2019年06月17日

エマニュエル・マクロン フランス大統領 へ エマニュエル・マクロン フランス大統領は言いました。 英国政府は国民投票の結果を尊重するべきだ。 私はエマニュエル・マクロン大統領の主張に賛成します。 「入管法違反事件」では多くの外国人が犠牲になっているので、 「ICC」への「提訴」を支援してください。

エマニュエル・マクロン フランス大統領 へ


2019-06-17:拝啓、この「事件」で、警察官、検察官、
裁判官は「status of residence」と「ビザ」の関係を知りません。
日本国政府が、どのような手順で「ビザ」を「交付」しているのかを理解してください。
「status of residence」と「ビザ」は違います。


下記サイトで、「出入国管理及び難民認定法」
(Immigration Control and Refugee Recognition Act)の最新の全文を確認できます。
(日本語および英文)
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4


第1部。就労のstatus of residence (ビザ)の取得の actual practice affairsです。
外国人は、status of residence の種類ごとに、法務省は「省令」で規定しています。
それは、資格に必要な「degree」などの「付与」の「基準」が「定められて」います。
外国人は以下の手順により「ビザ」を受けて入国します。

例として、
「中国に在住」の「中国人」を「技術」などの status of residence  で「招く」場合を記載します。
中国人は「status of residence 」の申請書、履歴書、成績証明書、卒業証書(原本)、
証明写真などを「招く会社」に送ります。
彼らを招く(会社)は、それに雇用契約書、雇用理由書、会社の登記謄本、決算書、
会社案内などを添えて入管に提出します。
  
1、2週間すると入管から「質問の電話」や「cost accounting」の詳細、
「要員の計画書」や「客先からの注文書」などの「追加資料」の提出を求められます。
これが「事実の調査」です。

「招く」の場合には、会社に来て調査することはありませんでした。しかし、
「配偶者ビザ」より「永住ビザ」への「在留資格」の変更の申請の場合は
「偽装結婚」が疑われるので「事実の調査」があります。
「入国審査官」が「アパートの部屋」に「入室」します。
そして、歯ブラシ、パジャマ、・・・
そして最期は、セックスの「有無」を確認するためにシーツの「精液」の「有無」まで調べるようです。
(入管の調査官には「事実の調査権」が与えられていますので裁判所の許可は不要です)

中国人クラブのホステスはほとんどが留学生か「偽装結婚」の者です。
彼女らは「regular customer"」に対しては安心しているのでなんでも正直に「実態」を話してくれます。

明日に続きます。

第2部。私は、2つのことを「訴えて」います。
これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。
事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。
私たちの「honorの回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。
世界が「法の下で統治」を無視するならテロで解決するのは当然です。しかし、クレイジーです。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処罰」しましたが、「雇用者」を「処罰」していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして「恣意的」に外国人だけを「処罰」することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が「無罪」であるならば、違法に働かされた外国人も「無罪」です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、
入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
「起訴状」が指摘する入管法22-4-4条の「犯罪の理由」は入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

被害者は世界にたくさんいます。

敬具。Yasuhiro Nagano


追伸:
エマニュエル・マクロン フランス大統領は言いました。
英国政府は国民投票の結果を尊重するべきだ。
私はエマニュエル・マクロン大統領の主張に賛成します。
「入管法違反事件」では多くの外国人が犠牲になっているので、
「ICC」への「提訴」を支援してください。


下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp


posted by 長野トミー at 09:53| 東京 ☀| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就労のstatus of residence (ビザ)の取得の actual practice affairsです。 外国人は、status of residence の種類ごとに、法務省は「省令」で規定しています。 アンゲラ・メルケル ドイツ連邦首相 へ 2019-06-17: それは、資格に必要な「degree」などの「付与」の「基準」が「定められて」います。 外国人は以下の手順により「ビザ」を受けて入国します。

アンゲラ・メルケル ドイツ連邦首相 へ


2019-06-17:拝啓、この「事件」で、警察官、検察官、
裁判官は「status of residence」と「ビザ」の関係を知りません。
日本国政府が、どのような手順で「ビザ」を「交付」しているのかを理解してください。
「status of residence」と「ビザ」は違います。


下記サイトで、「出入国管理及び難民認定法」
(Immigration Control and Refugee Recognition Act)の最新の全文を確認できます。
(日本語および英文)
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4


第1部。就労のstatus of residence (ビザ)の取得の actual practice affairsです。
外国人は、status of residence の種類ごとに、法務省は「省令」で規定しています。
それは、資格に必要な「degree」などの「付与」の「基準」が「定められて」います。
外国人は以下の手順により「ビザ」を受けて入国します。

例として、
「中国に在住」の「中国人」を「技術」などの status of residence  で「招く」場合を記載します。
中国人は「status of residence 」の申請書、履歴書、成績証明書、卒業証書(原本)、
証明写真などを「招く会社」に送ります。
彼らを招く(会社)は、それに雇用契約書、雇用理由書、会社の登記謄本、決算書、
会社案内などを添えて入管に提出します。
  
1、2週間すると入管から「質問の電話」や「cost accounting」の詳細、
「要員の計画書」や「客先からの注文書」などの「追加資料」の提出を求められます。
これが「事実の調査」です。

「招く」の場合には、会社に来て調査することはありませんでした。しかし、
「配偶者ビザ」より「永住ビザ」への「在留資格」の変更の申請の場合は
「偽装結婚」が疑われるので「事実の調査」があります。
「入国審査官」が「アパートの部屋」に「入室」します。
そして、歯ブラシ、パジャマ、・・・
そして最期は、セックスの「有無」を確認するためにシーツの「精液」の「有無」まで調べるようです。
(入管の調査官には「事実の調査権」が与えられていますので裁判所の許可は不要です)

中国人クラブのホステスはほとんどが留学生か「偽装結婚」の者です。
彼女らは「regular customer"」に対しては安心しているのでなんでも正直に「実態」を話してくれます。

明日に続きます。

第2部。私は、2つのことを「訴えて」います。
これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。
事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。
私たちの「honorの回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。
世界が「法の下で統治」を無視するならテロで解決するのは当然です。しかし、クレイジーです。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処罰」しましたが、「雇用者」を「処罰」していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして「恣意的」に外国人だけを「処罰」することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が「無罪」であるならば、違法に働かされた外国人も「無罪」です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、
入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
「起訴状」が指摘する入管法22-4-4条の「犯罪の理由」は入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

被害者は世界にたくさんいます。

敬具。Yasuhiro Nagano


追伸:
ドイツ政府は日本政府に「死刑の廃止」を要求してくれました。
日本人として感謝いたします。
「入管法違反事件」では多くの外国人が犠牲になっているので、
「ICC」への「提訴」を支援してください。


私の情報 ***************

下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/



郵便番号 
国籍   日本

名前  長野恭博(Yasuhiro Nagano)



助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp
posted by 長野トミー at 09:52| 東京 ☀| Comment(0) | ドイツ首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019-06-17: そして最期は、セックスの「有無」を確認するためにシーツの「精液」の「有無」まで調べるようです。 (入管の調査官には「事実の調査権」が与えられていますので裁判所の許可は不要です)



下記サイトで、「出入国管理及び難民認定法」
(Immigration Control and Refugee Recognition Act)の最新の全文を確認できます。
(日本語および英文)
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4


第1部。就労のstatus of residence (ビザ)の取得の actual practice affairsです。
外国人は、status of residence の種類ごとに、法務省は「省令」で規定しています。
それは、資格に必要な「degree」などの「付与」の「基準」が「定められて」います。
外国人は以下の手順により「ビザ」を受けて入国します。

例として、
「中国に在住」の「中国人」を「技術」などの status of residence  で「招く」場合を記載します。
中国人は「status of residence 」の申請書、履歴書、成績証明書、卒業証書(原本)、
証明写真などを「招く会社」に送ります。
彼らを招く(会社)は、それに雇用契約書、雇用理由書、会社の登記謄本、決算書、
会社案内などを添えて入管に提出します。
  
1、2週間すると入管から「質問の電話」や「cost accounting」の詳細、
「要員の計画書」や「客先からの注文書」などの「追加資料」の提出を求められます。
これが「事実の調査」です。

「招く」の場合には、会社に来て調査することはありませんでした。しかし、
「配偶者ビザ」より「永住ビザ」への「在留資格」の変更の申請の場合は
「偽装結婚」が疑われるので「事実の調査」があります。
「入国審査官」が「アパートの部屋」に「入室」します。
そして、歯ブラシ、パジャマ、・・・
そして最期は、セックスの「有無」を確認するためにシーツの「精液」の「有無」まで調べるようです。
(入管の調査官には「事実の調査権」が与えられていますので裁判所の許可は不要です)

中国人クラブのホステスはほとんどが留学生か「偽装結婚」の者です。
彼女らは「regular customer"」に対しては安心しているのでなんでも正直に「実態」を話してくれます。

明日に続きます。

第2部。私は、2つのことを「訴えて」います。
これは日本政府による「国際的」な「人権侵害」です。
事件から10年近くになります。私の命には限りがあります。
私たちの「honorの回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。
世界が「法の下で統治」を無視するならテロで解決するのは当然です。しかし、クレイジーです。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。
外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処罰」しましたが、「雇用者」を「処罰」していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして「恣意的」に外国人だけを「処罰」することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が「無罪」であるならば、違法に働かされた外国人も「無罪」です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「入管法22-4-4条の支援」を理由として、
入管法70条に対して刑法の60条および62条の
「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法の60条および62条の「他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
「起訴状」が指摘する入管法22-4-4条の「犯罪の理由」は入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

被害者は世界にたくさんいます。

敬具。Yasuhiro Nagano


追伸:
英国はEUを無条件に離脱して、
国民投票を尊重して民主国家の example を 世界に見せて、ください。
「入管法違反事件」では多くの外国人が犠牲になっているので、
「ICC」への「提訴」を支援してください。



下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 09:51| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 ドイツ アンゲラ メルケル首相殿【日本の皇室】悠仁さまがブータンに行く本当の理由。 費用も明らかになり秋篠宮家がさらに…反対します。あまりにも国民を馬鹿にしています。

拝啓 ドイツ アンゲラ メルケル首相殿【日本の皇室】悠仁さまがブータンに行く本当の理由。
費用も明らかになり秋篠宮家がさらに…反対します。あまりにも国民を馬鹿にしています。


秋篠宮❗国の大事な税金を無駄使いするな😠真子さまの件も、片づいて、ないのに、神経疑うわ、、、、
年内は天皇皇后両陛下は、即位関連の儀式等で海外への
国際親善訪問は控えていらっしゃると思いますが来日される各国の元首、
要人が列をなし両陛下に面会を希望されているのは容易に想像がつきます。
今月末にはフランスのマクロン大統領ご夫妻、来月初めから、
トルコのエルドアン大統領、更にサウジアラビアのムハンマド皇太子、
11月後半にはローマ法王と報道されているだけでも御面会ラッシュです。
当然ながら、10月22日には即位式のために、世界195ヶ国からのVIPが来日されますよね。
おそらく、来年以降、海外からの両陛下に対する御訪問依頼は殺到していることでしょう。
そこである懸念が一つ!両陛下が海外御訪問の折に、
皇嗣とやらの秋篠宮殿下は留守をお守りなさる知識やお勉強はされていらっしゃるのでしょうか?
先帝が海外御訪問の折には、当時、皇太子殿下であられた
今上陛下がしっかりと留守をお守りされ代行を勤め上げられてました。
秋篠宮殿下にも側近の方々がいらっしゃるわけだし、
このような心配は不敬とは存じますが、皇太子の待遇になられる際も、
私は帝王学を学んでいませんからと内廷皇族になられるのを拒否なさったり、
それでも皇位継承一位であるがゆえ新たに皇嗣とかいう地位におさまっていらっしゃいますが
(^_^;)…つまり、来年以降、両陛下に国際親善を積極的にやっていただくためには、
秋篠宮殿下にもしっかりとしていただかないといけなくなるわけです。
今、海外への御訪問や、私的旅行をなさってる場合ではないのでは?
御訪問先の各国も、本音は天皇皇后両陛下に来て頂きたい本音が透けて見えます😁
小室圭問題のみならず、またまたご不敬ながら秋篠宮殿下ご一家に対する不安が募る今日この頃です。
(TOT)

シェア元タイトル
悠仁さまがブータンに行く本当の理由。
費用も明らかになり秋篠宮家がさらに…
シェア画像動画URL
https://youtu.be/JxM04iL8WJc
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年6月6日は 芒種 (ぼうしゅ)、「芒」とはイネ科植物の穂先にある毛のような部分のことで、稲などの穀物の種をまく時期という意味です。田植えの目安とされ、農家が忙しくなる時期。梅雨入りも間近で少し蒸し暑くなってくる頃です。
★今日のホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/05/POTD-May-15-1200x800.jpg
※日本を法の下で統治する国にするためにホワイトハウスに毎日メールしています。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!
posted by 長野トミー at 05:48| 東京 ☀| Comment(0) | 日本いいね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 フランス マクロン大統領殿 「遠くで汽笛を聞きながら」 谷村新司×坂本冬美~コラボ 坂本冬美さん歌上手過ぎる

拝啓 フランス マクロン大統領殿 「遠くで汽笛を聞きながら」 谷村新司×坂本冬美~コラボ
坂本冬美さん歌上手過ぎる


坂本冬美は、世界で一番素晴らしいられます。
キーが変わらなかったらもっと良いんだけどな、それは難しいですよね。
自分の言葉に嘘はつくまい
人を裏切るまい
の歌詞で泣けるのは人生を振り返る年の俺だけかな?

シェア元タイトル
「遠くで汽笛を聞きながら」 谷村新司×坂本冬美~コラボ
シェア画像動画URL
https://youtu.be/FtbNIfzYzFo
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年6月6日は 芒種 (ぼうしゅ)、「芒」とはイネ科植物の穂先にある毛のような部分のことで、稲などの穀物の種をまく時期という意味です。田植えの目安とされ、農家が忙しくなる時期。梅雨入りも間近で少し蒸し暑くなってくる頃です。
★今日のホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/05/POTD-May-15-1200x800.jpg
※日本を法の下で統治する国にするためにホワイトハウスに毎日メールしています。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!
posted by 長野トミー at 05:47| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする