2018年05月30日

テリーザ・メイ 英国首相 へ 2018-05-30:私は懐かしい。英国の60年代から70年代は素晴らしい時代だった。 大英帝国の復活のようだった。映画では「007」映画。


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!




拝啓、私は日本人です。
不法な拉致監禁は北朝鮮だけではない。支援してください。


私は懐かしい。英国の60年代から70年代は素晴らしい時代だった。
大英帝国の復活のようだった。映画では「007」映画。

音楽では、「ザ・ビートルズ」、そしのメンバーであるJohn Lennon
日本人オノ・ヨーコとの結婚。1965年にMBE・大英帝国第5級勲位を受賞したが、
後に英国のベトナム戦争支持を理由に返上した。
Imagine - John Lennon and The Plastic Ono Band
https://youtu.be/YkgkThdzX-8


このころ、ベトナム戦争に反対して「反戦」が主流だった。
若者に正義があった。人権意識が強かった。正義があった。
今、アメリカが北朝鮮と戦うと、若者は戦争反対を叫ぶだろうか?私は叫ばないと思う。
人々は、戦争に無関心になったからだ。人々は、人権にも無関心になった。


私は、「日本弁護士連合会」の「人権委員会」に救済を申し立てた。
結果は「日本弁護士連合会」に力がないから、支援できない。

告訴の相手が民間人だったら彼らは支援するだろうが、
犯罪人が検察官や裁判官だったら、戦わない。これが日本です。
政治家だって同じだ。
法の下の統治というのは、権力者の道具ですか?


テリーザ・メイ首相、正義をもってイギリス国民そして私や世界の被害者を支援してください。


資料は下記にあります。

http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

資料だけでは不足です。お問合せをしてください。
あなたの勇気が必要です。敬具 長野 恭博


下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

お問合せ先のメール
enzai_mirai@yahoo.co.jp




#MeToo Human rights victim!


To Terrisa Mei British Prime Minister

2018-05-30: I am nostalgic. The UK 's 60' s and 70 's were wonderful times.
It seemed like the resurgence of the British Empire. In the movie "007" movie.

Dear Sirs, I am Japanese.
North Korea is not the only illegal abduction detention. Please help.


I feel nostalgic. The UK 's 60' s and 70 's were wonderful times.
It seemed like the resurgence of the British Empire. In the movie "007" movie.

In music, "The Beatles", member of the group John Lennon
Marriage with Japanese Ono Yoko. In 1965 he won the MBE · British Empire's fifth grade position,
Later returned for reasons to support the UK Vietnam War.
Imagine - John Lennon and The Plastic Ono Band
https://youtu.be/YkgkThdzX-8


At this time, anti-war was the mainstream against the Vietnam War.
There was justice among young people. Human rights consciousness was strong. There was justice.
Will young people cry against war when the US fight against North Korea now? I do not shout.
People became indifferent to the war. People became indifferent to human rights.


I applied for relief to the "Human Rights Committee" of the Japan Federation of Bar Associations.
As for the result, there is no power on the "Japan Federation of Bar Associations", so we can not support it.

They will support if the person in charge is a civilian,
If the criminal is a prosecutor or a judge, I will not fight. This is Japan.
Even politicians are the same.
Is governance under the law a tool of authority?


Prime Minister Teliza Mei, please just support the British citizen and me and the victims of the world with justice.


The material is below.

http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

It is not enough for materials alone. Please contact us.
I need your courage. Sincerely yours, Yasuhiro Nagano


It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

Contact email
enzai_mirai@yahoo.co.jp


posted by 長野トミー at 06:58| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テリーザ・メイ 英国首相 へ 2018-05-30:私は懐かしい。英国の60年代から70年代は素晴らしい時代だった。 大英帝国の復活のようだった。映画では「007」映画。


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!




拝啓、私は日本人です。
不法な拉致監禁は北朝鮮だけではない。支援してください。


私は懐かしい。英国の60年代から70年代は素晴らしい時代だった。
大英帝国の復活のようだった。映画では「007」映画。

音楽では、「ザ・ビートルズ」、そしのメンバーであるJohn Lennon
日本人オノ・ヨーコとの結婚。1965年にMBE・大英帝国第5級勲位を受賞したが、
後に英国のベトナム戦争支持を理由に返上した。
Imagine - John Lennon and The Plastic Ono Band
https://youtu.be/YkgkThdzX-8


このころ、ベトナム戦争に反対して「反戦」が主流だった。
若者に正義があった。人権意識が強かった。正義があった。
今、アメリカが北朝鮮と戦うと、若者は戦争反対を叫ぶだろうか?私は叫ばないと思う。
人々は、戦争に無関心になったからだ。人々は、人権にも無関心になった。


私は、「日本弁護士連合会」の「人権委員会」に救済を申し立てた。
結果は「日本弁護士連合会」に力がないから、支援できない。

告訴の相手が民間人だったら彼らは支援するだろうが、
犯罪人が検察官や裁判官だったら、戦わない。これが日本です。
政治家だって同じだ。
法の下の統治というのは、権力者の道具ですか?


テリーザ・メイ首相、正義をもってイギリス国民そして私や世界の被害者を支援してください。


資料は下記にあります。

http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

資料だけでは不足です。お問合せをしてください。
あなたの勇気が必要です。敬具 長野 恭博


下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

お問合せ先のメール
enzai_mirai@yahoo.co.jp




#MeToo Human rights victim!


To Terrisa Mei British Prime Minister

2018-05-30: I am nostalgic. The UK 's 60' s and 70 's were wonderful times.
It seemed like the resurgence of the British Empire. In the movie "007" movie.

Dear Sirs, I am Japanese.
North Korea is not the only illegal abduction detention. Please help.


I feel nostalgic. The UK 's 60' s and 70 's were wonderful times.
It seemed like the resurgence of the British Empire. In the movie "007" movie.

In music, "The Beatles", member of the group John Lennon
Marriage with Japanese Ono Yoko. In 1965 he won the MBE · British Empire's fifth grade position,
Later returned for reasons to support the UK Vietnam War.
Imagine - John Lennon and The Plastic Ono Band
https://youtu.be/YkgkThdzX-8


At this time, anti-war was the mainstream against the Vietnam War.
There was justice among young people. Human rights consciousness was strong. There was justice.
Will young people cry against war when the US fight against North Korea now? I do not shout.
People became indifferent to the war. People became indifferent to human rights.


I applied for relief to the "Human Rights Committee" of the Japan Federation of Bar Associations.
As for the result, there is no power on the "Japan Federation of Bar Associations", so we can not support it.

They will support if the person in charge is a civilian,
If the criminal is a prosecutor or a judge, I will not fight. This is Japan.
Even politicians are the same.
Is governance under the law a tool of authority?


Prime Minister Teliza Mei, please just support the British citizen and me and the victims of the world with justice.


The material is below.

http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

It is not enough for materials alone. Please contact us.
I need your courage. Sincerely yours, Yasuhiro Nagano


It is open to the program below.
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/

Contact email
enzai_mirai@yahoo.co.jp


posted by 長野トミー at 06:58| 東京 ☀| Comment(0) | 英国首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 ドイツ アンゲラ メルケル首相殿【日本の皇室】典型的な雅子さまの持ち上げ記事 この方は雅子さまのご実家と懇意にされているということで有名な方です




どうせ、何も出来ないでしょう?
https://youtu.be/GBZG4FguEeM


以前から なさるべき事は ちゃんとなさっていたのに、何処かの
宮家の様に、なりふり構わず、大袈裟に 持ち上げて 報道してくれる
お抱え報道官が 居ないので、私たちの様に 東宮家を 覗き見出来ない
者の所へは 何にも伝わって来なかっただけの話でしょう。

次の代の 天皇家として 働き方も 改革しながら、心の余裕を持って
楽しげに お役目を果たして頂きますようにと、期待しております

この方は雅子さまのご実家と懇意にされているということで有名な方です。
養蚕に関しては美智子さまに遠慮していたという言い訳はおよしになった方がいいと思います。
そんなことを信用する人はあまりいません。
雅子さまがなぜか皇后陛下になられることが
決まってからはちょくちょくご公務をこなされていますが、
今までされない理由が「美智子さまにご遠慮」ということですが、
それであれば美智子さまにご相談されればいいと思うのは私だけではないでしょう。
最初は皇太子殿下にご相談されればいいでしょう。
皇后陛下になられてから、お振る舞いを見てみましょう。



↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

<拡散希望>5月21日より「小満(しょうまん)」となります。夏が、いよいよ春を駆逐して隅々まで夏色に染め始める頃。日本政府の外国人拉致問題にも関心を持ってください。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
posted by 長野トミー at 06:09| 東京 ☀| Comment(0) | 日本いいね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 フランス エドゥアール フィリップ首相殿 栄光の架け橋 歌詞付き ゆず 辛くて生きる気持ちを無くした時、泣きながら聞いた曲。未だに、自分の歩き出す道を教えてくれる、唄。




この曲聞いたら、泣いちゃう(笑)
https://youtu.be/_t9I9EOAiBY


この曲には万人に当てはまるメッセージ性があると思う。
恋愛で苦しんでいる人も、仕事で上手くいかないことがある人も、
勉強で思い通りの結果が出ない人も、そのほかいかなる心配や不安を抱えている人も、
全ての人がこの曲に励まされて前を向くことができる気がする。
栄光のかけ橋最高の歌と歌詞素晴らしいです人間誰しも
この道を涙と共に歩んできたと思います人にささえられすすんで行く人生私は
その歌詞をノトに書きもう一つの宝物になりました有難うございました



↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

<拡散希望>5月21日より「小満(しょうまん)」となります。夏が、いよいよ春を駆逐して隅々まで夏色に染め始める頃。日本政府の外国人拉致問題にも関心を持ってください。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
posted by 長野トミー at 06:09| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拝啓 英国 テリーザ メイ首相殿 谷村 新司 「 群 青 」 連合艦隊 エンドロールで号泣しました。




「戦争を始めるのも難しい。終わらせるのは、もっと、難しい」の一言、
https://youtu.be/svVsV6hUqd4


聞いて自然に涙が出る曲など、そうそう無いもんだが
この歌だけは、どんな表情の時でも、ポロリと来るから人前では聞けないんだよな
この歌に象徴されるように日本国は戦後に痛切な反省の元に復興を成し遂げた
それであるのに中国共産党と韓国政府は
日本国は反省が足りないと言う
原爆を2発落とされ本土に空襲され



↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

<拡散希望>5月21日より「小満(しょうまん)」となります。夏が、いよいよ春を駆逐して隅々まで夏色に染め始める頃。日本政府の外国人拉致問題にも関心を持ってください。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
posted by 長野トミー at 06:08| 東京 ☀| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする