2019年02月18日

EUも有難う【トランプ大統領からのメール返信 2019-02-18】ホワイトハウスに連絡していただきありがとうございます。 私たちはあなたのメッセージを慎重に見直しています。

【トランプ大統領からのメール返信 2019-02-18】

ホワイトハウス、ワシントン 2019年2月17日
  

ホワイトハウスに連絡していただきありがとうございます。 私たちはあなたのメッセージを慎重に見直しています。

ドナルド・J・トランプ大統領は、私たちの国の強みはアメリカ国民の精神と、情報を得て関わり続ける意欲にあると考えています。 トランプ大統領はあなたが手を差し伸べるために時間を割いていただければ幸いです。

敬具

大統領通信事務局

https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/01/POTD-January-28-2018-1920x720.jpg

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/


【Reply by e-mail from President  Trump 2019-02-18】



February 17, 2019
 
Thank you for contacting the White House. We are carefully reviewing your message.
President Donald J. Trump believes the strength of our country lies in the spirit of the American people and their willingness to stay informed and get involved. President Trump appreciates you taking the time to reach out.
Sincerely,
The Office of Presidential Correspondence

https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/01/POTD-January-28-2018-1920x720.jpg


● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
posted by 長野トミー at 07:24| 東京 ☀| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019-02-18:私は同じメールを「日本経団連」や「トヨタ自動車の労働組合」にも送信しています。 彼らは「法の支配」を無視しています。 あなたは「トヨタの車」を買うことに疑問を持ちませんか。 法を無視する会社の車は法を無視するでしょう。危険だと思いませんか?

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


エマニュエル・マクロン フランス大統領 へ


2019-02-18:私は同じメールを「日本経団連」や「トヨタ自動車の労働組合」にも送信しています。
彼らは「法の支配」を無視しています。
あなたは「トヨタの車」を買うことに疑問を持ちませんか。
法を無視する会社の車は法を無視するでしょう。危険だと思いませんか?


拝啓。私たちが中国人の「不法な労働」を支援をした理由に「 contract of employment」を指摘しています。
しかし、この「 contract of employment」は法律で定めるものではなく、
法務省の課長が「official notice」によて「要求」したものです。
検察官はこの「 contract of employment」の内容が falsehoodであると言います。
裁判官は、私たちがこの「内容がfalsehoodの contract of employment」を中国人に「provide」したから、
中国人は「status of residence (in Japan」が「容易」に「取得」できたと言います。
そして裁判官は、中国人は「status of residence」が得られたから、日本にliveできた、と言います。
それは違います。中国人は外務大臣より「entry visa」が得られてたから日本にliveできたのです。
裁判官は「entry visa」の仕組みを知らない。
そして裁判官は「中国人は日本にliveできたから「不法な労働」ができた」と言います。

それで裁判官は中国人の入管法70条
「status of residence以外の不法な労働」と入管法24-4条
「falsehoodの書類の提出によるstatus of residenceの取得」を結びつけます。
入管法70条の「aiding and abetting」であると言います。
クレイジーな「法の論理」です。
それで中国人の入管法70条違反に対する、刑法60条および62条「他の犯罪を支援する罪」を適用します。

日本では、こうした遠い「因果関係」の「論法」を
「any event can bring about an effect in an unexpected way」論法と言います。
(Kazega hukeba Okeyaga moukaru).

つまり、「因果関係」は「 distortion 《of the meaning》 」なのです。

しかし、この裁判官は入管法を理解していません。
入管法24-4条「虚偽の書類の提出による「status of residence 」の取得」は、罪になりません。
処分は法務大臣が付与した「status of residence 」を取り消すだけです。
「刑事処分」ではありません。
したがって、入管法24-4-4条の「支援」に対して、刑法60条および刑法62条は適用できません。

だから、2010年7月1日より入管法が改正されました。
外国人が入管法24-4-4条の「支援」をした場合は
「その外国人」の「status of residence 」が「取り消し」されて「国外へ退去」の「行政処分」になりました。
起訴状に記載されたことは、既に入管法が規定したのです。

私が逮捕されたのは2010年6月です。起訴されたのは2010年7月です。
だから、警察官や検察官や裁判官は、充分、この改正をして知っていました。
だから、悪質な犯罪です。

日本では「遠い因果関係」で刑法60条および62条の「支援の罪」を適用する習慣が根付いています。
国際社会の法の論理を無視した恐ろしい日本社会です。
これでは、誰でも犯罪人にすることができます。
こうした非常識な「裁判」が、今日も行われています。

被害者を早急に「救済」してください。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

明日に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

神はかならず「正義」を応援します。
私は、必ず、正義が「勝」と信じています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。
私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」を適用する「犯罪の理由」は以下です。
外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博



下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp




#MeToo Victime des droits de l'homme!


À Emmanuel · Président français Macron


2019-02-18: J'envoie le même courrier électronique à Nippon Keidanren et au syndicat de Toyota.
Ils ignorent la "règle de droit".
Avez-vous des doutes sur l'achat d'une "voiture Toyota"?
Les voitures des entreprises qui ne respectent pas la loi l'ignoreront. Ne pensez-vous pas que c'est dangereux?


Chers Messieurs. Nous soulignons le "contrat de travail" comme la raison pour laquelle nous avons soutenu le "travail illégal" chinois.
Cependant, ce "contrat de travail" n’est pas stipulé par la loi,
Le chef de section du ministère de la Justice "a demandé" par "mise en demeure".
Le procureur dit que le contenu de ce "contrat de travail" est un mensonge.
Le juge a déclaré que depuis que nous "avons fourni" à ce "contrat de mensonges chinois"
Les Chinois disent que "le statut de résidence (au Japon)" était "facilement" acquis ".
Et le juge a déclaré que les Chinois étaient en mesure de vivre au Japon, avec l'obtention du "statut de résidence".
Ce n'est pas le cas. Les Chinois ont pu vivre au Japon grâce à l'obtention du "visa d'entrée" du ministre des Affaires étrangères.
Le juge ne connaît pas le mécanisme du "visa d'entrée".
Et le juge a déclaré: "Parce que les Chinois ont pu vivre au Japon, un" travail illégal "a été créé.

Donc, le juge est entré loi chinoise d'entrée Article 70
"Travail illégal autre que le statut de résidence" et loi sur l'immigration, article 24-4
Nous combinerons "obtenir le statut de résidence en soumettant des documents de mensonge".
On dit qu'il "aide et encourage" l'article 70 de la loi sur le contrôle de l'immigration.
C'est une folle "logique de droit".
Nous appliquons donc les articles 60 et 62 du Code pénal "Criminalité pour soutenir d'autres crimes" contre la violation de l'article 70 de la loi sur l'immigration des Chinois.

Au Japon, "l'argument" d'une relation de cause à effet aussi éloignée
"Tout événement peut provoquer un effet de manière inattendue" serait un raisonnement.
(Kazega hukeba Okeyaga moukaru).

En d'autres termes, "causalité" est "distorsion" du sens ".

Cependant, ce juge ne comprend pas la Loi sur le contrôle de l'immigration.
Article 24-4 de la loi sur le contrôle de l'immigration "L'acquisition du" statut de résident "par la présentation de faux documents n'est pas un crime.
La décision annule uniquement le "statut de résident" accordé par le ministre de la Justice.
Ce n'est pas une "décision criminelle".
Par conséquent, l'article 60 du Code pénal et l'article 62 du Code pénal ne peuvent être appliqués à un "soutien" au sens de l'article 24-4-4 de la loi sur le contrôle de l'immigration.

Par conséquent, la Loi sur le contrôle de l'immigration a été modifiée le 1 er juillet 2010.
Lorsqu'un étranger a été "soutenu" en vertu de l'article 24-4-4 de la loi sur le contrôle de l'immigration
Le "statut de résidence" de "cet étranger" a été "annulé" et est devenu une "sanction administrative" du "départ du pays".
Les dispositions de l'acte d'accusation ont déjà été prescrites par la loi sur le contrôle de l'immigration.

J'ai été arrêté en juin 2010. C'est en juillet 2010 que l'accusation a été accusée.
Les fonctionnaires de police, les procureurs et les juges connaissaient donc suffisamment cet amendement.
C'est donc un crime vicieux.

Au Japon, la pratique consistant à appliquer le "crime de soutien" en vertu des articles 60 et 62 du Code pénal avec un "lien de causalité distant" est enracinée.
C’est une société japonaise horrible qui a ignoré la logique du droit international.
Avec cela, n'importe qui peut être un criminel.
Un tel "procès" insensé est également fait aujourd'hui.

S'il vous plaît "soulager" la victime dès que possible.

Ce courrier envoie également le même courrier à la "résidence officielle du Premier ministre" au Japon, "LDP" et "les politiciens".
Ils n'ont toujours pas "justice" pour gouverner le Japon en vertu de la loi.
"Personnes internationales"!
Veuillez vous lever pour faire du monde une société où la liberté, la démocratie et les droits de l'homme sont protégés.

Je continuerai demain.
Je vais continuer jusqu'à ce que vous compreniez.

Dieu soutiendra toujours la 'justice'.
Je crois certainement que la justice est "gagne".

Je "fais appel" des deux choses.
C'est une violation "internationale" des droits de l'homme par le gouvernement japonais.
Nous sollicitons votre soutien pour que notre "recouvrement d'honneur et compensation" soit effectué.

1 Les étrangers effectuaient un "travail illégal" autre que "la qualification de résidence". Mais un étranger est innocent.

L'article 70 de la loi sur le contrôle de l'immigration "Péchés du travail illégal" était puni par les étrangers.
D'autre part, la loi sur le contrôle de l'immigration prévoit des employeurs qui sont des "relations de cause à effet" de travail illégal au sens de l'article 73-2.
(Un crime qui a favorisé l'emploi illégal).

Cependant, le pouvoir judiciaire japonais ne "jette" que des étrangers mais ne dispose pas des employeurs.
Cela viole évidemment le "principe d'égalité devant la loi"
Et nous violons le droit international interdisant l’élimination consciente des étrangers.

Si un employeur qui a employé illégalement un étranger est innocent, un étranger qui a travaillé illégalement est innocent.
Dans l’affirmative, il n’existe personne «qui ait soutenu d’autres crimes de droit pénal» contre l’article 70 de la loi sur l’immigration.
"Moi, KinGungaku, diplomate dans le pays philippin, membre du personnel de l'ambassade des Philippines", je suis innocent.

2 La "cause du crime" à laquelle l'accusation applique "l'article 62 du Code pénal (crime de soutien d'autres crimes)" est la suivante.
Les étrangers sont mandatés par la loi sur l'immigration 22-4-4
(Acquisition du statut de résidence par la présentation de faux documents).
Cependant, il n'y a pas de "sanction pénale" contre cela.
La décision est "annulation du statut de résidence" du "ministre de la Justice" et "retrait obligatoire vers des pays étrangers".
Par conséquent, "l'article 62 du Code pénal (crime de soutien à d'autres crimes)" ne peut pas être appliqué.

Le gouvernement japonais "écrase" les plaintes.
"Écraser" par le pouvoir de l'Etat est "l'arrêt" de "Statute of limitations".

Le matériel est en dessous.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrigh

Il y a beaucoup de victimes dans le monde.
S'il vous plaît "sauver" beaucoup de "victimes" avec "courage et justice".
Je demande au gouvernement japonais de "récupérer l'honneur" et "l'indemnisation de la victime" de la victime.

Cordialement. Yasuhiro Nagano



Il est publié dans le programme suivant.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


Yasuhiro Nagano

S'il vous plaît aidez-moi.
S'il vous plaît contactez-nous si vous avez des questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 07:23| 東京 ☀| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンゲラ・メルケル ドイツ連邦首相 へ 2019-02-18:私は同じメールを「日本経団連」や「トヨタ自動車の労働組合」にも送信しています。 彼らは「法の支配」を無視しています。 あなたは「トヨタの車」を買うことに疑問を持ちませんか。 法を無視する会社の車は法を無視するでしょう。危険だと思いませんか?

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


アンゲラ・メルケル ドイツ連邦首相 へ


2019-02-18:私は同じメールを「日本経団連」や「トヨタ自動車の労働組合」にも送信しています。
彼らは「法の支配」を無視しています。
あなたは「トヨタの車」を買うことに疑問を持ちませんか。
法を無視する会社の車は法を無視するでしょう。危険だと思いませんか?


拝啓。私たちが中国人の「不法な労働」を支援をした理由に「 contract of employment」を指摘しています。
しかし、この「 contract of employment」は法律で定めるものではなく、
法務省の課長が「official notice」によて「要求」したものです。
検察官はこの「 contract of employment」の内容が falsehoodであると言います。
裁判官は、私たちがこの「内容がfalsehoodの contract of employment」を中国人に「provide」したから、
中国人は「status of residence (in Japan」が「容易」に「取得」できたと言います。
そして裁判官は、中国人は「status of residence」が得られたから、日本にliveできた、と言います。
それは違います。中国人は外務大臣より「entry visa」が得られてたから日本にliveできたのです。
裁判官は「entry visa」の仕組みを知らない。
そして裁判官は「中国人は日本にliveできたから「不法な労働」ができた」と言います。

それで裁判官は中国人の入管法70条
「status of residence以外の不法な労働」と入管法24-4条
「falsehoodの書類の提出によるstatus of residenceの取得」を結びつけます。
入管法70条の「aiding and abetting」であると言います。
クレイジーな「法の論理」です。
それで中国人の入管法70条違反に対する、刑法60条および62条「他の犯罪を支援する罪」を適用します。

日本では、こうした遠い「因果関係」の「論法」を
「any event can bring about an effect in an unexpected way」論法と言います。
(Kazega hukeba Okeyaga moukaru).

つまり、「因果関係」は「 distortion 《of the meaning》 」なのです。

しかし、この裁判官は入管法を理解していません。
入管法24-4条「虚偽の書類の提出による「status of residence 」の取得」は、罪になりません。
処分は法務大臣が付与した「status of residence 」を取り消すだけです。
「刑事処分」ではありません。
したがって、入管法24-4-4条の「支援」に対して、刑法60条および刑法62条は適用できません。

だから、2010年7月1日より入管法が改正されました。
外国人が入管法24-4-4条の「支援」をした場合は
「その外国人」の「status of residence 」が「取り消し」されて「国外へ退去」の「行政処分」になりました。
起訴状に記載されたことは、既に入管法が規定したのです。

私が逮捕されたのは2010年6月です。起訴されたのは2010年7月です。
だから、警察官や検察官や裁判官は、充分、この改正をして知っていました。
だから、悪質な犯罪です。

日本では「遠い因果関係」で刑法60条および62条の「支援の罪」を適用する習慣が根付いています。
国際社会の法の論理を無視した恐ろしい日本社会です。
これでは、誰でも犯罪人にすることができます。
こうした非常識な「裁判」が、今日も行われています。

被害者を早急に「救済」してください。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

明日に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

神はかならず「正義」を応援します。
私は、必ず、正義が「勝」と信じています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。
私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」を適用する「犯罪の理由」は以下です。
外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博


私の情報 ***************

下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/



長野恭博(Yasuhiro Nagano)

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp




<Öffentliche Post> #MeToo Menschenrechtsopfer!


Angela Merkel an den deutschen Bundespräsidenten


2019-02-18: Ich sende dieselbe E-Mail an Nippon Keidanren und Toyotas Gewerkschaft.
Sie ignorieren die "Rechtsstaatlichkeit".
Haben Sie keine Zweifel am Kauf eines "Toyota-Autos"?
Firmenwagen, die das Gesetz ignorieren, werden das Gesetz ignorieren. Findest du es nicht gefährlich?


Sehr geehrte Damen und Herren, Wir weisen auf "Arbeitsvertrag" als Grund aus, warum wir chinesische "illegale Arbeit" unterstützt haben.
Dieser "Arbeitsvertrag" ist jedoch nicht gesetzlich festgelegt.
Der Abteilungsleiter des Justizministeriums "beantragte" durch "offizielle Mitteilung".
Der Ankläger sagt, der Inhalt dieses "Arbeitsvertrages" sei eine Lüge.
Der Richter sagte, da wir "diesen chinesischen" Arbeitsvertrag mit der Falschheit "
Chinesen sagen, dass "Aufenthaltsstatus (in Japan)" "leicht" erworben "wurde.
Der Richter sagte, die Chinesen könnten in Japan leben, da der "Status des Aufenthalts" erreicht wurde.
Das ist nicht der Fall. Die Chinesen konnten in Japan leben, weil vom Außenminister ein "Einreisevisum" erhalten wurde.
Der Richter kennt den Mechanismus des "Einreisevisums" nicht.
Der Richter sagte: "Weil die Chinesen in Japan leben konnten, wurde" illegale Arbeit "gemacht.

So hat der Richter Artikel 70 des chinesischen Einreisegesetzes eingetragen
"Illegale Arbeit außerhalb des Aufenthaltsstatus" und das Einwanderungsgesetz Artikel 24-4
Wir kombinieren "Aufenthaltsstatus durch Vorlage von Falschscheindokumenten".
Es heißt, es unterstütze und unterstütze Artikel 70 des Einwanderungskontrollgesetzes.
Es ist eine verrückte "Logik des Gesetzes".
Wir wenden also Artikel 60 und Artikel 62 des Strafgesetzbuches "Verbrechen zur Unterstützung anderer Straftaten" gegen die Verletzung von Artikel 70 des Einwanderungsgesetzes der Chinesen an.

In Japan ist das "Argument" einer so weit entfernten "Ursache-Wirkungs-Beziehung"
"Jedes Ereignis kann auf unerwartete Weise zu einem Effekt führen", heißt es als Begründung.
(Kazega hukeba Okeyaga moukaru).

Mit anderen Worten ist "Kausalität" "Verzerrung" der Bedeutung ".

Dieser Richter versteht jedoch nicht das Immigration Control Act.
Artikel 24-4 des Einwanderungskontrollgesetzes "Der Erwerb des" Aufenthaltsstatus "durch die Vorlage falscher Dokumente ist kein Verbrechen.
Die Verfügung widerruft nur den vom Justizminister gewährten Aufenthaltsstatus.
Es ist keine "kriminelle Verfügung".
Daher können Artikel 60 des Strafgesetzbuchs und Artikel 62 des Strafgesetzbuchs nicht auf die "Unterstützung" gemäß Artikel 24-4-4 des Einwanderungskontrollgesetzes angewendet werden.

Daher wurde das Immigration Control Act am 1. Juli 2010 geändert.
Wenn ein Ausländer nach Artikel 24-4-4 des Einwanderungskontrollgesetzes "unterstützt" wurde
"Status des Wohnsitzes" von "diesem Ausländer" wurde "aufgehoben" und wurde "Verwaltungsstrafe" des "Umzugs aus dem Land".
Was in der Anklageschrift festgehalten wurde, wurde bereits durch das Immigration Control Act vorgeschrieben.

Ich wurde im Juni 2010 verhaftet. Im Juli 2010 wurde die Staatsanwaltschaft angeklagt.
Daher hatten Polizeibeamte, Staatsanwälte und Richter diese Änderung ausreichend gewusst.
Es ist also ein bösartiges Verbrechen.

In Japan ist die Praxis der Anwendung von "Verbrechen der Unterstützung" gemäß Artikel 60 und Artikel 62 des Strafgesetzbuchs mit "fernen Kausalzusammenhang" verwurzelt.
Es ist eine schreckliche japanische Gesellschaft, die die Logik des Völkerrechts ignoriert hat.
Damit kann jeder ein Verbrecher sein.
Eine solche verrückte "Prüfung" findet heute auch statt.

Bitte "entlasten" Sie das Opfer so schnell wie möglich.

Diese E-Mail sendet dieselbe E-Mail auch an die "Amtssitz des Premierministers" in Japan, an "LDP" und an "Politiker".
Sie haben immer noch keine "Gerechtigkeit", um Japan unter dem Gesetz zu regieren.
"Internationale Leute"!
Bitte stellen Sie sich auf, um die Welt zu einer Gesellschaft zu machen, in der Freiheit, Demokratie und Menschenrechte geschützt werden.

Ich werde morgen weitermachen.
Ich werde weitermachen, bis du verstanden hast.

Gott wird immer 'Gerechtigkeit' unterstützen.
Ich bin der festen Überzeugung, dass Gerechtigkeit "gewinnt".

Ich "appelliere" an die beiden Dinge.
Es ist eine "internationale" Menschenrechtsverletzung durch die japanische Regierung.
Wir bitten um Ihre Unterstützung, damit unsere "Ehreerhebung und Entschädigung" erfolgt.

1 Ausländer führten "illegale Arbeit" außer "Aufenthaltsgenehmigung" durch. Aber ein Ausländer ist unschuldig.

Nur Ausländer wurden durch Artikel 70 des Einwanderungskontrollgesetzes "Sünden illegaler Arbeit" bestraft.
Andererseits fordert das Einwanderungskontrollgesetz Arbeitgeber auf, die nach Artikel 73-2 "Ursache-Wirkungs-Beziehungen" illegaler Arbeit sind
(Ein Verbrechen, das illegale Beschäftigung förderte).

Die japanische Justiz "entsorgt" jedoch nur Ausländer, verfügt jedoch nicht über Arbeitgeber.
Dies verstößt offensichtlich gegen den "Grundsatz der Gleichheit unter dem Gesetz".
Und wir verstoßen gegen das Völkerrecht, das die bewusste Beseitigung von Ausländern verbietet.

Wenn ein Arbeitgeber, der einen Ausländer illegal beschäftigt hat, unschuldig ist, ist ein Ausländer, der illegal gearbeitet hat, unschuldig.
Wenn ja, gibt es niemanden, "der andere strafrechtliche Verbrechen unterstützt hat" gegen Artikel 70 des Einwanderungsgesetzes.
"Ich, KinGungaku, ein Diplomat im philippinischen Land, ein Mitarbeiter der philippinischen Botschaft" ist unschuldig.

2 Der "Grund für ein Verbrechen", auf das die Staatsanwaltschaft Anwendung findet "Artikel 62 des Strafgesetzbuches (Verbrechen der Unterstützung anderer Straftaten)" lautet wie folgt.
Ausländer werden mit dem Immigration Act 22-4-4 betraut
(Erwerb des Aufenthaltsstatus durch Einreichung falscher Dokumente).
Dagegen gibt es keine "strafrechtliche Bestrafung".
Disposition ist "Aufhebung des Aufenthaltsstatus" durch "Justizminister" und "obligatorischer Rückzug in ein anderes Land".
Daher kann "Artikel 62 des Strafgesetzbuchs (Verbrechen der Unterstützung anderer Straftaten)" nicht angewandt werden.

Die japanische Regierung "zermalmt" Beschwerden.
"Crush" durch staatliche Gewalt ist "Stop" der "Verjährung".

Das Material ist unten.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

Es gibt viele Opfer auf der Welt.
Bitte "retten" Sie viele "Opfer" mit "Mut und Gerechtigkeit".
Ich fordere die japanische Regierung auf, "Ehre zu erlangen" und "Entschädigung für das Opfer" des Opfers.

Mit freundlichen Grüßen Yasuhiro Nagano


Meine Informationen ***************

Es wird im folgenden Programm veröffentlicht.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


(Yasuhiro Nagano)

Bitte hilf mir.
Bitte kontaktieren Sie uns, wenn Sie Fragen haben.
enzai_mirai@yahoo.co.jp


posted by 長野トミー at 07:22| 東京 ☀| Comment(0) | ドイツ首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テリーザ・メイ 英国首相 へ 2019-02-18:私は同じメールを「日本経団連」や「トヨタ自動車の労働組合」にも送信しています。 彼らは「法の支配」を無視しています。 あなたは「トヨタの車」を買うことに疑問を持ちませんか。 法を無視する会社の車は法を無視するでしょう。危険だと思いませんか?

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


テリーザ・メイ 英国首相 へ


2019-02-18:私は同じメールを「日本経団連」や「トヨタ自動車の労働組合」にも送信しています。
彼らは「法の支配」を無視しています。
あなたは「トヨタの車」を買うことに疑問を持ちませんか。
法を無視する会社の車は法を無視するでしょう。危険だと思いませんか?


拝啓。私たちが中国人の「不法な労働」を支援をした理由に「 contract of employment」を指摘しています。
しかし、この「 contract of employment」は法律で定めるものではなく、
法務省の課長が「official notice」によて「要求」したものです。
検察官はこの「 contract of employment」の内容が falsehoodであると言います。
裁判官は、私たちがこの「内容がfalsehoodの contract of employment」を中国人に「provide」したから、
中国人は「status of residence (in Japan」が「容易」に「取得」できたと言います。
そして裁判官は、中国人は「status of residence」が得られたから、日本にliveできた、と言います。
それは違います。中国人は外務大臣より「entry visa」が得られてたから日本にliveできたのです。
裁判官は「entry visa」の仕組みを知らない。
そして裁判官は「中国人は日本にliveできたから「不法な労働」ができた」と言います。

それで裁判官は中国人の入管法70条
「status of residence以外の不法な労働」と入管法24-4条
「falsehoodの書類の提出によるstatus of residenceの取得」を結びつけます。
入管法70条の「aiding and abetting」であると言います。
クレイジーな「法の論理」です。
それで中国人の入管法70条違反に対する、刑法60条および62条「他の犯罪を支援する罪」を適用します。

日本では、こうした遠い「因果関係」の「論法」を
「any event can bring about an effect in an unexpected way」論法と言います。
(Kazega hukeba Okeyaga moukaru).

つまり、「因果関係」は「 distortion 《of the meaning》 」なのです。

しかし、この裁判官は入管法を理解していません。
入管法24-4条「虚偽の書類の提出による「status of residence 」の取得」は、罪になりません。
処分は法務大臣が付与した「status of residence 」を取り消すだけです。
「刑事処分」ではありません。
したがって、入管法24-4-4条の「支援」に対して、刑法60条および刑法62条は適用できません。

だから、2010年7月1日より入管法が改正されました。
外国人が入管法24-4-4条の「支援」をした場合は
「その外国人」の「status of residence 」が「取り消し」されて「国外へ退去」の「行政処分」になりました。
起訴状に記載されたことは、既に入管法が規定したのです。

私が逮捕されたのは2010年6月です。起訴されたのは2010年7月です。
だから、警察官や検察官や裁判官は、充分、この改正をして知っていました。
だから、悪質な犯罪です。

日本では「遠い因果関係」で刑法60条および62条の「支援の罪」を適用する習慣が根付いています。
国際社会の法の論理を無視した恐ろしい日本社会です。
これでは、誰でも犯罪人にすることができます。
こうした非常識な「裁判」が、今日も行われています。

被害者を早急に「救済」してください。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

明日に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

神はかならず「正義」を応援します。
私は、必ず、正義が「勝」と信じています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。
私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」を適用する「犯罪の理由」は以下です。
外国人が入管法22-4-4条
(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博


下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp




#MeToo Human rights victim!


To Terrisa Mei British Prime Minister


2019-02-18: I am sending the same e-mail to Nippon Keidanren and Toyota's labor union.
They ignore the "rule of law".
Do not you have any doubt about buying a "Toyota car"?
Companies' cars ignoring the law will ignore the law.
Do not you think it is dangerous?


Dear sirs. We point out "contract of employment" as the reason
why we supported Chinese "illegal labor".
However, this "contract of employment" is not stipulated by law,
but the section chief of the Ministry of Justice "requested" by "official notice".
The prosecutor says the content of this "contract of employment" is a falsehood.
The judge said that we could "get" the status
of residence (in Japan) "easily" because we "provided" the Chinese with a "contract
of employment of falsehood" content .
And the judge said the Chinese were able to live in Japan,
as "status of residence" was obtained.
that's wrong. The Chinese was able to live in Japan because "entry visa" was obtained
from the foreign minister.
The judge does not know the mechanism of "entry visa".
And the judge said, "Because the Chinese were able to live in Japan,"
illegal labor "was made.

So the judge will link the Chinese immigration law Article 70 "illegal labor other than status
of residence" with the acquisition of status of residence
by submitting the immigration law Article 24-4 "document of falsehood."
It is said that it is "aiding and abetting" of Article 70 of Immigration Control Act.
It is a crazy 'logic of law'.
So we apply Article 60 and Article 62 of the Penal Code "Crime to support other crimes"
against the violation of Article 70 of the Immigration Act of the Chinese.

In Japan,
the "argument" of such distant "causal relationship" is called "any event can bring bring about
an effect in an unexpected way" theory.
(Kazega hukeba Okeyaga moukaru).

In other words, "causality" is "distortion" of the meaning ".

However, this judge does not understand Immigration Control Act.
Article 24-4 of the Immigration Control Act "Acquisition of" status
of residence "by submitting false documents is not a crime.
The disposition only rescinds "status of residence" granted by Minister of Justice.
It is not "criminal disposition".
Therefore, Article 60 of the Penal Code and Article 62
of the Penal Code can not be applied to "support"
under Article 24-4-4 of the Immigration Control Act.

Therefore, the Immigration Control Act was amended on July 1, 2010.
When a foreigner did "support" under Article 24-4-4 of the Immigration Control Act,
"status of residence" of "that foreigner" was "canceled"
and became "administrative punishment" of "moving out of the country" .
What was stated in the indictment has already been prescribed by the Immigration Control Act.

I was arrested in June 2010. It was July 2010 that the prosecution was charged.
So, police officials, prosecutors and judges had known this amendment sufficiently.
So it is a vicious crime.

In Japan, the practice of applying "crime of support"
under Article 60 and Article 62 of the Penal Code with "distant causal relation" is rooted.
It is a horrible Japanese society that ignored the logic of international law.
With this, anyone can be a criminal.
Such an insane "trial" is done today as well.

Please "relieve" the victim as soon as possible.

This mail is also sending the same mail to the "Prime Minister's Official Residence" in Japan,
"LDP" and "Politicians".
They still do not have "justice" to rule Japan under the law.
"International people"!
Please stand up to make the world a society where freedom,
democracy and human rights are protected.

I will continue tomorrow.
I will continue until you understand.

God will always support 'justice'.
I certainly believe that justice is "wins".

I "appeal" the two things.
It is "international" human rights violation by the Japanese government.
We ask for your support so that our "honor recovery and compensation" will be done.

1. Foreigners conducted "illegal work" other than "qualification for residence".
But a foreigner is innocent.

Only foreigners were punished by Article 70 of the Immigration Control Act "Sins of illegal labor".
On the other hand, the Immigration Control Act punishes employers
who are "cause-and-effect relationships" of illegal work with the Immigration Act 73-2
(a crime that promotes illegal employment).

However, the Japanese judiciary "disposal" only foreigners,
but they do not dispose of employers.
This obviously violates "principle of equality under the law"
And we are in violation of international law prohibiting conscious disposal only of foreigners.

If an employer who illegally employed a foreigner is innocent,
a foreigner who has worked illegally is innocent.
If so, there is no one "who supported other crimes of criminal law"
against Article 70 of the Immigration Act.
"I, KinGungaku, a diplomat in the Philippine country,
a staff member of the Philippine Embassy" is innocent.

2. The "reason for crime" to which the prosecution applies "Article 62 of the Criminal Code,
(crime of supporting other crimes)" is as follows.
Foreigners conducted the act prescribed in Article 22-4-4 of the Immigration Act
(acquisition of status of residence by submitting false documents).
However, there is no "criminal punishment" against this.
Disposition is "cancellation of status of residence" by "Minister of Justice"
and "compulsory withdrawal to foreign countries".
Therefore, "Article 62 of the Penal Code, (crime of supporting other crimes)" can not be applied.

The Japanese government is "crushing" complaints.
"Crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".

The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

There are many victims in the world.
Please "salvage" a lot of "victims" with "courage and justice".
I request the Japanese government to "recover honor"
and "compensation for the victim" of the victim.

Best regards. Yasuhiro Nagano


It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 07:22| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 ドイツ アンゲラ メルケル首相殿【日本の皇室】悠仁様の進学先決定に隠された未来予想図に一同驚愕.. 皇族は 学歴や 弁護士でも 医者でもなく血筋を守るのが大切なのです。

拝啓 ドイツ アンゲラ メルケル首相殿【日本の皇室】悠仁様の進学先決定に隠された未来予想図に一同驚愕..
皇族は 学歴や 弁護士でも 医者でもなく血筋を守るのが大切なのです。


え〜教育にかなりの金額使ってるんじゃないんですか?
一般庶民は習わしたくても、出来ないのに、十分お使いになられてるのに、イマイチじゃぁ。。
この一家に多額の税金使う意味あるのかなぁ。。💦
悠仁は自由奔放の教育方針で将来どんな皇族なるのか…
皇族としての自覚と責任もなければ秋篠宮が天皇陛下になる頃に国民は皇室を尊敬と敬愛心を持つことが出来るのか?

シェア元タイトル
悠仁様の進学先決定に隠された未来予想図に一同驚愕..
シェア画像動画URL
https://youtu.be/mV1mtiq0epQ
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年2月19日は【雨水(うすい)】空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味。草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。春一番が吹くのもこの頃です。
★ホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/01/POTD-January-28-2018-1920x720.jpg
□来たれ!月光仮面!日本の検察の無法状態を理解して支援してください
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!

posted by 長野トミー at 06:21| 東京 ☀| Comment(0) | 日本いいね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 フランス エドゥアール フィリップ大統領殿 ロミオとジュリエット/サントラ盤 当時このレコードを買って必死で歌詞を覚えたなぁ・・・400円だったか・・・

拝啓 フランス エドゥアール フィリップ大統領殿 ロミオとジュリエット/サントラ盤
当時このレコードを買って必死で歌詞を覚えたなぁ・・・400円だったか・・・


悲しい事に今の女子達には似つかわしくない曲ですな
とても、遠い過去の記憶にある恋人達を想起させる名曲
シェイクスピアの悲恋の名作ですが、作曲はニーノ・ロータです。
ニーノ・ロータは名作を沢山残してますが、この曲も、その傑作の一つですね。
オリビア・ハッセーが若く綺麗でしたね。
小学生の頃、映画好きの母がリバイバルで観に連れて行ってくれたのを思い出します。
私の映画人生の始まりで、音楽もまた深く感動させてくれました・・・


シェア元タイトル
ロミオとジュリエット/サントラ盤
シェア画像動画URL
https://youtu.be/u5SPgsdeOvw?list=PLyP9Yr6VfHmy5zZqWRGSPHOgZRHTkmrAd
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年2月19日は【雨水(うすい)】空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味。草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。春一番が吹くのもこの頃です。
★ホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/01/POTD-January-28-2018-1920x720.jpg
□来たれ!月光仮面!日本の検察の無法状態を理解して支援してください
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!

posted by 長野トミー at 06:21| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 英国 テリーザ メイ首相殿 ロッキーのテーマ曲 70年代の香りプンプンなサウドだね〜

拝啓 英国 テリーザ メイ首相殿 ロッキーのテーマ曲
70年代の香りプンプンなサウドだね〜


聴いてるだけで涙出る
最近ジョギングで聴くようになった。
ペース配分出来ない全力ダッシュして翌日筋肉痛。な毎日
ロッキーの生卵飲むシーンが結構好き
クリード面白かった

シェア元タイトル
ロッキーのテーマ曲
シェア画像動画URL
https://youtu.be/aVH_2X3q6xc?list=PLwoUJbge9gQvgg7SINxNiXQFsMORCKtu3
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年2月19日は【雨水(うすい)】空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味。草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。春一番が吹くのもこの頃です。
★ホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/01/POTD-January-28-2018-1920x720.jpg
□来たれ!月光仮面!日本の検察の無法状態を理解して支援してください
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!
posted by 長野トミー at 06:20| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日のつぶやき




































posted by 長野トミー at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする