2020年10月29日

フランス大統領 エマニュエル・マクロン 中国が国家的にインターネット検閲・規制・制限している政策名を「金盾(グレートファイヤーウォール)」と呼びます。 インターネットだけでなく、テレビ、 ラジオ、 新聞、 SMSの内容、メールの中身、 電話の通話内容まで、 すべて国家の認可局を通して運営されています。 LINE、 カカオトーク、 Twitter、 Facebook、Instagram、 YouTube、ニコニコ動画、 Googleなど…何とも厳しい規制。


フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ


2020-10-29:拝啓、
米政府は「ウーチャット」使用禁止の差し止めを不服として、連邦控訴裁 に上訴しました!
中国が国家的にインターネット検閲・規制・制限している政策名を「金盾(グレートファイヤーウォール)」と呼びます。
Twitter、Facebook、Instagram、YouTube、などは中国で自由に営業ができません。
米国政府は中国と対等な関係を維持するため!
(これは中国の奴隷にならない為にです)。
法律を整備すべきです。これは中国だけではありません。日本などの国々も対象とすべきです。
自由と民主主義そして人権を尊重しない、法の下での統治をしない、
外国企業に自由な営業をさせないなどをする国に対しては、米国は相手国の政府や企業、個人などに対しては、
相手国の法律(法律の解釈を含む)と「同一の法律」を適用するとする法律の立法をするべきです。
この法律を立法すれば、中国企業は米国では中国内と同様の自由と民主主義しか受けることが出来なくなります。
「ウーチャット」の使用禁止は当然となります。
中国は相手国の法律で守られたいならば、中国も相手国の法律に合わせた国内統治をするべきです


第1部。 米政は2日、中国IT大手テンセント傘下のSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」の使用を
事実上禁止する大統領令の執行を一時差し止めた連邦地方裁判所の命令を不服として、連邦控訴裁に上訴した。
個人情報の流出など安全保障上の懸念があるとの考えを改めて示した形だ。
中国IT企業バイトダンス傘下の動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」についても、
米政府は27日から配信禁止にする予定だったが、連邦地裁が一時差し止めた。
米政府はこれに対しても不満を表明しており、中国企業のアプリを巡る法廷争いが当面続く見通しだ。
https://www.yomiuri.co.jp/world/20201003-OYT1T50124/

中国が国家的にインターネット検閲・規制・制限している政策名を「金盾(グレートファイヤーウォール)」と呼びます。
インターネットだけでなく、テレビ、 ラジオ、 新聞、 SMSの内容、メールの中身、 電話の通話内容まで、
すべて国家の認可局を通して運営されています。
LINE、 カカオトーク、 Twitter、 Facebook、Instagram、 YouTube、ニコニコ動画、 
Googleなど…何とも厳しい規制。
https://caledonia01.com/china-sns-46

グレートファイアウォール(金盾)とは?世界最高峰のセキュリティを誇る中国の壁!
中国政府によって国民に知らせたくない外部の危険で有害な思想や情報から、
彼らにとって安全で国民に知らせられる情報しか存在しない国内ネットワークを守るためといううがった解釈もできるでしょう。
中国国内では政府がインターネットに対して、
このような検閲を行っていることは一般の国民にはあまり知られていないのです。
https://cybersecurity-jp.com/security-measures/6729

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。国際社会の皆様ありがとうございました。
しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e

第2部。以下は下記をご覧ください。
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)




下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/続きを読む
posted by 長野トミー at 08:18| 東京 ☁| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ連邦 アンゲラ・メルケル 首相 へ b 米政は2日、中国IT大手テンセント傘下のSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」の使用を 事実上禁止する大統領令の執行を一時差し止めた連邦地方裁判所の命令を不服として、連邦控訴裁に上訴した。 個人情報の流出など安全保障上の懸念があるとの考えを改めて示した形だ。


ドイツ連邦 アンゲラ・メルケル 首相 へ


2020-10-29:拝啓、
米政府は「ウーチャット」使用禁止の差し止めを不服として、連邦控訴裁 に上訴しました!
中国が国家的にインターネット検閲・規制・制限している政策名を「金盾(グレートファイヤーウォール)」と呼びます。
Twitter、Facebook、Instagram、YouTube、などは中国で自由に営業ができません。
米国政府は中国と対等な関係を維持するため!
(これは中国の奴隷にならない為にです)。
法律を整備すべきです。これは中国だけではありません。日本などの国々も対象とすべきです。
自由と民主主義そして人権を尊重しない、法の下での統治をしない、
外国企業に自由な営業をさせないなどをする国に対しては、米国は相手国の政府や企業、個人などに対しては、
相手国の法律(法律の解釈を含む)と「同一の法律」を適用するとする法律の立法をするべきです。
この法律を立法すれば、中国企業は米国では中国内と同様の自由と民主主義しか受けることが出来なくなります。
「ウーチャット」の使用禁止は当然となります。
中国は相手国の法律で守られたいならば、中国も相手国の法律に合わせた国内統治をするべきです


第1部。 米政は2日、中国IT大手テンセント傘下のSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」の使用を
事実上禁止する大統領令の執行を一時差し止めた連邦地方裁判所の命令を不服として、連邦控訴裁に上訴した。
個人情報の流出など安全保障上の懸念があるとの考えを改めて示した形だ。
中国IT企業バイトダンス傘下の動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」についても、
米政府は27日から配信禁止にする予定だったが、連邦地裁が一時差し止めた。
米政府はこれに対しても不満を表明しており、中国企業のアプリを巡る法廷争いが当面続く見通しだ。
https://www.yomiuri.co.jp/world/20201003-OYT1T50124/

中国が国家的にインターネット検閲・規制・制限している政策名を「金盾(グレートファイヤーウォール)」と呼びます。
インターネットだけでなく、テレビ、 ラジオ、 新聞、 SMSの内容、メールの中身、 電話の通話内容まで、
すべて国家の認可局を通して運営されています。
LINE、 カカオトーク、 Twitter、 Facebook、Instagram、 YouTube、ニコニコ動画、 
Googleなど…何とも厳しい規制。
https://caledonia01.com/china-sns-46

グレートファイアウォール(金盾)とは?世界最高峰のセキュリティを誇る中国の壁!
中国政府によって国民に知らせたくない外部の危険で有害な思想や情報から、
彼らにとって安全で国民に知らせられる情報しか存在しない国内ネットワークを守るためといううがった解釈もできるでしょう。
中国国内では政府がインターネットに対して、
このような検閲を行っていることは一般の国民にはあまり知られていないのです。
https://cybersecurity-jp.com/security-measures/6729

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。国際社会の皆様ありがとうございました。
しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e

第2部。以下は下記をご覧ください。
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

敬具。
長野恭博 (Yasuhiro Nagano)


私の情報 ***************

私は「メルケルドイツ連邦首相」へは「メールで送信」をしていた。
過去のメール送信(エラー)は下記で全てを読むことができます。
下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.com/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp
posted by 長野トミー at 08:17| 東京 ☁| Comment(0) | ドイツ首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボリス・ジョンソン 英国首相 へ 2020-10-29:拝啓、 米政府は「ウーチャット」使用禁止の差し止めを不服として、連邦控訴裁 に上訴しました! 中国が国家的にインターネット検閲・規制・制限している政策名を「金盾(グレートファイヤーウォール)」と呼びます。 Twitter、Facebook、Instagram、YouTube、などは中国で自由に営業ができません。

ボリス・ジョンソン 英国首相 へ


2020-10-29:拝啓、
米政府は「ウーチャット」使用禁止の差し止めを不服として、連邦控訴裁 に上訴しました!
中国が国家的にインターネット検閲・規制・制限している政策名を「金盾(グレートファイヤーウォール)」と呼びます。
Twitter、Facebook、Instagram、YouTube、などは中国で自由に営業ができません。
米国政府は中国と対等な関係を維持するため!
(これは中国の奴隷にならない為にです)。
法律を整備すべきです。これは中国だけではありません。日本などの国々も対象とすべきです。
自由と民主主義そして人権を尊重しない、法の下での統治をしない、
外国企業に自由な営業をさせないなどをする国に対しては、米国は相手国の政府や企業、個人などに対しては、
相手国の法律(法律の解釈を含む)と「同一の法律」を適用するとする法律の立法をするべきです。
この法律を立法すれば、中国企業は米国では中国内と同様の自由と民主主義しか受けることが出来なくなります。
「ウーチャット」の使用禁止は当然となります。
中国は相手国の法律で守られたいならば、中国も相手国の法律に合わせた国内統治をするべきです


第1部。 米政は2日、中国IT大手テンセント傘下のSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」の使用を
事実上禁止する大統領令の執行を一時差し止めた連邦地方裁判所の命令を不服として、連邦控訴裁に上訴した。
個人情報の流出など安全保障上の懸念があるとの考えを改めて示した形だ。
中国IT企業バイトダンス傘下の動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」についても、
米政府は27日から配信禁止にする予定だったが、連邦地裁が一時差し止めた。
米政府はこれに対しても不満を表明しており、中国企業のアプリを巡る法廷争いが当面続く見通しだ。
https://www.yomiuri.co.jp/world/20201003-OYT1T50124/

中国が国家的にインターネット検閲・規制・制限している政策名を「金盾(グレートファイヤーウォール)」と呼びます。
インターネットだけでなく、テレビ、 ラジオ、 新聞、 SMSの内容、メールの中身、 電話の通話内容まで、
すべて国家の認可局を通して運営されています。
LINE、 カカオトーク、 Twitter、 Facebook、Instagram、 YouTube、ニコニコ動画、 
Googleなど…何とも厳しい規制。
https://caledonia01.com/china-sns-46

グレートファイアウォール(金盾)とは?世界最高峰のセキュリティを誇る中国の壁!
中国政府によって国民に知らせたくない外部の危険で有害な思想や情報から、
彼らにとって安全で国民に知らせられる情報しか存在しない国内ネットワークを守るためといううがった解釈もできるでしょう。
中国国内では政府がインターネットに対して、
このような検閲を行っていることは一般の国民にはあまり知られていないのです。
https://cybersecurity-jp.com/security-measures/6729

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。国際社会の皆様ありがとうございました。
しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e

第2部。以下は下記をご覧ください。
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)



下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp

★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
posted by 長野トミー at 08:16| 東京 ☁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日のつぶやき






























































































posted by 長野トミー at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ 2020-10-28:拝啓、「資金」さえあれば。最新の製造設備や部品を購入することで一番競争力のある製品を作ることができるのです。 しかし新製品の研究開発は必要です。 新製品の開発に「資源」を集中して投資するので、生産設備を「疎か」かにしたのです。 古い生産設備で造られた製品は市場で競争力がないのは当然です。

フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ


2020-10-28:拝啓、
アメリカの「企業の経営者」は投資に「臆病」になった。目先の利益にを追い求めている。
「このまま」では、アメリカ人は中国の「奴隷」になるだろう。
奴隷が嫌なら米国は中国を「デカップリング」するべきだ!
日本の製造業は弱くなりました。昔は製品を作るのに部品のほとんどを自社で製造していました。
一番の競争力は部品や製品を組み立てる機械で自社で製造していました。
他社が参入して同じような製品を生産することは困難でした。しかし今では分業体制になりました。
「資金」さえあれば。最新の製造設備や部品を購入することで一番競争力のある製品を作ることができるのです。
しかし新製品の研究開発は必要です。
新製品の開発に「資源」を集中して投資するので、生産設備を「疎か」かにしたのです。
古い生産設備で造られた製品は市場で競争力がないのは当然です。
半導体や家電製品をみると、日本も米国と同じです。
中国と同等の競争力を持つには、民間企業へ国家資金(税金)の投入が必要です。
私はこれを避けるために、中国を完全に「「デカップリング」するべきだと主張をし続けて、います。



第1部。 かつて“世界の下請け工場”として見られていた中国が、
どのようにして世界をリードする国へと変化を遂げたのか──

中国は、1978年12月に開催された中国共産党第十一期中央委員会第三回全体会議で「改革開放」が提出されてから、
工業・農業・科学技術・国防の「四つの近代化」を柱に平等主義から資本主義へと変化していく。

1981年には、資本主義経済の拠点として、沿海部を中心とした4つの経済特別区が制定された。
その中には、今日では東洋のシリコンバレーとまで呼ばれるようになった深圳も含まれている。
この4都市に外資系企業を誘致することで、安い関税と労働力を武器とした製造業が発展していくことになる。

そして1992年に「社会主義市場経済論」が発表され、
社会主義であっても市場があっても良い”とする明確な指標が提示される。
これを機にさらに経済開放区が増加し国外からの直接投資が増え、
外資系企業が中国で製造し諸外国に輸出するスキームが確立されることとなった。

さらに2001年のWTO(世界貿易機関)加盟なども追い風になって市場が活発になり、
世界最大の製造工場であるフォックスコン(Foxconn)を始めとする数多くの製造受託企業を輩出。
世界の工場・貿易大国へと成長を遂げたのだ。

この改革にすべての企業が取り組んだ結果、
スタートから5年間で深圳や広州を有する広東省では最低賃金が年平均で約12%も上昇し(なお同時期の日本は3%程度)、
大多数を占めていた低所得者層が下位中間層レベルまで底上げされることとなった。月給16000円?
https://www.sbbit.jp/article/cont1/37178

私は明日,も,書きます。

2017年1月の入管法の改正で「私は無罪」であることが改正理由で述べています。
理由:「処罰できない」から「処罰できる」ように改正する。
「冤罪」です。国際社会の皆様ありがとうございました。
しかし日本政府はまだ謝罪をしません。起訴状は下記でご覧ください。
(日本語)
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/c9639cd8d9ab6f7d734bdbb61511a31e

第2部。以下は下記をご覧ください。
日本語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/d28c05d97af7a48394921a2dc1ae8f98
英語。
https://blog.goo.ne.jp/nipponnoasa/e/ac718e4f2aab09297bdab896a94bd194

敬具。

長野恭博 (Yasuhiro Nagano)





下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
posted by 長野トミー at 07:12| 東京 ☁| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする