2019年03月25日

エマニュエル・マクロン フランス大統領 へ 2019-03-25:ニュージーランドの事件は「メキシコ国境との壁」の問題と本質は同じです。 アメリカは不法移民が入ってくると、いずれ白人たちがこのような事件を起こすと思います。 ドナルドトランプ大統領は、 このような事件を発生させないために「不法移民」の入国を阻止するためにメキシコ国境の"壁”が必要だと、 アメリカ国民に訴えるべきです。各国は移民問題を真剣に再検討すべきです。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


エマニュエル・マクロン フランス大統領 へ


2019-03-25:ニュージーランドの事件は「メキシコ国境との壁」の問題と本質は同じです。
アメリカは不法移民が入ってくると、いずれ白人たちがこのような事件を起こすと思います。
ドナルドトランプ大統領は、
このような事件を発生させないために「不法移民」の入国を阻止するためにメキシコ国境の"壁”が必要だと、
アメリカ国民に訴えるべきです。各国は移民問題を真剣に再検討すべきです。


拝啓。ニュージーランド南部のクライストチャーチにあるイスラム教の礼拝所・モスクで銃乱射事件が起き、50人が死亡しました。
現場からは大量の武器が見つかり、犯行に使われた車からも手製の爆弾が2つ見つかっていて、
警察は、計画的な犯行と見て捜査しています。

ツイッターには、犯行声明とみられる文書が投稿されていることが確認されました。
28歳だと言う男は犯行の動機について、2年も前から計画していた、と彼は文書の中で述べています。
その内容は「移民が白人社会を脅かして侵略している」とする「 general meaning purportのIncident」です。
米連邦捜査局(FBI)の元捜査官でCNNの法執行アナリスト、スティーブ・ムーア氏は「動画の拡散」について述べている。
「私が一般の人々に問いかけたいのはテロリストを支援したいのかということだ」。
「動画をシェアすれば、それはテロリストを支援していることと同じになる」と彼は「注意」を「促した」。

私は「この事件の犯人」の「犯罪の動機」を聞いて、ニュージーランド政府は移民政策を「見直し」するべきであると思います。
ドナルドトランプ大統領の「メキシコ国境との壁」の問題と本質は同じです。
アメリカは不法移民が入ってくると、いずれ白人たちがこのような事件を起こすと思います。
ドナルドトランプ大統領は、このような事件を発生させないために「不法移民」の入国を阻止するために
「メキシコ国境との壁」が必要だと、アメリカ国民に訴えるべきです。

ニュージーランドは経済成長や労働力不足などを背景に、これまで積極的に移民を受け入れてきました。
政府の統計によりますと、2017年7月までの1年間に増加した移民の数は7万2400人で、過去最高となりました。
一方で、移民の増加は住宅価格の高騰などを招いているとして批判の声も出ていて、
アーダーン首相が率いる労働党は移民の増加数を年間3万人程度に抑える方針を示しています。
また近年はイスラム教徒の数も増えています。2013年には4万6149人です、増加の傾向にあります。

これはどこの国も同じです。経済成長を目指すと労働力不足が生じます。
各国はその解決策として国民の生活を無視して移民を受け入れます。
移民の増加は、「自国民」の失業や賃金の低下、生活環境の破壊など様々な問題を生じます。
今回の事件は、ニュージーランド政府の移民政策の結果として発生した事件だと思います。
私は「安価な労働力不足」を解消するための移民や難民の「受入の政策」を提案して、います。
私は各国が経済成長と「移民や難民」の「救済」を考慮して検討してくれることを「期待」します。

動画をシェアについてですが、現在のネット社会では無理だと思います。
なぜならネット社会は「画像」や「動画」を「拡散」することで成り立つシステムだからです。
心配なことは、この事件に対して、イスラム教徒の復讐です。
『旧約聖書・エジプト記・21章』には「Eye for eye, tooth for tooth, hand for hand, foot for foot.」とあります。
日本人は必ず「復讐」します。
日本の常識は「目には目を、歯には歯を」です。
日本の裁判は「殺人」に対しては、「死刑」で「応報」します!

各国の政府は移民問題を真剣に検討すべきです。
グローバル経済では「移民や難民」の受け入れは必要です。
しかし自国民の雇用や生活の安全は「移民や難民」の受け入れより優先すべきです。

各国政府の皆さん!経済成長と自国民の生活の安全を真剣に考えるべきです。Ganbare!

世界の皆さん、日本の司法のクレイジーな「法の論理」を「糾弾」してください。
皆さん、日本の人権問題を「G20」や「国連の人権理事会」で取り上げてください。

明日に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。
私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が入管法22-4-4条の支援を理由として、
入管法70条に対して刑法の62条「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。
しかし、入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博


下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp






#MeToo Victimes des droits de l'homme!


Emmanuel Macron au président français


2019-03-25: L'incident en Nouvelle-Zélande est identique au problème de la "frontière et du mur mexicains".
Lorsque des immigrants clandestins arrivent aux États-Unis, je pense que les Blancs finiront par commettre un tel incident.
Le président Donald Trump est
S'il est nécessaire d'empêcher l'entrée "d'immigrants clandestins" pour empêcher de tels incidents, le "mur" de la frontière mexicaine est nécessaire.
Vous devriez faire appel au peuple américain. Les pays devraient sérieusement reconsidérer la question de l'immigration.


Salutations Un coup de feu a été tiré sur un lieu de culte ou une mosquée islamique à Christchurch, dans le sud de la Nouvelle-Zélande, faisant 50 morts.
De nombreuses armes ont été trouvées sur les lieux et deux bombes artisanales ont également été trouvées dans la voiture utilisée pour le crime.
La police enquête sur ce crime planifié.

Il a été confirmé qu'un document qui semble être une déclaration de crime a été posté sur Twitter.
L’homme de 28 ans avait planifié depuis deux ans les motifs du crime, a-t-il déclaré dans un document.
Le contenu dit "incident de portée générale" que "des immigrés menacent et envahissent la société blanche".
Steve Moore, ancien agent du FBI et analyste chargé de l'application de la loi chez CNN, a décrit "la diffusion de vidéos".
"Ce que je veux demander au grand public, c'est si vous voulez aider les terroristes."
"Si vous partagez la vidéo, c’est la même chose que de soutenir les terroristes", at-il "incité à".

Quand j'entends "motifs criminels" de "criminels de cette affaire", je pense que le gouvernement néo-zélandais devrait "réévaluer" la politique d'immigration.
L'essence est la même que celle du problème de "la frontière et le mur du Mexique" du président Donald Trump.
Lorsque des immigrants clandestins arrivent aux États-Unis, je pense que les Blancs finiront par commettre un tel incident.
Le président Donald Trump, afin d'empêcher l'entrée "d'immigrants illégaux" pour prévenir de tels incidents
Vous devriez faire appel au peuple américain si vous avez besoin d'une "frontière et d'un mur avec le Mexique".

La Nouvelle-Zélande accepte activement les immigrants dans un contexte de croissance économique et de pénurie de main-d'œuvre.
Selon les statistiques du gouvernement, le nombre d'immigrants est passé à 72 400 jusqu'en juillet 2017, un record.
Les critiques affirment en revanche que l’augmentation de la migration a entraîné une flambée des prix du logement, etc.
Le Parti travailliste, dirigé par Ardhan, a indiqué que le nombre d'immigrants serait réduit à environ 30 000 par an.
Le nombre de musulmans a également augmenté ces dernières années. Il y a 46 149 personnes en 2013, et la tendance est à la hausse.

C'est pareil dans tous les pays. Si vous visez la croissance économique, il y aura une pénurie de main-d'œuvre.
Chaque pays accepte l'immigration comme une solution, ignorant la vie de la population.
L’augmentation de l’immigration pose divers problèmes, tels que le chômage du «peuple propre», la baisse des salaires et la destruction du cadre de vie.
Je pense que cette affaire est un incident survenu à la suite de la politique d'immigration du gouvernement néo-zélandais.
J'ai proposé une politique d'acceptation des immigrants et des réfugiés afin d'éliminer le "manque de main-d'œuvre bon marché".
Je "m'attends" à ce que chaque pays tienne compte de la croissance économique et du "soulagement" des "migrants et des réfugiés".

À propos du partage de vidéos, je pense que cela est impossible dans la société Internet actuelle.
Parce que la société Internet est un système qui peut être réalisé en "diffusant" des "images" et des "vidéos".
Ce qui est inquiétant, c'est la vengeance des musulmans dans cette affaire.
"Ancien Testament · Egypte: 21" dit "Oeil pour oeil, dent pour dent, main pour main, pied pour pied."
Les Japonais toujours "se venger".
Au Japon, le sens commun est "œil pour œil, dents pour dents".
Le procès japonais "rétribue" pour "tuer" avec "peine de mort"!

Les gouvernements de chaque pays devraient examiner sérieusement les questions d’immigration.
L'acceptation des "migrants et réfugiés" est nécessaire dans l'économie mondiale.
Cependant, la sécurité de l'emploi et la vie des personnes doivent être prioritaires par rapport à l'acceptation des "migrants et des réfugiés".

Gouvernements de tous les pays! Nous devons sérieusement envisager la croissance économique et la sécurité de la vie de notre peuple. Ganbare!

Dans le monde entier, dénoncez la folle "logique juridique" du système judiciaire japonais.
Veuillez aborder les questions relatives aux droits de l'homme du Japon lors du G20 et du Conseil des droits de l'homme des Nations Unies.

Je continuerai demain
Je vais continuer jusqu'à ce que vous compreniez.

Ce courrier électronique envoie également le même courrier électronique aux bureaux du Premier ministre japonais, au PLD et aux politiciens.
Ils n'ont toujours pas "justice" pour gouverner le Japon en vertu de la loi.
"Tout le monde dans la communauté internationale"!
Debout pour faire du monde une société où la liberté, la démocratie et les droits de l'homme sont protégés.

Je "poursuit" deux choses.
"International" violations des droits de l'homme par le gouvernement japonais.
Nous sollicitons votre soutien pour que notre "restauration et réparation" ait lieu.

1 Les étrangers effectuaient un "travail illégal" autre que "la qualification de résidence". Mais les étrangers ne sont pas coupables.

Seuls les étrangers ont été sanctionnés pour la loi sur le contrôle de l'immigration, article 70, "du travail illégal".
D'autre part, la loi sur le contrôle de l'immigration punit les employeurs qui sont des "relations de cause à effet" de travail illégal avec l'article 73-2 de la loi sur l'immigration (un crime qui favorise le travail illégal).

Cependant, les autorités judiciaires japonaises "éliminent" uniquement les étrangers, mais pas les employeurs.
Cela va clairement à l'encontre de la "règle de l'égalité devant la loi"
Et cela viole le droit international qui interdit uniquement à l'étranger d'être consciemment éliminé.

Si un employeur qui engage un étranger illégalement est innocent, un étranger qui travaille illégalement est innocent.
Dans l’affirmative, il n’existe aucune «personne qui ait soutenu d’autres infractions pénales» contre l’article 70 de la loi sur le contrôle de l’immigration.
"Moi, KinGungaku, un diplomate des Philippines, un responsable de l'ambassade des Philippines" n'est pas coupable.

2 Le bureau du procureur est soutenu par l'article 22-4-4 de la loi sur l'immigration
Il est "fou" d'appliquer "l'article 62 du code pénal" aux "péchés pour soutenir d'autres crimes" contre l'article 70 de la loi sur l'immigration.
C'est la logique de la loi qui est fausse.

Les étrangers ont agi au sens de l'article 22-4-4 (acquisition du statut de résident par le dépôt de faux documents).
Cependant, il n'y a pas de "sanction pénale" pour cela.
Les dispositions sont "annulation du statut de résidence" et "expulsion à l'étranger" par le ministre de la Justice.
Par conséquent, "l’article 62 du Code pénal (Pines pour avoir soutenu d’autres crimes)" ne peut être appliqué.
Cependant, il n'y a pas de lien de causalité avec l'article 70 de la loi sur l'immigration.
La logique de la loi est totalement fausse.

Le gouvernement japonais est en train d'écraser les "poursuites".
Mais "écraser" par le pouvoir d'Etat est "arrêter" de "Statute of limitations".

Les documents sont ci-dessous.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

Il y a beaucoup de victimes dans le monde.
S'il vous plaît "aider" beaucoup de "victimes" avec "Brave et Justice".
J'exhorte le gouvernement japonais à "recouvrer l'honneur" et à "indemniser les victimes".

Cordialement. Nagano Yoshihiro


Il est publié dans le programme suivant.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


Nagano Yoshihiro

S'il vous plaît aidez-moi.
S'il vous plaît contactez-nous si vous avez des questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp




posted by 長野トミー at 07:03| 東京 ☀| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テリーザ・メイ 英国首相 へ 2019-03-25:拝啓。ニュージーランド南部のクライストチャーチにあるイスラム教の礼拝所・モスクで銃乱射事件が起き、50人が死亡しました。 現場からは大量の武器が見つかり、犯行に使われた車からも手製の爆弾が2つ見つかっていて、 警察は、計画的な犯行と見て捜査しています。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


テリーザ・メイ 英国首相 へ


2019-03-25:ニュージーランドの事件は「メキシコ国境との壁」の問題と本質は同じです。
アメリカは不法移民が入ってくると、いずれ白人たちがこのような事件を起こすと思います。
ドナルドトランプ大統領は、
このような事件を発生させないために「不法移民」の入国を阻止するためにメキシコ国境の"壁”が必要だと、
アメリカ国民に訴えるべきです。各国は移民問題を真剣に再検討すべきです。


拝啓。ニュージーランド南部のクライストチャーチにあるイスラム教の礼拝所・モスクで銃乱射事件が起き、50人が死亡しました。
現場からは大量の武器が見つかり、犯行に使われた車からも手製の爆弾が2つ見つかっていて、
警察は、計画的な犯行と見て捜査しています。

ツイッターには、犯行声明とみられる文書が投稿されていることが確認されました。
28歳だと言う男は犯行の動機について、2年も前から計画していた、と彼は文書の中で述べています。
その内容は「移民が白人社会を脅かして侵略している」とする「 general meaning purportのIncident」です。
米連邦捜査局(FBI)の元捜査官でCNNの法執行アナリスト、スティーブ・ムーア氏は「動画の拡散」について述べている。
「私が一般の人々に問いかけたいのはテロリストを支援したいのかということだ」。
「動画をシェアすれば、それはテロリストを支援していることと同じになる」と彼は「注意」を「促した」。

私は「この事件の犯人」の「犯罪の動機」を聞いて、ニュージーランド政府は移民政策を「見直し」するべきであると思います。
ドナルドトランプ大統領の「メキシコ国境との壁」の問題と本質は同じです。
アメリカは不法移民が入ってくると、いずれ白人たちがこのような事件を起こすと思います。
ドナルドトランプ大統領は、このような事件を発生させないために「不法移民」の入国を阻止するために
「メキシコ国境との壁」が必要だと、アメリカ国民に訴えるべきです。

ニュージーランドは経済成長や労働力不足などを背景に、これまで積極的に移民を受け入れてきました。
政府の統計によりますと、2017年7月までの1年間に増加した移民の数は7万2400人で、過去最高となりました。
一方で、移民の増加は住宅価格の高騰などを招いているとして批判の声も出ていて、
アーダーン首相が率いる労働党は移民の増加数を年間3万人程度に抑える方針を示しています。
また近年はイスラム教徒の数も増えています。2013年には4万6149人です、増加の傾向にあります。

これはどこの国も同じです。経済成長を目指すと労働力不足が生じます。
各国はその解決策として国民の生活を無視して移民を受け入れます。
移民の増加は、「自国民」の失業や賃金の低下、生活環境の破壊など様々な問題を生じます。
今回の事件は、ニュージーランド政府の移民政策の結果として発生した事件だと思います。
私は「安価な労働力不足」を解消するための移民や難民の「受入の政策」を提案して、います。
私は各国が経済成長と「移民や難民」の「救済」を考慮して検討してくれることを「期待」します。

動画をシェアについてですが、現在のネット社会では無理だと思います。
なぜならネット社会は「画像」や「動画」を「拡散」することで成り立つシステムだからです。
心配なことは、この事件に対して、イスラム教徒の復讐です。
『旧約聖書・エジプト記・21章』には「Eye for eye, tooth for tooth, hand for hand, foot for foot.」とあります。
日本人は必ず「復讐」します。
日本の常識は「目には目を、歯には歯を」です。
日本の裁判は「殺人」に対しては、「死刑」で「応報」します!

各国の政府は移民問題を真剣に検討すべきです。
グローバル経済では「移民や難民」の受け入れは必要です。
しかし自国民の雇用や生活の安全は「移民や難民」の受け入れより優先すべきです。

各国政府の皆さん!経済成長と自国民の生活の安全を真剣に考えるべきです。Ganbare!

世界の皆さん、日本の司法のクレイジーな「法の論理」を「糾弾」してください。
皆さん、日本の人権問題を「G20」や「国連の人権理事会」で取り上げてください。

明日に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。
私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が入管法22-4-4条の支援を理由として、
入管法70条に対して刑法の62条「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。
しかし、入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博




下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp


#MeToo Human rights victim!


To Terrisa Mei British Prime Minister


2019-03-25: The incident in New Zealand is the same as the "Mexico border and wall" problem.
When illegal immigrants come into the United States,
I think that white people will eventually make such an incident.
President Donald Trump should appeal to the Americans that the "wall"
of the Mexican border is necessary to prevent the entry of "illegal immigrants" in order to prevent such incidents.
Countries should seriously reconsider the immigration issue.


Greetings. A gunshot was fired at an Islamic worship place or mosque in Christchurch,
southern New Zealand, killing 50 people.
A large number of weapons were found in the scene,
and two hand-made bombs were also found in the car used for the crime,
and the police is investigating it as a planned crime.
It was confirmed that a document that appears to be a crime statement has been posted on Twitter.
The 28-year-old man had planned for two years about motives for the crime, he said in a document.
The contents are "incident of general meaning purport" that "immigrants threaten and invade white society".
Steve Moore, a former FBI investigator and CNN law enforcement analyst, has described "spreading video."
"What I want to ask the general public is whether you want to help terrorists."
"If you share the video, it is the same as supporting terrorists," he "prompted" "notice."

When I hear "criminal motives" of "criminals of this case",
I think that the New Zealand government should "re-evaluate" immigration policy.
The essence is the same as President Donald Trump's "Mexico border and wall" problem.
When illegal immigrants come into the United States,
I think that white people will eventually make such an incident.
President Donald Trump should appeal to the American people that "Mexico border
and wall" is necessary to prevent entry of "illegal immigrants" in order to prevent such incidents.

New Zealand has been actively accepting immigrants against the backdrop of economic growth and labor shortages.
According to government statistics, the number of immigrants increased to 72,400 in the year to July 2017,
a record high.
On the other hand, critics say that the increase in immigration has led to soaring housing prices, etc.,
and the Labor Party, led by Prime Minister Ardern,
has indicated a policy to limit the increase in immigration to about 30,000 a year.
Also in recent years the number of Muslims has increased. There are 46,149 people in 2013,
and it is on the increase trend.

This is the same in every country. If you aim for economic growth, labor shortage will occur.
Each country accepts immigration as a solution, ignoring the people's life.
The increase in immigration causes various problems such as unemployment of the “own people”,
decline in wages, and destruction of the living environment.
I think this case is an incident that occurred as a result of the New Zealand government's immigration policy.
I have proposed a policy of accepting immigrants and refugees to eliminate the "lack of cheap labor".
I "expect" that each country will consider in consideration of economic growth
and "relief" of "migrants and refugees".

About sharing videos, I think it is impossible in the current Internet society.
Because the Internet society is a system that can be realized by "spreading" "images" and "videos".
The worrying thing is the revenge of Muslims for this case.
In "Old Testament & Egypt, chapter 21", it says "Eye for eye, tooth for tooth,
hand for hand, foot for foot."
The Japanese always "revenge".
Common sense in Japan is "eye for eyes, teeth for teeth".
Japan's trial "retributes" for "killing" with "death penalty"!

Governments of each country should seriously consider immigration issues.
Acceptance of "migrants and refugees" is necessary in the global economy.
However, the security of employment
and life of the people should be prioritized over the acceptance of "migrants and refugees".

Governments of all countries!
We must seriously consider economic growth and the safety of our people's lives. Ganbare!

Everyone in the world, please denounce the crazy "legal logic" of Japan's judiciary.
Please address Japan's human rights issues at the G20 and the UN Human Rights Council.

I will continue tomorrow
I will continue until you understand.

This email also sends the same email to Japanese Prime Minister's Offices,
the LDP, and politicians. They still do not have "justice" to rule Japan under the law.
"Everyone in the international community"!
Stand up to make the world a society where freedom, democracy and human rights are protected.

I "suing" two things.
"International" human rights violations by the Japanese government.
We ask for your support so that our "restoration and reparations" will take place.

1. Foreigners carried out "illegal labor" other than "qualification of residence".
But foreigners are not guilty.

Only foreigners were punished for immigration control law Article 70 "illegal labor crimes".
On the other hand, the Immigration Control Law punishes employers who are "causal relationships"
of unlawful labor with Article 73-2 of the Immigration Act (a crime that promotes unlawful work).

However, Japan's judicial “disposal” only foreigners, but not the employers.
This is clearly against the "rule of equality under the law"
And it violates the international law which forbids only the foreigner to be consciously disposed of.

If an employer who hires a foreigner illegally is innocent, a foreigner who works illegally is innocent.
If so, there is no “person who has supported other crimes of criminal law”
against Article 70 of the Immigration Control Act.
"I, KinGungaku, a diplomat from the Philippines, a Philippine embassy official" is not guilty.

2. It is "crazy" that the prosecutors "apply" Article 62 of the Penal Code "Sins to Support Other Crimes"
against Article 70 of the Immigration Act for the support of Article 22-4-4 of the Immigration Act.
This is the logic of the law is wrong.

Foreigners have acted as defined in Article 22-4-4 (Acquisition of status of residence by filing false documents).
However, there is no "criminal punishment" for this.
The dispositions are "cancellation of status of residence" and "deportation abroad" by the Minister of Justice.
Therefore, "Criminal Code Article 62, (Sins for supporting other crimes)" can not be applied.
However, there is no causal relationship with Article 70 of the Immigration Act.
The logic of the law is totally wrong.

The Japanese government is crushing "prosecution."
But "crush" by the state power is "stop" of "Statuhttps://blog.hatena.ne.jp/oyazimirai/oyazimirai.hatenadiary.jp/editte of limitations".

The documents are below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

There are many victims in the world.
Please "help" many "victims" with "Brave and Justice."
I urge the Japanese government to "recover the honor"
and "compensate for the victims".

Best regards. Nagano Yoshihiro


It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 07:02| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンゲラ・メルケル ドイツ連邦首相 へ 2019-03-25:ニュージーランドの事件は「メキシコ国境との壁」の問題と本質は同じです。 アメリカは不法移民が入ってくると、いずれ白人たちがこのような事件を起こすと思います。 ドナルドトランプ大統領は、 このような事件を発生させないために「不法移民」の入国を阻止するためにメキシコ国境の"壁”が必要だと、 アメリカ国民に訴えるべきです。各国は移民問題を真剣に再検討すべきです。


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


アンゲラ・メルケル ドイツ連邦首相 へ


2019-03-25:ニュージーランドの事件は「メキシコ国境との壁」の問題と本質は同じです。
アメリカは不法移民が入ってくると、いずれ白人たちがこのような事件を起こすと思います。
ドナルドトランプ大統領は、
このような事件を発生させないために「不法移民」の入国を阻止するためにメキシコ国境の"壁”が必要だと、
アメリカ国民に訴えるべきです。各国は移民問題を真剣に再検討すべきです。


拝啓。ニュージーランド南部のクライストチャーチにあるイスラム教の礼拝所・モスクで銃乱射事件が起き、50人が死亡しました。
現場からは大量の武器が見つかり、犯行に使われた車からも手製の爆弾が2つ見つかっていて、
警察は、計画的な犯行と見て捜査しています。

ツイッターには、犯行声明とみられる文書が投稿されていることが確認されました。
28歳だと言う男は犯行の動機について、2年も前から計画していた、と彼は文書の中で述べています。
その内容は「移民が白人社会を脅かして侵略している」とする「 general meaning purportのIncident」です。
米連邦捜査局(FBI)の元捜査官でCNNの法執行アナリスト、スティーブ・ムーア氏は「動画の拡散」について述べている。
「私が一般の人々に問いかけたいのはテロリストを支援したいのかということだ」。
「動画をシェアすれば、それはテロリストを支援していることと同じになる」と彼は「注意」を「促した」。

私は「この事件の犯人」の「犯罪の動機」を聞いて、ニュージーランド政府は移民政策を「見直し」するべきであると思います。
ドナルドトランプ大統領の「メキシコ国境との壁」の問題と本質は同じです。
アメリカは不法移民が入ってくると、いずれ白人たちがこのような事件を起こすと思います。
ドナルドトランプ大統領は、このような事件を発生させないために「不法移民」の入国を阻止するために
「メキシコ国境との壁」が必要だと、アメリカ国民に訴えるべきです。

ニュージーランドは経済成長や労働力不足などを背景に、これまで積極的に移民を受け入れてきました。
政府の統計によりますと、2017年7月までの1年間に増加した移民の数は7万2400人で、過去最高となりました。
一方で、移民の増加は住宅価格の高騰などを招いているとして批判の声も出ていて、
アーダーン首相が率いる労働党は移民の増加数を年間3万人程度に抑える方針を示しています。
また近年はイスラム教徒の数も増えています。2013年には4万6149人です、増加の傾向にあります。

これはどこの国も同じです。経済成長を目指すと労働力不足が生じます。
各国はその解決策として国民の生活を無視して移民を受け入れます。
移民の増加は、「自国民」の失業や賃金の低下、生活環境の破壊など様々な問題を生じます。
今回の事件は、ニュージーランド政府の移民政策の結果として発生した事件だと思います。
私は「安価な労働力不足」を解消するための移民や難民の「受入の政策」を提案して、います。
私は各国が経済成長と「移民や難民」の「救済」を考慮して検討してくれることを「期待」します。

動画をシェアについてですが、現在のネット社会では無理だと思います。
なぜならネット社会は「画像」や「動画」を「拡散」することで成り立つシステムだからです。
心配なことは、この事件に対して、イスラム教徒の復讐です。
『旧約聖書・エジプト記・21章』には「Eye for eye, tooth for tooth, hand for hand, foot for foot.」とあります。
日本人は必ず「復讐」します。
日本の常識は「目には目を、歯には歯を」です。
日本の裁判は「殺人」に対しては、「死刑」で「応報」します!

各国の政府は移民問題を真剣に検討すべきです。
グローバル経済では「移民や難民」の受け入れは必要です。
しかし自国民の雇用や生活の安全は「移民や難民」の受け入れより優先すべきです。

各国政府の皆さん!経済成長と自国民の生活の安全を真剣に考えるべきです。Ganbare!

世界の皆さん、日本の司法のクレイジーな「法の論理」を「糾弾」してください。
皆さん、日本の人権問題を「G20」や「国連の人権理事会」で取り上げてください。

明日に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。
私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が入管法22-4-4条の支援を理由として、
入管法70条に対して刑法の62条「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。
しかし、入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博


私の情報 ***************

下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/



郵便番号 
国籍   日本
住所    Japan
名前  長野恭博(Yasuhiro Nagano)
携帯電話 
メール

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp




#MeToo Menschenrechtsverletzte!


Angela Merkel an den deutschen Premierminister


2019-03-25: Der Vorfall in Neuseeland ist das gleiche wie das Problem "Mexiko-Grenze und -mauer".
Wenn illegale Einwanderer in die Vereinigten Staaten kommen, denke ich, dass die Weißen irgendwann einen solchen Vorfall machen werden.
Präsident Donald Trump ist
Wenn die Einreise "illegaler Einwanderer" verhindert werden muss, um solche Vorfälle zu verhindern, ist die "Mauer" der mexikanischen Grenze erforderlich.
Sie sollten an das amerikanische Volk appellieren. Die Länder sollten die Einwanderungsfrage ernsthaft überdenken.


Grüße Bei einem islamischen Gottesdienst oder einer Moschee in Christchurch im Süden von Neuseeland wurde ein Schuss abgefeuert, wobei 50 Menschen getötet wurden.
Viele Waffen wurden von der Szene gefunden, und zwei handgefertigte Bomben wurden auch aus dem für das Verbrechen verwendeten Auto gefunden.
Die Polizei untersucht es als geplantes Verbrechen.

Es wurde bestätigt, dass ein Dokument auf Twitter veröffentlicht wurde, das wie eine Straftat aussieht.
Der 28-jährige Mann habe zwei Jahre lang Motive für das Verbrechen geplant, sagte er in einem Dokument.
Der Inhalt ist "Vorfall von allgemeiner Bedeutung", dass "Einwanderer die weiße Gesellschaft bedrohen und in sie eindringen".
Steve Moore, ein ehemaliger FBI-Agent und CNN-Strafverfolgungsanalyst, hat die "Verbreitung von Videos" beschrieben.
"Ich möchte die Öffentlichkeit fragen, ob Sie Terroristen helfen wollen."
"Wenn Sie das Video teilen, ist es das Gleiche wie das Unterstützen von Terroristen", "forderte er" auf, "zu bemerken."

Wenn ich "kriminelle Motive" von "Kriminellen dieses Falls" höre, denke ich, dass die neuseeländische Regierung die Einwanderungspolitik "neu bewerten" sollte.
Das Wesentliche ist das gleiche wie das Problem "Mexiko-Grenze und -mauer" von Präsident Donald Trump.
Wenn illegale Einwanderer in die Vereinigten Staaten kommen, denke ich, dass die Weißen irgendwann einen solchen Vorfall machen werden.
Präsident Donald Trump, um die Einreise "illegaler Einwanderer" zu verhindern, um solche Vorfälle zu verhindern
Sie sollten sich an das amerikanische Volk wenden, wenn Sie eine "Grenze und eine Mauer in Mexiko" benötigen.

Neuseeland hat Einwanderer vor dem Hintergrund von Wirtschaftswachstum und Arbeitskräftemangel aktiv aufgenommen.
Regierungsstatistiken zufolge stieg die Zahl der Einwanderer bis Juli 2017 auf 72.400, ein Rekordhoch.
Auf der anderen Seite sagen Kritiker, dass die Zunahme der Migration zu steigenden Immobilienpreisen usw. geführt hat.
Die von Ardhan geführte Labour Party hat angegeben, dass die Zahl der Einwanderer auf rund 30.000 pro Jahr reduziert wird.
Auch in den letzten Jahren ist die Zahl der Muslime gestiegen. Im Jahr 2013 sind 46.149 Personen beschäftigt, Tendenz steigend.

Dies ist in jedem Land dasselbe. Wenn Sie wirtschaftliches Wachstum anstreben, kommt es zu Arbeitskräftemangel.
Jedes Land akzeptiert die Einwanderung als Lösung und ignoriert das Leben der Menschen.
Die Zunahme der Einwanderung verursacht verschiedene Probleme wie Arbeitslosigkeit der "eigenen Bevölkerung", Lohnrückgang und Zerstörung der Lebensumwelt.
Ich denke, dass es sich bei diesem Fall um einen Vorfall handelt, der auf die Einwanderungspolitik der neuseeländischen Regierung zurückzuführen ist.
Ich habe eine Politik der Annahme von Einwanderern und Flüchtlingen vorgeschlagen, um den "Mangel an billiger Arbeitskraft" zu beseitigen.
Ich "erwarte", dass jedes Land unter Berücksichtigung des Wirtschaftswachstums und der "Entlastung" von "Migranten und Flüchtlingen" in Betracht zieht.

Über das Teilen von Videos denke ich, dass dies in der heutigen Internetgesellschaft unmöglich ist.
Denn die Internetgesellschaft ist ein System, das durch "Verbreitung" von "Bildern" und "Videos" verwirklicht werden kann.
Das Besorgnis erregende ist die Rache der Muslime für diesen Fall.
"Altes Testament · Ägypten: 21" sagt: "Auge um Auge, Zahn um Zahn, Hand für Hand, Fuß um Fuß."
Die Japaner "rächen" sich immer.
Der gesunde Menschenverstand in Japan ist "Auge um Auge, Zähne für Zähne".
Japans Prozess "Vergeltung" wegen "Tötung" mit "Todesstrafe"!

Die Regierungen jedes Landes sollten Einwanderungsfragen ernsthaft prüfen.
Die Akzeptanz von "Migranten und Flüchtlingen" ist in der Weltwirtschaft notwendig.
Die Sicherheit der Beschäftigung und des Lebens der Menschen sollte jedoch Vorrang vor der Akzeptanz von "Migranten und Flüchtlingen" haben.

Regierungen aller Länder! Wir müssen das Wirtschaftswachstum und die Sicherheit unseres Lebens ernsthaft in Betracht ziehen. Ganbare!

Jeder auf der Welt, bitte verurteilen Sie die verrückte "legale Logik" der japanischen Justiz.
Bitte sprechen Sie die Menschenrechtsfragen Japans auf der G20 und dem UN-Menschenrechtsrat an.

Ich werde morgen weitermachen
Ich werde fortfahren, bis du verstanden hast.

Diese E-Mail sendet dieselbe E-Mail auch an die Büros des japanischen Premierministers, die LDP und die Politiker.
Sie haben immer noch keine "Gerechtigkeit", um Japan unter dem Gesetz zu regieren.
"Jeder in der internationalen Gemeinschaft"!
Stehen Sie auf, um die Welt zu einer Gesellschaft zu machen, in der Freiheit, Demokratie und Menschenrechte geschützt werden.

Ich verklage zwei Dinge.
"Internationale" Menschenrechtsverletzungen durch die japanische Regierung.
Wir bitten um Ihre Unterstützung, damit unsere "Restaurierung und Reparatur" stattfinden kann.

1 Ausländer führten "illegale Arbeit" außer "Aufenthaltsqualifikation" aus. Aber Ausländer sind nicht schuldig.

Nur Ausländer wurden wegen des Einwanderungskontrollgesetzes bestraft. Artikel 70 "Illegale Arbeitsverbrechen".
Andererseits bestraft das Einwanderungskontrollgesetz Arbeitgeber, die "Kausalbeziehungen" rechtswidriger Arbeit sind, mit Artikel 73-2 des Einwanderungsgesetzes (ein Verbrechen, das rechtswidrige Arbeit fördert).

Japans gerichtliche "Beseitigung" jedoch nur Ausländer, nicht aber die Arbeitgeber.
Dies ist eindeutig gegen die "Gleichheitsregel nach dem Gesetz".
Und es verstößt gegen das Völkerrecht, nach dem nur der Ausländer bewusst entsorgt werden kann.

Wenn ein Arbeitgeber, der einen Ausländer illegal gemietet hat, unschuldig ist, ist ein Ausländer, der illegal arbeitet, unschuldig.
Wenn ja, gibt es keine "Person, die andere strafrechtliche Verbrechen unterstützt hat" gegen Artikel 70 des Einwanderungskontrollgesetzes.
"Ich, KinGungaku, ein Diplomat aus den Philippinen, ein Beamter der philippinischen Botschaft" ist nicht schuldig.

2 Die Staatsanwaltschaft wird durch Artikel 22-4-4 des Einwanderungsgesetzes unterstützt
Es ist "verrückt", Artikel 62 des Strafgesetzbuchs "zu begehen, um andere Straftaten zu unterstützen", gegen Artikel 70 des Einwanderungsgesetzes.
Dies ist die Logik des Gesetzes ist falsch.

Ausländer haben im Sinne von Artikel 22-4-4 (Erwerb des Aufenthaltsstatus durch Einreichung falscher Dokumente) gehandelt.
Dafür gibt es jedoch keine "strafrechtliche Bestrafung".
Die Verfügungen lauten: "Aufhebung des Aufenthaltsstatus" und "Abschiebung ins Ausland" durch den Justizminister.
Daher kann "Strafgesetzbuch Artikel 62 (Sünden wegen Unterstützung anderer Straftaten)" nicht angewendet werden.
Es besteht jedoch kein ursächlicher Zusammenhang mit Artikel 70 des Einwanderungsgesetzes.
Die Logik des Gesetzes ist völlig falsch.

Die japanische Regierung zermalmt die "Strafverfolgung".
"Zerquetschen" durch die Staatsmacht ist "Stopp" der "Verjährung".

Die Dokumente sind unten.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

Es gibt viele Opfer auf der Welt.
Bitte "helfen" vielen "Opfern" mit "Tapfer und Gerechtigkeit".
Ich fordere die japanische Regierung dringend auf, "die Ehre zurückzugewinnen" und "die Opfer zu entschädigen".

Mit freundlichen Grüßen Nagano Yoshihiro


Meine Informationen *******************

Es wird im folgenden Programm veröffentlicht.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/



Postleitzahl
Nationalität Japan
Adresse Japan
Name Yasuhiro Nagano
Mobiltelefon
E-Mail

Bitte hilf mir.
Bitte kontaktieren Sie uns, wenn Sie Fragen haben.
enzai_mirai@yahoo.co.jp


posted by 長野トミー at 07:01| 東京 ☀| Comment(0) | ドイツ首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テリーザ・メイ 英国首相 へ 2019-03-25:ニュージーランドの事件は「メキシコ国境との壁」の問題と本質は同じです。 アメリカは不法移民が入ってくると、いずれ白人たちがこのような事件を起こすと思います。 ドナルドトランプ大統領は、 このような事件を発生させないために「不法移民」の入国を阻止するためにメキシコ国境の"壁”が必要だと、 アメリカ国民に訴えるべきです。各国は移民問題を真剣に再検討すべきです。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


テリーザ・メイ 英国首相 へ


2019-03-25:ニュージーランドの事件は「メキシコ国境との壁」の問題と本質は同じです。
アメリカは不法移民が入ってくると、いずれ白人たちがこのような事件を起こすと思います。
ドナルドトランプ大統領は、
このような事件を発生させないために「不法移民」の入国を阻止するためにメキシコ国境の"壁”が必要だと、
アメリカ国民に訴えるべきです。各国は移民問題を真剣に再検討すべきです。


拝啓。ニュージーランド南部のクライストチャーチにあるイスラム教の礼拝所・モスクで銃乱射事件が起き、50人が死亡しました。
現場からは大量の武器が見つかり、犯行に使われた車からも手製の爆弾が2つ見つかっていて、
警察は、計画的な犯行と見て捜査しています。

ツイッターには、犯行声明とみられる文書が投稿されていることが確認されました。
28歳だと言う男は犯行の動機について、2年も前から計画していた、と彼は文書の中で述べています。
その内容は「移民が白人社会を脅かして侵略している」とする「 general meaning purportのIncident」です。
米連邦捜査局(FBI)の元捜査官でCNNの法執行アナリスト、スティーブ・ムーア氏は「動画の拡散」について述べている。
「私が一般の人々に問いかけたいのはテロリストを支援したいのかということだ」。
「動画をシェアすれば、それはテロリストを支援していることと同じになる」と彼は「注意」を「促した」。

私は「この事件の犯人」の「犯罪の動機」を聞いて、ニュージーランド政府は移民政策を「見直し」するべきであると思います。
ドナルドトランプ大統領の「メキシコ国境との壁」の問題と本質は同じです。
アメリカは不法移民が入ってくると、いずれ白人たちがこのような事件を起こすと思います。
ドナルドトランプ大統領は、このような事件を発生させないために「不法移民」の入国を阻止するために
「メキシコ国境との壁」が必要だと、アメリカ国民に訴えるべきです。

ニュージーランドは経済成長や労働力不足などを背景に、これまで積極的に移民を受け入れてきました。
政府の統計によりますと、2017年7月までの1年間に増加した移民の数は7万2400人で、過去最高となりました。
一方で、移民の増加は住宅価格の高騰などを招いているとして批判の声も出ていて、
アーダーン首相が率いる労働党は移民の増加数を年間3万人程度に抑える方針を示しています。
また近年はイスラム教徒の数も増えています。2013年には4万6149人です、増加の傾向にあります。

これはどこの国も同じです。経済成長を目指すと労働力不足が生じます。
各国はその解決策として国民の生活を無視して移民を受け入れます。
移民の増加は、「自国民」の失業や賃金の低下、生活環境の破壊など様々な問題を生じます。
今回の事件は、ニュージーランド政府の移民政策の結果として発生した事件だと思います。
私は「安価な労働力不足」を解消するための移民や難民の「受入の政策」を提案して、います。
私は各国が経済成長と「移民や難民」の「救済」を考慮して検討してくれることを「期待」します。

動画をシェアについてですが、現在のネット社会では無理だと思います。
なぜならネット社会は「画像」や「動画」を「拡散」することで成り立つシステムだからです。
心配なことは、この事件に対して、イスラム教徒の復讐です。
『旧約聖書・エジプト記・21章』には「Eye for eye, tooth for tooth, hand for hand, foot for foot.」とあります。
日本人は必ず「復讐」します。
日本の常識は「目には目を、歯には歯を」です。
日本の裁判は「殺人」に対しては、「死刑」で「応報」します!

各国の政府は移民問題を真剣に検討すべきです。
グローバル経済では「移民や難民」の受け入れは必要です。
しかし自国民の雇用や生活の安全は「移民や難民」の受け入れより優先すべきです。

各国政府の皆さん!経済成長と自国民の生活の安全を真剣に考えるべきです。Ganbare!

世界の皆さん、日本の司法のクレイジーな「法の論理」を「糾弾」してください。
皆さん、日本の人権問題を「G20」や「国連の人権理事会」で取り上げてください。

明日に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。
私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が入管法22-4-4条の支援を理由として、
入管法70条に対して刑法の62条「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。
しかし、入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博




下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp
posted by 長野トミー at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 ドイツ アンゲラ メルケル首相殿【日本の皇室】皇太子さまが15年間貫いたお気持ちとは? 夫として、父として歩まれてきた道のりを振り返る

拝啓 ドイツ アンゲラ メルケル首相殿【日本の皇室】皇太子さまが15年間貫いたお気持ちとは?
夫として、父として歩まれてきた道のりを振り返る


お二人ともによからぬ噂がある、愛子内親王も拝見されたかもしれない、
両親の若い頃を知れば尊敬もできない。みよ代わりで傷つくのは国民も愛子内親王も。
日本は終わる、いや、とうに終わってた。

シェア元タイトル
皇太子さまが15年間貫いたお気持ちとは?夫として、父として歩まれてきた道のりを振り返る
【天皇陛下と皇族皇室CH】
シェア画像動画URL
https://youtu.be/QT15bBTAx_o
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年3月21日は【春分(しゅんぶん)】昼夜の長さがほぼ同じになる日で、この日を境に陽が延びていきます。春分の日は彼岸の中日で前後3日間を春彼岸といい、先祖のお墓参りをする習慣があります。「自然をたたえ、生物をいつくしむ」として国民の祝日になっています。
★今日のホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/03/March-14-2019-1200x800.jpg
※日本を法の下で統治する国にするためにホワイトハウスに毎日メールしています。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!

posted by 長野トミー at 05:52| 東京 ☀| Comment(0) | 日本いいね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする