2018年02月22日

EUも有難う 【米国 ホワイトハウスからのメールマガジン 2018-02-22a 】 あなたの毎日1600:    農村のアメリカを再建する計画

EUも有難う
【米国 ホワイトハウスからのメールマガジン 2018-02-22a 】
あなたの毎日1600:
  

農村のアメリカを再建する計画
「米国の歴史を通じて、私たちは多くの分野で世界的リーダーとして認められてきましたが、私たちは、インフラシステムに関しては他の国と比較して恩恵を浪費するという明確な危険にさらされています」と、農務長官のソニーパーデューデモイン登録簿の

パーデュー長官は正しかった。そして、ドナルド・J・トランプ大統領のインフラ計画は、特にアメリカの農村部で、国家を繁栄に向かわせると賢明に指摘している。

方法は次のとおりです。

    トランプ大統領の計画では、地方のインフラの必要性に対応するため、農村部のアメリカに力を与えるために、計画に全フェデラルファンドの4分の1の500億ドルを配分しています。
    この計画は、ワシントンからの官僚的な司令官の慌てることなく、田舎の住民のユニークなニーズに柔軟に対応できるようにするものである。
    農村インフラ・プログラムは、行政が既に米国の農村部でブロードバンド・アクセスを拡大するために取り組んでいる取り組みを基盤にしています。

トンプット大統領は、「アメリカの農家とその家族はどこにいても、どこにいても、競争し、成長するために必要なインフラプロジェクトを持っていることを確認する必要があります。

トランプ・アドミニストレーションが21世紀の農村インフラをどのように再建しているかを学びましょう。

ペルデー国務長官は、田舎のアメリカは「大きなメリット」を見て、

「アメリカにおける移民施行の終結」
先週、Chuck Grassley上院司法委員会委員長(R-IA)は、国境の安全保障資源やアメリカの破たんしたビザ宝くじおよびチェーン移住移民制度改革と引き換えに、180万人のDACA資格を持つ不法移民の市民権への道筋を提供する法案を提出した。

先週、Grassley上院議員は、「誰の懸念にも対処できるシンプルで常識的な枠組み」と述べた。

残念なことに、上院少数民主化指導者チャック・シュメル(D-NY)は、ビザ宝くじの深刻な問題と連鎖移動システムを完全に無視したまったく新しい法案を提案しようと努力しました。国土安全保障省は、シュカー氏の法案が「アメリカにおける移民施行の終結になる」と強調した。

2つの提案の詳細な比較を以下に示します。

移民問題を解決するためのトランプ大統領の枠組みの詳細を読む。

「中小企業の信頼は記録的に高い」
CNBCのケイト・ロジャース氏は、「小規模企業の自信は2018年に急速に高まっている。

CNBCとSurveyMonkeyが作成した中小企業信用度指数は、最近の多くの世論調査から、トランプ大統領がクリスマス直前に署名した税金カットと雇用法の結果がアメリカ人に好調に推移していることを確認している。この指数は、57から62に5ポイント上昇し、指数打ち上げ以来最大の四半期から四半期の急増を記録した。

さらに、今月初めにSurveyMonkeyが実施したNew York Timesの調査によると、アメリカ人の大多数が税法を支持している。 SurveyMonkey Jon Cohenのチーフ・リサーチ・オフィサーは、「世論はこの法案の方向に動いている。

続きを読む:大多数のアメリカ人が今や税法を支持しているとワシントン審査官は報告しています

その日の写真

ドナルド・J・トランプ大統領が勲章を贈呈| 2018年2月20日(Joyce N. Boghosianによる公式ホワイトハウス写真)
今日のポタス

今朝、トランプ大統領は、中小企業経営者の管理者と昼食を取る前に、大統領の経済報告を経済顧問会議と話し合う予定です。午後、大統領は労働組合指導者と会談し、その後、副大統領のマイク・ペンスとともに、高校生や教師との聴取セッションを開催します。

今日、副大統領は、第2回国家宇宙評議会「月、火星、そして世界を越え:次のフロンティアを勝ち取ろう」を主導し、ケネディ宇宙センターのツアーに参加する予定です。

●皆さま、下記サイトを拡散して、助けてください!
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6



【USA Mail magazine from the White House  2018-02-22a 】

Your 1600 Daily:
 
The plan to rebuild rural America
“Throughout American history, we have been recognized as a global leader in many areas, but we are in distinct danger of squandering advantages we hold over other countries when it comes to our infrastructure system,” Agriculture Secretary Sonny Perdue writes this week in the pages of the Des Moines Register.
Secretary Perdue is right—and he wisely points out that President Donald J. Trump’s infrastructure plan would steer the Nation back toward prosperity, “particularly in rural America.”
Here is how:
President Trump’s plan allocates $50 billion, a quarter of all Federal funds in the plan, to empower rural America to address the infrastructure needs of its communities.
The plan will give states the flexibility to address the unique needs of their rural residents without a flurry of bureaucratic commands from Washington.
The Rural Infrastructure Program will build upon efforts the Administration has already undertaken to expand broadband access in rural America.
“We have to make sure American farmers and their families, wherever they may be, wherever they may go, have the infrastructure projects that they need to compete and grow,” President Trump said.
Learn how the Trump Administration is rebuilding rural infrastructure for the 21st century.
Bonus read: Secretary Perdue says rural America will see ‘major benefits’

‘The end of immigration enforcement in America’
Last week, Senate Judiciary Committee Chairman Chuck Grassley (R-IA) introduced legislation that would provide a pathway to citizenship for 1.8 million DACA-eligible illegal immigrants in exchange for border security resources and reforms to America’s broken Visa Lottery and chain migration immigrant systems.
“A simple, common-sense framework that can address everyone’s concerns,” Sen. Grassley called the bill last week.
Regrettably, Senate Minority Leader Chuck Schumer (D-NY) led an effort to propose entirely new legislation that ignores the deep problems with the Visa Lottery and chain migration systems altogether. The Department of Homeland Security offered its stark assessment: The Schumer bill “would be the end of immigration enforcement in America.”
Here is an in-depth comparison of the two proposals:
Read more about President Trump’s framework to fix immigration.

‘Small-business confidence hits record high’
“Small-business confidence is surging in 2018 as optimism rises among small-business owners about the newly enacted tax-reform package,” Kate Rogers writes for CNBC.
The Small Business Confidence Index, produced by CNBC and SurveyMonkey, confirms the findings from numerous recent polls: Americans are seeing positive results from the Tax Cuts and Jobs Act that President Trump signed shortly before Christmas. The index ticked up five points, from 57 to 62, reaching a record high with the largest quarter-to-quarter surge seen since the index launched.
Furthermore, a majority of Americans now support the tax law, according to a New York Times poll conducted by SurveyMonkey earlier this month. “Public opinion is moving in the direction of this bill,” Chief Research Officer for SurveyMonkey Jon Cohen said to the Times.
Read more: A majority of Americans now support the tax law, the Washington Examiner reports
Photo of the Day
President Donald J. Trump presents the Medal of Valor | February 20, 2018 (Official White House Photo by Joyce N. Boghosian)
POTUS TODAY
This morning, President Trump will discuss the Economic Report of the President with the Council of Economic Advisers before having lunch with the Administrator of the Small Business Administration. This afternoon, the President will meet with trade union leaders and later, along with Vice President Mike Pence, host a listening session with high school students and teachers.
Today, the Vice President will lead the second meeting of the National Space Council, “Moon, Mars, and Worlds Beyond: Winning the Next Frontier,” and participate in a tour of Kennedy Space Center.
 

●Please spread to the following site, please help everyone!
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

posted by 長野トミー at 10:09| 東京 ☁| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 ドイツ連邦首相 アンゲラ・メルケル 閣下  2018年2月22日 日本国家による移民、難民に対する扱いをめぐる人道上の犯罪を支援してください。 日本法だけ でなく国際法違反です。 私だけでなく、中国人やフィリッピン人ら多くの外国人が犠牲になっています。

<公開メール>助けてください!


拝啓 ドイツ連邦首相 アンゲラ・メルケル 閣下  2018年2月22日

NO1: 
 2月21日の産経新聞(共同)に、面白い記事があります。
米西部アイダホ州にあるボイシ州立大は20日までに、政治学者ら170人の評価に基づく米大統領経験者44人の格付けを発表した。トップは奴隷解放を宣言したリンカーン、現職のトランプ大統領は44位で最下位となった。一方で、トランプ氏は「米国を最も分断する大統領」のランキングでは首位だった。大統領や行政機関などを研究対象とする専門家が、外交、内政を含む総合的な「偉大さ」を100点満点で採点した。上位7人の顔ぶれは2014年の前回調査と変わらず、リンカーンのほか、初代ワシントン、太平洋戦争時のフランクリン・ルーズベルトらが名を連ねた。前回18位だったオバマ前大統領は8位に上がった。トランプ氏は共和党支持者の専門家の間でも40位にとどまり、党派を問わず低評価。リンカーンが総合評価で95・03点を獲得したのに対し、トランプ氏は12・34点にとどまった。

 トランプ大統領がNO1の偉大な大統領になることを期待しましょう。奴隷解放を宣言したリンカーンより偉大な大統領になることです。偉大な大統領になるには、誰よりも人権を大事にする大統領になることです。

NO2:
  今日の説明は「実録、法に基づかない不法な逮捕・監禁」NO:021 です。
 もう一つの刑法の幇助罪については、弁護士は、雇用契約書の作成時期と不法就労時期との時間差が幇助罪の構成要件に該当しないとの論理での説明だったと思いますが、私は、不法就労に対する幇助罪は、不法就労助長罪しかないと思っていましたので、弁護士の言う、刑法幇助罪の時間差の論理はよくわかりませんでした。
 それに退去強制の行政処分である「在留資格取消」規定に定めるものは犯罪にならないとの先入観もありました。それで、弁護士(M)が法的措置をとれば、すぐにでも釈放されると思い込んでいました。
 私は入管法の幇助違反はしていないし、虚偽の書類(内容嘘偽の雇用契約書)も作成していないと告げて、不法逮捕なので釈放するように依頼します。
 弁護士は、「頑張りましょう」と言って、この日はそのまま帰ります。
NO:022 へ続きます。

NO3:
日本国家による移民、難民に対する扱いをめぐる人道上の犯罪を支援してください。
日本法だけ でなく国際法違反です。
私だけでなく、中国人やフィリッピン人ら多くの外国人が犠牲になっています。
日本政府による「人道上の犯罪」から救ってください。ICCへの提出資料は下記にありますので確認してください。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

アンゲラ・メルケル 閣下ガンバレ、そして私たちを助けてください!敬具。

私の情報 ***************
下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

長野恭博(Yasuhiro Nagano)

お問合せ先のメール
enzai_mirai@yahoo.co.jp



<Öffentliche Post> Bitte hilf mir!


Sehr geehrter Herr oder Herr Angela Merkel, deutscher Premierminister am 22. Februar 2018

Nr. 1:
Es gibt einen interessanten Artikel in der Sankei Shimbun (Kooperation) am 21. Februar.
Die Boise State University im Bundesstaat Idaho in den Vereinigten Staaten kündigte die Bewertung von 44 US-Präsidentenerfahrungen an, die auf der Auswertung von 170 Politikwissenschaftlern und anderen auf dem 20. Platz basiert. Lincoln, der die Sklaverei an der Spitze erklärte, war der niedrigste in der derzeitigen Position von Präsident Cardinal Trump. Unterdessen war Herr Trump der Führer in der Rangliste von "Präsident, der die Vereinigten Staaten am meisten teilt". Experten, die Präsidenten und Verwaltungsorgane recherchieren, erzielten insgesamt eine "Größe", einschließlich Diplomatie und innere Angelegenheiten, mit einer Punktzahl von 100 Punkten. Das Gesicht der Top-7-Leute ist das gleiche wie die vorherige Umfrage von 2014, ebenso wie Lincoln, Franklin Roosevelt und andere zur Zeit des ersten Washington und des Pazifikkrieges. Obamas ehemaliger Präsident, der beim letzten Mal den 18. Platz belegte, ging auf den achten Platz. Mr. Trump blieb unter den republikanischen Unterstützer-Experten auf Platz 40 und wurde unabhängig von der Fraktion niedrig bewertet. Lincoln gewann 95,03 Punkte in der Gesamtwertung, während Trump nur bei 12,34 Punkten blieb.

Erwarten wir, dass Präsident Trump zum großen Präsidenten von NO1 wird. Es soll ein großer Präsident werden, als Lincoln, der die Sklaverei erklärt hat. Ein großartiger Präsident zu sein bedeutet, der Präsident zu werden, der mehr für Menschenrechte eintritt als jeder andere.

Nr. 2:
Die heutige Erklärung ist "Illegale Festnahme / Beschränkung, die nicht auf Gesetz, Gesetz" basiert. NO: 021.
Hinsichtlich eines anderen Strafverteidigers scheint die Erklärung auf der Logik zu beruhen, dass der Zeitunterschied zwischen dem Zeitpunkt der Entstehung des Arbeitsvertrags und dem Zeitpunkt der illegalen Beschäftigung nicht unter die verfassungsrechtlichen Anforderungen der Unterstützungsgebühren fällt. Ich dachte, es gäbe nur ein illegales Beschäftigungsförderungsverbrechen für die Unterstützung illegaler Beschäftigung, so dass ich die Logik des Zeitunterschieds zwischen der Unterstützung von Anwälten für Strafgesetze nicht verstehen konnte.
Es gab auch ein Vorurteil, dass diejenigen, die in der Bestimmung der "Aufhebung des Aufenthaltsstatus", die Verwaltungsstrafe für die Abschiebung ist, vorgeschrieben sind, sind kein Verbrechen. Also dachte ich, wenn mein Anwalt (M) rechtliche Schritte unternimmt, werde ich bald entlassen.
Ich habe die Unterstützung des Zuwanderungsgesetzes nicht verletzt und mich gebeten, sie zu veröffentlichen, weil sie illegal verhaftet wurde und mir mitgeteilt hat, dass er keine falschen Dokumente erstellt hat (Inhalt eines falschen Arbeitsvertrags).
Der Anwalt sagt "Lass uns unser Bestes geben" und wird so zurückkehren, wie es heute ist.
NEIN: Weiter zu 022.

Nr. 3:
Bitte unterstützen Sie humanitäre Verbrechen in Bezug auf die Behandlung von Einwanderern und Flüchtlingen durch den japanischen Staat. Nicht nur japanisches, sondern auch internationales Recht.
Nicht nur ich, sondern viele Ausländer wie Chinesen und Filipinos werden geopfert.
Bitte bewahren Sie vor der "humanitären Kriminalität" der japanischen Regierung auf.
Bitte reichen Sie die Materialien ein, die dem ICC wie folgt übermittelt werden.

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

Angela Merkels Exzellenz Gambare, und bitte hilf uns! Mit freundlichen Grüßen.

Meine Informationen ***************
Es ist offen für das Programm unten.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

(Yasuhiro Nagano)


Kontakt E-Mail
enzai_mirai@yahoo.co.jp




posted by 長野トミー at 10:08| 東京 ☁| Comment(0) | ドイツ首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 フランス国 首相 エドゥアール・フィリップ 閣下  2018年2月22日トランプ大統領がNO1の偉大な大統領になることを期待しましょう。奴隷解放を宣言したリンカーンより偉大な大統領になることです。

<公開メール>助けてください!


拝啓 フランス国 首相 エドゥアール・フィリップ 閣下  2018年2月22日

NO1: 
 2月21日の産経新聞(共同)に、面白い記事があります。
米西部アイダホ州にあるボイシ州立大は20日までに、政治学者ら170人の評価に基づく米大統領経験者44人の格付けを発表した。トップは奴隷解放を宣言したリンカーン、現職のトランプ大統領は44位で最下位となった。一方で、トランプ氏は「米国を最も分断する大統領」のランキングでは首位だった。大統領や行政機関などを研究対象とする専門家が、外交、内政を含む総合的な「偉大さ」を100点満点で採点した。上位7人の顔ぶれは2014年の前回調査と変わらず、リンカーンのほか、初代ワシントン、太平洋戦争時のフランクリン・ルーズベルトらが名を連ねた。前回18位だったオバマ前大統領は8位に上がった。トランプ氏は共和党支持者の専門家の間でも40位にとどまり、党派を問わず低評価。リンカーンが総合評価で95・03点を獲得したのに対し、トランプ氏は12・34点にとどまった。

 トランプ大統領がNO1の偉大な大統領になることを期待しましょう。奴隷解放を宣言したリンカーンより偉大な大統領になることです。偉大な大統領になるには、誰よりも人権を大事にする大統領になることです。

NO2:
  今日の説明は「実録、法に基づかない不法な逮捕・監禁」NO:021 です。
 もう一つの刑法の幇助罪については、弁護士は、雇用契約書の作成時期と不法就労時期との時間差が幇助罪の構成要件に該当しないとの論理での説明だったと思いますが、私は、不法就労に対する幇助罪は、不法就労助長罪しかないと思っていましたので、弁護士の言う、刑法幇助罪の時間差の論理はよくわかりませんでした。
 それに退去強制の行政処分である「在留資格取消」規定に定めるものは犯罪にならないとの先入観もありました。それで、弁護士(M)が法的措置をとれば、すぐにでも釈放されると思い込んでいました。
 私は入管法の幇助違反はしていないし、虚偽の書類(内容嘘偽の雇用契約書)も作成していないと告げて、不法逮捕なので釈放するように依頼します。
 弁護士は、「頑張りましょう」と言って、この日はそのまま帰ります。
NO:022 へ続きます。

NO3:
日本国家による移民、難民に対する扱いをめぐる人道上の犯罪を支援してください。
日本法だけ でなく国際法違反です。
私だけでなく、中国人やフィリッピン人ら多くの外国人が犠牲になっています。
日本政府による「人道上の犯罪」から救ってください。
ICCへの提出資料は下記にありますので確認してください。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

エドゥアール・フィリップ 閣下、ガンバレ!そして私たちを助けてください!敬具。

下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

長野恭博
お問合せ先のメール
enzai_mirai@yahoo.co.jp



Aidez-moi s'il vous plaît!


Cher Monsieur ou Premier Ministre français Eduard Philip 22 février 2018

NO 1:
Il y a un article intéressant dans le Sankei Shimbun (coopération) le 21 février.
Boise State University dans l'Idaho Ouest américain jusqu'à 20 jours, a annoncé la note du président américain a connu 44 personnes en fonction de l'évaluation des politiques universitaires 170 personnes. Lincoln, qui a déclaré l'esclavage au sommet, était le plus bas dans la position actuelle du président Cardinal Trump. Pendant ce temps, M. Trump était le leader dans le classement du «président qui divise le plus les États-Unis». Les experts qui font des recherches sur les présidents et les organes administratifs ont marqué la «grandeur» globale, y compris la diplomatie et les affaires intérieures avec un score de 100 points. Les sept premiers de la gamme est inchangé par rapport à l'enquête précédente en 2014, en plus de Lincoln, fondateur de Washington, Franklin D. Roosevelt, et al. Au moment de la guerre du Pacifique avait été nom choisi. L'ancien président d'Obama qui s'est classé 18ème la dernière fois est remonté à la huitième place. M. Trump est resté à la 40e place parmi les experts des partisans républicains et a été évalué peu importe la faction. Lincoln a gagné 95,03 points dans l'évaluation globale, tandis que M. Trump est resté à seulement 12,34 points.

Attendons que le président Trump devienne le grand président de NO1. C'est de devenir un grand président que Lincoln qui a déclaré l'esclavage. Être un grand président, c'est devenir le président qui s'occupe des droits de l'homme plus que quiconque.

NO 2:
L'explication d'aujourd'hui est "Arrestation illégale / emprisonnement non fondé sur la loi, la loi" NO: 021.
Pour aider le crime d'un autre droit pénal, avocat, mais je pense que la différence de temps entre le moment de la création et la période d'emploi illégale du contrat de travail a été décrit dans la logique de ne pas correspondre aux exigences de configuration d'aider le crime, I, complicité de crimes contre l'emploi illégal, parce que je pensais qu'il n'y a qu'un crime favorable à l'emploi illégal, disent les avocats, la logique de la différence de temps entre le droit pénal le crime assisté ne comprenait pas.
Il est une sanction administrative d'expulsion « statut de résidence annuler » ce qui est prévu dans les dispositions a également été préjugés et non un crime. Donc, je pensais que si mon avocat (M) a intenté une action en justice, je serai libéré bientôt.
Je n'ai pas est Complicité violations de la Loi sur l'immigration de contrôle, de faux documents (le contenu Usonise du contrat de travail) nous dit pas non plus à créer, puis leur demander de libérer parce que l'arrestation illégale.
L'avocat dit "faisons de notre mieux" et reviendra tel qu'il est aujourd'hui.
NON: Continuer à 022.

NO 3:
Veuillez soutenir les crimes humanitaires concernant le traitement des immigrants et des réfugiés par l'État japonais. Non seulement la loi japonaise mais la violation du droit international.
Non seulement moi mais beaucoup d'étrangers comme les Chinois et les Philippins sont sacrifiés. S'il vous plaît, sauvez le «crime humanitaire» du gouvernement japonais.
Veuillez soumettre les documents à soumettre à l'ICC comme indiqué ci-dessous.

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

Son Excellence Edouard Phillip, Gunbare! Et s'il vous plaît aidez-nous! Sincèrement vôtre.

Il est ouvert au programme ci-dessous.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

Yasuhiro Nagano
Email de contact
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 10:07| 東京 ☁| Comment(0) | フランス首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 英国首相 テリーザ・メイ  閣下   2018年2月22日 トランプ氏は「米国を最も分断する大統領」のランキングでは首位だった。大統領や行政機関などを研究対象とする専門家が、外交、内政を含む総合的な「偉大さ」を100点満点で採点した。

<公開メール>助けてください!


拝啓 英国首相 テリーザ・メイ  閣下   2018年2月22日

NO1: 
 2月21日の産経新聞(共同)に、面白い記事があります。
米西部アイダホ州にあるボイシ州立大は20日までに、政治学者ら170人の評価に基づく米大統領経験者44人の格付けを発表した。トップは奴隷解放を宣言したリンカーン、現職のトランプ大統領は44位で最下位となった。一方で、トランプ氏は「米国を最も分断する大統領」のランキングでは首位だった。大統領や行政機関などを研究対象とする専門家が、外交、内政を含む総合的な「偉大さ」を100点満点で採点した。上位7人の顔ぶれは2014年の前回調査と変わらず、リンカーンのほか、初代ワシントン、太平洋戦争時のフランクリン・ルーズベルトらが名を連ねた。前回18位だったオバマ前大統領は8位に上がった。トランプ氏は共和党支持者の専門家の間でも40位にとどまり、党派を問わず低評価。リンカーンが総合評価で95・03点を獲得したのに対し、トランプ氏は12・34点にとどまった。

 トランプ大統領がNO1の偉大な大統領になることを期待しましょう。奴隷解放を宣言したリンカーンより偉大な大統領になることです。偉大な大統領になるには、誰よりも人権を大事にする大統領になることです。

NO2:
  今日の説明は「実録、法に基づかない不法な逮捕・監禁」NO:021 です。
 もう一つの刑法の幇助罪については、弁護士は、雇用契約書の作成時期と不法就労時期との時間差が幇助罪の構成要件に該当しないとの論理での説明だったと思いますが、私は、不法就労に対する幇助罪は、不法就労助長罪しかないと思っていましたので、弁護士の言う、刑法幇助罪の時間差の論理はよくわかりませんでした。
 それに退去強制の行政処分である「在留資格取消」規定に定めるものは犯罪にならないとの先入観もありました。それで、弁護士(M)が法的措置をとれば、すぐにでも釈放されると思い込んでいました。
 私は入管法の幇助違反はしていないし、虚偽の書類(内容嘘偽の雇用契約書)も作成していないと告げて、不法逮捕なので釈放するように依頼します。
 弁護士は、「頑張りましょう」と言って、この日はそのまま帰ります。
NO:022 へ続きます。
 
NO3:
日本国家による移民、難民に対する扱いをめぐる人道上の犯罪を支援してください。
日本法だけ でなく国際法違反です。
私だけでなく、中国人やフィリッピン人ら多くの外国人が犠牲になっています。
日本政府による「人道上の犯罪」から救ってください。
ICCへの提出資料は下記にありますので確認してください。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

テリーザ・メイ首相 ガンバレ。そして私たちを助けてください!敬具。

長野恭博

下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

お問合せ先のメール
enzai_mirai@yahoo.co.jp



Please help me!


Dear Sir or Madam, UK Prime Minister Teliza May, February 22, 2018

NO 1:
There is an interesting article in the Sankei Shimbun (cooperation) on February 21.
Boise State University in the state of Idaho in the United States announced the rating of 44 US presidential experience based on the evaluation of 170 political scientists and others by 20th. Lincoln, who declared slavery at the top, was the lowest in the current position of President Cardinal Trump. Meanwhile, Mr. Trump was the leader in the ranking of "President who most divides the United States". Experts who are researching presidents and administrative organs scored the overall "greatness" including diplomacy and internal affairs with a score of 100 points. The top seven people 's face is the same as the previous survey in 2014, as well as Lincoln, Franklin Roosevelt and others at the time of the first Washington and the Pacific War. Obama's former president who ranked 18th last time went up to eighth place. Mr. Trump stayed at 40th among Republican supporters' experts and was evaluated low regardless of faction. Lincoln won 95.03 points in the overall evaluation, while Mr. Trump stayed at only 12.34 points.

Let's expect President Trump to become NO1's great president. It is to become a great president than Lincoln who declared slavery. To be a great president is to become the president who takes care of human rights more than anyone.

NO 2:
Today's explanation is "Illegal arrest / confinement not based on law, law" NO: 021.
Regarding another criminal assistance criminal lawyer, it seems that the explanation was based on the logic that the time difference between the time when the employment contract was created and the time of illegal employment did not fall under the constitutional requirements of assistance charges, I thought that there was only an illegal employment promotion crime for assisting illegal employment, so I could not understand the logic of the time difference between lawyers' assistance for criminal laws.
There was also a prejudice that those prescribed in the provision of "cancellation of status of residence" which is the administrative penalty of deportation compulsion are not a crime. So I thought that if my lawyer (M) took legal action, I will be released soon.
I have not violated the assistance of the Immigration Act and asked me to release it because it is illegally arrested, telling me that he has not created false documents (contents of false employment contract).
The lawyer says "Let's do our best" and will return as it is this day.
NO: Continue to 022.
In case
NO 3:
Please support humanitarian crimes concerning treatment of immigrants and refugees by the Japanese state. Not only Japanese law but international law violation.
Not only me but a lot of foreigners such as Chinese and Filipinos are being sacrificed. Please save from 'humanitarian crime' by the Japanese government.
Please submit the materials to be submitted to ICC as below.

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

Teliza May, Prime Minister Gambare. And please help us! Best regards.

Yasuhiro Nagano

It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

Contact email
enzai_mirai@yahoo.co.jp


posted by 長野トミー at 10:05| 東京 ☁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日のつぶやき
































































































































































































































































posted by 長野トミー at 09:01| 東京 ☁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする