2019年02月15日

EUも有難う【トランプ大統領からのメール返信 2019-02-15】お時間をいただきありがとうございます。私のスタッフはあなたの連絡文書を綿密に見直しています。


ホワイトハウス、ワシントン 2019年2月14日
  
お時間をいただきありがとうございます。私のスタッフはあなたの連絡文書を綿密に見直しています。

1年前の今日、私たちの国はフロリダ州パークランドで14人の学生と3人の教育者の命を奪った無意味な暴力行為に揺さぶられていました。この記念日に、私たちは彼らの記憶を尊重し、すべてのアメリカ人、特に私たちの国の子供たちの安全を確保することを再確認します。

今日、メラニアと私は郡内の市民と一緒になって、パークランドコミュニティと命を奪われて暴力を撃たれたすべてのコミュニティの人々の継続的な癒しを祈っています。私たちは一つの国として私たちを団結させる信仰、家族、地域社会、そして国の絆を再確認し、私たちは真に人間の命の尊厳を尊重し尊重する社会を築き続けることを決意します。

私の全文を読み、私の政権が私たちの国の子供たちを保護するために取った措置の詳細については、ここをクリックしてください。

神がアメリカ合衆国を祝福するように。

敬具

ドナルド・トランプ

https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/02/POTD-Februrary-13-2018-1200x800.jpg

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/


【Reply by e-mail from President  Trump 2019-02-15】


February 14, 2019

 
Thank you for taking the time to write. My staff is closely reviewing your correspondence.
One year ago today, our country was shaken by a senseless act of violence that took the lives of 14 students and 3 educators in Parkland, Florida. On this somber anniversary, we honor their memory and recommit to ensuring the safety of all Americans, especially our Nation’s children.
Today, Melania and I join citizens across our county in praying for the continued healing of those in the Parkland community and all communities where lives have been lost to gun violence. We reaffirm the bonds of faith, family, community, and country that unite us as one Nation, and we resolve to continue building a society that truly values and respects the dignity of human life.
To read my full statement, and to learn more about the steps my Administration has taken to protect our Nation’s children, please click here.
May God bless the United States of America.
Sincerely,
Donald Trump

https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/02/POTD-Februrary-13-2018-1200x800.jpg

● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 06:32| 東京 ☀| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エマニュエル・マクロン フランス大統領 へ 2019-02-15:中国を含めた「核軍縮」が必用だ! 中国の核ミサイル開発を国際社会は黙認する。世界は条約や法の下で統治されなくなった。 世界は戦争やテロでしか統治できない。クレイジーだ!

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


エマニュエル・マクロン フランス大統領 へ


2019-02-15:中国を含めた「核軍縮」が必用だ!
中国の核ミサイル開発を国際社会は黙認する。世界は条約や法の下で統治されなくなった。
世界は戦争やテロでしか統治できない。クレイジーだ!


拝啓。2015年の大阪です。
「status of residenceが留学」の中国人が「ホステス」をして働きました。
彼女は「違法な労働」の罪(資格以外の活動)」で「処分」されました。
そして彼女は「deportation from the country 」になりました。
彼女は「Judgment」は「不当」だとして「裁判」をして「無罪」になりました。

このときの判決理由は「法律」ではないので「処罰」できないとしました。
犯罪理由とされた以下のことは 「法務省」の「省令」である。

1.「資格外の活動」として週に28時間以内の労働時間の制限。

2.the entertainment and amusement trades (such as bars,
restaurants, mah‐jong parlors, etc.)での「資格外の労働」を認めない。

「大阪高等裁判所」の裁判官は彼女を「無罪」にしました。(大阪地方裁判所は有罪でした)。

もう一度、言います。理由は以下の通りです。

指摘する事項は、入管法の法律ではない。
指摘する事項は、法務省の(省令)である。
よって、憲法31条の規定により「法律の違反」ではないとしました。
これが「法の論理」です。

外国人が日本に「在住」できるように「支援」する。
だから外国人は「犯罪ができる」。
このように「断定」することは、外国人に対する人権侵害です。

外国人が日本に「在住」できるように「支援」した場合。そして、
その外国人が「殺人」などの犯罪を犯した場合。
「日本に在住できるようにした」者を「殺人罪」に対して刑法60条、
62条(支援の罪)を適用するのは(支援の罪)の乱用です。

これは警察官が言ったことば、そして裁判官が「判決分」で記載している公式の見解です。

国民は安心して生活できません。
まったく「クレイジー」です。
世界の皆さん、助けてください。
世界の皆さん、日本に来ては危険です。

国会は「不法な労働」に対してその支援の行為を入管法73-2条で定めています。
外国人の「不法な労働」に対して、
「入管法73-2条「不法な就労を助長する罪」」でなく、以下の論理をするのはクレイジーです。

以下は「判決文」より引用します。
外国人を「日本に在住できるようにした」。
外国人は日本に在住できたから犯罪ができた。

こうした因果関係で、
中国人が入管法22-4-4条「「status of residence」の取消」」をおこなった。
私らが入管法22-4-4条「支援」をした。
それで検察官は中国人の入管法70条違反に対して刑法の60条、62条の「支援の罪」を私たちに適用する。
入管法22-4-4条は「行政処分」で「刑罰」はありません。

この検察官は、何が言いたいのだろうか?
これでは「検察官による国家テロ」だ!

この裁判官は、何が言いたいのだろうか?
これでは「裁判官による国家テロ」だ!

検察官は、「起訴状」で以下の手順で犯罪を指摘する。

1.中国人の入管法70条の違反の事実を述べる。
2.私が中国人の「入管法24-4-4条」を「支援」した事実を述べる。
3.適用法で、いきなり、私に対して入管法70条に対する刑法60条、62条を摘要する。

突然、刑法60条、刑法60条が出現するのが滑稽です。

これが、日本の検察官の常識です。
これが、日本の裁判官の常識です。

民主党の顧問弁護士は言いました。
中国人が入管法70条違反をしたから、刑法60条、62条を適用できる。
これが、日本の弁護士の常識です。

この弁護士は、何が言いたいのだろうか?
これでは「弁護士による国家テロ」だ!

皆で、彼らを「大笑いしましょう」!

日本に、この法の論理が理解できる日本人が、1人もいません。

世界の皆さん、日本の司法のクレイジーな「法の論理」を糾弾してください。
皆さん、この問題を「G20」や「国連の人権理事会」で取り上げてください。
この問題は、北朝鮮による「日本人拉致問題」よりも大きな国際問題です。
日本政府の国際法違反による「逮捕そして監禁」による被害者は莫大な人数です。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

来週に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

神はかならず「正義」を応援します。
私は、必ず、正義が「勝」と信じています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。
私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」を適用する「犯罪の理由」は以下です。
外国人が入管法22-4-4条(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。
資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 
被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博



下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp




#MeToo Victime des droits de l'homme!


À Emmanuel · Président français Macron


2019-02-15: "Le désarmement nucléaire", y compris la Chine, est nécessaire!
La communauté internationale tolère le développement de missiles nucléaires en Chine. Le monde a cessé d'être régi par des traités et des lois.
Le monde ne peut être gouverné que par la guerre et le terrorisme. C'est fou!


Chers Messieurs. C'est Osaka en 2015.
Les Chinois de "statut de résidence étudiant à l'étranger" ont fait "hôtesse" et ont travaillé.
Elle a été "éliminée" pour le crime de "travail illégal" (activité autre que la qualification).
Et elle est devenue "déportation du pays".
Elle a "jugé" le "jugement" comme "injuste" et est devenue "innocente".

Parce que la raison du jugement à ce moment n'est pas "loi", il a été décidé que "punition" ne pouvait pas être fait.
Les éléments suivants qui ont été considérés comme des motifs de criminalité sont les "arrêtés ministériels" du "ministère de la Justice".

1 Limitation des heures de travail dans les 28 heures par semaine en tant qu '"activités ne relevant pas du statut de qualification".

2 les métiers du divertissement et des loisirs (tels que les bars,
restaurants, salons de mah-jong, etc.) "Ne pas qualifier le travail" n'est pas admis.

Le juge de la "Haute Cour d'Osaka" l'a rendue "innocente". Le tribunal de district d'Osaka était coupable.

Je vais le répéter. Les raisons sont les suivantes.

Les questions soulignées n’est pas la loi de la Loi sur le contrôle de l’immigration.
L'affaire mentionnée est l'ordonnance ministérielle du ministère de la Justice.
Par conséquent, selon l'article 31 de la Constitution, il est dit qu'il ne s'agit pas d'une "violation de la loi".
C'est la "logique du droit".

"Soutenez" pour que les étrangers "vivent" au Japon.
Donc les étrangers "peuvent commettre des crimes".
"Affirmer" de la sorte est une violation des droits de l'homme contre les étrangers.

Lorsque nous "aidons" les étrangers à "vivre" au Japon. Alors,
Lorsque l'étranger commet un crime tel que "l'homicide".
"Qui a rendu possible la vie au Japon" contre les "accusations de meurtre", article 60 du code pénal,
Il est (abus de soutien) d'appliquer l'article 62 (culpabilité de soutien) à un abus.

C'est l'opinion officielle que l'agent de police a dite, et le juge décrit dans "procès-verbal du jugement".

Les gens ne peuvent pas vivre l'esprit tranquille.
C'est totalement "fou".
Tout le monde dans le monde, aide-moi s'il te plaît.
Dans le monde entier, il est dangereux de venir au Japon.

L'Assemblée nationale établit des actes de soutien au "travail illégal" en vertu de l'article 73-2 de la loi sur l'immigration.
Pour le travail illégal des étrangers "
Il est fou de faire la logique suivante, pas "Loi sur l'immigration 73-2" Péché pour promouvoir l'emploi illégal ", mais c'est fou.

Ce qui suit sera cité de "sentence".
J'ai fait des étrangers "Je pourrais vivre au Japon".
Les étrangers ont pu vivre au Japon, ils ont donc commis un crime.

Avec cette relation de cause à effet,
Les Chinois ont annulé l '"immigration de" statut de résidence "" Loi sur l'immigration 22-4-4 ".
Nous avons "assisté" l'article 22-4-4 de la loi sur le contrôle de l'immigration.
Le procureur nous applique ensuite les articles de droit pénal, articles 60 et 62, de "crime de soutien" contre la violation de l'article 70 de la loi sur le contrôle de l'immigration adoptée par les Chinois.
L’article 22-4-4 de la loi sur le contrôle de l’immigration, intitulé «sanction administrative», ne prévoit pas de «sanction».

Qu'est-ce que ce procureur veut dire?
Ceci est "le terrorisme d'État par les procureurs"!

Qu'est-ce que ce juge veut dire?
C'est "la terreur d'Etat du juge"!

Les procureurs signalent le crime par la procédure suivante dans l'acte d'accusation.

1 J'énoncerai le fait de la violation de l'article 70 de la loi sur l'immigration du chinois.
2 Je vais déclarer le fait que je "soutiens" la loi d'entrée chinoise 24-4-4.
3 Avec la loi applicable, je vais tout à coup invoquer contre moi les articles 60 et 62 du Code pénal contre l'article 70 de la loi sur le contrôle de l'immigration.

Il est tout à fait ridicule que les articles 60 du Code pénal et 60 du Code pénal apparaissent.

C'est le bon sens des procureurs japonais.
C'est le sens commun des juges japonais.

Avocat avocat démocratique a dit.
Les Chinois ayant enfreint l'article 70 de la loi sur l'immigration, les lois pénales 60 et 62 peuvent être appliquées.
C'est le sens commun des avocats japonais.

Qu'est-ce que cet avocat veut dire?
Ceci est "la terreur d'Etat par les avocats"!

Tout le monde, on se moque d'eux "!

Au Japon, aucun Japonais ne peut comprendre la logique de cette loi.

S'il vous plaît, dénoncez la "logique du droit" la plus folle du système judiciaire japonais, dans le monde entier.
Tout le monde, veuillez aborder ce problème au "G20" ou au "Conseil des droits de l'homme des Nations unies".
Ce problème est un problème international plus important que le "problème d'enlèvement japonais" par la Corée du Nord.
Les victimes "arrêtées et séquestrées" en raison de la violation du droit international par le gouvernement japonais sont énormes.

Ce courrier envoie également le même courrier à la "résidence officielle du Premier ministre" au Japon, "LDP" et "les politiciens".
Ils n'ont toujours pas "justice" pour gouverner le Japon en vertu de la loi.
"Personnes internationales"!
Veuillez vous lever pour faire du monde une société où la liberté, la démocratie et les droits de l'homme sont protégés.

Cela continuera jusqu'à la semaine prochaine.
Je vais continuer jusqu'à ce que vous compreniez.

Dieu soutiendra toujours la 'justice'.
Je crois certainement que la justice est "gagne".

Je "fais appel" des deux choses.
C'est une violation "internationale" des droits de l'homme par le gouvernement japonais.
Nous sollicitons votre soutien pour que notre "recouvrement d'honneur et compensation" soit effectué.

1 Les étrangers effectuaient un "travail illégal" autre que "la qualification de résidence". Mais un étranger est innocent.

L'article 70 de la loi sur le contrôle de l'immigration "Péchés du travail illégal" était puni par les étrangers.
D'autre part, la loi sur le contrôle de l'immigration prévoit des employeurs qui sont des "relations de cause à effet" de travail illégal au sens de l'article 73-2.
(Un crime qui a favorisé l'emploi illégal).

Cependant, le pouvoir judiciaire japonais ne "jette" que des étrangers mais ne dispose pas des employeurs.
Cela viole évidemment le "principe d'égalité devant la loi"
Et nous violons le droit international interdisant l’élimination consciente des étrangers.

Si un employeur qui a employé illégalement un étranger est innocent, un étranger qui a travaillé illégalement est innocent.
Dans l’affirmative, il n’existe personne «qui ait soutenu d’autres crimes de droit pénal» contre l’article 70 de la loi sur l’immigration.
"Moi, KinGungaku, diplomate dans le pays philippin, membre du personnel de l'ambassade des Philippines", je suis innocent.

2 La "cause du crime" à laquelle l'accusation applique "l'article 62 du Code pénal (crime de soutien d'autres crimes)" est la suivante.
Les étrangers ont commis l'acte prévu à l'article 22-4-4 de la loi sur l'immigration (acquisition du statut de résidence par la présentation de faux documents).
Cependant, il n'y a pas de "sanction pénale" contre cela.
La décision est "annulation du statut de résidence" du "ministre de la Justice" et "retrait obligatoire vers des pays étrangers".
Par conséquent, "l'article 62 du Code pénal (crime de soutien à d'autres crimes)" ne peut pas être appliqué.

Le gouvernement japonais "écrase" les plaintes.
"Écraser" par le pouvoir de l'Etat est "l'arrêt" de "Statute of limitations".
Le matériel est en dessous.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
Il y a beaucoup de victimes dans le monde.
S'il vous plaît "sauver" beaucoup de "victimes" avec "courage et justice".
Je demande au gouvernement japonais de "récupérer l'honneur" et "l'indemnisation de la victime" de la victime.

Cordialement. Yasuhiro Nagano



Il est publié dans le programme suivant.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


Yasuhiro Nagano

S'il vous plaît aidez-moi.
S'il vous plaît contactez-nous si vous avez des questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp


posted by 長野トミー at 06:32| 東京 ☀| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンゲラ・メルケル ドイツ連邦首相 へ 2019-02-15:中国を含めた「核軍縮」が必用だ! 中国の核ミサイル開発を国際社会は黙認する。世界は条約や法の下で統治されなくなった。 世界は戦争やテロでしか統治できない。クレイジーだ!


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


アンゲラ・メルケル ドイツ連邦首相 へ


2019-02-15:中国を含めた「核軍縮」が必用だ!
中国の核ミサイル開発を国際社会は黙認する。世界は条約や法の下で統治されなくなった。
世界は戦争やテロでしか統治できない。クレイジーだ!


拝啓。2015年の大阪です。
「status of residenceが留学」の中国人が「ホステス」をして働きました。
彼女は「違法な労働」の罪(資格以外の活動)」で「処分」されました。
そして彼女は「deportation from the country 」になりました。
彼女は「Judgment」は「不当」だとして「裁判」をして「無罪」になりました。

このときの判決理由は「法律」ではないので「処罰」できないとしました。
犯罪理由とされた以下のことは 「法務省」の「省令」である。

1.「資格外の活動」として週に28時間以内の労働時間の制限。

2.the entertainment and amusement trades (such as bars,
restaurants, mah‐jong parlors, etc.)での「資格外の労働」を認めない。

「大阪高等裁判所」の裁判官は彼女を「無罪」にしました。(大阪地方裁判所は有罪でした)。

もう一度、言います。理由は以下の通りです。

指摘する事項は、入管法の法律ではない。
指摘する事項は、法務省の(省令)である。
よって、憲法31条の規定により「法律の違反」ではないとしました。
これが「法の論理」です。

外国人が日本に「在住」できるように「支援」する。
だから外国人は「犯罪ができる」。
このように「断定」することは、外国人に対する人権侵害です。

外国人が日本に「在住」できるように「支援」した場合。そして、
その外国人が「殺人」などの犯罪を犯した場合。
「日本に在住できるようにした」者を「殺人罪」に対して刑法60条、
62条(支援の罪)を適用するのは(支援の罪)の乱用です。

これは警察官が言ったことば、そして裁判官が「判決分」で記載している公式の見解です。

国民は安心して生活できません。
まったく「クレイジー」です。
世界の皆さん、助けてください。
世界の皆さん、日本に来ては危険です。

国会は「不法な労働」に対してその支援の行為を入管法73-2条で定めています。
外国人の「不法な労働」に対して、
「入管法73-2条「不法な就労を助長する罪」」でなく、以下の論理をするのはクレイジーです。

以下は「判決文」より引用します。
外国人を「日本に在住できるようにした」。
外国人は日本に在住できたから犯罪ができた。

こうした因果関係で、
中国人が入管法22-4-4条「「status of residence」の取消」」をおこなった。
私らが入管法22-4-4条「支援」をした。
それで検察官は中国人の入管法70条違反に対して刑法の60条、62条の「支援の罪」を私たちに適用する。
入管法22-4-4条は「行政処分」で「刑罰」はありません。

この検察官は、何が言いたいのだろうか?
これでは「検察官による国家テロ」だ!

この裁判官は、何が言いたいのだろうか?
これでは「裁判官による国家テロ」だ!

検察官は、「起訴状」で以下の手順で犯罪を指摘する。

1.中国人の入管法70条の違反の事実を述べる。
2.私が中国人の「入管法24-4-4条」を「支援」した事実を述べる。
3.適用法で、いきなり、私に対して入管法70条に対する刑法60条、62条を摘要する。

突然、刑法60条、刑法60条が出現するのが滑稽です。

これが、日本の検察官の常識です。
これが、日本の裁判官の常識です。

民主党の顧問弁護士は言いました。
中国人が入管法70条違反をしたから、刑法60条、62条を適用できる。
これが、日本の弁護士の常識です。

この弁護士は、何が言いたいのだろうか?
これでは「弁護士による国家テロ」だ!

皆で、彼らを「大笑いしましょう」!

日本に、この法の論理が理解できる日本人が、1人もいません。

世界の皆さん、日本の司法のクレイジーな「法の論理」を糾弾してください。
皆さん、この問題を「G20」や「国連の人権理事会」で取り上げてください。
この問題は、北朝鮮による「日本人拉致問題」よりも大きな国際問題です。
日本政府の国際法違反による「逮捕そして監禁」による被害者は莫大な人数です。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

来週に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

神はかならず「正義」を応援します。
私は、必ず、正義が「勝」と信じています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。
私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」を適用する「犯罪の理由」は以下です。
外国人が入管法22-4-4条(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。
資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 
被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博


私の情報 ***************

下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

(Yasuhiro Nagano)

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp





<Öffentliche Post> #MeToo Menschenrechtsopfer!


Angela Merkel an den deutschen Bundespräsidenten


2019-02-15: "Nukleare Abrüstung" einschließlich China ist notwendig!
Die internationale Gemeinschaft toleriert Chinas Atomwaffenentwicklung. Die Welt wurde nicht mehr durch Verträge und Gesetze regiert.
Die Welt kann nur von Krieg und Terrorismus regiert werden. Es ist verrückt!


Sehr geehrte Damen und Herren, Es ist Osaka im Jahr 2015.
Chinesen mit "Aufenthaltsstatus im Ausland" haben "Gastgeberin" gemacht und gearbeitet.
Sie wurde wegen des Verbrechens "illegaler Arbeit" (einer anderen Tätigkeit als Qualifikation) "entsorgt".
Und sie wurde "Deportation vom Land".
Sie machte "Gerichtsverfahren" als "ungerecht" und wurde "unschuldig".

Da der Urteilsgrund zu diesem Zeitpunkt nicht "Gesetz" ist, wurde entschieden, dass "Bestrafung" nicht durchgeführt werden kann.
Die folgenden Dinge, die als kriminelle Gründe angesehen wurden, sind die "Ministerialordnung" des "Justizministeriums".

1 Begrenzung der Arbeitszeit innerhalb von 28 Stunden pro Woche als "Aktivitäten außerhalb des Qualifikationsstatus".

2 Unterhaltungs- und Vergnügungsgeschäfte (wie Bars,
Restaurants, Mah-Jong-Stuben usw.) "Nicht qualifizieren" ist nicht zugelassen.

Der Richter des "Osaka High Court" machte sie "unschuldig". Das Osaka Bezirksgericht war schuldig.

Ich werde es noch einmal sagen. Die Gründe sind wie folgt.

Es wird darauf hingewiesen, dass nicht das Gesetz des Einwanderungskontrollgesetzes gilt.
Die Sache, auf die verwiesen wird, ist (Ministerialverordnung) des Justizministeriums.
Daher heißt es in Artikel 31 der Verfassung, dass es sich nicht um "Gesetzesverstöße" handelt.
Dies ist "Logik des Gesetzes".

"Unterstützung", damit Ausländer in Japan "leben".
So können Ausländer "Verbrechen".
So zu "behaupten" ist eine Verletzung der Menschenrechte gegen Ausländer.

Wenn wir Ausländer "unterstützen", in Japan zu "leben". Dann
Wenn der Ausländer ein Verbrechen wie "Mord" begeht.
"Wer hat es ermöglicht, in Japan zu leben" gegen die "Mordanklage" Artikel 60 des Strafgesetzbuches,
Es ist (Missbrauch der Unterstützung), Artikel 62 (Schuld der Unterstützung) auf Missbrauch anzuwenden.

Dies ist die offizielle Meinung, die der Polizeibeamte gesagt hat und der Richter in "Urteilsprotokoll" beschrieben.

Menschen können nicht in Ruhe leben.
Es ist total "verrückt".
Jeder auf der Welt, bitte hilf mir.
Jeder auf der Welt ist es gefährlich nach Japan zu kommen.

Die Nationalversammlung führt Unterstützungsaktionen für "illegale Arbeit" nach Artikel 73-2 des Einwanderungsgesetzes durch.
Für die illegale Arbeit von Ausländern
Es ist verrückt, die folgende Logik zu befolgen, nicht "Immigration Act 73-2", um illegale Beschäftigung zu fördern ", aber es ist verrückt.

Folgendes wird aus "Urteilssatz" zitiert.
Ich machte Ausländer "ich könnte in Japan leben."
Ausländer konnten in Japan leben und bekamen ein Verbrechen.

Mit dieser kausalen Beziehung
Chinesen stornierten den "Einwanderungsstatus" "Immigration Act 22-4-4".
Wir haben Artikel 22-4-4 des Einwanderungskontrollgesetzes "unterstützt".
Der Staatsanwalt wendet dann das strafrechtliche Artikel 60, Artikel 62 "Unterstützungsverbrechen" gegen einen Verstoß gegen Artikel 70 des Immigration Control Act der Chinesen an.
Artikel 22-4-4 des Einwanderungskontrollgesetzes "Verwaltungsstrafe" hat keine "Bestrafung".

Was will der Staatsanwalt sagen?
Dies ist "Staatsterrorismus durch Ankläger"!

Was will dieser Richter sagen?
Dies ist "Staatsterror durch den Richter"!

Die Staatsanwaltschaft weist auf das Verbrechen durch das folgende Verfahren in der "Anklageschrift" hin.

1 Ich werde die Tatsache des Verstoßes gegen Artikel 70 des Einwanderungsgesetzes der Chinesen anführen.
2 Ich werde darauf hinweisen, dass ich das chinesische Einreisegesetz 24-4-4 "unterstütze".
3 Mit dem anwendbaren Recht werde ich plötzlich Artikel 60 und Artikel 62 des Strafgesetzbuches gegen Artikel 70 des Einwanderungskontrollgesetzes gegen mich einladen.

Plötzlich ist es lächerlich, dass Artikel 60 des Strafgesetzbuchs und Artikel 60 des Strafgesetzbuchs erscheinen.

Dies ist der gesunde Menschenverstand der japanischen Staatsanwälte.
Dies ist der gesunde Menschenverstand der japanischen Richter.

Demokratischer Anwalt sagte.
Da die Chinesen gegen Artikel 70 des Einwanderungsgesetzes verstoßen, können 60 und 62 Strafgesetze angewandt werden.
Dies ist für japanische Anwälte der gesunde Menschenverstand.

Was will dieser Anwalt sagen?
Dies ist "Staatsterror durch Anwälte"!

Jeder, lass uns darüber lachen "!

Es gibt keinen Japaner in Japan, der die Logik dieses Gesetzes verstehen kann.

Bitte verurteilen Sie die verrückteste "Logik des Gesetzes" der japanischen Justiz, jeden auf der Welt.
Alle, bitte nehmen Sie dieses Problem auf "G20" oder "UN Human Rights Council".
Dieses Problem ist ein größeres internationales Problem als das "japanische Entführungsproblem" von Nordkorea.
Opfer von "Festnahme und Gefängnis" aufgrund der Verletzung des Völkerrechts durch die japanische Regierung sind enorm.

Diese E-Mail sendet dieselbe E-Mail auch an die "Amtssitz des Premierministers" in Japan, an "LDP" und an "Politiker".
Sie haben immer noch keine "Gerechtigkeit", um Japan unter dem Gesetz zu regieren.
"Internationale Leute"!
Bitte stellen Sie sich auf, um die Welt zu einer Gesellschaft zu machen, in der Freiheit, Demokratie und Menschenrechte geschützt werden.

Es wird bis nächste Woche fortgesetzt.
Ich werde weitermachen, bis du verstanden hast.

Gott wird immer 'Gerechtigkeit' unterstützen.
Ich bin der festen Überzeugung, dass Gerechtigkeit "gewinnt".

Ich "appelliere" an die beiden Dinge.
Es ist eine "internationale" Menschenrechtsverletzung durch die japanische Regierung.
Wir bitten um Ihre Unterstützung, damit unsere "Ehreerhebung und Entschädigung" erfolgt.

1 Ausländer führten "illegale Arbeit" außer "Aufenthaltsgenehmigung" durch. Aber ein Ausländer ist unschuldig.

Nur Ausländer wurden durch Artikel 70 des Einwanderungskontrollgesetzes "Sünden illegaler Arbeit" bestraft.
Andererseits fordert das Einwanderungskontrollgesetz Arbeitgeber auf, die nach Artikel 73-2 "Ursache-Wirkungs-Beziehungen" illegaler Arbeit sind
(Ein Verbrechen, das illegale Beschäftigung förderte).

Die japanische Justiz "entsorgt" jedoch nur Ausländer, verfügt jedoch nicht über Arbeitgeber.
Dies verstößt offensichtlich gegen den "Grundsatz der Gleichheit unter dem Gesetz".
Und wir verstoßen gegen das Völkerrecht, das die bewusste Beseitigung von Ausländern verbietet.

Wenn ein Arbeitgeber, der einen Ausländer illegal beschäftigt hat, unschuldig ist, ist ein Ausländer, der illegal gearbeitet hat, unschuldig.
Wenn ja, gibt es niemanden, "der andere strafrechtliche Verbrechen unterstützt hat" gegen Artikel 70 des Einwanderungsgesetzes.
"Ich, KinGungaku, ein Diplomat im philippinischen Land, ein Mitarbeiter der philippinischen Botschaft" ist unschuldig.

2 Der "Grund für ein Verbrechen", auf das die Staatsanwaltschaft Anwendung findet "Artikel 62 des Strafgesetzbuches (Verbrechen der Unterstützung anderer Straftaten)" lautet wie folgt.
Ausländer führten die in Artikel 22-4-4 des Einwanderungsgesetzes vorgeschriebene Tat durch (Erwerb des Aufenthaltsstatus durch Einreichung falscher Dokumente).
Dagegen gibt es keine "strafrechtliche Bestrafung".
Disposition ist "Aufhebung des Aufenthaltsstatus" durch "Justizminister" und "obligatorischer Rückzug in ein anderes Land".
Daher kann "Artikel 62 des Strafgesetzbuchs (Verbrechen der Unterstützung anderer Straftaten)" nicht angewandt werden.

Die japanische Regierung "zermalmt" Beschwerden.
"Crush" durch staatliche Gewalt ist "Stop" der "Verjährung".
Das Material ist unten.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
Es gibt viele Opfer auf der Welt.
Bitte "retten" Sie viele "Opfer" mit "Mut und Gerechtigkeit".
Ich fordere die japanische Regierung auf, "Ehre zu erlangen" und "Entschädigung für das Opfer" des Opfers.

Mit freundlichen Grüßen Yasuhiro Nagano


Meine Informationen ***************

Es wird im folgenden Programm veröffentlicht.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


(Yasuhiro Nagano)


Bitte hilf mir.
Bitte kontaktieren Sie uns, wenn Sie Fragen haben.
enzai_mirai@yahoo.co.jp


posted by 長野トミー at 06:31| 東京 ☀| Comment(0) | ドイツ首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テリーザ・メイ 英国首相 へ 2019-02-15:中国を含めた「核軍縮」が必用だ! 中国の核ミサイル開発を国際社会は黙認する。世界は条約や法の下で統治されなくなった。 世界は戦争やテロでしか統治できない。クレイジーだ!


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


テリーザ・メイ 英国首相 へ


2019-02-15:中国を含めた「核軍縮」が必用だ!
中国の核ミサイル開発を国際社会は黙認する。世界は条約や法の下で統治されなくなった。
世界は戦争やテロでしか統治できない。クレイジーだ!


拝啓。2015年の大阪です。
「status of residenceが留学」の中国人が「ホステス」をして働きました。
彼女は「違法な労働」の罪(資格以外の活動)」で「処分」されました。
そして彼女は「deportation from the country 」になりました。
彼女は「Judgment」は「不当」だとして「裁判」をして「無罪」になりました。

このときの判決理由は「法律」ではないので「処罰」できないとしました。
犯罪理由とされた以下のことは 「法務省」の「省令」である。

1.「資格外の活動」として週に28時間以内の労働時間の制限。

2.the entertainment and amusement trades (such as bars,
restaurants, mah‐jong parlors, etc.)での「資格外の労働」を認めない。

「大阪高等裁判所」の裁判官は彼女を「無罪」にしました。(大阪地方裁判所は有罪でした)。

もう一度、言います。理由は以下の通りです。

指摘する事項は、入管法の法律ではない。
指摘する事項は、法務省の(省令)である。
よって、憲法31条の規定により「法律の違反」ではないとしました。
これが「法の論理」です。

外国人が日本に「在住」できるように「支援」する。
だから外国人は「犯罪ができる」。
このように「断定」することは、外国人に対する人権侵害です。

外国人が日本に「在住」できるように「支援」した場合。そして、
その外国人が「殺人」などの犯罪を犯した場合。
「日本に在住できるようにした」者を「殺人罪」に対して刑法60条、
62条(支援の罪)を適用するのは(支援の罪)の乱用です。

これは警察官が言ったことば、そして裁判官が「判決分」で記載している公式の見解です。

国民は安心して生活できません。
まったく「クレイジー」です。
世界の皆さん、助けてください。
世界の皆さん、日本に来ては危険です。

国会は「不法な労働」に対してその支援の行為を入管法73-2条で定めています。
外国人の「不法な労働」に対して、
「入管法73-2条「不法な就労を助長する罪」」でなく、以下の論理をするのはクレイジーです。

以下は「判決文」より引用します。
外国人を「日本に在住できるようにした」。
外国人は日本に在住できたから犯罪ができた。

こうした因果関係で、
中国人が入管法22-4-4条「「status of residence」の取消」」をおこなった。
私らが入管法22-4-4条「支援」をした。
それで検察官は中国人の入管法70条違反に対して刑法の60条、62条の「支援の罪」を私たちに適用する。
入管法22-4-4条は「行政処分」で「刑罰」はありません。

この検察官は、何が言いたいのだろうか?
これでは「検察官による国家テロ」だ!

この裁判官は、何が言いたいのだろうか?
これでは「裁判官による国家テロ」だ!

検察官は、「起訴状」で以下の手順で犯罪を指摘する。

1.中国人の入管法70条の違反の事実を述べる。
2.私が中国人の「入管法24-4-4条」を「支援」した事実を述べる。
3.適用法で、いきなり、私に対して入管法70条に対する刑法60条、62条を摘要する。

突然、刑法60条、刑法60条が出現するのが滑稽です。

これが、日本の検察官の常識です。
これが、日本の裁判官の常識です。

民主党の顧問弁護士は言いました。
中国人が入管法70条違反をしたから、刑法60条、62条を適用できる。
これが、日本の弁護士の常識です。

この弁護士は、何が言いたいのだろうか?
これでは「弁護士による国家テロ」だ!

皆で、彼らを「大笑いしましょう」!

日本に、この法の論理が理解できる日本人が、1人もいません。

世界の皆さん、日本の司法のクレイジーな「法の論理」を糾弾してください。
皆さん、この問題を「G20」や「国連の人権理事会」で取り上げてください。
この問題は、北朝鮮による「日本人拉致問題」よりも大きな国際問題です。
日本政府の国際法違反による「逮捕そして監禁」による被害者は莫大な人数です。

このメールは、同じメールを日本の「首相官邸」や「自民党」や「政治家」などにも送っています。
彼らは、いまだに日本を法の下で統治する「正義」ありません。
「国際社会の皆様」!
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。

来週に続きます
私はあなたが理解するまで続けます。

神はかならず「正義」を応援します。
私は、必ず、正義が「勝」と信じています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。
私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」を適用する「犯罪の理由」は以下です。
外国人が入管法22-4-4条(虚偽の書類を提出することによるstatus of residenceの取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「status of residenceの取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。
資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 
被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博


下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp




#MeToo Human rights victim!


To Terrisa Mei British Prime Minister


2019-02-15: "Nuclear disarmament" including China is necessary!
International society acknowledges Chinese nuclear missile development.
The world has ceased to be ruled under treaties and laws.
The world can be governed only by war and terrorism. It's crazy!


Dear sirs. It is Osaka in 2015.
Chinese of "status of residence studying abroad" did "hostess" and worked.
She was "disposed of" for the crime of "illegal labor" (activity other than qualification).
And she became "deportation from the country".
She made "trial" on "Judgment" as "unjust" and became "innocent".

Because the judgment reason at this time is not "law" it was decided that "punishment" can not be done.
The following things that were regarded as crime reasons are "ministerial order" of "Ministry of Justice".

1. Limitation of working hours within 28 hours per week as "activities outside the status
of qualification".

2. We do not approve "work outside the status of qualification"
at the entertainment and amusement trades (such as bars, restaurants, mah-jong parlors, etc.).

The judge of the "Osaka High Court" made her "innocent."
The Osaka District Court was guilty.

I will say it again. The reason is as follows.

Matters pointed out is not the law of Immigration Control Act.
The matter pointed out is (ministerial ordinance) of the Ministry of Justice.
Therefore, according to Article 31 of the Constitution,
it is said that it is not "violation of law".
This is "logic of law".

"Support" so that foreigners "live" in Japan.
So foreigners "can crime".
To "assert" like this is a human rights violation against foreigners.

When we "support" foreigners to "live" in Japan. Then,
When the alien commits a crime such as "homicide".
It is abuse of (crime of support) to apply the criminal law Article 60, 62
(guilty of support) to "murder crime" to those who "have made it possible to live in Japan."

This is the official opinion that the police officer said,
and the judge described in "judgment minutes".

People can not live with peace of mind.
It is totally "crazy".
Everyone in the world, please help me.
Everyone in the world, it is dangerous to come to Japan.

The National Assembly establishes acts of support for "illegal labor"
under Article 73-2 of the Immigration Act.
For foreigners' illegal labor "
It is crazy to do the following logic,
not "Immigration Act 73-2" Sin to promote illegal employment ",
but it is crazy.

The following will be quoted from "judgment sentence".
I made foreigners "I could live in Japan."
Foreigners were able to live in Japan, so they got a crime.

With this causal relationship,
Chinese people canceled the "Immigration of" status of residence "" Immigration Act 22-4-4 ".
We have "assisted" Article 22-4-4 of Immigration Control Act.
The prosecutor then applies the criminal law Article 60,
Article 62 "crime of support" to us against violation of Article 70
of the Immigration Control Act of the Chinese.
Article 22-4-4 of the Immigration Control Act "Administrative Punishment" does not have "punishment".

What is this prosecutor wanting to say?
This is "state terrorism by prosecutors"!

What is this judge wanting to say?
This is "state terror by the judge"!

Prosecutors point out the crime by the following procedure in the "indictment".

1. I will state the fact of violation of Article 70 of the Immigration Act of Chinese.
2. I will state the fact that I am "supporting" the Chinese entrance law 24-4-4.
3. With the applicable law, suddenly I will summon Article 60
and Article 62 of the Penal Code against Article 70 of the Immigration Control Act against me.

Suddenly it is ridiculous that Article 60 of the Penal Code and Article 60 of the Penal Code appear.

This is the common sense of Japanese prosecutors.
This is the common sense of Japanese judges.

Democratic counsel lawyer said.
Because the Chinese violated Article 70 of the Immigration Act,
60 and 62 criminal laws can be applied.
This is common sense of Japanese lawyers.

What is this lawyer wanting to say?
This is "state terror by lawyers"!

Everyone, let's laugh at them "!

There is no Japanese in Japan who can understand the logic of this law.

Please denounce the craziest "logic of law" of Japanese judiciary, everyone in the world.
Everyone, please take up this problem at "G20" or "UN Human Rights Council".
This problem is a bigger international problem than the "Japanese abduction issue" by North Korea.
Victims by "arrest and confinement" due to Japanese government's violation
of international law are huge.

This mail is also sending the same mail to the "Prime Minister's Official Residence" in Japan,
"LDP" and "Politicians". They still do not have "justice" to rule Japan under the law.
"International people"!
Please stand up to make the world a society where freedom, democracy and human rights are protected.

It will continue to next week.
I will continue until you understand.

God will always support 'justice'.
I certainly believe that justice is "wins".

I "appeal" the two things.
It is "international" human rights violation by the Japanese government.
We ask for your support so that our "honor recovery and compensation" will be done.

1. Foreigners conducted "illegal work" other than "qualification for residence".
But a foreigner is innocent.

Only foreigners were punished by Article 70 of the Immigration Control Act "Sins of illegal labor".
On the other hand,
the Immigration Control Act punishes employers
who are "cause-and-effect relationships" of illegal work with the Immigration Act 73-2
(a crime that promotes illegal employment).

However, the Japanese judiciary "disposal" only foreigners, but they do not dispose of employers.
This obviously violates "principle of equality under the law"
And we are in violation of international law prohibiting conscious disposal only of foreigners.

If an employer who illegally employed a foreigner is innocent,
a foreigner who has worked illegally is innocent.
If so, there is no one "who supported other crimes of criminal law"
against Article 70 of the Immigration Act.
"I, KinGungaku, a diplomat in the Philippine country,
a staff member of the Philippine Embassy" is innocent.

2. The "reason for crime" to which the prosecution applies "Article 62 of the Criminal Code,
(crime of supporting other crimes)" is as follows.
Foreigners conducted the act prescribed in Article 22-4-4 of the Immigration Act
(acquisition of status of residence by submitting false documents).
However, there is no "criminal punishment" against this.
Disposition is "cancellation of status of residence" by "Minister of Justice"
and "compulsory withdrawal to foreign countries".
Therefore, "Article 62 of the Penal Code, (crime of supporting other crimes)" can not be applied.

The Japanese government is "crushing" complaints.
"Crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".

The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

There are many victims in the world.
Please "salvage" a lot of "victims" with "courage and justice".
I request the Japanese government to "recover honor"
and "compensation for the victim" of the victim.

Best regards. Yasuhiro Nagano


It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 06:31| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 ドイツ アンゲラ メルケル首相殿【日本の皇室】小室親子への反感募る・法的に問題なくても精神的には… 佳代の顔を見るだけで不快で・・・世紀末のトラブルメーカー!




どこが・・・悪い?何故?嫌われる・・・佳代のすべて!存在が許せない!
不気味!怖い!恐怖しか無い!
一筋縄ではいかない親子だから、皇族に、プロポーズ出来るのですよ、
しかも、借金はあっても、財産、お金もなく、
まぁ、厚かましい❗吐き気がしますよ、そんな男が好きだなんて、
マインドコントロールされて、精神が、おかしくなっているとしか、
思えないですよ、普通には、考えられません

シェア元タイトル
【眞子様】小室親子への反感募る・法的に問題なくても精神的には…
シェア画像動画URL
https://youtu.be/dK1HWPLq7rg
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年2月4日は【立春(りっしゅん)】冬が極まり春の気配が立ち始める日。『暦便覧』には「春の気立つを以って也」と記されている。冬至と春分の中間に当たり、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合は、この日から立夏の前日までが春となる
★ホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/02/POTD-Februrary-13-2018-1200x800.jpg
□来たれ!月光仮面!日本の検察の無法状態を理解して支援してください
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!
posted by 長野トミー at 05:28| 東京 ☀| Comment(0) | 日本いいね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 フランス エドゥアール フィリップ大統領殿 シバの女王 ポール・モーリア オードリーは世界史上最高の美人だと思います 




ポール・モーリアさんの指揮する来日公演がわが町に来た時、見に行きました。
物心ついたときからFMのジェットストり-ムで聞きなれていた音が
目の前のフルバンド・オーケストラで見たときは感激でした。
片言の日本語であいさつする、ひょうきんなおじさんでしたが、
大の親日家と聞き見に行って良かったと思いました。
その後、新聞で訃報を知ったときやはり、見に行ってよかったと思いました。
田舎の市民会館でもフルバンド・オーケストラは鳥肌がたちました。
なつかしい音楽です。ありがとうございます。

シェア元タイトル
シバの女王 ポール・モーリア La Reine de Saba
シェア画像動画URL
https://youtu.be/XikKtgUPjfM
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年2月4日は【立春(りっしゅん)】冬が極まり春の気配が立ち始める日。『暦便覧』には「春の気立つを以って也」と記されている。冬至と春分の中間に当たり、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合は、この日から立夏の前日までが春となる
★ホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/02/POTD-Februrary-13-2018-1200x800.jpg
□来たれ!月光仮面!日本の検察の無法状態を理解して支援してください
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!
posted by 長野トミー at 05:28| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 英国 テリーザ メイ首相殿 ジェームズボンドメドレー - スコットランドでのBBCプロムズ James Bond Medley - BBC Proms 2011 Last Night Celebrations in Scotland




Oh boy that conductor really gets into it. Just love the music.
I always a Bond Girl. . Bond Jane Bond. Lol!!!!
ああ、その指揮者は本当にそれに入る。 ただ音楽が大好きです。
私はいつもボンドガールです。 。 ボンドジェーンボンド。 笑!!!!

シェア元タイトル
James Bond Medley - BBC Proms 2011 Last Night Celebrations in Scotland
シェア画像動画URL
https://youtu.be/J4jdUhxOz0M
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年2月4日は【立春(りっしゅん)】冬が極まり春の気配が立ち始める日。『暦便覧』には「春の気立つを以って也」と記されている。冬至と春分の中間に当たり、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合は、この日から立夏の前日までが春となる
★ホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/02/POTD-Februrary-13-2018-1200x800.jpg
□来たれ!月光仮面!日本の検察の無法状態を理解して支援してください
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!

posted by 長野トミー at 05:28| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日のつぶやき


































































































































































































































posted by 長野トミー at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする