2018年02月23日

EUも有難う 【米国 ホワイトハウスからのメールマガジン 2018-02-23b 】 ウェストウィング読書|    失業中の請求は数十年で2番目に低い222,000に急落

EUも有難う
【米国 ホワイトハウスからのメールマガジン 2018-02-23b 】
ウェストウィング読書|
  
失業中の請求は数十年で2番目に低い222,000に急落



ジョセフローラーは、ワシントン審査官に、「2月の第2週に失業給付の新規申請が7,000〜22万2千件減少したと書いている。 。 。回復率の2番目に低いマークであり、経済にとっては良い兆候である」ローラー政権は、失業率を低下させるだけでなく、労働力率を引き上げる目標を設定している。近年就職活動を捜索している」


詳細はこちらをご覧ください。

------------

リチャード・サード(Lydia Saad)氏は、ギャラップからの新たな投票によれば、大統領のテロリズム、経済、対外貿易、経済に対する承認は、税金は、これらの問題のいくつかについて支持率が高い点にあるか、それに近い」としている。

------------

ウォールストリートジャーナル紙によると、ジム・インホフ(R-OK)とシェルドン・ホワイトハウス(D-RI)上院議員は、「国連の演説の最中に、トランプ大統領は、国家のインフラ整備と投資を約束し、将来は。ワシントンでの党派の喧嘩に関する報道によると、この超党派的アプローチは不可能に思えるかもしれない。しかし、我々はそれが起こりうることを知っている。

------------

"マイク・ペンス副大統領は、保守的政治行動会議で彼の木曜日の出現を使用した。 。 。税金やオバマ時代の規制を取り巻く分野で、トランプ政権の一年間の業績を強調しています」と、サラ・ウェストウッド氏はワシントン審査官に報告しています。 「これは1年の行動でした。驚くほどの成果をあげた1年です。言い換えれば、それは約束された約束と約束の年でした」とポンス副大統領は言いました。

------------

投資家のビジネスデイリー編集委員会によると、「ObamaCareと違って、GOP減税について知っている人が増えれば、彼らはもっと好きだ」と明らかになった。 「ニューヨークタイムズの最新の世論調査では、51%がそれを支持していることが判明した」とエディタは説明する。 「これは12月の37%から1月の46%から増加している。 IBD / TIPPの世論調査を含む他の世論調査でも同様の変化が見られた」

●皆さま、下記サイトを拡散して、助けてください!
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6



【USA Mail magazine from the White House  2018-02-23b 】

West Wing Reads |
 
Jobless claims plunge to 222,000, second-lowest mark in decades

Joseph Lawler writes in the Washington Examiner that “new applications for unemployment benefits dropped 7,000 to 222,000 in the second full week of February . . . the second-lowest mark of the recovery and a good sign for the economy.” Lawler notes that the Trump Administration “has set a goal of not just lowering unemployment, but also raising the labor force participation rate, bringing workers who may have quit the job search in recent years back into the hunt.”

Click here to read more.
------------
According to new polling from Gallup, President Donald J. Trump's approval numbers on key issues are on the rise, including “52% approving of his handling of terrorism.” Lydia Saad explains that President Trump’s approval on terrorism, the economy, foreign trade, and taxes “is at or near the high points of his approval ratings on several of these issues, in part owing to improved ratings from independents.”
------------
Senators Jim Inhofe (R-OK) and Sheldon Whitehouse (D-RI) write in The Wall Street Journal that “during his State of the Union address, President Trump called for a broad bipartisan infrastructure package, pledging to improve the nation’s infrastructure and invest in the future. If you believe the news reports on partisan bickering in Washington, this bipartisan approach might seem impossible. But we know that it can, and will, happen.”
------------
“Vice President Mike Pence used his Thursday appearance at the Conservative Political Action Conference . . . to highlight the Trump administration's accomplishments over the year in areas like taxes and rolling back Obama-era regulations,” Sarah Westwood reports for the Washington Examiner. “It's been a year of action. It's been a year of remarkable results. In a word, it's been a year of promises made and promises kept,” Vice President Pence said.
------------
“It turns out that — unlike ObamaCare — the more people know about the GOP tax cuts, the more they like them,” according to the Investor’s Business Daily Editorial Board. “In fact, the latest poll from The New York Times finds 51% supporting it,” the editors explain. “That's up from 37% in December and 46% in January. Other polls, including the IBD/TIPP poll, have found similar shifts.”
●Please spread to the following site, please help everyone!
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

posted by 長野トミー at 11:16| 東京 🌁| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EUも有難う 【米国 ホワイトハウスからのメールマガジン 2018-02-23a 】 あなたの毎日1600:    すべての声を聞く

EUも有難う
【米国 ホワイトハウスからのメールマガジン 2018-02-23a 】
あなたの毎日1600:
  

すべての声を聞く

ドナルド・J・トランプ大統領、マイク・ペンス副大統領、ベッツィ・デボス教育長官は、昨日の午後、学生、教師、地域社会の指導者たちとともに、アメリカ全土の学校における安全性をどう改善する必要があるかを議論した。

この会議では、フロリダ州パークランドの多数の参加者が集まりました。午後の間、学生たちが議論を導いた。 15歳のジャスティン・グルーバーは、19年前、コロンバイン・ハイスクールでアメリカで最も注目度の高い大量の学校銃撃事件が起こったということを出席者に思い出させました。 「私は安全と平和を体験することができない世界に生まれました。

それは変更する必要があります。トランプ大統領は、単に措置以上のことを約束しました。彼は、暴力を終わらせるための現実的で実行可能な解決策を見つけるために、行政府を任命しました。大統領は、昨日、学生や家族に語った。「それは過去にあったような話ではない。 「それはずっと続いている。 。 。 。私たちはそれを終わらせるつもりです。

それはすべての声が聞こえるようにすることから始まります。

詳細:Parklandの後、Trump大統領は、我々が正しいことを求めています。

'過去100年の傑出した人物のひとり'
現代アメリカの歴史において最も影響力のある霊的指導者の一人であるビリー・グラハム牧師は、昨日、ノースカロライナ州モントリの自宅で亡くなりました。彼は99歳だった。

大統領とファーストレディは、グラハムが個人的な損失として過ごすと感じました。 「メラニアと私はここ数年、グレアム牧師と彼の特別な家族を知る権利がありました」とTrump大統領は声明で述べました。 「私たちは彼らの愛とサポートに深く感謝しています。

ビリー・グラハムはアメリカをより良く変えました。 「2001年の9月11日の攻撃の結果、アメリカ大統領のビリー・グラハムは、「人生が最も暗く見えるときでも、神が信頼されることができる」と語った。 「今日は彼を考えていて、ついには天国の家にいる」

グレアム牧師の逝去に関する大統領トランプの完全な陳述をお読みください。


月、火星、そしてそれを超えた世界
昨年の秋、トランプ大統領は次のフロンティアに勝つために、アメリカは再び人間を月に、そしてそれ以上に送ることを目指すと語った。

昨日、ポンス副大統領はフロリダ州ケープカナベラルのケネディ宇宙センターで第2回国家宇宙会議を開催しました。宇宙評議会は、トランプ大統領が昨年復活させる前に、スペース・カウンシルが「ほぼ四半世紀にわたって休眠状態にあった」と述べ、ペンス副大統領は彼の発言の中で指摘した。

「記録は明らかだ。ドナルド・トランプ大統領のもとでは、アメリカはもう一度宇宙をリードしている」と副大統領は語った。

そのリーダーシップはいくつかの面で前進し続けています。 Pence副社長は、立ち上げおよび再入国許可制度の改革を含む商業空間規制環境を改革するために、4つの提言をTrump大統領に提出する予定です。

腕時計副大統領は、宇宙評議会の第2回会合に取り組む。

ボーナスを読んでください:トランプ・アドミニストレーションが「次のフロンティア」に勝つ方法を学びます。
その日の写真

ドナルド・J・トランプ大統領が高校生と教師とのリスニング・セッションを開催| 2018年2月21日(Shealah Craigheadによる公式ホワイトハウス写真)
今日のポタス

今朝、トランプ大統領とペンス副大統領は州と地方の職員と学校の安全について話し合う予定です。

副大統領はまた、保守的政治行動会議で発言を行っている。

●皆さま、下記サイトを拡散して、助けてください!
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6



【USA Mail magazine from the White House  2018-02-23a 】

Your 1600 Daily:
 
Hearing every voice
President Donald J. Trump, Vice President Mike Pence, and Secretary of Education Betsy DeVos sat down yesterday afternoon with a large group of students, teachers, and community leaders to discuss how America must improve safety at schools across the country.
The meeting drew numerous participants from the Parkland, Florida, community. For much of the afternoon, students led the discussion. Fifteen-year-old Justin Gruber reminded attendees that 19 years ago, one of America’s most high-profile mass school shootings happened at Columbine High School. “I was born into a world where I never got to experience safety and peace,” he said.
That needs to change. President Trump has pledged more than just action—he has committed his Administration to finding real, workable solutions to end the violence. “It’s not going to be talk like it has been in the past,” the President told students and families yesterday. “It’s been going on too long. . . . We’re going to get it done.”
That starts with making sure that every voice is heard.
Learn more: After Parkland, President Trump demands that we get it right.

‘One of the towering figures of the last 100 years’
The Reverend Billy Graham, one of the most influential spiritual leaders in modern American history, passed away yesterday at his home in Montreat, North Carolina. He was 99.
The President and First Lady felt Graham’s passing as a personal loss. “Melania and I were privileged to get to know Reverend Graham and his extraordinary family over the last several years,” President Trump said in a statement. “We are deeply grateful for their love and support.”
Billy Graham changed America for the better. “In the wake of the September 11th attacks in 2001, America turned to Billy Graham at the National Cathedral, who told us, ‘God can be trusted, even when life seems at its darkest,’” President Trump’s statement said. “We are thinking of him today, finally at home in Heaven.”
Read President Trump’s full statement on Reverend Graham’s passing.

The Moon, Mars, and worlds beyond
Last fall, President Trump told the Nation that to win the next frontier, America would once again look to send human beings to the Moon—and beyond.
Yesterday, Vice President Pence led the second meeting of the National Space Council at the Kennedy Space Center at Cape Canaveral, Florida. The Space Council had “laid dormant for nearly a quarter-century” before President Trump revived it last year, Vice President Pence noted during his remarks.
“The record is clear: Under President Donald Trump, America is leading in space once again,” the Vice President said.
That leadership is continuing forward on several fronts. Vice President Pence will deliver four recommendations to President Trump to reform the commercial space regulatory environment, including transforming the launch and re-entry licensing regime.
Watch Vice President Pence address the second meeting of the Space Council.
Bonus read: Learn how the Trump Administration plans to win the “next frontier.”
Photo of the Day
President Donald J. Trump hosts a listening session with high school students and teachers | February 21, 2018 (Official White House Photo by Shealah Craighead)
POTUS TODAY
This morning, President Trump and Vice President Pence will meet with state and local officials about school safety.
The Vice President is also delivering remarks at the Conservative Political Action Conference.
 
●Please spread to the following site, please help everyone!
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

posted by 長野トミー at 11:15| 東京 🌁| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 ドイツ連邦首相 アンゲラ・メルケル 閣下  2018年2月23日国民を外国の敵から襲われないように強力な軍隊にすべきです。市民がたとえ武装市民に襲われても、警察が守れる強力な警察力を持つべきです。「自分の身は自分で守れ!」は、ならず者国家の言うことです。

<公開メール>助けてください!


拝啓 ドイツ連邦首相 アンゲラ・メルケル 閣下  2018年2月23日

NO1: 
 BBC News Japanによると、米フロリダ州パークランドの高校乱射事件を受けて、ドナルド・トランプ米大統領は21日、高校の生徒たちをはじめ乱射事件の生存者をホワイトハウスに招いた。その場で大統領は、教師が銃で防戦すれば、乱射事件は「たちまち終わる」かもしれないと述べた。大統領はさらに、銃購入時の身元調査強化も約束した。
 イギリスや日本などの先進国は、一般市民が銃を持つことは出来ません。許可を受ければ狩猟などの銃を持つことは出来ます。先進国であるはずのアメリカは、なぜ銃を所持させるのでしょうか?。米軍が弱いから、外国に責められたときに市民が戦うためですか?。市民が武装市民に襲われても警察力が弱いので、自ら守るためですか。考えがクレイジーです。
 国民を外国の敵から襲われないように強力な軍隊にすべきです。市民がたとえ武装市民に襲われても、警察が守れる強力な警察力を持つべきです。「自分の身は自分で守れ!」は、ならず者国家の言うことです。トランプ大統領は、アメリカ国民を守れる強い国にするべきです。そして一般市民が銃を所持することを禁止すべきです。国際社会からもトランプ大統領に進言してください!

NO2:
今日の説明は「実録、法に基づかない不法な逮捕・監禁」NO:022 です。
 弁護士は2,3日して検察官(T)に面会してきたと月島署に報告に来ます。釈放要求に対して、検事は釈放すると「「公判が持たない」と言う」と言うのです。
 何ですか!「公判が持たないという意味は」と詰め寄りますが明確な答えはありません。罪刑法定主義で「公判が持たない」という意味がよくわかりませんが、M弁護士も答えられません。
 弁護人と議論しても仕方がありませんが、弁護人と私の考えにずれがあることは認識しました。
 このあと、時期は再逮捕後だと思いますが、警察官(K)によると、検察官(T)とは、家宅捜査、逮捕などについて打ち合わせ行いお友達になったと嬉しそうに話しました。
NO:023 へ続きます。

 
NO3:
日本国家による移民、難民に対する扱いをめぐる人道上の犯罪を支援してください。
日本法だけ でなく国際法違反です。
私だけでなく、中国人やフィリッピン人ら多くの外国人が犠牲になっています。
日本政府による「人道上の犯罪」から救ってください。
ICCへの提出資料は下記にありますので確認してください。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

アンゲラ・メルケル 閣下ガンバレ、そして私たちを助けてください!敬具。

私の情報 ***************
下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

(Yasuhiro Nagano)

お問合せ先のメール
enzai_mirai@yahoo.co.jp



<Öffentliche Post> Bitte hilf mir!

Sehr geehrter Herr oder Herr Angela Merkel, deutscher Premierminister am 23. Februar 2018

Nr. 1:
Laut BBC News Japan hat US-Präsident Donald Trump am 21. Februar Überlebende des High-School-Vorfalls, darunter auch High-School-Schüler, nach einer Schießerei in Parkland, Florida, ins Weiße Haus eingeladen. Auf der Stelle sagte der Präsident, dass der Schießereignis "bald enden" könnte, wenn der Lehrer mit einer Waffe verteidigen würde. Der Präsident versprach auch, die Identitätsüberprüfung zum Zeitpunkt des Kaufs der Waffe zu verstärken.
Industrieländer wie Großbritannien und Japan können keine gewöhnlichen Bürger mit Waffen haben. Sie können Waffen wie Jagd haben, wenn Sie die Erlaubnis bekommen. Warum wird Amerika Waffen besitzen, die ein entwickeltes Land sein sollten? . Weil das US-Militär schwach ist, kämpfen Bürger, wenn sie von fremden Ländern beschuldigt werden? . Selbst wenn Bürger von bewaffneten Bürgern angegriffen werden, weil Polizeikräfte schwach sind, schützt sie sich selbst? Die Idee ist verrückt.
Du solltest die Leute zu einer mächtigen Armee machen, um nicht von fremden Feinden angegriffen zu werden. Selbst wenn Bürger von bewaffneten Bürgern angegriffen werden, sollten sie eine starke Polizei haben, die die Polizei schützen kann. "Verteidige dich selbst!", Sagt der Schurkenstaat. Präsident Trump sollte ein starkes Land sein, um das amerikanische Volk zu schützen. Und wir sollten gewöhnlichen Bürgern verbieten, Waffen zu besitzen. Bitte erzählen Sie auch Präsident Trump von der internationalen Gemeinschaft!

Nr. 2:
Die heutige Erklärung ist "Illegale Festnahme / Beschränkung nicht auf Gesetz, Gesetz" Nr: 022.
Der Anwalt wird der Station Tsukishima berichten, dass er sich am zweiten oder dritten Tag mit dem Staatsanwalt (T) getroffen hat. Als Reaktion auf die Freigabe Anfrage, wenn der Staatsanwalt die Staatsanwaltschaft freigibt, sagt er: "Ich sage" Ich habe keine Verhandlung ".
Was? Es gibt keine definitive Antwort, obwohl ich schließen werde als "das bedeutet, dass es keine Verhandlung gibt". Ich verstehe nicht ganz die Bedeutung, die "Strafverfahren" im Strafrecht nicht haben, aber M Anwalt kann nicht antworten.
Ich habe keine andere Wahl, als mich mit dem Anwalt zu streiten, aber mir wurde klar, dass es eine Lücke zwischen meinem Verteidiger und meiner Meinung gibt.
Danach denke ich, dass die Zeit wieder verhaftet wird, aber laut dem Polizeibeamten (K) haben wir mit dem Staatsanwalt (T) über Hausuntersuchungen, Festnahmen usw. gesprochen und Freunden gesagt, dass wir Freunde geworden sind.
NEIN: Weiter zu 023.

Für den Fall
Nr. 3:
Bitte unterstützen Sie humanitäre Verbrechen in Bezug auf die Behandlung von Einwanderern und Flüchtlingen durch den japanischen Staat. Nicht nur japanisches, sondern auch internationales Recht.
Nicht nur ich, sondern viele Ausländer wie Chinesen und Filipinos werden geopfert. Bitte bewahren Sie vor der "humanitären Kriminalität" der japanischen Regierung auf.
Bitte reichen Sie die Materialien ein, die dem ICC wie folgt übermittelt werden.

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

Angela Merkels Exzellenz Gambare, und bitte hilf uns! Mit freundlichen Grüßen.

Meine Informationen ***************
Es ist offen für das Programm unten.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

(Yasuhiro Nagano)

Kontakt E-Mail
enzai_mirai@yahoo.co.jp


posted by 長野トミー at 11:14| 東京 🌁| Comment(0) | ドイツ首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 フランス国 首相 エドゥアール・フィリップ 閣下  2018年2月23日何ですか!「公判が持たないという意味は」と詰め寄りますが明確な答えはありません。罪刑法定主義で「公判が持たない」という意味がよくわかりませんが、M弁護士も答えられません。

<公開メール>助けてください!


拝啓 フランス国 首相 エドゥアール・フィリップ 閣下  2018年2月23日

NO1: 
 BBC News Japanによると、米フロリダ州パークランドの高校乱射事件を受けて、ドナルド・トランプ米大統領は21日、高校の生徒たちをはじめ乱射事件の生存者をホワイトハウスに招いた。その場で大統領は、教師が銃で防戦すれば、乱射事件は「たちまち終わる」かもしれないと述べた。大統領はさらに、銃購入時の身元調査強化も約束した。
 イギリスや日本などの先進国は、一般市民が銃を持つことは出来ません。許可を受ければ狩猟などの銃を持つことは出来ます。先進国であるはずのアメリカは、なぜ銃を所持させるのでしょうか?。米軍が弱いから、外国に責められたときに市民が戦うためですか?。市民が武装市民に襲われても警察力が弱いので、自ら守るためですか。考えがクレイジーです。
 国民を外国の敵から襲われないように強力な軍隊にすべきです。市民がたとえ武装市民に襲われても、警察が守れる強力な警察力を持つべきです。「自分の身は自分で守れ!」は、ならず者国家の言うことです。トランプ大統領は、アメリカ国民を守れる強い国にするべきです。そして一般市民が銃を所持することを禁止すべきです。国際社会からもトランプ大統領に進言してください!

NO2:
今日の説明は「実録、法に基づかない不法な逮捕・監禁」NO:022 です。
 弁護士は2,3日して検察官(T)に面会してきたと月島署に報告に来ます。釈放要求に対して、検事は釈放すると「「公判が持たない」と言う」と言うのです。
 何ですか!「公判が持たないという意味は」と詰め寄りますが明確な答えはありません。罪刑法定主義で「公判が持たない」という意味がよくわかりませんが、M弁護士も答えられません。
 弁護人と議論しても仕方がありませんが、弁護人と私の考えにずれがあることは認識しました。
 このあと、時期は再逮捕後だと思いますが、警察官(K)によると、検察官(T)とは、家宅捜査、逮捕などについて打ち合わせ行いお友達になったと嬉しそうに話しました。
NO:023 へ続きます。


NO3:
日本国家による移民、難民に対する扱いをめぐる人道上の犯罪を支援してください。
日本法だけ でなく国際法違反です。
私だけでなく、中国人やフィリッピン人ら多くの外国人が犠牲になっています。
日本政府による「人道上の犯罪」から救ってください。
ICCへの提出資料は下記にありますので確認してください。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

エドゥアール・フィリップ 閣下、ガンバレ!そして私たちを助けてください!敬具。

下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

長野恭博
お問合せ先のメール
enzai_mirai@yahoo.co.jp



Aidez-moi s'il vous plaît!


Cher Monsieur ou Premier Ministre français Eduard Philip 23 février 2018

NO 1:
Selon BBC News Japan, le président américain Donald Trump a invité les survivants de l'incident du lycée, y compris des lycéens, à la Maison Blanche le 21 février à la suite d'un incident de lycée à Parkland, en Floride. Sur place, le président a déclaré que l'incident de la fusillade pourrait «se terminer bientôt» si l'enseignant devait se défendre avec une arme à feu. Le président a également promis de renforcer l'enquête d'identité au moment de l'achat de l'arme.
Les pays développés comme le Royaume-Uni et le Japon ne peuvent pas avoir des citoyens ordinaires avec des armes à feu. Vous pouvez avoir des armes comme la chasse si vous obtenez la permission. Pourquoi l'Amérique possède-t-elle des armes, qui devraient être un pays développé? . Parce que l'armée américaine est faible, les citoyens se battent-ils lorsqu'ils sont accusés par des pays étrangers? . Même si les citoyens sont attaqués par des citoyens armés, parce que la force de police est faible, est-ce pour se protéger? L'idée est folle.
Vous devriez faire du peuple une armée puissante afin de ne pas être attaqué par des ennemis étrangers. Même si les citoyens sont attaqués par des citoyens armés, ils devraient avoir une force de police puissante que la police peut protéger. "Défendez-vous vous-même!" Est-ce que l'état voyou dit. Le président Trump devrait être un pays fort pour protéger le peuple américain. Et nous devrions interdire aux citoyens ordinaires de posséder des armes à feu. S'il vous plaît dites également au président Trump de la communauté internationale!

NO 2:
L'explication d'aujourd'hui est "arrestation illégale / emprisonnement non fondée sur la loi, la loi" NO: 022.
L'avocat signalera à la station de Tsukishima qu'il a rencontré le procureur (T) le deuxième ou le troisième jour. En réponse à la demande de libération, si le procureur libère le procureur, il dit: «Je dis« je n'ai pas de procès ».
Quoi?! Il n'y a pas de réponse précise bien que je vais fermer comme "signifiant qu'il n'y a pas de procès". Je ne comprends pas très bien le sens que le «procès n'a pas» en droit criminel, mais M avocat ne peut pas répondre.
Je n'ai pas d'autre choix que de discuter avec l'avocat, mais j'ai réalisé qu'il y avait un écart entre mon avocat et mon opinion.
Après cela, je pense que le temps est à nouveau arrêté, mais selon le policier (K), nous avons discuté avec le procureur (T) de l'enquête à domicile, de l'arrestation, etc. Nous nous sommes dit que nous sommes devenus amis.
NON: Continuer à 023.


NO 3:
Veuillez soutenir les crimes humanitaires concernant le traitement des immigrants et des réfugiés par l'État japonais. Non seulement la loi japonaise mais la violation du droit international.
Non seulement moi mais beaucoup d'étrangers comme les Chinois et les Philippins sont sacrifiés.
S'il vous plaît, sauvez le «crime humanitaire» du gouvernement japonais.
Veuillez soumettre les documents à soumettre à l'ICC comme indiqué ci-dessous.

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

Son Excellence Edouard Phillip,
Gunbare! Et s'il vous plaît aidez-nous! Sincèrement vôtre.

Il est ouvert au programme ci-dessous.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

Yasuhiro Nagano
Email de contact
enzai_mirai@yahoo.co.jp



posted by 長野トミー at 11:13| 東京 🌁| Comment(0) | フランス首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 英国首相 テリーザ・メイ  閣下   2018年2月23日。先進国であるはずのアメリカは、なぜ銃を所持させるのでしょうか?。米軍が弱いから、外国に責められたときに市民が戦うためですか?。市民が武装市民に襲われても警察力が弱いので、自ら守るためですか。考えがクレイジーです。

<公開メール>助けてください!


拝啓 英国首相 テリーザ・メイ  閣下   2018年2月23日

NO1: 
 BBC News Japanによると、米フロリダ州パークランドの高校乱射事件を受けて、ドナルド・トランプ米大統領は21日、高校の生徒たちをはじめ乱射事件の生存者をホワイトハウスに招いた。その場で大統領は、教師が銃で防戦すれば、乱射事件は「たちまち終わる」かもしれないと述べた。大統領はさらに、銃購入時の身元調査強化も約束した。
 イギリスや日本などの先進国は、一般市民が銃を持つことは出来ません。許可を受ければ狩猟などの銃を持つことは出来ます。先進国であるはずのアメリカは、なぜ銃を所持させるのでしょうか?。米軍が弱いから、外国に責められたときに市民が戦うためですか?。市民が武装市民に襲われても警察力が弱いので、自ら守るためですか。考えがクレイジーです。
 国民を外国の敵から襲われないように強力な軍隊にすべきです。市民がたとえ武装市民に襲われても、警察が守れる強力な警察力を持つべきです。「自分の身は自分で守れ!」は、ならず者国家の言うことです。トランプ大統領は、アメリカ国民を守れる強い国にするべきです。そして一般市民が銃を所持することを禁止すべきです。国際社会からもトランプ大統領に進言してください!

NO2:
今日の説明は「実録、法に基づかない不法な逮捕・監禁」NO:022 です。
 弁護士は2,3日して検察官(T)に面会してきたと月島署に報告に来ます。釈放要求に対して、検事は釈放すると「「公判が持たない」と言う」と言うのです。
 何ですか!「公判が持たないという意味は」と詰め寄りますが明確な答えはありません。罪刑法定主義で「公判が持たない」という意味がよくわかりませんが、M弁護士も答えられません。
 弁護人と議論しても仕方がありませんが、弁護人と私の考えにずれがあることは認識しました。
 このあと、時期は再逮捕後だと思いますが、警察官(K)によると、検察官(T)とは、家宅捜査、逮捕などについて打ち合わせ行いお友達になったと嬉しそうに話しました。
NO:023 へ続きます。

 
NO3:
日本国家による移民、難民に対する扱いをめぐる人道上の犯罪を支援してください。
日本法だけ でなく国際法違反です。
私だけでなく、中国人やフィリッピン人ら多くの外国人が犠牲になっています。
日本政府による「人道上の犯罪」から救ってください。
ICCへの提出資料は下記にありますので確認してください。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

テリーザ・メイ首相 ガンバレ。そして私たちを助けてください!敬具。

長野恭博

下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

お問合せ先のメール
enzai_mirai@yahoo.co.jp



Please help me!


Dear Sirs British Prime Minister Telesa Mei February 23, 2018

NO 1:
According to BBC News Japan, US President Donald Trump has invited survivors of the high-school incident, including high school students, to the White House on February 21 following a high school shooting incident in Parkland, Florida. On the spot, the president The president also promised to reinforce the identity survey at the time of purchasing the gun.
Why will America possess guns, which should be a developed country?. The US military is weak, is citizens fighting when they are accused by foreign countries?. Even if citizens are attacked by armed citizens, because the police force is weak, is it to protect themselves? The idea is crazy.
"You should make the people a powerful army so as not to be attacked by armed citizens, they should have a powerful police force that the police can protect." Defend yourself yourself! "Is what the rogue President Trump should be a strong country to protect the American people. And we should prohibit ordinary citizens from possessing guns. Please also tell President Trump from the international community!

NO 2:
Today 's explanation is "Illegal arrest / confinement not based on law, law" NO: 022.
The lawyer will report to the prosecutor (T) on the second or third day. In response to the release request, if the prosecutor releases the prosecutor, he says, "I say" I have no trial ".
I do not quite understand the meaning that "trial does not have" in criminal law, but M lawyer can not answer.
I have no choice but to argue with the lawyer, but I realized that there is a gap between my defense counsel and my opinion.
After this, I think that time is re-arrested, but according to the police officer (K), we setting with the prosecutor (T) about home investigation, arrest etc. We happily told that we became friends.
NO: Continue to 023.

In case
NO 3:
Please support humanitarian crimes concerning treatment of immigrants and refugees by the Japanese state. Not only Japanese law but international law violation.
Please save from 'humanitarian crime' by the Japanese government.
Please submit the materials to be submitted to ICC as below.

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

Teliza May, Prime Minister Gambare. And please help us! Best regards.

Yasuhiro Nagano

It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

Contact email
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 11:12| 東京 🌁| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする