2019年02月04日

EUも有難う【トランプ大統領からのメール返信 2019-02-04】ドナルド・J・トランプ大統領は、私たちの国の強みはアメリカ国民の精神と、情報を得て関わり続ける意欲にあると考えています。 トランプ大統領は、あなたが手を差し伸べるために時間を割いていることを感謝します。



ホワイトハウス、ワシントン
2019年2月3日
  

ホワイトハウスに連絡していただきありがとうございます。 私たちはあなたのメッセージを慎重に見直しています。

ドナルド・J・トランプ大統領は、私たちの国の強みはアメリカ国民の精神と、情報を得て関わり続ける意欲にあると考えています。 トランプ大統領は、あなたが手を差し伸べるために時間を割いていることを感謝します。

敬具

大統領通信事務局
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/01/POTD-January-28-2018-1920x720.jpg

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/


【Reply by e-mail from President  Trump 2019-02-04】



February 3, 2019
 
Thank you for contacting the White House. We are carefully reviewing your message.
President Donald J. Trump believes the strength of our country lies in the spirit of the American people and their willingness to stay informed and get involved. President Trump appreciates you taking the time to reach out.
Sincerely,
The Office of Presidential Correspondence

https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/01/POTD-January-28-2018-1920x720.jpg


● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 07:04| 東京 ☀| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エマニュエル・マクロン フランス大統領 へ 2019-02-04:日本で、法による統治を阻害しているのは警察官、検察官、裁判官、弁護士です。 国会議員は憲法9条しか関心がありません。 日本は司法による社会主義独裁国家へと動いています。欧米社会は黙認している。クレイジーだ!


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


エマニュエル・マクロン フランス大統領 へ


2019-02-04:日本で、法による統治を阻害しているのは警察官、検察官、裁判官、弁護士です。
国会議員は憲法9条しか関心がありません。
日本は司法による社会主義独裁国家へと動いています。欧米社会は黙認している。クレイジーだ!


拝啓。私たちにの行為は、全く犯罪が推測されません。
もちろん、私たちには犯罪行為をしていません。
検察が起訴状で犯罪の理由でとしていることは、法律の上では犯罪ではありません。

この事件は、起訴状で指摘した犯罪は、入管法が犯罪ではないと立法しています。入管法22-4-4条。

中国人が「虚偽の書類」(起訴状では、内容が虚偽の雇用の契約書)を入管に提出して在留資格を得た。
だから、中国人は日本に在留できた。
だから中国人は違法な労働ができた。と言います。

しかし中国人が「虚偽の書類」を入管に提出して在留資格を取得したとしても、刑事罰ではありません。
法務大臣より「在留資格」が取り消されるだけです。

仮に、「虚偽の書類」で在留資格を取得しても、在留資格の範囲内で労働すれば、
「在留資格外の違法な労働」にならないことは明らかです。

日本の検察は、こうした法律とは全く違う理由で犯罪を作り上げるのです。クレイジーです。

不法な労働に対する正しい法律の執行は以下の通りです。
「不法な労働」をした外国人を「出入国及び難民認定法
(以下「入管法」と言う)」70条「不法就労罪」で処分します。
外国人を違法に雇用した雇用者を入管法73の2条「不法な就労を助長した罪」で処分します。

国会は両者を平等に刑事処分するように立法しています。
日本国憲法。
恣意的に外国人を処分することを禁じた「国際法」(市民権と政治的権利に関する国際規約)。

しかし、実態は「外国人を違法に雇用した者」を入管法73-2条の「不法就労助長罪」で処分していない。
「不法な労働をした外国人」だけを入管法の70条の「不法な労働の罪」で刑事処分して
「国外へ追放」にしています。
これは、外国人を恣意的に差別することを禁じた国際法に反しています。
日本国憲法の法の下での平等にも違反しています。

これでも、貴女は、理解できませんか?それとも、あなたは正義がない、のですか?
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。
来週に続きます。
私はあなたが理解するまで続けます。

神はかならず「正義」を応援します。
私は、必ず、正義が「勝」と信じています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。
私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」を適用する「犯罪の理由」は以下です。
外国人が入管法22-4-4条(虚偽の書類を提出することによる在留資格の取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「在留資格の取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。
資料は下記にあります。

http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博


下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp






#MeToo Victime des droits de l'homme!


À Emmanuel · Président français Macron


2019-02-04: Au Japon, les officiers de police, les procureurs, les juges et les avocats s'ingèrent dans la gouvernance par la loi.
Les membres de la Diète ne sont intéressés que par l'article 9 de la Constitution.
Le Japon passe à la dictature socialiste judiciaire. La société occidentale est silencieuse. C'est fou!


Chers Messieurs. Dans nos actes, aucun crime n'est deviné.
Bien sûr, nous ne commettons aucun acte criminel.
Ce que le procureur estime pour des motifs criminels de mise en accusation n'est pas un crime au sens de la loi.

Dans ce cas, le crime signalé dans l'acte d'accusation stipule que la loi sur l'immigration n'est pas un crime. Droit de l'immigration 22-4-4.

Les Chinois ont obtenu le statut de résident en présentant un "faux document" (un contrat de travail avec un contenu faux dans l'acte d'accusation) au bureau de l'immigration.
Les Chinois ont donc pu rester au Japon.
Les Chinois ont donc pu faire du travail illégal. Je dis.

Cependant, même si les Chinois soumettent un "faux document" au bureau de l'immigration et obtiennent le statut de résident, il ne s'agit pas d'une sanction pénale.
"Statut de résidence" ne sera annulé que par le ministre de la Justice.

Même si vous acquérez votre statut de résidence avec de "faux documents", si vous travaillez dans le cadre de votre statut de résidence,
Il est clair qu'il ne s'agira pas d'un "travail illégal en dehors du statut de résident".

Au Japon, les procureurs commettent des crimes pour des raisons complètement différentes de ces lois. C'est fou.

L'application correcte de la loi contre le travail illégal est la suivante.
Les "étrangers ayant un" travail illégal "sont appelés" loi sur l'immigration et la reconnaissance du statut de réfugié "
(Ci-après dénommé "Loi sur le contrôle de l'immigration") "L'article 70" Criminalité liée à l'emploi illégal "sera éliminé.
Les employeurs qui emploient illégalement des étrangers sont traités conformément à l’article 2 de la loi sur l’immigration 73 «Les péchés qui encouragent le travail illégal».

La Diète légifère pour criminaliser les deux parties sur un pied d'égalité.
Constitution du Japon.
"Droit international" (Pacte international relatif à la citoyenneté et aux droits politiques) interdisant la libre disposition des étrangers de manière arbitraire.

Toutefois, dans les faits, "l'article 73-2 de la loi sur l'immigration" n'a pas permis de "céder une personne qui a illégalement embauché un étranger" en tant que "crime de promotion de l'emploi illégal".
En vertu de l'article 70 de la loi sur l'immigration, seuls les "étrangers ayant effectué un travail illégal" sont incriminés en tant que "crime du travail illégal"
C'est "expulser du pays".
Cela est contraire au droit international qui interdisait la discrimination étrangère de manière arbitraire.
Il viole également l'égalité en vertu de la loi de la Constitution du Japon.

Même cela, vous ne pouvez pas comprendre, ou vous n'avez pas de justice?
Veuillez vous lever pour faire du monde une société où la liberté, la démocratie et les droits de l'homme sont protégés.
Je continuerai avec la semaine prochaine.
Je vais continuer jusqu'à ce que vous compreniez.

Dieu soutiendra toujours la 'justice'.
Je crois certainement que la justice est "gagne".

Je "fais appel" des deux choses.
C'est une violation "internationale" des droits de l'homme par le gouvernement japonais.
Nous sollicitons votre soutien pour que notre "recouvrement d'honneur et compensation" soit effectué.

1 Les étrangers effectuaient un "travail illégal" autre que "la qualification de résidence". Mais un étranger est innocent.

L'article 70 de la loi sur le contrôle de l'immigration "Péchés du travail illégal" était puni par les étrangers.
D'autre part, la loi sur le contrôle de l'immigration prévoit des employeurs qui sont des "relations de cause à effet" de travail illégal au sens de l'article 73-2.
(Un crime qui a favorisé l'emploi illégal).

Cependant, le pouvoir judiciaire japonais ne "jette" que des étrangers mais ne dispose pas des employeurs.
Cela viole évidemment le "principe d'égalité devant la loi"
Et nous violons le droit international interdisant l’élimination consciente des étrangers.

Si un employeur qui a employé illégalement un étranger est innocent, un étranger qui a travaillé illégalement est innocent.
Dans l’affirmative, il n’existe personne «qui ait soutenu d’autres crimes de droit pénal» contre l’article 70 de la loi sur l’immigration.
"Moi, KinGungaku, diplomate dans le pays philippin, membre du personnel de l'ambassade des Philippines", je suis innocent.

2 La "cause du crime" à laquelle l'accusation applique "l'article 62 du Code pénal (crime de soutien d'autres crimes)" est la suivante.
Les étrangers ont commis l'acte prévu à l'article 22-4-4 de la loi sur l'immigration (acquisition du statut de résidence par la présentation de faux documents).
Cependant, il n'y a pas de "sanction pénale" contre cela.
La décision est "annulation du statut de résidence" du "ministre de la Justice" et "retrait obligatoire vers des pays étrangers".
Par conséquent, "l'article 62 du Code pénal (crime de soutien à d'autres crimes)" ne peut pas être appliqué.

Le gouvernement japonais "écrase" les plaintes.
"Écraser" par le pouvoir de l'Etat est "l'arrêt" de "Statute of limitations".
Le matériel est en dessous.

http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

Il y a beaucoup de victimes dans le monde.
S'il vous plaît "sauver" beaucoup de "victimes" avec "courage et justice".
Je demande au gouvernement japonais de "récupérer l'honneur" et "l'indemnisation de la victime" de la victime.

Cordialement. Yasuhiro Nagano


Il est publié dans le programme suivant.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


Yasuhiro Nagano

S'il vous plaît aidez-moi.
S'il vous plaît contactez-nous si vous avez des questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp


posted by 長野トミー at 07:04| 東京 ☀| Comment(0) | フランス大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンゲラ・メルケル ドイツ連邦首相 へ 2019-02-04:日本で、法による統治を阻害しているのは警察官、検察官、裁判官、弁護士です。 国会議員は憲法9条しか関心がありません。 日本は司法による社会主義独裁国家へと動いています。欧米社会は黙認している。クレイジーだ!


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


アンゲラ・メルケル ドイツ連邦首相 へ


2019-02-04:日本で、法による統治を阻害しているのは警察官、検察官、裁判官、弁護士です。
国会議員は憲法9条しか関心がありません。
日本は司法による社会主義独裁国家へと動いています。欧米社会は黙認している。クレイジーだ!


拝啓。私たちにの行為は、全く犯罪が推測されません。
もちろん、私たちには犯罪行為をしていません。
検察が起訴状で犯罪の理由でとしていることは、法律の上では犯罪ではありません。

この事件は、起訴状で指摘した犯罪は、入管法が犯罪ではないと立法しています。入管法22-4-4条。

中国人が「虚偽の書類」(起訴状では、内容が虚偽の雇用の契約書)を入管に提出して在留資格を得た。
だから、中国人は日本に在留できた。
だから中国人は違法な労働ができた。と言います。

しかし中国人が「虚偽の書類」を入管に提出して在留資格を取得したとしても、刑事罰ではありません。
法務大臣より「在留資格」が取り消されるだけです。

仮に、「虚偽の書類」で在留資格を取得しても、在留資格の範囲内で労働すれば、
「在留資格外の違法な労働」にならないことは明らかです。

日本の検察は、こうした法律とは全く違う理由で犯罪を作り上げるのです。クレイジーです。

不法な労働に対する正しい法律の執行は以下の通りです。
「不法な労働」をした外国人を「出入国及び難民認定法
(以下「入管法」と言う)」70条「不法就労罪」で処分します。
外国人を違法に雇用した雇用者を入管法73の2条「不法な就労を助長した罪」で処分します。

国会は両者を平等に刑事処分するように立法しています。
日本国憲法。
恣意的に外国人を処分することを禁じた「国際法」(市民権と政治的権利に関する国際規約)。

しかし、実態は「外国人を違法に雇用した者」を入管法73-2条の「不法就労助長罪」で処分していない。
「不法な労働をした外国人」だけを入管法の70条の「不法な労働の罪」で刑事処分して
「国外へ追放」にしています。
これは、外国人を恣意的に差別することを禁じた国際法に反しています。
日本国憲法の法の下での平等にも違反しています。

これでも、貴女は、理解できませんか?それとも、あなたは正義がない、のですか?
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。
来週に続きます。
私はあなたが理解するまで続けます。

神はかならず「正義」を応援します。
私は、必ず、正義が「勝」と信じています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。
私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」を適用する「犯罪の理由」は以下です。
外国人が入管法22-4-4条(虚偽の書類を提出することによる在留資格の取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「在留資格の取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。
資料は下記にあります。

http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博



私の情報 ***************

下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


(Yasuhiro Nagano)

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp




<Öffentliche Post> #MeToo Menschenrechtsopfer!


Angela Merkel an den deutschen Bundespräsidenten


2019-02-04: In Japan greifen Polizeibeamte, Staatsanwälte, Richter und Rechtsanwälte in die Regierungsführung ein.
Mitglieder der Diät sind nur an Artikel 9 der Verfassung interessiert.
Japan zieht in eine sozialistische Justizdiktatur. Die westliche Gesellschaft schweigt. Es ist verrückt!


Sehr geehrte Damen und Herren, In unseren Taten wird überhaupt kein Verbrechen vermutet.
Natürlich machen wir keine kriminellen Handlungen.
Was der Staatsanwalt aus strafrechtlichen Gründen für die Anklage glaubt, ist kein Verbrechen nach dem Gesetz.

In diesem Fall sieht das in der Anklageschrift erwähnte Verbrechen vor, dass das Einwanderungsgesetz kein Verbrechen ist. Einwanderungsgesetz 22-4-4.

Die Chinesen bekamen einen Aufenthaltsstatus, indem sie der Einwanderungsbehörde ein "falsches Dokument" (einen Arbeitsvertrag mit falschem Inhalt in der Anklageschrift) vorlegten.
So konnten die Chinesen in Japan bleiben.
So konnten die Chinesen illegal arbeiten. Sage ich

Selbst wenn die Chinesen der Einwanderungsbehörde ein "falsches Dokument" vorlegen und den Aufenthaltsstatus erhalten, ist dies keine strafrechtliche Bestrafung.
"Aufenthaltsstatus" wird nur vom Justizminister aufgehoben.

Auch wenn Sie Ihren Aufenthaltsstatus mit "falschen Dokumenten" erwerben, wenn Sie im Rahmen Ihres Aufenthaltsstatus arbeiten,
Es ist klar, dass es sich nicht um "illegale Arbeit außerhalb des Aufenthaltsstatus" handeln wird.

Staatsanwälte in Japan begehen Verbrechen aus Gründen, die sich völlig von diesen Gesetzen unterscheiden. Es ist verrückt.

Die korrekte Strafverfolgung gegen illegale Arbeit ist wie folgt.
"Ausländer mit" illegaler Arbeit "werden als" Einwanderungs- und Flüchtlingsanerkennungsgesetz "bezeichnet
(Im Folgenden als "Immigration Control Act" bezeichnet) wird Artikel 70 "illegale Arbeitskriminalität" abgestellt.
Arbeitgeber, die illegal Ausländer beschäftigen, werden gemäß Artikel 2 des Einwanderungsgesetzes 73 "Sünden, die illegale Arbeit fördern" entsorgt.

Der Landtag regelt die Kriminalisierung beider Parteien gleichermaßen.
Verfassung von Japan.
"Internationales Recht" (Internationaler Pakt über Unionsbürgerschaft und politische Rechte), der die willkürliche Veräußerung von Ausländern verbietet.

In Wirklichkeit wurde jedoch "eine Person, die illegal einen Ausländer eingestellt hat", gemäß Artikel 73-2 des Einwanderungsgesetzes nicht als "illegales Beschäftigungsförderungsstraftat" verurteilt.
Nur "Ausländer, die illegale Arbeit geleistet haben", wird gemäß Artikel 70 des Einwanderungsgesetzes als "Verbrechen illegaler Arbeit" kriminalisiert.
Es ist "aus dem Land vertrieben".
Dies widerspricht dem Völkerrecht, das ausländische Diskriminierung willkürlich untersagte.
Es verstößt auch gegen die Gleichheit unter dem Gesetz der japanischen Verfassung.

Können Sie selbst das nicht verstehen oder haben Sie keine Gerechtigkeit?
Bitte stellen Sie sich auf, um die Welt zu einer Gesellschaft zu machen, in der Freiheit, Demokratie und Menschenrechte geschützt werden.
Ich werde nächste Woche fortfahren.
Ich werde weitermachen, bis du verstanden hast.

Gott wird immer 'Gerechtigkeit' unterstützen.
Ich glaube fest daran, dass Gerechtigkeit "gewinnt".

Ich "appelliere" an die beiden Dinge.
Es ist eine "internationale" Menschenrechtsverletzung durch die japanische Regierung.
Wir bitten um Ihre Unterstützung, damit unsere "Ehreerhebung und Entschädigung" erfolgt.

1 Ausländer führten "illegale Arbeit" außer "Aufenthaltsgenehmigung" durch. Aber ein Ausländer ist unschuldig.

Nur Ausländer wurden durch Artikel 70 des Einwanderungskontrollgesetzes "Sünden illegaler Arbeit" bestraft.
Andererseits fordert das Einwanderungskontrollgesetz Arbeitgeber auf, die nach Artikel 73-2 "Ursache-Wirkungs-Beziehungen" illegaler Arbeit sind
(Ein Verbrechen, das illegale Beschäftigung förderte).

Die japanische Justiz "entsorgt" jedoch nur Ausländer, verfügt jedoch nicht über Arbeitgeber.
Dies verstößt offensichtlich gegen den "Grundsatz der Gleichheit unter dem Gesetz".
Und wir verstoßen gegen das Völkerrecht, das die bewusste Entsorgung nur von Ausländern verbietet.

Wenn ein Arbeitgeber, der einen Ausländer illegal beschäftigt hat, unschuldig ist, ist ein Ausländer, der illegal gearbeitet hat, unschuldig.
Wenn ja, gibt es niemanden, "der andere strafrechtliche Verbrechen unterstützt hat" gegen Artikel 70 des Einwanderungsgesetzes.
"Ich, KinGungaku, ein Diplomat im philippinischen Land, ein Mitarbeiter der philippinischen Botschaft" ist unschuldig.

2 Der "Grund für ein Verbrechen", auf das die Staatsanwaltschaft Anwendung findet "Artikel 62 des Strafgesetzbuches (Verbrechen der Unterstützung anderer Straftaten)" lautet wie folgt.
Ausländer führten die in Artikel 22-4-4 des Einwanderungsgesetzes vorgeschriebene Tat durch (Erwerb des Aufenthaltsstatus durch Einreichung falscher Dokumente).
Dagegen gibt es keine "strafrechtliche Bestrafung".
Disposition ist "Aufhebung des Aufenthaltsstatus" durch "Justizminister" und "obligatorischer Rückzug in ein anderes Land".
Daher kann "Artikel 62 des Strafgesetzbuchs (Verbrechen der Unterstützung anderer Straftaten)" nicht angewandt werden.

Die japanische Regierung "zermalmt" Beschwerden.
"Crush" durch staatliche Gewalt ist "Stop" der "Verjährung".
Das Material ist unten.

http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

Es gibt viele Opfer auf der Welt.
Bitte "retten" Sie viele "Opfer" mit "Mut und Gerechtigkeit".
Ich fordere die japanische Regierung auf, "Ehre zu erlangen" und "Entschädigung für das Opfer" des Opfers.

Mit freundlichen Grüßen Yasuhiro Nagano



Meine Informationen ***************

Es wird im folgenden Programm veröffentlicht.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

(Yasuhiro Nagano)


Bitte hilf mir.
Bitte kontaktieren Sie uns, wenn Sie Fragen haben.
enzai_mirai@yahoo.co.jp


posted by 長野トミー at 07:03| 東京 ☀| Comment(0) | ドイツ首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テリーザ・メイ 英国首相 へ 2019-02-04:日本で、法による統治を阻害しているのは警察官、検察官、裁判官、弁護士です。 国会議員は憲法9条しか関心がありません。 日本は司法による社会主義独裁国家へと動いています。欧米社会は黙認している。クレイジーだ!


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


テリーザ・メイ 英国首相 へ


2019-02-04:日本で、法による統治を阻害しているのは警察官、検察官、裁判官、弁護士です。
国会議員は憲法9条しか関心がありません。
日本は司法による社会主義独裁国家へと動いています。欧米社会は黙認している。クレイジーだ!


拝啓。私たちにの行為は、全く犯罪が推測されません。
もちろん、私たちには犯罪行為をしていません。
検察が起訴状で犯罪の理由でとしていることは、法律の上では犯罪ではありません。

この事件は、起訴状で指摘した犯罪は、入管法が犯罪ではないと立法しています。入管法22-4-4条。

中国人が「虚偽の書類」(起訴状では、内容が虚偽の雇用の契約書)を入管に提出して在留資格を得た。
だから、中国人は日本に在留できた。
だから中国人は違法な労働ができた。と言います。

しかし中国人が「虚偽の書類」を入管に提出して在留資格を取得したとしても、刑事罰ではありません。
法務大臣より「在留資格」が取り消されるだけです。

仮に、「虚偽の書類」で在留資格を取得しても、在留資格の範囲内で労働すれば、
「在留資格外の違法な労働」にならないことは明らかです。

日本の検察は、こうした法律とは全く違う理由で犯罪を作り上げるのです。クレイジーです。

不法な労働に対する正しい法律の執行は以下の通りです。
「不法な労働」をした外国人を「出入国及び難民認定法
(以下「入管法」と言う)」70条「不法就労罪」で処分します。
外国人を違法に雇用した雇用者を入管法73の2条「不法な就労を助長した罪」で処分します。

国会は両者を平等に刑事処分するように立法しています。
日本国憲法。
恣意的に外国人を処分することを禁じた「国際法」(市民権と政治的権利に関する国際規約)。

しかし、実態は「外国人を違法に雇用した者」を入管法73-2条の「不法就労助長罪」で処分していない。
「不法な労働をした外国人」だけを入管法の70条の「不法な労働の罪」で刑事処分して
「国外へ追放」にしています。
これは、外国人を恣意的に差別することを禁じた国際法に反しています。
日本国憲法の法の下での平等にも違反しています。

これでも、貴女は、理解できませんか?それとも、あなたは正義がない、のですか?
世界を自由と民主主義そして人権が守られる社会にするために立ち上がってください。
来週に続きます。
私はあなたが理解するまで続けます。

神はかならず「正義」を応援します。
私は、必ず、正義が「勝」と信じています。

私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。
私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」を適用する「犯罪の理由」は以下です。
外国人が入管法22-4-4条(虚偽の書類を提出することによる在留資格の取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「在留資格の取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。
資料は下記にあります。

http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

敬具。長野 恭博



下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。

enzai_mirai@yahoo.co.jp




#MeToo Human rights victim!


To Terrisa Mei British Prime Minister


2019-02-04: In Japan, police officers, prosecutors, judges
and lawyers are interfering with governance by law.
Diet members are only interested in Article 9 of the Constitution.
Japan moves to judicial socialist dictatorship.
Western society is silent. It's crazy!


Dear sirs. In our acts, no crime is guessed at all.
Of course, we are not doing any criminal acts.
What the prosecutor believes on criminal grounds for indictment is not a crime under the law.

In this case, the crime pointed out
in the indictment stipulates that the immigration law is not a crime. Immigration law 22-4-4.

The Chinese got a status of residence by submitting "false document"
(a contract of employment with false content in the indictment) to the immigration office.
So, the Chinese were able to stay in Japan.
So the Chinese were able to do illegal work. Is called.

However, even if the Chinese submits a "false document" to the immigration office
and obtains the status of residence, it is not a criminal punishment.
"Status of Residence" will be canceled only by the Minister of Justice.

Even if you acquire the status of residence with "false documents",
it is clear that if you work within the scope of your status of residence,
you will not become "illegal work outside your status of residence".

Prosecutors in Japan make crimes for reasons that are completely different from these laws.
It's crazy.

The correct law enforcement against illegal labor is as follows.
Foreigners who have carried out "illegal work" will be disposed of
under Article 70 of the "Immigration and Refugee Recognition Act
(hereinafter referred to as" Immigration Act ")" illegal employment crime ".
Employers who illegally employ foreigners are disposed of
under Article 2 of the Immigration Act 73 "Sins that promote illegal work".

The Diet legislates to criminalize both parties equally.
The Constitution of Japan.
"International law" (International Covenant on Citizenship and Political Rights)
forbidding the disposal of foreigners arbitrarily.

However, in reality, "a person who illegally hired a foreigner" has not been disposed of
under Article 73-2 of the Immigration Act as "illegal employment promotion crime".
Only "foreigners who did illegal work" are criminalized
under Article 70 of the Immigration Act and "crime of illegal labor"
to "exile to foreign countries".
This is contrary to international law which prohibited foreign discrimination arbitrarily.
It also violates equality under the law of the Constitution of Japan.

Even this, can you not understand, or are you having no justice?
Please stand up to make the world a society where freedom,
democracy and human rights are protected.
I will continue with next week.
I will continue until you understand.

God will always support 'justice'.
I certainly believe that justice is "wins".

I "appeal" the two things.
It is "international" human rights violation by the Japanese government.
We ask for your support so that our "honor recovery and compensation" will be done.

1. Foreigners conducted "illegal work" other than "qualification for residence".
But a foreigner is innocent.

Only foreigners were punished by Article 70 of the Immigration Control Act "Sins of illegal labor".
On the other hand, the Immigration Control Act punishes employers
who are "cause-and-effect relationships" of illegal work with the Immigration Act 73-2
(a crime that promotes illegal employment).

However, the Japanese judiciary "disposal" only foreigners, but they do not dispose of employers.
This obviously violates "principle of equality under the law"
And we are in violation of international law prohibiting conscious disposal only of foreigners.

If an employer who illegally employed a foreigner is innocent,
a foreigner who has worked illegally is innocent.
If so, there is no one "who supported other crimes of criminal law"
against Article 70 of the Immigration Act.
"I, KinGungaku, a diplomat in the Philippine country,
a staff member of the Philippine Embassy" is innocent.

2. The "reason for crime" to which the prosecution applies "Article 62 of the Criminal Code,
(crime of supporting other crimes)" is as follows.
Foreigners conducted the act prescribed in Article 22-4-4 of the Immigration Act
(acquisition of status of residence by submitting false documents).
However, there is no "criminal punishment" against this.
Disposition is "cancellation of status of residence" by "Minister of Justice"
and "compulsory withdrawal to foreign countries".
Therefore, "Article 62 of the Penal Code, (crime of supporting other crimes)" can not be applied.

The Japanese government is "crushing" complaints.
"Crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".

The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

There are many victims in the world.
Please "salvage" a lot of "victims" with "courage and justice".
I request the Japanese government to "recover honor"
and "compensation for the victim" of the victim.

Best regards. Yasuhiro Nagano



It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 07:02| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 ドイツ アンゲラ メルケル首相殿【日本の皇室】小室圭さんと眞子様の”勘違い”を加速させる小林よしのりの”仰天プラン”に一同困惑…金の事ばっかり言わないで眞子はからだひとつで小室に嫁げ。



国民が言いたい事を書いて頂き、ありがとうございました。
もう小室さんから説明文が出されたのですから、
秋篠宮ご夫妻が毅然とした態度でハッキリ破断にされるのか
娘の気持ちを大切にして身一つで小室さんとさっさと結婚するのか
決断して下さいませ。優柔不断な秋篠宮様には呆れるばかりで、
国民は答えを待っています。

シェア元タイトル
小室圭さんと眞子様の”勘違い”を加速させる小林よしのりの”仰天プラン”に一同困惑…
シェア画像動画URL
https://youtu.be/BLYK5ZO_4bc
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年2月4日は【立春(りっしゅん)】冬が極まり春の気配が立ち始める日。『暦便覧』には「春の気立つを以って也」と記されている。冬至と春分の中間に当たり、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合は、この日から立夏の前日までが春となる
★ホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/01/POTD-January-28-2018-1920x720.jpg
□来たれ!月光仮面!日本の検察の無法状態を理解して支援してください
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!
posted by 長野トミー at 06:05| 東京 ☀| Comment(0) | 日本いいね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 フランス エドゥアール フィリップ大統領殿 ◆弾き逃げピアノ JR浜松駅に「春よ来い!」 お子さん連れで身体を揺らして聴き入っているお母さんが素敵‼



丁度新幹線を降り、エスカレーターを降りたところでこの音色が聞こえてきました。
娘がとても心地よい演奏に喜んでいました。
大きくなったら娘にも浜松駅で演奏してもらいたいと思います。
この「春よ来い」は今まで春に聴く曲だと思っていましたが、
動画をみて、今現在(1月)のような冬の時期に聴く曲なんだなぁと
改めて感じさせてくれました。何が言いたいかっていうと…曲のチョイスが素晴らしい!
寒い季節ですが、心が温かくなりました。ありがとうございます。
粋なことする人がいるもんだな。と思って見ていたら、これ俺その場で聴いてたw
何回かここ通る時に綺麗なピアノ聴こえてくるんだよね〜、まさか貴方だったとは笑

シェア元タイトル
◆新春◆弾き逃げピアノ JR浜松駅に「春よ来い!」
シェア画像動画URL
https://youtu.be/yDIMz4DtI9w
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年2月4日は【立春(りっしゅん)】冬が極まり春の気配が立ち始める日。『暦便覧』には「春の気立つを以って也」と記されている。冬至と春分の中間に当たり、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合は、この日から立夏の前日までが春となる
★ホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/01/POTD-January-28-2018-1920x720.jpg
□来たれ!月光仮面!日本の検察の無法状態を理解して支援してください
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!
posted by 長野トミー at 06:05| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 英国 テリーザ メイ首相殿 新宿路上でやってたすごすぎるバイオリン演奏 なによりも自分たちが楽しんでることがいいよね。それがリスナーに音楽として伝わってくる。




専門家がどうとかプロの目がどうとか、それも大事だと思うけど、
音楽知らなくても何かその人たちの空気に引き込まれちゃう音楽が『イイ音楽』なんだと思う。
人を引き付ける人って、技術云々じゃなくて音楽を楽しんでて、その楽しさを共有できてるんだと思う。
ここで技術云々言ってる人って、技術上げる事で、自分より低い人たちに対する武器にしてるんだよ。
そんな人がやってる音楽は絶対聴きたくないし、聞いても楽しくないよね

シェア元タイトル
新宿路上でやってたすごすぎるバイオリン演奏
シェア画像動画URL
https://youtu.be/JgSzcoJc3S4
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2019年2月4日は【立春(りっしゅん)】冬が極まり春の気配が立ち始める日。『暦便覧』には「春の気立つを以って也」と記されている。冬至と春分の中間に当たり、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合は、この日から立夏の前日までが春となる
★ホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2019/01/POTD-January-28-2018-1920x720.jpg
□来たれ!月光仮面!日本の検察の無法状態を理解して支援してください
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!

posted by 長野トミー at 06:04| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日のつぶやき




















posted by 長野トミー at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする