2018年04月25日

2018年04月24日のつぶやき




































































































































































































































































































































































































posted by 長野トミー at 09:01| 東京 ☔| Comment(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EUも有難う 【米国 ホワイトハウスからのメールマガジン 2018-04-25b 】 ウェストウィング読書|    トランプ大統領がメクロンを国家夕食に先立つホワイトハウスに歓迎

EUも有難う
【米国 ホワイトハウスからのメールマガジン 2018-04-25b 】
ウェストウィング読書|
  
トランプ大統領がメクロンを国家夕食に先立つホワイトハウスに歓迎

ドナルド・トランプ大統領とメアリーナ・トランプ大統領は、フランスのエマニュエル・マクロン大統領と妻のブリジット・マクロンを火曜日の朝にホワイトハウスに迎え入れた」とクイント・フォージィ氏は政治家の報道を行った。トランペット大統領は、「私たちが過去1年間に開発した素晴らしい友情は、両国を結びつける永続的な友好関係の証である」と、トランプ大統領はホワイトハウス到着式で語った。


詳細はこちらをご覧ください。

------------

ザ・ヒルで元議員ヨセフ・リーバーマンは、上院が憲法上の義務を果たし、CIAディレクターのマイク・ポンペオを次期国務長官として確認する必要があると書いている。 「彼の強いバックグラウンドを考えれば、ポンペオは私たちの国家のトップ外交官になることは間違いない」とリーバーマンは主張する。

------------

ブルームバーグによると、コンシューマー・ボードの消費者信頼感指数によると、2000年以来、消費者の信頼感は4月に予期せずに2番目に高いレベルに上昇しました。 Sho Chandraは、この上昇は「税引後の給与額が大きく、依然として強い雇用市場であり、2000年以降失業率が最も低い」と述べている。

------------

財務省は、「内閣府の幹事長がオバマ時代の連邦規制を破棄するという大統領の要請に応じて、米国内務省を中心に300以上の常任理事国のルールを制定した」と発表した。スティーブン・ミンチン財務長官は、「不必要な負担を減らすことは、経済成長の増加、雇用創出の拡大、わが国経済の根本的な強化につながる」と述べた。
プライバシーポリシー|ホワイトハウスに連絡する|退会する

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6
posted by 長野トミー at 08:30| 東京 ☔| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EUも有難う 【米国 ホワイトハウスからのメールマガジン 2018-04-25a 】 あなたの毎日1600:    ホワイトハウス•2018年4月24日 今日の運転

EUも有難う
【米国 ホワイトハウスからのメールマガジン 2018-04-25a 】
あなたの毎日1600:
  
ホワイトハウス•2018年4月24日
今日の運転

今朝午前9時に、ドナルド・J・トランプ大統領とメアニア・トランプ卿が、南アフリカのエマニュエル・メクロン大統領とブリジット・マクロン夫人の公式州歓迎式典を開催します。これは、トランプ大統領の最初の国家訪問である。ライブを見る。
 

 
アメリカとフランスの「壊れない」友情

フランスとアメリカの関係は、我が国の創設に先立ちます。アメリカの植民者が独立を求めて戦ったとき、フランスは軍事的および経済的援助で彼らを支えた。ベンジャミンフランクリンとラファイエット将軍からトランペット大統領とマクロン大統領との現代に至るまで、米国とフランスの指導者は長い間、さまざまな問題について共通の価値観を共有してきました。

今日、両国の指導者たちは緊密な関係を築いている。 「マクロン大統領と私は、両国の利益を優先させ、同時に私たちが生きる世界を尊重する責任を理解している」とトランプ大統領は昨年パリで語った。 「両国の友好関係、私自身も、私は追加するかもしれない。

最初のカップルは今日の公式訪問の前の最後の夜に会った。大統領トランプ、ファーストレディー、メクロン大統領、マクロン夫人は、ネーションの首都でモニュメントを見学しました。彼らはその後、今日の歓迎式よりも前に、バージニア州マウントバーノンのジョージワシントン大統領の家に行き、夕食を食べました。

トランプ大統領は、米国とフランスの債券を「破られない」と呼んでいます。歴史は彼の権利を示しています。

背後にある:ホワイトハウスで国家訪問を主催すること

ウォッチ:トランプ大統領の昨夏のフランス訪問のハイライト
 

 
その日の写真

アンドレア・ハンクスの公式ホワイトハウス写真

トランプ大統領とマクロロン大統領とフランスのマクロン夫人とのファーストレディ| 2018年4月23日

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6
posted by 長野トミー at 08:29| 東京 ☔| Comment(0) | ホワイトハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#MeToo 人権被害者です! 拝啓 ドイツ連邦首相 アンゲラ・メルケル 閣下 2018-04-25:「日本国の政府職員による、 移民、難民に対する扱いをめぐる人道上の犯罪」#MeToo 被害者を救済してください。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!

拝啓 ドイツ連邦首相 アンゲラ・メルケル 閣下

2018-04-25:「日本国の政府職員による、
移民、難民に対する扱いをめぐる人道上の犯罪」#MeToo 被害者を救済してください。

拝啓、私は日本人です。偉大な大統領を尊敬しています。助けてください!

判決書に書かれた理由は下記のとおりです。

1.私と共犯のKinGungakuは共謀して、中国人に「内容虚偽の雇用契約書」を提供した。
※この記述は、入管法22-4条の4項の幇助行為です。

2.中国人は「内容虚偽の雇用契約書」を添えて東京入管に「在留資格変更申請」をことができた。
それにより、容易に在留資格を得ることができた。
※この記述は、入管法22-4条の4項に該当します。

3.在留資格を得られたので日本に在留できた。

4.日本に在留できたので、不法就労が出来た。
※日本に在留できても、在留資格(技術や人文国際)で働けば、不法就労ではありません。
※不法就労は、在留資格外で働かせる雇用者がいたからです。
不法に外国人を働かせた雇用者は入管法73-2条(不法就労助長罪)で処分する規定があります。
入管法70条(不法就労罪)と入管法73-2条(不法就労助長罪)は、ペアです。

4.よって、不法就労と「内容虚偽の雇用契約書の提供」との因果関係は明確であると言います。
明日に続きます。

不法入国は不法就労以前の次元の問題です。
各国は不法入国を防止するために国境に壁を作るべきです!トランプ大統領、ガンバレ!

日本国職員による、「不法就労罪」での人道上の犯罪です。
日本法だけでなく国際法違反です。資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

貴方の国にも被害者はたくさんいます。#MeToo 被害者は立ち上がろう!敬具。


アンゲラ・メルケル 閣下ガンバレ、そして私たちを助けてください!敬具。

私の情報 ***************

下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


国際刑事裁判所:
日本は2007年10月1日正式に105ヵ国目の締約国となっている。
ローマ規程およびその協力法は、国内法において2007年10月1日に発効した。

国際刑事裁判所に関するローマ規程
当事件は下記に該当します。当事件は2010年に発生しています。
第七条 人道に対する犯罪
(e) 国際法の基本的な規則に違反する拘禁その他の身体的な自由の著しいはく奪

前文・第1条(裁判所)
国際刑事裁判所は国家の刑事裁判権を補完する。

第27条(公的資格の無関係性)
国際刑事裁判所規程は、その公的資格に関りなく、
すべての者に平等に適用される。
国家元首や議員、公務員であっても、規程に基づく刑事責任から免除されない。


長野恭博(Yasuhiro Nagano)


お問合せ先のメール
enzai_mirai@yahoo.co.jp
posted by 長野トミー at 08:29| 東京 ☔| Comment(0) | ドイツ首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#MeToo 人権被害者です! 拝啓 フランス国 首相 エドゥアール・フィリップ 閣下 2018-04-25:「日本国の政府職員による、 移民、難民に対する扱いをめぐる人道上の犯罪」#MeToo 被害者を救済してください。


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


拝啓 フランス国 首相 エドゥアール・フィリップ 閣下

2018-04-25:「日本国の政府職員による、
移民、難民に対する扱いをめぐる人道上の犯罪」#MeToo 被害者を救済してください。

拝啓、私は日本人です。偉大な大統領を尊敬しています。助けてください!

判決書に書かれた理由は下記のとおりです。

1.私と共犯のKinGungakuは共謀して、中国人に「内容虚偽の雇用契約書」を提供した。
※この記述は、入管法22-4条の4項の幇助行為です。

2.中国人は「内容虚偽の雇用契約書」を添えて東京入管に「在留資格変更申請」をことができた。
それにより、容易に在留資格を得ることができた。
※この記述は、入管法22-4条の4項に該当します。

3.在留資格を得られたので日本に在留できた。

4.日本に在留できたので、不法就労が出来た。
※日本に在留できても、在留資格(技術や人文国際)で働けば、不法就労ではありません。
※不法就労は、在留資格外で働かせる雇用者がいたからです。
不法に外国人を働かせた雇用者は入管法73-2条(不法就労助長罪)で処分する規定があります。
入管法70条(不法就労罪)と入管法73-2条(不法就労助長罪)は、ペアです。

4.よって、不法就労と「内容虚偽の雇用契約書の提供」との因果関係は明確であると言います。
明日に続きます。

不法入国は不法就労以前の次元の問題です。
各国は不法入国を防止するために国境に壁を作るべきです!トランプ大統領、ガンバレ!

日本国職員による、「不法就労罪」での人道上の犯罪です。
日本法だけでなく国際法違反です。資料は下記にあります。

http://oyazimirai.hatenadiary.jp/archive/category/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%EF%BC%88%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A3%EF%BC%89%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6

貴方の国にも被害者はたくさんいます。
#MeToo 被害者は立ち上がろう!敬具。


エドゥアール・フィリップ 閣下、ガンバレ!そして私たちを助けてください!敬具。

下記のプログで公開しています。
https://toworldmedia.blogspot.jp/
http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
http://oyazimirai.hatenablog.com/
http://britishprimeminister.seesaa.net/


国際刑事裁判所:
日本は2007年10月1日正式に105ヵ国目の締約国となっている。
ローマ規程およびその協力法は、国内法において2007年10月1日に発効した。

国際刑事裁判所に関するローマ規程
当事件は下記に該当します。当事件は2010年に発生しています。
第七条 人道に対する犯罪
(e) 国際法の基本的な規則に違反する拘禁その他の身体的な自由の著しいはく奪

前文・第1条(裁判所)
国際刑事裁判所は国家の刑事裁判権を補完する。

第27条(公的資格の無関係性)
国際刑事裁判所規程は、その公的資格に関りなく、
すべての者に平等に適用される。
国家元首や議員、公務員であっても、規程に基づく刑事責任から免除されない。


長野恭博
お問合せ先のメール
enzai_mirai@yahoo.co.jp

posted by 長野トミー at 08:28| 東京 ☔| Comment(0) | フランス首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする