2019年03月19日

テリーザ・メイ 英国首相 へ 2019-03-19:フィリッピン政府は日本政府に違法に逮捕された フィリッピン人の名誉の回復と賠償を日本政府に要求するべきだ。 フィリッピンのメディアはこの事実を報道して貧しいフィリッピン人を支援すべきだ!





テリーザ・メイ 英国首相 へ


2019-03-19:フィリッピン政府は日本政府に違法に逮捕された
フィリッピン人の名誉の回復と賠償を日本政府に要求するべきだ。
フィリッピンのメディアはこの事実を報道して貧しいフィリッピン人を支援すべきだ!


拝啓。「働く資格のない外国人」を不法に雇用した者は「不法な労働を助長する罪」で刑事処分されます。
わが国では入管法により単純・未熟練労働者は受け入れない政策がとり続けられてきました。

しかしながら、昭和60年頃より不法就労者の数が急増したため、
その対応策として平成元年の同法改正により不法就労助長罪(入管法73-2条)が設けられました。
根拠法は入管法の 第73条の2 (不法就労助長罪)です。

第73条 の2 次の各号のいずれかに該当する者は、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処し、
又はこれを併科する。

1、 事業活動に関し、外国人に不法な就労の活動をさせた者。

2、 外国人に不法な就労の活動をさせるためにこれを自己の支配下に置いた者。

3、 ビジネスとして、外国人に不法な就労の活動をさせる行為、又は前号の行為に関し「斡旋」した者。

2: 前項各号に該当する行為をした者は、
次の各号のいずれかに該当することを「知らないことを理由」として、
同項の規定による「処罰」を「免れること」はできない。
ただし、過失のないときは、この限りでない。
1。 当該外国人の活動が当該外国人の在留資格に応じた活動に属しない収入を伴う事業を運営する活動
又は報酬を受ける活動であること。
2。 当該外国人が当該外国人の活動を行うに当たり第19条第2項の許可を受けていないこと。
3。 当該外国人が第70第1項の第1号から第3-2号まで、第5、第7から第7-3まで、
又は、第8-2号から 第8-4までに規定する者であること。

(両罰規定)
 法人の代表者又は法人若しくは人の「代理人」、「使用人」その他の「従業者」が、
 その法人又は人の業務に関して第73条の2若しくは第74条から第74条の6までの罪、
 第74条の6の2(第1項第3号及び第4号を除く。)の罪若しくはその未遂罪又は第74条の8の罪を犯したときは、
 行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても、各本条の罰金刑を科する。

来週に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

世界の皆さん、日本の司法のクレイジーな「法の論理」を「糾弾」してください。
皆さん、この問題を「G20」や「国連の人権理事会」で取り上げてください。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、
皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が入管法22-4-4条の支援を理由として、
入管法70条に対して刑法の62条「他の犯罪を支援する罪」を「適用」することは「クレイジー」です。
これは法の論理が狂っている。

外国人が入管法22-4-4条(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。
しかし、入管法70条とは因果関係がない。
まったく、法の論理が狂っている。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博



下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp




#MeToo Human rights victim!


To Terrisa Mei British Prime Minister


2019-03-19: The Philippine government should request the Japanese government to recover
and compensate the honor of the Philippine people illegally arrested by the Japanese government.
The media of the Philippines should report this fact and support the poor Filipinos!

Dear sirs. Those who illegally employ "foreigners who are not eligible to work" are criminalized
under the crime "promoting illegal labor".
In Japan, policies that do not accept simple
and unskilled labor have been taken continuously by the Immigration Control Law.

 However, since the number of illegal workers has increased sharply since around 1985,
as a measure to cope with it,
a crime of promoting illegal employment (Immigration Act 73-2) was established as a result
of the revision of the law in 1989.
The legal basis is Article 73-2 of the Immigration Control Act (a crime of illegal employment promotion).

Article 73-2 A person who falls under any of the following items shall be punished
by imprisonment with work for not more than 3 years or a fine of not more than 3 million yen, or both.

1, Person who caused foreigners to engage in illegal employment activities
with respect to business activities.

2. Person who put this under self-control to make foreigners work illegal employment.

3, As a business, an act of causing a foreign national to work illegally,
or a person who "mediated" the act of the previous issue.

2: A person who has conducted an act falling under any of the items
of the preceding paragraph shall not "escape" the "punishment"
under the provision of the same paragraph with "not knowing"
that it falls under any of the following items .
Provided, however, that this shall not apply when there is no negligence.
1. That the activity of said foreigner is an activity to manage a business accompanied
by income not belonging to an activity corresponding to the status of residence of said alien
or activity to receive remuneration.
2. The foreign national has not received permission under Article 19,
paragraph 2 when conducting the activities of said alien.
3. The persons prescribed in paragraph (1) of paragraph 1, items 1 to 3-2, 5, 7 to 7 - 3,
or 8 - 2 to 8 - 4 .

(Both punishment provisions)
A representative of a juridical person, a representative of a juridical person,
a "representative", "employee" or any other "worker" of a juridical person
or a person shall be deemed to be in compliance with Article 73-2 or Article 74 to Article 74-6
In the case of committing a crime of offenses, Article 74,
paragraph 2, 2 (excluding paragraph 1, item 3 and item 4) or its attempted offense or Article 74 8,
the actor shall be punished,
The juridical person or person shall also be punished by the fine prescribed in each Article.

It will continue to next week.
I will continue until you understand.

Please "condemn" the crazy 'logic of law' of Japanese judiciary, everyone in the world.
Everyone, please take up this problem at "G20" or "UN Human Rights Council".

This mail is also sending the same mail to the "Prime Minister's Official Residence" in Japan,
"LDP" and "Politicians". They still do not have "justice" to rule Japan under the law.
"International people"!
Please stand up to make the world a society where freedom, democracy and human rights are protected.

I "appeal" the two things.
It is "international" human rights violation by the Japanese government.
We ask for your support so that our "honor recovery and compensation" will be done.

1. Foreigners conducted "illegal work" other than "qualification for residence".
But a foreigner is innocent.

Only foreigners were punished by Article 70 of the Immigration Control Act "Sins of illegal labor".
On the other hand, the Immigration Control Act punishes employers
who are "cause-and-effect relationships" of illegal work with the Immigration Act 73-2
(a crime that promotes illegal employment).

However, the Japanese judiciary "disposal" only foreigners, but they do not dispose of employers.
This obviously violates "principle of equality under the law"
And we are in violation of international law prohibiting conscious disposal only of foreigners.

If an employer who illegally employed a foreigner is innocent,
a foreigner who has worked illegally is innocent.
If so, there is no one "who supported other crimes of criminal law"
against Article 70 of the Immigration Act.
"I, KinGungaku, a diplomat in the Philippine country,
a staff member of the Philippine Embassy" is innocent.

2. It is "crazy" that the prosecution "applies" criminal law Article 62 "crime to support
other crimes" against Article 70 of the Immigration Act,
for reasons of support under Article 22-4-4 of the Immigration Act.
The logic of law is out of order.

Foreigners conducted the act prescribed in Article 22-4-4 of the Immigration Act
(acquisition of status of residence by submitting false documents).
However, there is no "criminal punishment" against this.
Disposition is "cancellation of status of residence" by "Minister of Justice"
and "compulsory withdrawal to foreign countries".
Therefore, "Article 62 of the Penal Code, (crime of supporting other crimes)" can not be applied.
However, there is no causal relation with Article 70 of the Immigration Control Act.
At all, the logic of law is out of order.

The Japanese government is "crushing" complaints.
"Crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".

The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

There are many victims in the world.
Please "salvage" a lot of "victims" with "courage and justice".
I request the Japanese government to "recover honor"
and "compensation for the victim" of the victim.

Best regards. Yasuhiro Nagano


It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 07:13| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください