2018年07月06日

テリーザ・メイ 英国首相 へ 2018-07-06:「社会主義市場経済国・中国」の人権侵害を止めなるべきです。 「社会主義」対「民主主義」の市場での競争は「国家」対「民間企業」の競争です。 民主的な市場経済の下での平等な競争ではありません。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!





拝啓、私は日本人です。「社会主義市場経済国家である中国」の国民に対する人権侵害を止めなければなりません。
そのためには中国へ富を貢ぐことをやめる事です。

昨年、中国の人権侵害を批判する国連でのEU声明が、ギリシャの反対で初めて見送られた。
声明発表にはEU加盟28ヶ国すべてが賛成する必要がありが、声明をまとめられなかったことで、
人権擁護を掲げ各国に言論の自由や死刑廃止を求めるEUには打撃となった。

ギリシャの外相は、声明は「非建設的な中国批判」として反対を表明した。
中国は、ギリシャ、ハンガリー、クロアチア、ポルトガルなど、
経済状況の厳しい欧州諸国に多額のインフラ投資をしている。
特にギリシャの場合は、緊縮財政を国際債権団から求められていることから、
中国の経済的支援は不可欠であるため、今回の声明阻止という行動につながったと「WSJ」は指摘しており、
貧しい国々への投資で、人権問題への批判封印を勝ち取ったという見方を示している。

ロイターは、今回の事件はEUと中国のぎこちない関係も強調してしまったと述べる。
EUは、気候変動や保護貿易主義に関し、トランプ政権と戦うためのパートナーとして中国を歓迎している。
しかし、ビジネスでの結びつきが強まるにつれ、
中国政府の人権派弁護士や活動家に対する弾圧について、
正々堂々と意見を述べにくくなっているとロイターは指摘している。


ギリシャをはじめ、中国に経済援助を受ける国々にとって、中国批判は困難だ。
また、貿易などでつながりを深めているEU自体も、関係悪化を恐れ批判には慎重な姿勢を取らざるを得ない。
まさに金で影響力を買う中国の台頭が、民主主義を牽引する国々を悩ませている。

私は、ロイターやWSJ の指摘は正しいと思います。
中国を「社会主義市場経済」から「民主主義市場経済」に移行させなければなりません。
中国との取引は人権侵害を支援しているのと同じです。
皆さん、中国へ貢ぐことをやめましょう。
中国に対して民主主義国家への移行を要求しましょう。

日本政府に蔓延する不法、不適切な行為は、個人の生命だけでなく、各国の安全保障をすでに脅かしています。
緊急に対応をお願いします。日本を「法律の下で統治される国」にしてください。
資料は下記にあります。

http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

資料だけでは不足です。お問合せをしてください。
敬具 長野恭博


下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

お問合せ先のメール
enzai_mirai@yahoo.co.jp





#MeToo Human rights victim!


To Terrisa Mei British Prime Minister

2018-07-06: We should stop human rights abuses of "socialist market economy country / China".
Competition in the market of "socialism" versus "democracy" is
the competition of "national" vs. "private company".
It is not an equal competition under a democratic market economy.


Dear Sirs, I am Japanese.
We must stop human rights abuses against the people of "socialist market economic state China".
For that, it is to stop contributing to wealth to China.

Last year, the EU statement in the United Nations criticizing China's human rights abuses was
for the first time dismissed in opposition to Greece. Although it is necessary
for all 28 EU member countries to agree in the statement announcement,
it was a blow to the EU seeking to abolish the freedom of speech and death penalty
for each country by raising human rights defense by not being able to summarize the statement.

Greek foreign minister expressed his opposition as a statement "criticism of non-constructive China".
China is investing heavily in infrastructure in European countries
with severe economic conditions such as Greece, Hungary, Croatia and Portugal.

In particular, in the case of Greece,
"WSJ" points out that the economic support of China is indispensable,
as it is required by the international creditors as austerity finance,
it has led to the action of stopping the statement this time,
"poor It shows a view that investment in countries has won the critical criticism
against human rights problems.

Reuters stated that the incident also emphasized the awkward relationship between the EU and China.
The EU welcomes China as a partner for fighting the Trump regime
on climate change and protection tradeism. However,
Reuters points out that as China's business tie-ups strengthen,
China's opinion on Chinese supporters against human rights lawyers
and activists has become more difficult to state quietly.

In case
Criticism of China is difficult for countries like Greece
and countries receiving economic assistance from China.
Also, the EU itself, deepening the connection
with trade etc., has to take a prudent attitude to criticize fear of deterioration of relations.

The rise of China that exactly buys influence
by money is plaguing the countries leading the democracy.

I think that Reuters and WSJ point out correctly.

We have to shift China from "socialist market economy" to "democratic market economy".

Transactions with China are the same as supporting dealing with human rights violations.
Let 's stop contributing to China.
Let's request the transition from China to a democratic country.

Illegal and inappropriate acts spreading to the Japanese government are
already threatening the security of each country as well as the life of individuals.
Please respond in an urgent manner.
Please make Japan "a country governed under the law". The material is below.

http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

It is not enough for materials alone. Please contact us.
Sincerely yours, Yasuhiro Nagano


It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

Contact email
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 06:58| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください