとは磁気共鳴画像撮影法のことで、正式には「Magnetic(磁気) Resonance (共鳴)Imaging(画像)」といいます。
大きなトンネル型の装置に強力な磁場を発生させて、ある周波数の電波を照射すると、体の中の水素原子が移動します。
一定時間経ってから照射を止めると、体内の水や脂肪など、電波によって移動していた組織が元の位置に戻ろうとします。
この時の、細胞組織の動きを画像として取得し、その画像から脳梗塞などの異常を発見するのがMRI検査です。
https://www.docknet.jp/media/brain-dock-13/

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。国際社会の皆様ありがとうございました。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。
起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
posted by 長野トミー at 05:23| 東京 ☁| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ連邦 アンゲラ・メルケル 首相 へ MRIとは磁気共鳴画像撮影法のことで、正式には「Magnetic(磁気) Resonance (共鳴)Imaging(画像)」といいます。 大きなトンネル型の装置に強力な磁場を発生させて、ある周波数の電波を照射すると、体の中の水素原子が移動します。

ドイツ連邦 アンゲラ・メルケル 首相 へ  


私は国連人権理事会(ohchr)に追加資料を提出しました。
フランスAFPの報道を翻訳した記事を読みました。
「カルロス・ゴーン」の逮捕・監禁は「世界人権宣言」の第9条、10条、11条違反、そして「市民的及び政治的権利に関する国際規約」の第9条、10条、14条に違反しているから、国連の作業部会がとり上げた。「私」も「この観点」から「追加の資料」の提出を致しました。
日本は「通報制度」を批准していません。
しかし、ゴーン氏の弁護士、フランソワ・ジメレーとジェシカ・フィネルの日本政府への「苦情」が「作業部会」で審議された。
そうであれば、私の「苦情」も「恣意的拘留に関する作業部会」で扱うべきです。そうなるように支援をお願いします!
この問題が「国連人権理事会」が支援をしてください。
資料が大量にあるので、「ファイル添付」ができません。
資料は「苦情の提出資料」は下記にアップしましたのでダウンロードをしてください。
Please request by email enzai_mirai@yahoo.co.jp


2021-01-28:拝啓、
各国の首脳や政治家は経済活動を通常に戻すための投資を行うべきです。
経済活動を通常に戻すためには
「新型コロナウィルス」と共存して「人々の生命や健康」と「経済活動」を「通常」に行う必用があります。
そのためには「感染者」を早期に発見して隔離をして治療を受けさせるべきです。
人々が集まる特定の場所ごとに「新型コロナウィルス」に感染した者を発見して隔離することで
「非感染者」は特定の範囲内では「コロナのマスク」をせずに生活をします。
特定の範囲内とは「公共施設」、「イベント会場」「オフイス」、「工場」、「レストラン」、「スーパーマーケット」などです。
そのためには「CT検査装置」や「MRI検査装置」の技術を応用して
「PCR検査装置」に代わる「無人の検査装置」を開発すべきです。
「サーモグラフィー装置」で体温を計測するように、
装置の前に立つだけで一瞬にして「コロナウィルス」の「陰性」が判明出来る装置です。
「サーモグラフィー装置」のようにコンパクトで低価格の装置が開発出来れば
人類は「ストレス」を感じることがなく「新型コロナ」と共存出来ます。
「新型ワクチンの開発費用」と同じくらいの開発費を投入すれば必ず実現出来ると思います。

第1部。最近発表された論文で、PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法の検査で陽性反応が出る前に、
コンピューター断層撮影(CT)所見が判明した例があり、CTを撮れば、
コロナウイルスの感染の早期発見やスクリーニングができるのでは、という意見も出ています。
PCR法の検査が容易には受けられないことから、感染の確認のためにCTを受けようという動きが今後、
高まることが予想されています。うした状況に対して、日本放射線科専門医会は緊急提言をまとめています。
同会理事長の井田正博先生に伺いました。
CTは呼吸器疾患のみならず、さまざまな領域の病気の状態を明らかにすることに有用な画像検査法です。
新型コロナウイルス肺炎の診療においては、CTは病変の検出、広がり範囲や重症度の判定、
さらに背景にある基礎疾患との因果関係、肺の空気が入る細かな構造部分に水がたまる肺水腫など、
合併症の診断に大いに役立つでしょう。
https://medical.jiji.com/topics/1553

MRIとは磁気共鳴画像撮影法のことで、正式には「Magnetic(磁気) Resonance (共鳴)Imaging(画像)」といいます。
大きなトンネル型の装置に強力な磁場を発生させて、ある周波数の電波を照射すると、体の中の水素原子が移動します。
一定時間経ってから照射を止めると、体内の水や脂肪など、電波によって移動していた組織が元の位置に戻ろうとします。
この時の、細胞組織の動きを画像として取得し、その画像から脳梗塞などの異常を発見するのがMRI検査です。
https://www.docknet.jp/media/brain-dock-13/

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。国際社会の皆様ありがとうございました。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。
起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



私の情報 ***************

私は「メルケルドイツ連邦首相」へは「メールで送信」をしていた。
過去のメール送信(エラー)は下記で全てを読むことができます。
下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.com/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp


★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
posted by 長野トミー at 05:20| 東京 ☁| Comment(0) | ドイツ首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボリス・ジョンソン英国首相 へ PCR法の検査が容易には受けられないことから、感染の確認のためにCTを受けようという動きが今後、 高まることが予想されています。うした状況に対して、日本放射線科専門医会は緊急提言をまとめています。

ボリス・ジョンソン英国首相 へ

国連人権理事会(ohchr)に追加資料を提出しました。
フランスAFPの報道を翻訳した記事を読みました。
「カルロス・ゴーン」の逮捕・監禁は「世界人権宣言」の第9条、10条、11条違反、そして「市民的及び政治的権利に関する国際規約」の第9条、10条、14条に違反しているから、国連の作業部会がとり上げた。「私」も「この観点」から「追加の資料」の提出を致しました。
日本は「通報制度」を批准していません。
しかし、ゴーン氏の弁護士、フランソワ・ジメレーとジェシカ・フィネルの日本政府への「苦情」が「作業部会」で審議された。
そうであれば、私の「苦情」も「恣意的拘留に関する作業部会」で扱うべきです。そうなるように支援をお願いします!
「英国政府」は、この問題が「国連人権理事会」で「公平」に取り扱うように支援をしてください。
資料が大量にあるので、「ファイル添付」ができません。
資料は「苦情の提出資料」は下記にアップしましたのでダウンロードをしてください。
Please request by email enzai_mirai@yahoo.co.jp


2021-01-28:拝啓、
各国の首脳や政治家は経済活動を通常に戻すための投資を行うべきです。
経済活動を通常に戻すためには
「新型コロナウィルス」と共存して「人々の生命や健康」と「経済活動」を「通常」に行う必用があります。
そのためには「感染者」を早期に発見して隔離をして治療を受けさせるべきです。
人々が集まる特定の場所ごとに「新型コロナウィルス」に感染した者を発見して隔離することで
「非感染者」は特定の範囲内では「コロナのマスク」をせずに生活をします。
特定の範囲内とは「公共施設」、「イベント会場」「オフイス」、「工場」、「レストラン」、「スーパーマーケット」などです。
そのためには「CT検査装置」や「MRI検査装置」の技術を応用して
「PCR検査装置」に代わる「無人の検査装置」を開発すべきです。
「サーモグラフィー装置」で体温を計測するように、
装置の前に立つだけで一瞬にして「コロナウィルス」の「陰性」が判明出来る装置です。
「サーモグラフィー装置」のようにコンパクトで低価格の装置が開発出来れば
人類は「ストレス」を感じることがなく「新型コロナ」と共存出来ます。
「新型ワクチンの開発費用」と同じくらいの開発費を投入すれば必ず実現出来ると思います。

第1部。最近発表された論文で、PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法の検査で陽性反応が出る前に、
コンピューター断層撮影(CT)所見が判明した例があり、CTを撮れば、
コロナウイルスの感染の早期発見やスクリーニングができるのでは、という意見も出ています。
PCR法の検査が容易には受けられないことから、感染の確認のためにCTを受けようという動きが今後、
高まることが予想されています。うした状況に対して、日本放射線科専門医会は緊急提言をまとめています。
同会理事長の井田正博先生に伺いました。
CTは呼吸器疾患のみならず、さまざまな領域の病気の状態を明らかにすることに有用な画像検査法です。
新型コロナウイルス肺炎の診療においては、CTは病変の検出、広がり範囲や重症度の判定、
さらに背景にある基礎疾患との因果関係、肺の空気が入る細かな構造部分に水がたまる肺水腫など、
合併症の診断に大いに役立つでしょう。
https://medical.jiji.com/topics/1553

MRIとは磁気共鳴画像撮影法のことで、正式には「Magnetic(磁気) Resonance (共鳴)Imaging(画像)」といいます。
大きなトンネル型の装置に強力な磁場を発生させて、ある周波数の電波を照射すると、体の中の水素原子が移動します。
一定時間経ってから照射を止めると、体内の水や脂肪など、電波によって移動していた組織が元の位置に戻ろうとします。
この時の、細胞組織の動きを画像として取得し、その画像から脳梗塞などの異常を発見するのがMRI検査です。
https://www.docknet.jp/media/brain-dock-13/

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。国際社会の皆様ありがとうございました。しかし日本政府はまだ謝罪をしません。
起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e

第2部。2010年の「入管法違反の支援の犯罪」の「冤罪」は以下をご覧ください
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)


下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp

★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
posted by 長野トミー at 05:19| 東京 ☁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月27日のつぶやき


































































































posted by 長野トミー at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする