2018年10月17日

エマニュエル・マクロン フランス大統領 へ 2018-10-17:雇用者が入管法73-2条で処分されない。 既に外国人は入管法70条で処分されている。国際法違反です。外国人は無罪です。 日本政府に名誉の回復と賠償を請求しましょう。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


エマニュエル・マクロン フランス大統領 へ


2018-10-17:雇用者が入管法73-2条で処分されない。
既に外国人は入管法70条で処分されている。国際法違反です。外国人は無罪です。
日本政府に名誉の回復と賠償を請求しましょう。


拝啓、私は日本人です。日本政府は、北朝鮮政府の「日本人拉致問題」を今も追及しています。
日本政府は「外国人に対する不法な拉致監禁問題」を認めません。
「フィリッピン人」の「被害者」はたくさんいます。「フィリッピン政府」は日本政府を「追及」すべきです。
前日からの続きです。


「雇用契約書」の提出は、「入国管理局の課長の通達」です。
私たちはに協力して「仮の雇用契約」をした者に提供したのです。
入管法の事件で、この「雇用契約書」が虚偽だからとの理由で「処罰」する法律はありません。
課長の通達は憲法31条に基づく法律ではありません。

仮に内容が虚偽の雇用契約書で在留資格を得た場合。

1.外国人は入管法の規定では入管法22-4-4条により在留資格が取消されるだけです。
そして「彼らの母国へ強制送還」されます。
この支援に対して「刑法の他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
それで、2010年7月1日の入管法改正です。
外国人が入管法22-4-4条に対する「支援」をした場合、
「入管法22-4-4条の支援した外国人」も「彼らの母国へ強制送還」になりました。
「彼らの母国へ強制送還」は刑事処分ではありません。
この改正法は検察官が「起訴」した7月1日から施工です。
したがって検察官はしています。「恣意的」である証拠です。

2.外国人があたえられた在留資格の範囲内で働いていれば、
不法就労(資格外の活動)とはならないことは明白です。
不法就労(資格外の活動)とはなりません。
しかし入管法22-4-4条により在留資格が取消されます。そして「彼らの母国へ強制送還」されます。

虚偽の書類の提供と不法就労(資格外活動)との因果関係がないことは明らかです。

この説明が理解できた方は、フィリッピン大使館の「職員」
そしてフィリッピン国の「外交官」に知らせてください。

彼らは、犯罪者ではありません。
検察官や「外務省の役人」は、フィリッピン人を「make a fool of、troll」したのです。
フィリッピン人は怒るべきです。
一刻も早く、彼らに教えてあげてください。
フィリッピンのメディアは、事実を正確に報道すべきです。

このメールは毎日「安倍首相の官邸」に送信しています。
「安倍首相」やスタッフはこれが理解できないのです。
日本が「法の下で統治されていない」重大な証拠です。
だから、日本は北朝鮮の「日本人拉致問題」を言う資格はないのです。
メディアの皆さん、この事実を正確に報道をしてください!

私はあなたが理解するまで続けます。

メディアは日本政府の入管法違反問題で「不法な拉致監禁問題」を報道すべきです。
各国政府は自国の被害者のを守ってください。
日本政府に名誉の回復と賠償を請求してください。
留学や観光、就労などのビザで来日した外国人はたくさんいます。
彼らは飲食店などで労働を行い「入管法違反」で「処分」されています。
雇用者が処分されないので国際法違反です。
よって不法就労をおこなった外国人は「無罪」です。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。
資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

最近の日本政府は私の主張に気が付いたようだ。
警察は逮捕していません。入国管理局が彼らを逮捕して「母国へ強制送還している」。
※過去の被害者はたくさんいます。
日本政府は「名誉の回復」と「損害を賠償」するべきだ!
異議があればメールをください。

敬具 長野 恭博


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!





拝啓、私は日本人です。日本政府は、北朝鮮政府の「日本人拉致問題」を今も追及しています。
日本政府は「外国人に対する不法な拉致監禁問題」を認めません。
「フィリッピン人」の「被害者」はたくさんいます。「フィリッピン政府」は日本政府を「追及」すべきです。
前日からの続きです。


「雇用契約書」の提出は、「入国管理局の課長の通達」です。
私たちはに協力して「仮の雇用契約」をした者に提供したのです。
入管法の事件で、この「雇用契約書」が虚偽だからとの理由で「処罰」する法律はありません。
課長の通達は憲法31条に基づく法律ではありません。

仮に内容が虚偽の雇用契約書で在留資格を得た場合。

1.外国人は入管法の規定では入管法22-4-4条により在留資格が取消されるだけです。
そして「彼らの母国へ強制送還」されます。
この支援に対して「刑法の他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
それで、2010年7月1日の入管法改正です。
外国人が入管法22-4-4条に対する「支援」をした場合、
「入管法22-4-4条の支援した外国人」も「彼らの母国へ強制送還」になりました。
「彼らの母国へ強制送還」は刑事処分ではありません。
この改正法は検察官が「起訴」した7月1日から施工です。
したがって検察官はしています。「恣意的」である証拠です。

2.外国人があたえられた在留資格の範囲内で働いていれば、
不法就労(資格外の活動)とはならないことは明白です。
不法就労(資格外の活動)とはなりません。
しかし入管法22-4-4条により在留資格が取消されます。そして「彼らの母国へ強制送還」されます。

虚偽の書類の提供と不法就労(資格外活動)との因果関係がないことは明らかです。

この説明が理解できた方は、フィリッピン大使館の「職員」
そしてフィリッピン国の「外交官」に知らせてください。

彼らは、犯罪者ではありません。
検察官や「外務省の役人」は、フィリッピン人を「make a fool of、troll」したのです。
フィリッピン人は怒るべきです。
一刻も早く、彼らに教えてあげてください。
フィリッピンのメディアは、事実を正確に報道すべきです。

このメールは毎日「安倍首相の官邸」に送信しています。
「安倍首相」やスタッフはこれが理解できないのです。
日本が「法の下で統治されていない」重大な証拠です。
だから、日本は北朝鮮の「日本人拉致問題」を言う資格はないのです。
メディアの皆さん、この事実を正確に報道をしてください!

私はあなたが理解するまで続けます。

メディアは日本政府の入管法違反問題で「不法な拉致監禁問題」を報道すべきです。
各国政府は自国の被害者のを守ってください。
日本政府に名誉の回復と賠償を請求してください。
留学や観光、就労などのビザで来日した外国人はたくさんいます。
彼らは飲食店などで労働を行い「入管法違反」で「処分」されています。
雇用者が処分されないので国際法違反です。
よって不法就労をおこなった外国人は「無罪」です。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。
資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

最近の日本政府は私の主張に気が付いたようだ。
警察は逮捕していません。入国管理局が彼らを逮捕して「母国へ強制送還している」。
※過去の被害者はたくさんいます。
日本政府は「名誉の回復」と「損害を賠償」するべきだ!
異議があればメールをください。

敬具 長野 恭博


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp




#MeToo Victime des droits de l'homme!


À Emmanuel · Président français Macron


2018-10-17: Les employeurs ne sont pas éliminés en vertu de l'article 73-2 de la loi sur l'immigration.
Les étrangers ont déjà été éliminés en vertu de l'article 70 de la loi sur le contrôle de l'immigration. C'est une violation du droit international. Les étrangers sont innocents.
Demandons au gouvernement japonais de récupérer son honneur et d'obtenir une compensation.


Chers Messieurs, je suis japonais. Le gouvernement japonais poursuit toujours le "problème d'enlèvement du Japon" du gouvernement nord-coréen.
Le gouvernement japonais ne reconnaît pas "le problème de la détention pour enlèvements illégaux contre des étrangers".
Il y a beaucoup de "victimes" de "Philippines". Le "gouvernement philippin" devrait "poursuivre" le gouvernement japonais.
C'est la suite de la veille.


La soumission du "contrat de travail" est "un avis du chef de section du bureau de l'immigration".
Nous avons offert à ceux qui ont coopéré avec "contrat de travail temporaire".
Aucune loi ne permet de "punir" pour des raisons que ce "contrat de travail" est faux dans le cas de la Loi sur le contrôle de l'immigration.
La notification du chef de section n’a pas force de loi en vertu de l’article 31 de la Constitution.

Dans le cas où le statut de résidence est obtenu avec un faux contrat de travail.

1 En vertu de la loi sur le contrôle de l'immigration, les ressortissants étrangers ne sont retirés de leur statut de résident qu'en vertu de l'article 22-4-4 de la loi sur le contrôle de l'immigration.
Et "Le rapatriement forcé dans leur pays d'origine" sera effectué.
"Crime pour soutenir d'autres crimes de droit pénal" ne peut s'appliquer à ce soutien.
Il s’agit donc d’une révision de la loi sur le contrôle de l’immigration du 1 er juillet 2010.
Lorsqu'un ressortissant étranger "soutient" l'article 22-4-4 de la loi sur le contrôle de l'immigration,
"Les étrangers ayant collaboré en vertu de l'article 22-4-4 de la loi sur le contrôle de l'immigration" sont devenus "rapatriés de force dans leur pays d'origine".
"Le rapatriement forcé dans leur pays d'origine" n'est pas une décision criminelle.
Cette loi d'amendement est construite à partir du 1er juillet, date à laquelle le procureur a "poursuivi".
Par conséquent, le procureur fait. C'est la preuve que c'est "arbitraire".

2 Si vous travaillez dans les limites du statut de résidence donné à un étranger,
Il est évident qu’il ne s’agit pas d’un emploi illégal (activité en dehors du statut de qualification).
Ce n'est pas un emploi illégal (activité autre que la qualification).
Toutefois, le statut de résidence sera annulé conformément à l'article 22-4-4 de la loi sur le contrôle de l'immigration. Et "Le rapatriement forcé dans leur pays d'origine" sera effectué.

Il est clair qu'il n'y a pas de lien de causalité entre la fourniture de faux documents et l'emploi illégal (activités ne relevant pas du statut de qualification).

Pour ceux qui ont compris cette explication, "employé" de l'ambassade des Philippines
Faites-moi savoir le "diplomate" du pays philippin.

Ce ne sont pas des criminels.
Le procureur et le "responsable du ministère des Affaires étrangères" ont fait les "Philippines" "se moquer des, troll".
Les Philippines devraient se mettre en colère.
S'il vous plaît dites-leur dès que possible.
Les médias aux Philippines devraient rapporter les faits avec précision.

Cet e-mail est envoyé chaque jour à "la résidence officielle du Premier ministre".
"Abe Premier ministre" et le personnel ne peuvent pas comprendre cela.
Le Japon est une preuve sérieuse qu'il "n'est pas régi par la loi".
Par conséquent, le Japon n'est pas autorisé à dire "le problème des enlèvements japonais" par la Corée du Nord.
S'il vous plaît, faites-le savoir aux médias

Je vais continuer jusqu'à ce que vous compreniez.

Les médias devraient signaler le "problème de la détention pour enlèvements illégaux" en tant que violation de la loi sur l'immigration du gouvernement japonais.
Les gouvernements de chaque pays devraient protéger leurs victimes.
S'il vous plaît demander au gouvernement japonais pour récupérer l'honneur et une compensation
Beaucoup d'étrangers sont venus au Japon avec des visas comme étudier à l'étranger, faire du tourisme ou travailler.
Ils travaillent dans des restaurants et des débits de boissons et sont "éliminés" par "une violation du droit de l'immigration".
Parce que l'employeur n'est pas éliminé, c'est une violation du droit international.
Par conséquent, les étrangers qui ont travaillé illégalement sont "innocents".

Le gouvernement japonais "écrase" les plaintes.
Mais "écraser" par le pouvoir d'Etat est "arrêter" de "Statute of limitations".
Le matériel est en dessous.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

Il semble que le récent gouvernement japonais ait pris note de mon argument.
La police n'a pas arrêté. Le bureau de l'immigration les a arrêtés et est "rapatrié de force dans son pays d'origine".
※ Il y a beaucoup de victimes dans le passé.
Le gouvernement japonais devrait "récupérer son honneur" et "compenser les dommages!"
S'il vous plaît envoyez-moi si vous avez des objections.

Cordialement, Yasuhiro Nagano


S'il vous plaît aidez-moi.
S'il vous plaît contactez-nous si vous avez des questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp



posted by 長野トミー at 07:19| 東京 ☀| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テリーザ・メイ 英国首相 へ 2018-10-17:雇用者が入管法73-2条で処分されない。 既に外国人は入管法70条で処分されている。国際法違反です。外国人は無罪です。 日本政府に名誉の回復と賠償を請求しましょう。


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!





拝啓、私は日本人です。日本政府は、北朝鮮政府の「日本人拉致問題」を今も追及しています。
日本政府は「外国人に対する不法な拉致監禁問題」を認めません。
「フィリッピン人」の「被害者」はたくさんいます。「フィリッピン政府」は日本政府を「追及」すべきです。
前日からの続きです。


「雇用契約書」の提出は、「入国管理局の課長の通達」です。
私たちはに協力して「仮の雇用契約」をした者に提供したのです。
入管法の事件で、この「雇用契約書」が虚偽だからとの理由で「処罰」する法律はありません。
課長の通達は憲法31条に基づく法律ではありません。

仮に内容が虚偽の雇用契約書で在留資格を得た場合。

1.外国人は入管法の規定では入管法22-4-4条により在留資格が取消されるだけです。
そして「彼らの母国へ強制送還」されます。
この支援に対して「刑法の他の犯罪を支援する罪」は適用できません。
それで、2010年7月1日の入管法改正です。
外国人が入管法22-4-4条に対する「支援」をした場合、
「入管法22-4-4条の支援した外国人」も「彼らの母国へ強制送還」になりました。
「彼らの母国へ強制送還」は刑事処分ではありません。
この改正法は検察官が「起訴」した7月1日から施工です。
したがって検察官はしています。「恣意的」である証拠です。

2.外国人があたえられた在留資格の範囲内で働いていれば、
不法就労(資格外の活動)とはならないことは明白です。
不法就労(資格外の活動)とはなりません。
しかし入管法22-4-4条により在留資格が取消されます。そして「彼らの母国へ強制送還」されます。

虚偽の書類の提供と不法就労(資格外活動)との因果関係がないことは明らかです。

この説明が理解できた方は、フィリッピン大使館の「職員」
そしてフィリッピン国の「外交官」に知らせてください。

彼らは、犯罪者ではありません。
検察官や「外務省の役人」は、フィリッピン人を「make a fool of、troll」したのです。
フィリッピン人は怒るべきです。
一刻も早く、彼らに教えてあげてください。
フィリッピンのメディアは、事実を正確に報道すべきです。

このメールは毎日「安倍首相の官邸」に送信しています。
「安倍首相」やスタッフはこれが理解できないのです。
日本が「法の下で統治されていない」重大な証拠です。
だから、日本は北朝鮮の「日本人拉致問題」を言う資格はないのです。
メディアの皆さん、この事実を正確に報道をしてください!

私はあなたが理解するまで続けます。

メディアは日本政府の入管法違反問題で「不法な拉致監禁問題」を報道すべきです。
各国政府は自国の被害者のを守ってください。
日本政府に名誉の回復と賠償を請求してください。
留学や観光、就労などのビザで来日した外国人はたくさんいます。
彼らは飲食店などで労働を行い「入管法違反」で「処分」されています。
雇用者が処分されないので国際法違反です。
よって不法就労をおこなった外国人は「無罪」です。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。
資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

最近の日本政府は私の主張に気が付いたようだ。
警察は逮捕していません。入国管理局が彼らを逮捕して「母国へ強制送還している」。
※過去の被害者はたくさんいます。
日本政府は「名誉の回復」と「損害を賠償」するべきだ!
異議があればメールをください。

敬具 長野 恭博


下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp



#MeToo Human rights victim!


To Terrisa Mei British Prime Minister


2018-10-17: Employers are not disposed of under Article 73-2 of the Immigration Act.
Foreigners have already been disposed of under Article 70 of the Immigration Control Act.
It is a violation of international law.
Foreigners are innocent. Let's ask the Japanese government for honor recovery and compensation.


Dear Sirs, I am Japanese. The Japanese government is still pursuing the "abduction issue
of Japan" of the North Korean government.
The Japanese government does not recognize "the illegal abduction detention problem
against foreigners". There are many "victims" of "Philippines".
The "Philippine government" should 'pursue' the Japanese government.
It is the continuation from the previous day. In case

Submission of "Employment Contract" is "Notice of section manager of Immigration Bureau".
We have offered to those who cooperated with "temporary employment contract".
There is no law to "punish" for reasons that this "employment contract" is false
in the case of Immigration Control Act.
Notice of the section manager is not law under Article 31 of the Constitution.

In the case that the status of residence is obtained with a false employment contract.
1. Under the Immigration Control Act,
foreign nationals are only withdrawn from their status of residence
under Article 22-4-4 of the Immigration Control Act.
And "Forced repatriation to their home country" will be done.
"Crime to support other crimes of criminal law" can not apply to this support.
So, it is a revision of Immigration Control Act on July 1, 2010.
When a foreign national made "support" for Article 22-4-4 of the Immigration Act,
the "foreign national who assisted under Article 22-4-4 of the Immigration Act"
became "forcibly repatriated to their home country".
"Forced repatriation to their home country" is not a criminal disposition.
This amendment law is constructed from 1 July when the prosecutor "prosecuted".
Therefore the prosecutor is doing. It is proof that it is "arbitrary".
2. It is obvious that if you work within the range of the status of residence
that a foreigner gave you, it will not be an illegal employment (activities not qualified).
It is not an illegal employment (activity other than qualification).
However, the status of residence will be canceled pursuant to Article 22-4-4
of the Immigration Control Act.
And "Forced repatriation to their home country" will be done.
It is clear that there is no causal relationship between the provision of false documents
and illegal employment (activities outside the status of qualification).

If you understand this explanation, please inform the "staff" of the Philippine Embassy
and the "diplomat" of the Philippine country.
They are not criminals.
The prosecutor and the "official of the Ministry of Foreign Affairs" made
the "Philippines" "make a fool of, troll".
The Philippines should get angry.
Please tell them as soon as possible.
The media in the Philippines should report facts accurately.

This e-mail is sent to "Prime Minister's official residence" everyday.
"Abe prime minister" and staff can not understand this.
Japan is a serious proof that "it is not governed under the law".
Therefore, Japan is not entitled to say "the Japanese abduction issue" by North Korea.
Please media people, please accurately report this fact!

I will continue until you understand.

The media should report the "illegal abduction detention problem" as a matter of violation
of the immigration law of the Japanese government.
Governments of each country should protect their victims.
Please request the Japanese government for honor recovery and compensation.
There are a lot of foreigners who came to Japan with visas such as study abroad,
sightseeing and work. They work at eating and drinking establishments
and are "disposed of" by "immigration law violation".
Because the employer is not disposed of, it is a violation of international law.
Therefore foreigners who worked illegally are "innocent".

The Japanese government is "crushing" complaints.
But "crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".

The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

It seems that recent Japanese government has noticed my argument.
The police have not arrested.
The Immigration Bureau has arrested them and is "forcibly repatriated to their home country."
※ There are many victims in the past.
The Japanese government should "recover honor" and "compensate for damage!"
Please mail me if you have objections.

Sincerely yours,

Yasuhiro Nagano


It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 07:19| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 ドイツ アンゲラ メルケル首相殿【日本の皇室】デビィさん、お前が言うな! 「ぐうの音も出ないド正論」皇太子さまを追い詰めるデヴィ夫人を竹田恒泰が”完全論破”し一同喝采!



デビィ夫人様あなたはタレント以外の何ものでもありません
デヴィ夫人はもう少し利巧で才のある方かと思っていましたが、全く違っていて呆れるような人だったのですね!雅子妃殿下は皇后さまになるに相応しい方です。
デビィさん、お前が言うな!日本の皇室の事分かっていないじゃないか。
💢💢💨デビィは秋篠宮家と仲良しだからめちゃくちゃな事言う。
デビィは水商売出身でスカルノが来日した時に接近して妾になったのでしょう?
公務は陛下、皇太子、宮家と内容が違うのが分かっていない。
もう少し日本の皇室を勉強してから発言してね。

シェア元タイトル
皇太子さまを追い詰めるデヴィ夫人を竹田恒泰が”完全論破”し一同喝采!「ぐうの音も出ないド正論」
シェア画像動画URL
https://youtu.be/MA2OYsc28KQ
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2018年10月08日は【寒露】かんろです。草木に冷たい露が降りる頃という意味です。秋の長雨が終わり、ぐっと秋が深まります。稲刈りが終わるころで、その他の農作物の収穫もたけなわとなります。また、北の方から紅葉の便りが届きはじめます。
★ホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/10/POTD-October-15-2018-1-1200x800.jpg
□来たれ!月光仮面!日本の検察の無法状態を理解して支援してください
https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/ae2810d4d4e8d46f296dd81756ebe793
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
posted by 長野トミー at 06:11| 東京 ☀| Comment(0) | 日本いいね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 フランス エドゥアール フィリップ大統領殿 ケンとメリー ~愛と風のように~Buzz / 涙が出そうなくらい懐かしいwww




プリンススカイラインからケンメリに乗り換え、全国を旅した(^^)
2年で100,000キロ突破、あのころは10万キロでメーターが0キロ戻るので、
車検のとき、「乗ってないねぇ、もったいなよ」と、冷やかされたのを思い出します
僕が学生のころは、クルマは「憧れ」の存在でした。
免許を学生のうちに取って、社会人になったらまず中古車で腕を磨いて、
次にピッカピカの新車を買って、隣に彼女を乗せてドライブデートをするのが夢でした。
クルマは自分のステータスで、そのステータスに夢を与える素敵なCMは、
まさに夢そのものでした。ケンメリのCMに使われたこの曲は、本当に素敵で、
クルマを宝物に変えてくれました。時には感動で涙滴がほほを伝わったことも。

シェア元タイトル
Buzz / ケンとメリー~愛と風のように~
シェア画像動画URL
https://youtu.be/Eunqtuc7i-8
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2018年10月08日は【寒露】かんろです。草木に冷たい露が降りる頃という意味です。秋の長雨が終わり、ぐっと秋が深まります。稲刈りが終わるころで、その他の農作物の収穫もたけなわとなります。また、北の方から紅葉の便りが届きはじめます。
★ホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/10/POTD-October-15-2018-1-1200x800.jpg
□来たれ!月光仮面!日本の検察の無法状態を理解して支援してください
https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/ae2810d4d4e8d46f296dd81756ebe793
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 06:10| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 英国 テリーザ メイ首相殿 Mr. サマータイム サーカス お母さんのネックレスを借りて頭に被って真似して歌ってたなあ〜😅😂



この歌を聴きますと条件反射で矢沢永吉さんの
『時間よ止まれ』をセットで思い出してしまいます。
それもそのはず、1978年夏の化粧品会社
K社とS社のCMソングでしたからー。
当時、両社のテレビCMを毎日のように目にし、耳にしてました。
私は断然、サーカスさんのこの歌の方が好きでした。^_^

シェア元タイトル
Mr. サマータイム サーカス
シェア画像動画URL
https://youtu.be/kKqjaGcQVzw
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2018年10月08日は【寒露】かんろです。草木に冷たい露が降りる頃という意味です。秋の長雨が終わり、ぐっと秋が深まります。稲刈りが終わるころで、その他の農作物の収穫もたけなわとなります。また、北の方から紅葉の便りが届きはじめます。
★ホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/10/POTD-October-15-2018-1-1200x800.jpg
□来たれ!月光仮面!日本の検察の無法状態を理解して支援してください
https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/ae2810d4d4e8d46f296dd81756ebe793
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
posted by 長野トミー at 06:10| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする