2019年02月20日

【トランプ大統領からのメール返信 2019-02-20ドナルド・J・トランプ大統領は、私たちの国の強みはアメリカ国民の精神と、情報を得て関わり続ける意欲にあると考えています。 トランプ大統領は、あなたが手を差し伸べるために時間を割いていることを感謝します。


ホワイトハウス、ワシントン 2019年2月19日
  

ホワイトハウスに連絡していただきありがとうございます。 私たちはあなたのメッセージを慎重に見直しています。

ドナルド・J・トランプ大統領は、私たちの国の強みはアメリカ国民の精神と、情報を得て関わり続ける意欲にあると考えています。 トランプ大統領は、あなたが手を差し伸べるために時間を割いていることを感謝します。

敬具

大統領通信事務局

https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/01/POTD-January-28-2018-1920x720.jpg

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/


【Reply by e-mail from President  Trump 2019-02-20】



February 19, 2019
 
Thank you for contacting the White House. We are carefully reviewing your message.
President Donald J. Trump believes the strength of our country lies in the spirit of the American people and their willingness to stay informed and get involved. President Trump appreciates you taking the time to reach out.
Sincerely,
The Office of Presidential Correspondence

https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/01/POTD-January-28-2018-1920x720.jpg


● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 07:17| 東京 ☁| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エマニュエル・マクロン フランス大統領 へ 2019-02-20:私は同じメールを「日本経団連」や「日産自動車の労働組合」にも送信しています。 彼らは「法の支配」を無視しています。 あなたは「日産の車」を買うことに疑問を持ちませんか。 法を無視する会社の車は法を無視するでしょう。危険だと思いませんか?


エマニュエル・マクロン フランス大統領 へ


2019-02-20:私は同じメールを「日本経団連」や「日産自動車の労働組合」にも送信しています。
彼らは「法の支配」を無視しています。
あなたは「日産の車」を買うことに疑問を持ちませんか。
法を無視する会社の車は法を無視するでしょう。危険だと思いませんか?


拝啓。 「abuse of authority by special public officer」は、
その「職権」を「濫用」して、
他人を「逮捕」そして「拘禁;」することによって「成立する罪」です。
「abuse of authority by special public officer」」の「犯罪構成要件」についていいます。

①「the main constituent」が「特別公務員」であることです。
これは事実として警察官、検察官や裁判官らです。
②人を逮捕・監禁したことです。
これは事実として「逮捕」そして「拘禁」されました。
③「職務上の権利」を「濫用」することで成立します。
これは彼らは「職務上の権利」を「濫用した」か、「濫用しなかった」かどうかです。

「abuseoveruse」とは「職務上の権限」を「不法」に「行使」することで、
その手段や方法は、暴行・脅迫だけではない。
それは法律上において事実上、以下の程度で良い。
被害者がその結果を「受け入れるしかない程度」において。
「被害者の意思の決定の自由」を「pressuoppression」するものであれば該当する。

警察官や検察官は法律上、違反していない者を逮捕することはできません。
警察官や検察官は法律を知らないから逮捕した、とは言えません。
逮捕状は警察官の申請で裁判官が発行します。
私たちは裁判官の発行した逮捕状で「rightfully」に逮捕したとは言えません。
警察官は、法律を無視して、虚偽の内容で「逮捕状」を請求したのです。
裁判官は「逮捕状」を発行する際は、憲31条に照らして、法律上確認をしなければなりません。
しかし、この裁判官は法律確認を怠っています。
裁判官は独立して判断できます。
しかし裁判官は日本国憲法と法律にしたがって職務をすることが定められています。
すべては、この「逮捕状」を発行した裁判官の「誤り」からはじまって、
国際的な事件に発展しています。

警察官、検察官、裁判官を「特別公務員」と言います。
日本の「特別公務員」の仕事の「姿勢」はこのように「いい加減」なのです。

「特別公務員」は権力を持っています。
たとえ総理大臣でも逮捕できます。
国会議員でも逮捕できます。

だから、国会議員は「特別公務員」の犯罪を「無視」するのです。
「特別公務員」を怒らせると、彼らは、この事件のように「不法」に逮捕します。
日本の検察官、裁判官の犯罪を「処罰」するには「国際社会」の「力」が必要です。
幸い、日本は「貿易立国」です。
日本は国際社会から経済制裁を受けると日本国が成り立ちません。
国際社会は日本が「法の下での統治」を行うように「国連」で日本を糾弾してください。

そうでなければ、近い将来、日本は貴方の国と戦争をするでしょう!

世界の皆さん、日本の司法のクレイジーな「法の論理」を糾弾してください。
皆さん、この問題を「G20」や「国連の人権理事会」で取り上げてください。
この問題は、北朝鮮による「日本人拉致問題」よりも大きな国際問題です。
日本政府の国際法違反による「逮捕そして監禁」による被害者は莫大な人数です。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

明日に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

神はかならず「正義」を応援します。
私は、必ず、正義が「勝」と信じています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、
皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。
しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」を適用する「犯罪の理由」は以下です。
外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博


下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp





#MeToo Victime des droits de l'homme!


À Emmanuel · Président français Macron


2019-02-20: J'envoie le même courrier à "Nippon Keidanren" et "Nissan Motor Union".
Ils ignorent la "règle de droit".
N'avez-vous pas le moindre doute sur l'achat d'une "voiture Nissan"?
Les voitures des entreprises qui ne respectent pas la loi l'ignoreront. Ne pensez-vous pas que c'est dangereux?


Chers Messieurs. "Abus de pouvoir d'un officier public spécial"
"Abuser" de cette "autorité officielle"
C'est un "péché établi" par "arrêter" et "emprisonner" les autres.
À propos des exigences de la constitution d'un crime "d'abus de pouvoir par un officier public spécial".

"Constituant principal" est "fonctionnaire spécial".
En fait, il s’agit d’un policier, d’un procureur ou d’un juge.
C'est pour arrêter et enfermer des gens.
Cela a été "arrêté" et "détenu" comme un fait.
Il est établi en "abusant" de "droits du travail".
C'est-à-dire qu'ils "abusent" ou "n'abusent pas" du "droit du travail".

Par "abus abusif", il faut "exercer" le "devoir" comme "illégal"
Ce moyen et cette méthode ne sont pas que des coups et des menaces.
C'est pratiquement pratiquement légal en termes de ce qui suit.
Dans la mesure où la victime "ne peut qu'accepter" le résultat.
Il s’applique s’il s’agit de "pression" pour "liberté de décision de la volonté de la victime".

Les policiers et les procureurs ne peuvent pas arrêter des personnes qui ne sont pas en violation de la loi.
Les policiers et les procureurs ne sont pas au courant de la loi et on ne peut pas dire qu'ils aient été arrêtés.
Le mandat d'arrêt est délivré par un juge à la demande d'un officier de police.
Nous ne pouvons pas dire que nous avons arrêté "à juste titre" dans les mandats d'arrêt délivrés par un juge.
Le policier a ignoré la loi et a demandé un "mandat d'arrêt" avec un contenu faux.
Lorsqu'il émet un "mandat d'arrêt", le juge doit confirmer la loi à la lumière de l'article 31 de la Constitution.
Cependant, ce juge néglige la confirmation légale.
Les juges peuvent juger indépendamment.
Toutefois, les juges sont tenus d’exercer leurs fonctions conformément à la Constitution du Japon et à la loi.
Tout a commencé avec "le jugement" du juge délivrant ce "mandat d'arrêt"
C'est devenu un cas international.

Les officiers de police, procureurs et juges sont appelés "fonctionnaires spéciaux".
"L'attitude" du travail de "fonctionnaires spéciaux" au Japon est "irresponsable" comme ça.

Les "fonctionnaires spéciaux" ont le pouvoir.
Même le premier ministre peut arrêter.
Même les parlementaires peuvent arrêter.

Par conséquent, les membres de la Diète "ignorent" le crime de "fonctionnaires spéciaux".
Lorsque des "fonctionnaires spéciaux" sont en colère, ils les arrêtent "illégalement" comme dans cette affaire.
Afin de "punir" les crimes des procureurs et juges japonais, le "pouvoir" de la "société internationale" est nécessaire.
Heureusement, le Japon est une "nation commerçante".
Lorsque le Japon reçoit des sanctions économiques de la part de la communauté internationale, le Japon ne tient pas.
La communauté internationale doit condamner le Japon au sein de "l'ONU" afin que le Japon "gouverne" conformément à la loi.

Sinon, dans un avenir proche, le Japon fera la guerre à votre pays!

S'il vous plaît, dénoncez la "logique du droit" la plus folle du système judiciaire japonais, du monde entier.
Tout le monde, veuillez aborder ce problème au "G20" ou au "Conseil des droits de l'homme des Nations unies".
Ce problème est un problème international plus important que le "problème d'enlèvement japonais" par la Corée du Nord.
Les victimes "arrêtées et séquestrées" en raison de la violation du droit international par le gouvernement japonais sont énormes.

Ce courrier envoie également le même courrier à la "résidence officielle du Premier ministre" au Japon, "LDP" et "les politiciens".
Ils n'ont toujours pas "justice" pour gouverner le Japon en vertu de la loi.
"Personnes internationales"!
Veuillez vous lever pour faire du monde une société où la liberté, la démocratie et les droits de l'homme sont protégés.

Je continuerai demain.
Je vais continuer jusqu'à ce que vous compreniez.

Dieu soutiendra toujours la 'justice'.
Je crois certainement que la justice est "gagne".

Je "fais appel" des deux choses.
C'est une violation "internationale" des droits de l'homme par le gouvernement japonais. Alors que notre "recouvrement et compensation de l'honneur" est terminé,
Merci pour votre soutien.

1 Les étrangers effectuaient un "travail illégal" autre que "la qualification de résidence".
Mais un étranger est innocent.

L'article 70 de la loi sur le contrôle de l'immigration "Péchés du travail illégal" était puni par les étrangers.
D'autre part, la loi sur le contrôle de l'immigration prévoit des employeurs qui sont des "relations de cause à effet" de travail illégal au sens de l'article 73-2.
(Un crime qui a favorisé l'emploi illégal).

Cependant, le pouvoir judiciaire japonais ne "jette" que des étrangers mais ne dispose pas des employeurs.
Cela viole évidemment le "principe d'égalité devant la loi"
Et nous violons le droit international interdisant l’élimination consciente des étrangers.

Si un employeur qui a employé illégalement un étranger est innocent, un étranger qui a travaillé illégalement est innocent.
Dans l’affirmative, il n’existe personne «qui ait soutenu d’autres crimes de droit pénal» contre l’article 70 de la loi sur l’immigration.
"Moi, KinGungaku, diplomate dans le pays philippin, membre du personnel de l'ambassade des Philippines", je suis innocent.

2 La "cause du crime" à laquelle l'accusation applique "l'article 62 du Code pénal (crime de soutien d'autres crimes)" est la suivante.
Les étrangers sont mandatés par la loi sur l'immigration 22-4-4
(Acquisition du statut de résidence par la présentation de faux documents).
Cependant, il n'y a pas de "sanction pénale" contre cela.
La décision est "annulation du statut de résidence" du "ministre de la Justice" et "retrait obligatoire vers des pays étrangers".
Par conséquent, "l'article 62 du Code pénal (crime de soutien à d'autres crimes)" ne peut pas être appliqué.

Le gouvernement japonais "écrase" les plaintes.
"Écraser" par le pouvoir de l'Etat est "l'arrêt" de "Statute of limitations".

Le matériel est en dessous.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

Il y a beaucoup de victimes dans le monde.
S'il vous plaît "sauver" beaucoup de "victimes" avec "courage et justice".
Je demande au gouvernement japonais de "récupérer l'honneur" et "l'indemnisation de la victime" de la victime.

Cordialement. Yasuhiro Nagano


Il est publié dans le programme suivant.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


Yasuhiro Nagano

S'il vous plaît aidez-moi.
S'il vous plaît contactez-nous si vous avez des questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 07:16| 東京 ☁| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンゲラ・メルケル ドイツ連邦首相 へ 2019-02-20:私は同じメールを「日本経団連」や「日産自動車の労働組合」にも送信しています。 彼らは「法の支配」を無視しています。 あなたは「日産の車」を買うことに疑問を持ちませんか。 法を無視する会社の車は法を無視するでしょう。危険だと思いませんか?


アンゲラ・メルケル ドイツ連邦首相 へ


2019-02-20:私は同じメールを「日本経団連」や「日産自動車の労働組合」にも送信しています。
彼らは「法の支配」を無視しています。
あなたは「日産の車」を買うことに疑問を持ちませんか。
法を無視する会社の車は法を無視するでしょう。危険だと思いませんか?


拝啓。 「abuse of authority by special public officer」は、
その「職権」を「濫用」して、
他人を「逮捕」そして「拘禁;」することによって「成立する罪」です。
「abuse of authority by special public officer」」の「犯罪構成要件」についていいます。

①「the main constituent」が「特別公務員」であることです。
これは事実として警察官、検察官や裁判官らです。
②人を逮捕・監禁したことです。
これは事実として「逮捕」そして「拘禁」されました。
③「職務上の権利」を「濫用」することで成立します。
これは彼らは「職務上の権利」を「濫用した」か、「濫用しなかった」かどうかです。

「abuseoveruse」とは「職務上の権限」を「不法」に「行使」することで、
その手段や方法は、暴行・脅迫だけではない。
それは法律上において事実上、以下の程度で良い。
被害者がその結果を「受け入れるしかない程度」において。
「被害者の意思の決定の自由」を「pressuoppression」するものであれば該当する。

警察官や検察官は法律上、違反していない者を逮捕することはできません。
警察官や検察官は法律を知らないから逮捕した、とは言えません。
逮捕状は警察官の申請で裁判官が発行します。
私たちは裁判官の発行した逮捕状で「rightfully」に逮捕したとは言えません。
警察官は、法律を無視して、虚偽の内容で「逮捕状」を請求したのです。
裁判官は「逮捕状」を発行する際は、憲31条に照らして、法律上確認をしなければなりません。
しかし、この裁判官は法律確認を怠っています。
裁判官は独立して判断できます。
しかし裁判官は日本国憲法と法律にしたがって職務をすることが定められています。
すべては、この「逮捕状」を発行した裁判官の「誤り」からはじまって、
国際的な事件に発展しています。

警察官、検察官、裁判官を「特別公務員」と言います。
日本の「特別公務員」の仕事の「姿勢」はこのように「いい加減」なのです。

「特別公務員」は権力を持っています。
たとえ総理大臣でも逮捕できます。
国会議員でも逮捕できます。

だから、国会議員は「特別公務員」の犯罪を「無視」するのです。
「特別公務員」を怒らせると、彼らは、この事件のように「不法」に逮捕します。
日本の検察官、裁判官の犯罪を「処罰」するには「国際社会」の「力」が必要です。
幸い、日本は「貿易立国」です。
日本は国際社会から経済制裁を受けると日本国が成り立ちません。
国際社会は日本が「法の下での統治」を行うように「国連」で日本を糾弾してください。

そうでなければ、近い将来、日本は貴方の国と戦争をするでしょう!

世界の皆さん、日本の司法のクレイジーな「法の論理」を糾弾してください。
皆さん、この問題を「G20」や「国連の人権理事会」で取り上げてください。
この問題は、北朝鮮による「日本人拉致問題」よりも大きな国際問題です。
日本政府の国際法違反による「逮捕そして監禁」による被害者は莫大な人数です。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

明日に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

神はかならず「正義」を応援します。
私は、必ず、正義が「勝」と信じています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、
皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。
しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」を適用する「犯罪の理由」は以下です。
外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博


私の情報 ***************

下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/



長野恭博(Yasuhiro Nagano)


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp



<Öffentliche Post> #MeToo Menschenrechtsopfer!


Angela Merkel an den deutschen Bundespräsidenten


2019-02-20: Ich schicke dieselbe Mail an "Nippon Keidanren" und "Nissan Motor Union".
Sie ignorieren die "Rechtsstaatlichkeit".
Haben Sie keine Zweifel am Kauf eines "Nissan-Autos"?
Firmenwagen, die das Gesetz ignorieren, werden das Gesetz ignorieren. Findest du es nicht gefährlich?


Sehr geehrte Damen und Herren, "Amtsmissbrauch durch einen Sonderbeamten"
"Missbrauch" dieser "offiziellen Behörde"
Es ist "Sünde", indem andere "gefangen" und "eingesperrt" werden.
Über Verbrechensverfassungserfordernisse "des" Missbrauchs der Autorität durch einen Sonderbeamten ".

① "Hauptbestandteil" ist "Sonderbeamter".
In der Tat handelt es sich dabei um einen Polizisten, einen Staatsanwalt oder einen Richter.
② Es soll Menschen festnehmen und einsperren.
Dies wurde als Tatsache "festgenommen" und "inhaftiert".
③ Es wird durch "Missbrauch" von Arbeitsrechten festgestellt.
Dies ist, ob sie "Arbeitsrechte" "missbraucht" oder "nicht missbraucht" haben.

Unter "Missbrauch" versteht man, "Pflichtberechtigung" als "illegal" auszuüben.
Mittel und Methode sind nicht nur Schläge und Bedrohungen.
Es ist praktisch praktisch rechtlich im Hinblick auf das Folgende.
In dem Ausmaß, in dem das Opfer das Ergebnis "nur akzeptieren" kann.
Es ist anwendbar, wenn es "Pressuoppression" für "Entscheidungsfreiheit des Willens des Opfers" ist.

Polizeibeamte und Staatsanwälte können Personen, die nicht gesetzeswidrig sind, nicht festnehmen.
Polizeibeamte und Staatsanwälte sind sich des Gesetzes nicht bewusst und es kann nicht behauptet werden, dass sie festgenommen wurden.
Der Haftbefehl wird von einem Richter auf Antrag eines Polizeibeamten ausgestellt.
Wir können nicht sagen, dass wir "rechtmäßig" in Haftbefehlen eines Richters verhaftet haben.
Der Polizist ignorierte das Gesetz und forderte einen "Haftbefehl" mit falschem Inhalt.
Bei der Ausstellung eines "Haftbefehls" muss der Richter dies im Licht von Artikel 31 der Verfassung bestätigen.
Dieser Richter vernachlässigt jedoch die rechtliche Bestätigung.
Richter können unabhängig beurteilen.
Richter müssen jedoch ihre Aufgaben gemäß der japanischen Verfassung und dem Gesetz erfüllen.
Alles begann mit dem "Urteil" des Richters, der diesen "Haftbefehl" ausstellte
Es hat sich zu einem internationalen Fall entwickelt.

Polizeibeamte, Staatsanwälte und Richter werden als "Sonderbeamte" bezeichnet.
Die "Haltung" der Arbeit von "Sonderbeamten" in Japan ist auf diese Weise "unverantwortlich".

"Sonderbeamte" haben Macht.
Sogar der Premierminister kann verhaften.
Sogar Parlamentarier können verhaften.

Daher "ignorieren" die Mitglieder der Diät das Verbrechen von "Sonderbeamten".
Wenn sie "Sonderbeamte" verärgern, verhaften sie sie "illegal" wie in diesem Fall.
Um die Verbrechen japanischer Staatsanwälte und Richter "zu bestrafen", ist die "Macht" der "internationalen Gesellschaft" notwendig.
Glücklicherweise ist Japan eine "Handelsnation".
Wenn Japan wirtschaftliche Sanktionen von der internationalen Gemeinschaft erhält, hält Japan es nicht.
Die internationale Gemeinschaft sollte Japan in der "UN" verurteilen, damit Japan nach dem Gesetz "regieren" kann.

Andernfalls wird Japan in naher Zukunft Krieg mit Ihrem Land führen!

Bitte verurteilen Sie die verrückteste "Logik des Gesetzes" der japanischen Justiz, jeden auf der Welt.
Alle, bitte nehmen Sie dieses Problem auf "G20" oder "UN Human Rights Council".
Dieses Problem ist ein größeres internationales Problem als das "japanische Entführungsproblem" von Nordkorea.
Opfer von "Festnahme und Gefängnis" aufgrund der Verletzung des Völkerrechts durch die japanische Regierung sind enorm.

Diese E-Mail sendet dieselbe E-Mail auch an die "Amtssitz des Premierministers" in Japan, an "LDP" und an "Politiker".
Sie haben immer noch keine "Gerechtigkeit", um Japan unter dem Gesetz zu regieren.
"Internationale Leute"!
Bitte stellen Sie sich auf, um die Welt zu einer Gesellschaft zu machen, in der Freiheit, Demokratie und Menschenrechte geschützt werden.

Ich werde morgen weitermachen.
Ich werde weitermachen, bis du verstanden hast.

Gott wird immer 'Gerechtigkeit' unterstützen.
Ich bin der festen Überzeugung, dass Gerechtigkeit "gewinnt".

Ich "appelliere" an die beiden Dinge.
Es ist eine "internationale" Menschenrechtsverletzung durch die japanische Regierung. Da unsere "Erholung und Entschädigung der Ehre" erfolgt,
Vielen Dank für Ihre Unterstützung.

1 Ausländer führten "illegale Arbeit" außer "Aufenthaltsgenehmigung" durch.
Aber ein Ausländer ist unschuldig.

Nur Ausländer wurden durch Artikel 70 des Einwanderungskontrollgesetzes "Sünden illegaler Arbeit" bestraft.
Andererseits fordert das Einwanderungskontrollgesetz Arbeitgeber auf, die nach Artikel 73-2 "Ursache-Wirkungs-Beziehungen" illegaler Arbeit sind
(Ein Verbrechen, das illegale Beschäftigung förderte).

Die japanische Justiz "entsorgt" jedoch nur Ausländer, verfügt jedoch nicht über Arbeitgeber.
Dies verstößt offensichtlich gegen den "Grundsatz der Gleichheit unter dem Gesetz".
Und wir verstoßen gegen das Völkerrecht, das die bewusste Beseitigung von Ausländern verbietet.

Wenn ein Arbeitgeber, der einen Ausländer illegal beschäftigt hat, unschuldig ist, ist ein Ausländer, der illegal gearbeitet hat, unschuldig.
Wenn ja, gibt es niemanden, "der andere strafrechtliche Verbrechen unterstützt hat" gegen Artikel 70 des Einwanderungsgesetzes.
"Ich, KinGungaku, ein Diplomat im philippinischen Land, ein Mitarbeiter der philippinischen Botschaft" ist unschuldig.

2 Der "Grund für ein Verbrechen", auf das die Staatsanwaltschaft Anwendung findet "Artikel 62 des Strafgesetzbuches (Verbrechen der Unterstützung anderer Straftaten)" lautet wie folgt.
Ausländer werden mit dem Immigration Act 22-4-4 betraut
(Erwerb des Aufenthaltsstatus durch Einreichung falscher Dokumente).
Dagegen gibt es keine "strafrechtliche Bestrafung".
Disposition ist "Aufhebung des Aufenthaltsstatus" durch "Justizminister" und "obligatorischer Rückzug in ein anderes Land".
Daher kann "Artikel 62 des Strafgesetzbuchs (Verbrechen der Unterstützung anderer Straftaten)" nicht angewandt werden.

Die japanische Regierung "zermalmt" Beschwerden.
"Crush" durch staatliche Gewalt ist "Stop" der "Verjährung".

Das Material ist unten.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

Es gibt viele Opfer auf der Welt.
Bitte "retten" Sie viele "Opfer" mit "Mut und Gerechtigkeit".
Ich fordere die japanische Regierung auf, "Ehre zu erlangen" und "Entschädigung für das Opfer" des Opfers.

Mit freundlichen Grüßen Yasuhiro Nagano


Meine Informationen ***************

Es wird im folgenden Programm veröffentlicht.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


(Yasuhiro Nagano)


Bitte hilf mir.
Bitte kontaktieren Sie uns, wenn Sie Fragen haben.
enzai_mirai@yahoo.co.jp




posted by 長野トミー at 07:16| 東京 ☁| Comment(0) | ドイツ首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テリーザ・メイ 英国首相 へ 2019-02-20:私は同じメールを「日本経団連」や「日産自動車の労働組合」にも送信しています。 彼らは「法の支配」を無視しています。 あなたは「日産の車」を買うことに疑問を持ちませんか。 法を無視する会社の車は法を無視するでしょう。危険だと思いませんか?


テリーザ・メイ 英国首相 へ


2019-02-20:私は同じメールを「日本経団連」や「日産自動車の労働組合」にも送信しています。
彼らは「法の支配」を無視しています。
あなたは「日産の車」を買うことに疑問を持ちませんか。
法を無視する会社の車は法を無視するでしょう。危険だと思いませんか?


拝啓。 「abuse of authority by special public officer」は、
その「職権」を「濫用」して、
他人を「逮捕」そして「拘禁;」することによって「成立する罪」です。
「abuse of authority by special public officer」」の「犯罪構成要件」についていいます。

①「the main constituent」が「特別公務員」であることです。
これは事実として警察官、検察官や裁判官らです。
②人を逮捕・監禁したことです。
これは事実として「逮捕」そして「拘禁」されました。
③「職務上の権利」を「濫用」することで成立します。
これは彼らは「職務上の権利」を「濫用した」か、「濫用しなかった」かどうかです。

「abuseoveruse」とは「職務上の権限」を「不法」に「行使」することで、
その手段や方法は、暴行・脅迫だけではない。
それは法律上において事実上、以下の程度で良い。
被害者がその結果を「受け入れるしかない程度」において。
「被害者の意思の決定の自由」を「pressuoppression」するものであれば該当する。

警察官や検察官は法律上、違反していない者を逮捕することはできません。
警察官や検察官は法律を知らないから逮捕した、とは言えません。
逮捕状は警察官の申請で裁判官が発行します。
私たちは裁判官の発行した逮捕状で「rightfully」に逮捕したとは言えません。
警察官は、法律を無視して、虚偽の内容で「逮捕状」を請求したのです。
裁判官は「逮捕状」を発行する際は、憲31条に照らして、法律上確認をしなければなりません。
しかし、この裁判官は法律確認を怠っています。
裁判官は独立して判断できます。
しかし裁判官は日本国憲法と法律にしたがって職務をすることが定められています。
すべては、この「逮捕状」を発行した裁判官の「誤り」からはじまって、
国際的な事件に発展しています。

警察官、検察官、裁判官を「特別公務員」と言います。
日本の「特別公務員」の仕事の「姿勢」はこのように「いい加減」なのです。

「特別公務員」は権力を持っています。
たとえ総理大臣でも逮捕できます。
国会議員でも逮捕できます。

だから、国会議員は「特別公務員」の犯罪を「無視」するのです。
「特別公務員」を怒らせると、彼らは、この事件のように「不法」に逮捕します。
日本の検察官、裁判官の犯罪を「処罰」するには「国際社会」の「力」が必要です。
幸い、日本は「貿易立国」です。
日本は国際社会から経済制裁を受けると日本国が成り立ちません。
国際社会は日本が「法の下での統治」を行うように「国連」で日本を糾弾してください。

そうでなければ、近い将来、日本は貴方の国と戦争をするでしょう!

世界の皆さん、日本の司法のクレイジーな「法の論理」を糾弾してください。
皆さん、この問題を「G20」や「国連の人権理事会」で取り上げてください。
この問題は、北朝鮮による「日本人拉致問題」よりも大きな国際問題です。
日本政府の国際法違反による「逮捕そして監禁」による被害者は莫大な人数です。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

明日に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

神はかならず「正義」を応援します。
私は、必ず、正義が「勝」と信じています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、
皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。
しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」を適用する「犯罪の理由」は以下です。
外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博


下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp





#MeToo Human rights victim!


To Terrisa Mei British Prime Minister


2019-02-20: I am sending the same mail to "Nippon Keidanren" and "Nissan Motor Union".
They ignore the "rule of law".
Do not you have any doubt about buying a "Nissan car"?
Companies' cars ignoring the law will ignore the law. Do not you think it is dangerous?


Dear sirs. "Abuse of authority by special public officer" is "a sin established"
by "abusing" its "authority" and "arresting" and "detaining" others.
About crime constitution requirements "of" abuse of authority by special public officer ".
① "the main constituent" is "special civil servant".
In fact this is a policeman, a prosecutor or a judge.
② It is to arrest and confinement people.
This was "arrested" and "detained" as a fact.
③ It is established by "abusing" "job rights".
This is whether they "abused" or "did not abuse" "job rights".

By "abuseoveruse" is to "exercise" the "authority on duties" as "illegal",
its means and methods are not just beatings and intimidation.
It is practically virtually legal in terms of the following.
At the extent that the victim "can only accept" the result.
It is applicable if it is "pressuoppression" for "freedom of decision of victim's will".

Police officers and prosecutors can not arrest people who are not in violation by law.
Police officers and prosecutors are not aware of the law
and can not be said to have been arrested.
The arrest warrant is issued by a judge on application by a police officer.
We can not say that we arrested "rightfully" in arrest warrants issued by a judge.
The policeman ignored the law and requested an "arrest warrant" with false content.
When issuing an "arrest warrant",
the judge must confirm with law in light of Article 31 of the Constitution.
However, this judge neglects legal confirmation.
Judges can independently judge.
However, judges are required to perform their duties according to the Constitution of Japan
and the law.
Everything has evolved into an international case,
beginning with the "error" of the judge who issued this "arrest warrant".

Police officers, prosecutors, and judges are called "special civil servants".
The "attitude" of the job of "special civil servants" in Japan is "irresponsible" like this.

"Special civil servants" have power.
Even the prime minister can arrest.
Even parliamentarians can arrest.

Therefore, the Diet members "ignore" the crime of "special civil servants".
When angricking "special civil servants" they arrest them "illegally" like this case.
In order to "punish" crimes of Japanese prosecutors and judges,
"power" of "international society" is necessary.
Fortunately, Japan is a "trading nation".
When Japan receives economic sanctions from the international community, Japan does not hold.
The international community should condemn Japan
in the "UN" so that Japan will "govern" under the law.

Otherwise, in the near future, Japan will do war with your country!

Please denounce the craziest "logic of law" of Japanese judiciary, everyone in the world.
Everyone, please take up this problem at "G20" or "UN Human Rights Council".
This problem is a bigger international problem than the "Japanese abduction issue" by North Korea.
Victims by "arrest and confinement" due to Japanese government's violation
of international law are huge.

This mail is also sending the same mail to the "Prime Minister's Official Residence" in Japan,
"LDP" and "Politicians". They still do not have "justice" to rule Japan under the law.
"International people"!
Please stand up to make the world a society where freedom,
democracy and human rights are protected.

I will continue tomorrow.
I will continue until you understand.

God will always support 'justice'.
I certainly believe that justice is "wins".

I "appeal" the two things.
It is "international" human rights violation by the Japanese government.
We ask for your support so that our "honor recovery and compensation" will be done.

1. Foreigners conducted "illegal work" other than "qualification for residence".
But a foreigner is innocent.

Only foreigners were punished by Article 70 of the Immigration Control Act "Sins
of illegal labor".
On the other hand, the Immigration Control Act punishes employers
who are "cause-and-effect relationships" of illegal work with the Immigration Act 73-2
(a crime that promotes illegal employment).

However, the Japanese judiciary "disposal" only foreigners, but they do not dispose of employers.
This obviously violates "principle of equality under the law"
And we are in violation of international law prohibiting conscious disposal only of foreigners.

If an employer who illegally employed a foreigner is innocent,
a foreigner who has worked illegally is innocent.
If so, there is no one "who supported other crimes of criminal law" against Article 70
of the Immigration Act.
"I, KinGungaku, a diplomat in the Philippine country,
a staff member of the Philippine Embassy" is innocent.

2. The "reason for crime" to which the prosecution applies "Article 62 of the Criminal Code,
(crime of supporting other crimes)" is as follows.
Foreigners conducted the act prescribed in Article 22-4-4 of the Immigration Act
(acquisition of status of residence by submitting false documents).
However, there is no "criminal punishment" against this.
Disposition is "cancellation of status of residence" by "Minister of Justice"
and "compulsory withdrawal to foreign countries".
Therefore, "Article 62 of the Penal Code, (crime of supporting other crimes)" can not be applied.

The Japanese government is "crushing" complaints.
"Crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".
The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
There are many victims in the world.
Please "salvage" a lot of "victims" with "courage and justice".
I request the Japanese government to "recover honor"
and "compensation for the victim" of the victim.

Best regards. Yasuhiro Nagano



It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 07:15| 東京 ☁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日のつぶやき
















































































































































































posted by 長野トミー at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする